VBAC出産(ブイバック)とは?

VBAC出産(ブイバック)とは?帝王切開後の経腟分娩のリスク

VBAC出産(ブイバック)とは、帝王切開経験のある妊産婦が経腟分娩する出産方法です。VBAC出産には、子宮破裂のリスクもあることから、どんな妊婦でもできる訳ではなく、実施できる医療機関も限られています。VBAC出産ができる条件や費用、メリットとデメリットなど、事前に考えておくべき点をお伝えします。

VBAC出産(ブイバック)とは?帝王切開後の経腟分娩のリスク

VBAC出産(ブイバック)とは?帝王切開後に経腟分娩できる条件

VBAC出産とは、正式には「既往帝王切開後経膣分娩」と言い、帝王切開をしたことがある妊産婦が経膣分娩で出産することです。

VBAC(ブイバック)とは、英語の「Vaginal Birth After Cesarean」の略であり、「Vaginal Birth=経腟分娩」、「Cesarean=帝王切開」の意味です。出産そのものを単に「VBAC」「ブイバック」と呼ぶこともあります。

一般的には、帝王切開をした人は、それ以降の出産は帝王切開となります。
しかし、妊産婦が次の出産では経腟分娩したいと願う場合、条件を満たしているとVBAC出産が認められるケースがあります。

VBAC出産が実施できる条件

VBAC出産の適用基準は、実施する医療機関によって若干異なります。
日本産科婦人科学会雑誌で紹介された九州大学付属病院の実施基準をもとに、実施できる条件を見ていきましょう(注1)。

帝王切開の経験が1回のみ

帝王切開で赤ちゃんを出産する

帝王切開の手術歴が2回以上ある方のVBAC出産は原則認められません。

帝王切開経験者がそれ以降の出産で帝王切開を勧められるのは、陣痛や分娩時の腹圧によって子宮破裂のリスクがあるからです。帝王切開そのものは現代ではリスクの低い手術ではありますが、手術を繰り返すほど子宮に負担をかけ、傷口はふさがっても子宮壁は薄くなっています。

妊産婦の体質によっては、1人目、2人目の帝王切開後に「次の妊娠はよく考えた方が良い」と妊娠そのものへの危険性を示唆されたり、大きな病院での手術・出産が必須となるケースもあります。

帝王切開のリスクとは?術中・術後の母体と赤ちゃんへの影響
帝王切開のリスクとは?術中・術後の母体と赤ちゃんへの影響

過去の帝王切開の方法が横切りである

帝王切開の方法にはいくつかの種類がありますが、その中でも「子宮体部下節横切開」で行われた場合は、次回以降の出産にVBAC出産が実施できる可能性があります。

「子宮体部下節横切開」とは、一般的にいう横切りです。皮膚は横に切り、腹膜を縦に切り、子宮壁を再び横に切る切開で、傷跡が目立ちにくいという美容的メリットがあります。現代ではもっとも一般的な帝王切開の方法としても知られています。

ただし、一刻を争うような緊急帝王切開の場合は、別の切開方法がとられている可能性もあります。この場合は、VBAC出産はできません。

帝王切開の傷跡は消える?傷跡を残さないためのケア方法
帝王切開の傷跡は消える?傷跡を残さないためのケア方法

子宮頚部に異常がなく、経腟分娩が可能と判断される

子宮頚部の場所を示したイラスト

子宮頚部とは、子宮下方の内子宮口と膣を繋ぐ、赤ちゃんの産道です。前回の出産時に帝王切開になった理由は人それぞれではありますが、子宮頸部に異常がないと医師が判断するならば、今回の出産では経腟分娩、つまりVBAC出産が可能となります。

多胎児などのハイリスク出産でない

双子や三つ子などの多胎妊娠、巨大児など、ハイリスクと考えられる出産においては、VBAC出産は認められません。

妊娠経過が順調である

妊娠経過において、母体もしくは胎児に問題が見つかると、VBAC出産の許可が下りません。

例えば、妊娠高血圧症候群に罹患した場合、母体のBMI値が極端に高くなった場合などは、VBAC出産ではなく帝王切開を実施します。

VBAC出産のメリット

帝王切開経験者が次の出産で経腟分娩を実施するVBAC出産。一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

