妊娠中の仕事と働き方

妊娠中の仕事がつらい!負担を軽減するための働き方

妊娠中の仕事の負担を軽減するにはどうしたらいい?仕事中のつわりや体調不良の緩和方法をご紹介。症状が重い場合には、通勤時間を変更したり、時短勤務を選ぶなど妊娠中の働き方を見直す必要もあります。母健連絡カードも活用しながら、無理のない範囲で仕事を続け、産休に入りましょう!

妊娠中の仕事がつらい!負担を軽減するための働き方

妊娠中の仕事はたいへん!産前休業はいつから?

普段は仕事好きな女性だったとしても、妊娠中に仕事を続けるのはたいへんです。初期はつわりなどの体調不良も多く、かといって後期になると重いお腹を抱えての通勤に負担を感じることも多いでしょう。

そんな働く妊婦さんが待ち遠しいのが産休です。また、引継ぎのためにも、常に残された時間は意識しなくてはなりません。法的にはいつから産前休業を取得できるのでしょうか。

産休中の過ごし方体験談15やっておくと良かったことは?
産休中の過ごし方体験談15やっておくと良かったことは?

労働基準法では出産予定日の6週間前から取得可能

仕事中に大きなお腹を触りながら休憩してる妊婦さん

労働基準法では、出産予定日の6週間前から、事業主に申請すれば産前休業が取得できると決まっています。これは、「出産予定日の6週間前になったらかならず休業を取得しなくてはいけない」という意味ではなく、「出産予定日の6週間前からは、労働者が申請すれば雇用主はかならず休業を許可しなくてはならない」という意味です(注1)。

つまり、妊婦さん自身が出産予定日の6週間前でも「まだ仕事をしたい」と思い、かかりつけの医師も「しばらくなら大丈夫」と言っている場合は、仕事を続けても問題はありません。

産休の期間は?働くマタママの権利・産休&復職に向けた準備
産休の期間は?働くマタママの権利・産休&復職に向けた準備

双子などの多胎児の場合は14週間前から取得可能

双子や三つ子などの多胎児を妊娠しているときは、お腹の赤ちゃんが一人のときと比べてややリスクが高くなります。親子ともに健康に生活するためにも、労働基準法では出産予定日の14週間前から産前休業を取得できると決められています。

もちろん、これも「妊婦さんが14週間前から産前休業を取得したいと言ったときは、かならず雇用主は休業を許可しなくてはならない」という意味です。妊婦さんが仕事を続ける意思を示し、かかりつけの医師が「まだ大丈夫」と判断しているのなら、無理のない範囲で仕事を継続できます。

双子妊娠の注意点は?事前準備・日常生活のポイント
双子妊娠の注意点は?事前準備・日常生活のポイント

普段から妊婦健診は必ず受診しよう

妊娠健診を受けてる妊婦さん

法律上は出産予定日の6週間前から産前休業を取得できると決められていますが、妊婦さんの体調やお腹の中の赤ちゃんの状態によっては、入院などで急遽仕事を休む必要もでてきます。

「早く産休に入りたい」と思っていても、いきなりの自宅安静や入院は、赤ちゃんが心配なのはもちろん、結局仕事のことが気になってしまい精神的にも落ち着きません。

妊娠しながら仕事、そのうえで妊婦健診を受診するのは確かにたいへんですが、赤ちゃんの異変に早期に気づくためにも必ず受診してください。

仕事中のつわり&体調変化への対策

妊娠中はつわりや体調変化が激しく、仕事中につらい思いをしたり、効率が著しくダウンしてしまうことも珍しくありません。次の対策を実施して、妊娠期間中を乗り切っていきましょう。

直属の上司には早めに妊娠報告しておこう

「妊娠報告は安定期がおすすめ」という側面もありますが、つわりが重い妊婦さんの場合は例外です。勤務中にトイレに立ったり、気分が悪くて遅刻・早退などすれば、当然のことながらまわりは異変に気が付きます。

とはいえ、「周囲の人すべてに知られてしまうのは、まだ早すぎる」と考える妊婦さんもいるでしょう。ですから、まずは直属の上司にだけ妊娠報告をするようにしてください。その上で、「安定期に入るまでは、全体への報告は控えてほしい」と念を押しておきましょう。

上司に早めに報告しておくなら、妊婦健診のときに有給休暇が取りやすくなりますし、妊娠中に好ましくない作業から外してもらいやすくなります。

職場へ妊娠を報告するのはいつ?早めが鉄則体験談15
職場へ妊娠を報告するのはいつ?早めが鉄則体験談15

マスクやキャンディなどでにおい対策

マスクをして笑顔の妊婦さん

つわりのときは、いつもは何とも思わないニオイでも、吐き気を催したり、むかつきを覚えることがあります。マスクをかけて気になるニオイを遮断したり、キャンディを舐めてごまかすなど対策しましょう。

ただし、接客業務や受付業務に従事している場合は、キャンディを好きなときに舐めたり、マスクをかけることが困難です。かかりつけの医師に相談して、薬を処方してもらったり、上司に相談して仕事内容を一時的に変更してもらえないか相談しましょう。

妊婦に人気のアロマと使い方体験談15妊娠中でも大丈夫?
妊婦に人気のアロマと使い方体験談15妊娠中でも大丈夫?

