出産時の貯金額はいくらが理想?

出産に貯金はいくら必要?初産での貯金額はどれくらい体験談

出産時、貯金はいくらあると安心?妊婦健診は自治体から補助券が、分娩費用としては健康保険から出産育児一時金が支給されますが、自費診療が必要だったり、ベビー用品の準備もある産前・産後。安心して出産に臨める貯金額はどれぐらいか、先輩ママやパパ15名に当時のお金事情を伺いました。

出産に貯金はいくら必要?初産での貯金額はどれくらい体験談

出産時の貯金はいくら必要?

日本では、健康保険に加入している限り、出産育児一時金や高額療養費制度などがありますから、出産に高額な費用がかかる訳ではありません。

しかし、家族が増えるとなると、必要な生活費は増えるのが一般的ですし、妊娠中は急遽仕事を休む必要がでてきたり、産休・育休中は給料が全額出るわけではありません。

デリケートな妊娠中や産後にお金のことで不安にならないためにも、やはり貯金はしておいた方が良いでしょう!

妊娠~出産直後にかかるお金とは?

妊娠~出産直後にかかるお金の内訳

妊娠中~産後まもない時期にかけて、必要なお金をご紹介。後に割引されたり、還付されるお金でも、一度は現金払いが必要なケースもありますから、要注意です。

1.妊婦健診費

自治体から補助券が発酵され、無料~数百円で受診できるのが一般的です。しかし、補助券の対象期間となる前、妊娠36週以降から生まれるまでの1週ごとの妊婦健診は自己負担が必要なこともあります。

妊婦健診の頻度は?1回の検査でかかる費用の平均
妊婦健診の頻度は?1回の検査でかかる費用の平均

2.出産費用

分娩や入院費、帝王切開などの場合には手術費用もかかります。
自然分娩の場合、出産育児一時金で約42万円が加入している健康保険から支給されますが、病院によっては一度窓口での清算が必要になります。

出産育児一時金で損をしない!制度や申請方法/支給額と時期
出産育児一時金で損をしない!制度や申請方法/支給額と時期

帝王切開の場合、平均40万~100万円の費用がかかります。出産育児一時金にプラスして、加入している医療保険がある場合は、保険支払いの対象です。

手術そのものには健康保険が適応されますし、1カ月の1世帯の医療費支払いには限度額があり、超えた場合は高額療養費制度により、還付金が受け取れます。結果、帝王切開でも経膣分娩とほぼ変わらない出産費用に抑えられるケースもあります。

帝王切開にかかる費用と自己負担を減らす5つの制度
帝王切開にかかる費用と自己負担を減らす5つの制度

3.妊娠中の医療費・入院費

病院で妊婦の検査をする医師

妊娠中はすべての妊婦さんの妊娠経過が順調なわけではありません。治療が必要な疾患が見つかったり、切迫早産などで長期の入院生活を余儀なくされるケースもあります。

もちろん健康保険が使える治療や入院費用は、高額療養費制度の対象ですので、還付金が受け取れる可能性は高いです。しかし、一時的に窓口での支払いが必要な場合、貯金がないと心もとないケースもあり得ます。

4.ベビー用品

抱っこ紐やベビーベッドなどの育児グッズ、おむつやミルクなどの消耗品など、育児や赤ちゃんのために必要なものは揃えた方がいいでしょう。

ただし、なにが必要かは家庭によりますし、すべて新品で揃える必要はありません。
貯金額に余裕がない場合は、「必要になったら買い足す」という前提で、まずは必要最低限のものだけ購入しましょう。お下がりや中古品、レンタルなども賢く利用すべきです。

ベビー用品準備時期と予算&季節で違う必需品チェックリスト
ベビー用品準備時期と予算&季節で違う必需品チェックリスト

5.里帰り出産の交通費や生活費

里帰り出産をされる場合、遠方の場合は交通費が高額になります。
また、親といえどもお世話になる以上、お礼を兼ねて1カ月の生活費を渡した方がよい場合もあります。

里帰り出産費用は意外とかかる!備えておきたい体験談15
里帰り出産費用は意外とかかる!備えておきたい体験談15
里帰り出産の生活費は実家にいくら渡すといいの?体験談15
里帰り出産の生活費は実家にいくら渡すといいの?体験談15

6.産後ヘルパーや宅配弁当などの家事代行費

出産後1~2週間は、分娩による身体へのダメージや新生児の慣れないお世話に疲労困憊で、家事がこなせない可能性も十分あります。また、産後の体力回復のためには、できる限り休んでおいた方が賢明です。

旦那さんが育休をとるなどしてママのサポートができない場合、家事や食事に関しては外注した方が良いでしょう。こうしたサービスを躊躇なく利用できるかどうかは、やはりお金(貯金)のあるなしに影響されてしまいます。

産後ヘルパーのサービス内容~民間と自治体どっちがお得?
産後ヘルパーのサービス内容~民間と自治体どっちがお得?

おすすめコンテンツ