経腟分娩が体験できる

通常は、第一子を帝王切開した方は、第二子、第三子の出産も帝王切開となるため、経腟分娩を経験する機会はありませんでした。

しかし、VBAC出産を実施すれば、帝王切開経験者でも経腟分娩を体験することが可能です。

産後すぐに赤ちゃんと触れ合える

出産した赤ちゃんと触れ合い微笑む母親

経腟分娩の場合、産後すぐに赤ちゃんと触れ合うことが可能です。赤ちゃん出生直後のカンガルーケアや授乳を希望しているお母さんにとっては、VBAC出産は魅力的な出産方法といえるでしょう。

帝王切開でも、病院によってはすぐに赤ちゃんを抱っこさせてくれますが、手術後の処理のために、赤ちゃんを抱っこできない病院も少なからず存在します。また、緊急帝王切開で全身麻酔が必要になった場合は、妊産婦自身が意識を失っていますので、そもそも赤ちゃんがいつ生まれたのか把握できません。

立ち会い出産ができる

経腟分娩の場合、多くの産院で立ち会い出産を実施しています。
出産の瞬間を家族と体験したい妊婦さんがVBAC出産を望むケースも増えています。

帝王切開は手術ですので、立ち会い出産が認められていない病院も多いですし、例え立ち会い可能な病院であっても、血が苦手な方は遠慮した方が賢明です。

帝王切開で立ち会い出産はできるけど無理は禁物!体験談10
帝王切開で立ち会い出産はできるけど無理は禁物!体験談10

産後の回復が早い

一般的に経腟分娩は、帝王切開よりも産後の回復が早いケースが多いです。
帝王切開では、切開した傷口の痛みが2~3週間ほど続いたり、傷口の赤みが数ヶ月ほど目立つこともあります。

帝王切開経験者の中には、手術時の麻酔により気分が悪くなったり、後陣痛に苦しんだり、手術そのものが怖い記憶として残っている方もいるでしょう。

VBAC出産を望むということは、既に1人目の子供がいる方が大半です。産後すぐに体調を戻し、子供2人の育児に取り掛かりたい人がVBAC出産を検討することは少なくありません。

入院期間が短い

医師からの診断結果を聞いて笑顔になっている妊婦

一般的な経腟分娩の場合、出産した日を含めて3~4日、異常が見られなければ1週間以内に退院できるケースが大半です。

一方、帝王切開による出産は、手術後の母体の管理等がありますので、出産した日を含めて10日間ほどの入院になることが多いです。

少しでも早く退院したいお母さんは「もし選べるなら帝王切開よりは経腟分娩が良い」と考えることもあるでしょう。

VBAC出産のデメリット

産後すぐに赤ちゃんを抱っこできたり回復が早かったりと、一見メリットの多そうなVBAC出産。しかしながら、リスクも大きいため、「技術的には可能であっても、VBAC出産は推奨されるべきではない」と考える産科医も多く存在します。

代表的なデメリットを4つ紹介しますので、VBAC出産を検討している妊婦さんは、1つ1つを吟味してみてください。

子宮破裂のリスク

子宮壁の裂傷は、大量出血の恐れがある

具合が悪い妊婦を看護している医師の女性

通常の出産でも、1,000件に1件程度の確率で「子宮破裂」が起こることがあります。
「子宮破裂」という単語からは子宮壁が勢いよくバチンと裂けるイメージを伴いますが、例え子宮の一部が裂傷を起こしただけでも「子宮破裂」には変わりありません。

裂傷がわずかであっても、子宮壁が傷つくと大量の出血と腹痛を伴うため、母体や胎児の健康に深刻な影響を与えます。

子宮破裂が起こるのは分娩時が大半

子宮破裂は、妊娠中に起こることは非常に稀で、分娩中に起こることが一般的です。

子宮破裂のリスク要因としては、手術などで子宮に傷がついていることや子宮壁が弱っていることなどが挙げられます。

過去に帝王切開や紺子分娩で出産をしたことがある人は子宮に傷がついている可能性がありますので、本陣痛や分娩の腹圧によって子宮破裂のリスクが高くなります。

帝王切開経験者の子宮破裂のリスクは通常の5倍

WHOの研究データによりますと、帝王切開による出産をした妊婦が子宮破裂を起こす確率は1,000件に5件程度と、通常の出産と比べて5倍程度も高くなっています(注2)。

そのため、万が一、出産中に子宮破裂が起こっても母体と胎児の健康を守ることができるように、帝王出産を経験した妊婦には次回以降も帝王切開による出産が勧められることが多いのです。

実施できる医療機関が少ない

子宮破裂の可能性が通常の分娩よりも高いということは、VBAC出産はハイリスクな分娩方法だとも言えます。

VBAC出産を取り扱っている産院は、高水準な病院設備が整っており、医師がVBAC出産に対する充分な知識と経験を備えていなくてはなりません。そのため、VBAC出産が実施できる病院は非常に数が限られています。