アロマの使用も効果的

柑橘系のアロマには、むかつきや吐き気を抑える効果があります。職場の人の迷惑にならない程度に、ティッシュやハンカチ、お湯を張ったコップにアロマオイルを垂らせば、自分のまわりだけに香りを漂わすこともできます。

眠気が強いときは15~30分の休憩を申請しよう

妊娠期間中は、突然、強い眠気に襲われることがあります。眠いまま仕事をするのはつらいですし、作業効率も落ちてしまいますので、1日に15~30分の休憩を取得できないか上司に相談してみましょう。

眠りつわりはいつまで続く?効果的な対処法10選
眠りつわりはいつまで続く?効果的な対処法10選

また、車を使って仕事をしている人は、眠気を我慢しながら運転することは非常に危険ですので、早急に対策を打つ必要があります。妊娠期間中は車を使わない仕事に変更してもらうなど、上司に相談して下さい。

通勤時のつわり&体調不良への対策

満員電車

電車やバスなどの公共の交通手段を使って通勤している人は、通勤時のつわりに関しても、対策しなくてはなりません。「妊娠中の仕事がつらい」という人は多いですが、実は業務内容そのものよりも、職場に辿り着くまでの時間がネックになっていることは珍しくありません。

通勤時間をずらすための方法

妊娠中に満員の電車やバスに乗ることは、身体への負担が大きいはずです。時間を早めて空いている電車やバスに乗れれば良いですが、つわり中は難しい人も多いのでしょう。

しかし、医師側から「通勤負担の緩和」の指導を受けた場合は、母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)を勤務先に提出すれば、事業主は適切な処置を講じる義務が生じます(注2)。母健連絡カードは医師の記入が必要ですが、診断書と同じ効力を持ちますので、会社との交渉もしやすくなるはずです。

「つわりが辛い。でも、言い出しにくい」というときには、カードの活用を視野に入れ、1度医師に相談してみましょう。

妊婦が通勤するときに気をつけたいこと対策体験談15
妊婦が通勤するときに気をつけたいこと対策体験談15

マタニティマークをカバンにつける

市区町村役場や大きな駅などで配布しているマタニティマークをカバンにつけて、座席をゆずってもらえるようにアピールすることもできます。ただし、あまりにも電車やバスが混雑しているときはマークに気付いてもらえなかったり、譲ってもらえないこともあります。

マタニティマークはいつから付けるといい?どこでもらう?
マタニティマークはいつから付けるといい?どこでもらう?

駅の休憩所やトイレの位置をチェック

妊婦さんも利用できる多目的トイレの看板

通勤途中で気分が悪くなってもすぐにトイレや休憩所にかけこめるように、普段利用している駅の休憩所やトイレの位置を把握しておきましょう。

また、電車に乗っている時間が長い場合には、途中の駅で降りて一旦休憩することが必要になることもあります。快適で清潔なトイレがある駅や休憩所が広い駅などを見つけて、万が一のときに迷わず駆け込めるようにしておきましょう。

妊娠中はできない作業があるときの対処法

普段受け持っている仕事の中に、妊娠期間中は実施できない作業が含まれていることがあります。

例えば、普段、商品の棚卸しなどを頻繁に行う部署で働いているのに、「産前休業を取得するまでは重い荷物は持たないで」とかかりつけの医師に言われてしまうケースもあります。

このようなときは上司に相談して、作業可能な仕事に変更してもらう必要が生じます。

母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)を提示しよう

妊婦さんによっては「自分から楽な作業に変えてほしいとは言い出せない」という人もいるでしょう。

「言いづらいな」「申し訳ないな」と思うときは、作業を変更してほしいと直接言葉で頼むのではなく、「母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)」を提示して説明してみることをおすすめします。

母健連絡カードは、医師によって、妊婦さんに必要な対応や仕事上の注意点が記載されていますので、妊婦さん自身が説明する必要がなくなります。また、説明不足で誤解を招く危険も減らせます。

母性健康管理指導事項連絡カードとは?働く妊婦へのメリット
母性健康管理指導事項連絡カードとは?働く妊婦へのメリット

母健連絡カードがあれば診断書は不要

母健連絡カードはかかりつけの医師が記入するカードですので、診断書などの他の書類がなくても母健連絡カード1枚提示すれば、職場に「労働内容の変更」を申し入れることができます。

万が一、上司が母健連絡カードのことを理解しておらず、「このカードだけ見せられても困る。きちんと診断書を提示してくれないと!」と言ったとしても、診断書を病院で発行してもらう必要はありません。

妊娠中も無理のない範囲で仕事を続けよう

笑顔で仕事の話をしてる妊婦さん

妊娠していても、健康にも体調にも問題がないのであれば仕事を続けられます。もちろん、赤ちゃんと妊婦さんの安全や健康を最優先させることが大切ですが、自分らしい働き方・やりがいを持っている仕事をあきらめる必要はありません。

また、つらいときや妊婦健診があるときは有給休暇をフルに活用し、無理のない範囲で仕事を続けていくようにしましょう。言葉で上手に説明しにくいと感じるときは、母健連絡カードも積極的に活用して下さい。

おすすめコンテンツ