VBAC出産を検討している妊婦さんは、早めに実施できる病院を探し、診察を受ける必要があるでしょう。

緊急帝王切開に切り替わる可能性がある

VBAC出産を希望したからと言って、絶対にVBAC出産ができるとは限りません。VBAC出産は通常時よりも子宮破裂等のリスクが高い出産方法ですので、分娩時に少しでも異常が見られると、緊急帝王切開に切り替えられます。

一般的な経腟分娩では、陣痛が弱いときなどは陣痛促進剤を使用するなど、人工的な分娩誘発が行われます。しかし、陣痛促進剤は子宮破裂のリスクを高めるため、VBAC出産では使用されません(注3)。

予定帝王切開の場合は、局部麻酔だけでも手術可能なケースも多いですが、緊急帝王切開となると全身麻酔の必要性も出てきます。結果として母体に大きな負担をかける出産となることは考慮しなくてはなりません。

費用が割高になる

VBAC出産はハイリスクな出産方法です。通常の妊産婦よりも管理を慎重に行わなくてはなりませんので、病院によって異なりますが、ハイリスク分娩として通常の出産費用に3万円ほど加算されることもあります。

厚生労働省が提示する「ハイリスク分娩管理加算基準」では、適用条件としてVBAC出産は含まれていません。そのため、VBAC出産に管理料として加えている病院は、あくまでも独自の判断として加えていると言えます。

VBAC出産を実施するためには?

ハイリスクであるということは理解しても、「やはりどうしても自然分娩で出産したい」と願うお母さんもいるでしょう。VBAC出産を実行するために、どのような準備を行うことができるでしょうか。

医師としっかりと話をする

病院で医師から説明を聞いている妊婦

母体や胎児の状態、その他の条件によっては、VBAC出産が認められないケースもあります。ご自分のケースではVBAC出産が実施できるのか、しっかりと尋ねておきましょう。

VBAC出産のリスクとしては子宮破裂が一般的に挙げられますが、妊婦さんによっては他のリスクが発生する可能性もあります。

想定されるすべてのリスクについての説明を聞き、本当に納得できるときだけVBAC出産を選択するようにしてください。

リスクを十分に把握した上で選択する

ほとんどの病院で、医師の方からVBAC出産を勧めてくれることはありません。VBAC出産のリスクをどう評価するかは意見の分かれる部分ではありますが、母体と胎児の健康を最優先にしなくてはいけない医師の立場としては、積極的に勧めたいものではないのです。

そのため、どの病院でもインフォームドコンセント(手術や治療、処置の実施前に十分な説明を行い、その説明に対して患者の同意を得ること)を重視し、妊婦さんの署名を得てからVBAC出産を実施しています。

あえてVBAC出産を選ぶということは、妊婦さん側にもリスクをきちんと把握し、健康や安全を最優先させるという責任が伴います。また、分娩時に何らかの異常があるときは、緊急帝王切開に切り替わるということも把握しておかなくてはなりません。

「前回は帝王切開だったから、今回は自然分娩が良い」程度の軽い気持ちで臨むことがないようにしてください。

妊娠中は徹底した自己管理をする

VBAC出産は、妊娠経過中に異常が起こらないことを前提に実施の許可がおります。そのため、もし妊娠高血圧症候群などの病気に罹患してしまうと、VBAC出産ではなく帝王切開による出産に切り替えられます。

「VBAC出産で赤ちゃんを産みたい」という結論が出たのなら、普段以上に自身の健康管理に注意する必要があります。

アルコールやタバコを避けるのはもちろん、体重管理のための運動や食事など、病院側の勧めに従って適切な方法で実行してください。

家族ともしっかりと話し合っておく

家族みんなにとって、妊婦さんと赤ちゃんの命と健康は大切なものですから、家族ともVBAC出産を本当に実施すべきなのか話し合っておく必要があります。

VBAC出産についての医師の説明は、できればパートナーや家族と一緒に聞きましょう。リスクやメリットについて、皆が深く理解しておいてください。

立ち会い出産についても決めておこう

VBAC出産は、問題が起こらなければ一般的な経腟分娩と変わりありません。立ち会い出産を希望するのかどうかについても話し合っておきましょう。

ただし、何度も説明した通り、リスクも伴う出産方法です。分娩室に入らないとしても、パートナーが付き添ってくれた方が妊産婦さんとしては心強いはずです。

おすすめコンテンツ