つわりで歯磨きができない

つわりで歯磨きができないときの歯の磨き方対策体験談15

つわりでも歯磨きはできるだけ行うようにしましょう。虫歯や歯周病になってしまっては大変です。歯磨きができない、吐きそうになる、つらい、気持ち悪いと感じる妊婦さんでもできる、口の中がスッキリする歯磨きの仕方をご紹介します。

つわりで歯磨きができないときの歯の磨き方対策体験談15

つわりで歯磨きができない!どうしたらいいの?

芸能人だけでなく、一般人にとっても歯は大切です。歯は一生使うものですから、毎日の歯磨きは怠らないようにしたいものです。しかし、分かっているけれど毎日の歯磨きができなくなるのが、つわり中の妊婦です。つわりでつらいときも妊婦さんが歯磨きを続けるには、どうしたらいいのでしょうか。体験談を通して、つわり中の妊婦さんの歯磨きを考えてみましょう。

つわり中の歯磨き対策!私はこうしていました

虫歯や歯周病を防ぐには、毎日の歯磨きは欠かせません。口の中に何かを入れるだけでオェッと吐き気がするつわり中の妊婦さんでも、できる範囲で歯磨きを心がけたいものです。先輩妊婦が教えてくれた、つらいつわり中の歯磨き対策をご紹介します。

歯磨き粉を使わない歯磨き

歯磨き粉のイラストと驚いている女性

つわりの吐き気が軽めで歯ブラシを口の中に入れることを受け入れられる妊婦さんなら、歯磨き粉を使わずに水だけで歯磨きをしてみましょう。水は無味無臭なので、匂いでオェッと吐き気がすることはありません。歯ブラシのヘッドを小さめに替えてみるだけでも、吐き気が少なくなるでしょう。

洗口液(マウスウォッシュ)で歯磨き

微笑んでいる女性とマウスウォッシュのイラスト

口を大きく開けて歯ブラシを口の奥まで入れるのが難しいつわり中の妊婦さんなら、歯ブラシを使わずに洗口液でうがいをしてみましょう。洗口液を口に含ませて、ブクブクしてみてください。歯と歯の間にはさまった食べかすや、口の中の粘りが取れ、口の中がさっぱり、口臭も防いでくれます。

水でぶくぶく歯磨き

科学の力で作られた洗口液(マウスウォッシュ)が苦手なら、水でうがいをしてみてはいかがでしょう。水ならつわりで匂いや味がダメな妊婦さんでも、口に含むことができそうです。水で口の中をゆすぐ回数を増やしても大丈夫なつわりの程度なら、口に含む水の量が少なめでも歯磨きの代わりになるでしょう。

歯間ブラシで歯磨き

歯と歯の間の汚れを取る歯間ブラシなら水を必要としないので、水分が苦手なつわり中の妊婦さんでも口の中に入りそうです。使う時間は短めがいいです。長くやっているとオェッと吐き気がしやすくなるので、汚れが取れたら速攻で口の中を水で軽くゆすぎ、終了してください。

ティッシュで歯磨き

ティッシュのイラストと腰に手を当てて考え込む妊婦

ティッシュで歯の汚れを取る方法は、何もしないよりはいいです。鏡さえあればできる方法なので、起きるのがつらいつわり中の妊婦さんでも、布団やソファに横になりながら歯磨きをすることができます。ティッシュで歯磨きをする時は、決して行儀がいいとは言えない格好ですから、一人きりの時に行ってください。

最終手段は歯磨きをしない

どんな方法を試みてもオェッと吐き気がして歯磨きができないつわり中の妊婦さんは、思い切って歯磨きをしないという選択をしてみてください。歯磨きができないほどつわりがつらいときは、外出するのも難しい状態なので、家族以外の誰かに会うこともないでしょう。どうしても外出が必要な時は、マスクをすればいいです。

歯磨きができないほどつわりがつらい時期は限られています。虫歯や歯周病は気になりますが、無理に歯磨きをして体調を悪化させてしまっては本末転倒です。食べた後にできるだけ口の中に食べかすが残りにくい食事にする、甘いもの避けるなど食べるものを工夫するようにしてください。

つわり中の歯磨き体験談

ここからは、寄せられたつわり中の歯磨き体験談を見ていきましょう。食べ物を受け付けない妊婦さんでもコンビニ食なら食べられるなどのように、ちゃんとした歯磨きの代わりになるいい方法が見つかるかもしれません。つわりで口の中に何かを入れるとオエッと吐き気がするほど歯磨きがつらい妊婦さんは、出来る範囲で歯磨きを行うようにしてください。

つわり中でもコンビニ食は食べられました体験談15
つわり中でもコンビニ食は食べられました体験談15

うがいだけでもスッキリする

クローバー(30代後半)


つわりは戻してしまうほどの症状ではありませんでしたが、胃酸過多が常に続いていて、起きるのも動くのも辛い状態でした。加えて歯ブラシをくわえる、歯磨き粉をつけるだけで口の中に圧迫感を感じるときが多く、一日3回磨くというのが辛かったです。

そのため、インターネットや妊娠特集などの雑誌を参考に、「無理と思ったときは完璧にはしない」という結論に至りました。

歯磨き粉が口に残る感覚がどうしてもだめだったこともあり、私の場合は、昔の人のように歯ブラシに塩をつけて磨くとだいぶ楽になりました。また、歯ブラシも細身の柄のものに変えることでさらに圧迫感は軽減されました。

それでも辛いときは、丁寧に口をゆすぐだけにして乗り切りました。つわり中でも、うがいだけでも口の中がだいぶすっきりするので、自分にあった歯のケアでできるだけ気持ちのリラックスを。

水だけで歯磨きをした

ぺんぎん(30代後半)


つわりの時期は水を飲むことさえ気持ち悪くなってしまう時期があって、当然それは歯磨きの時も辛かったです。普段使っている歯磨き粉のにおいがダメになってしまって、歯ブラシを口に入れるとえずいてしまったりして、歯磨きがとても億劫になってしまいました。

それでも歯磨きをしないわけにはいきません。そのため私がとった対策は、歯磨き粉を使わずして水だけで歯磨きをするという方法です。

それでも気持ち悪くなってしまう時もあったのですが、まだ歯磨き粉のにおいがしない分、幾分ましに感じました。

つわり中は食べ物が食べられないだけでなく、歯磨きすら辛いという人も多いと思います。それでもつわりはずっと続くわけではないので、自分なりの対策を見つけてなんとか乗り越えて欲しいです。

ウエットティッシュで歯を拭いた

M子(30代前半)


つわりで食べるのも水を飲むのも気持ち悪く、ほとんど吐いていました歯磨きどころではなく、布団から起き上がることも出来ず、1日も歯を磨くことのない日も多々ありました。

それと味覚が変わり、ニオイや味にとても敏感になっていたのか。普段使っていたミント系の刺激の強い歯磨き粉を、チューブから出した瞬間から吐き気に襲われていました。

妊娠中は、つわりのこともあり、中々歯医者に行くことも出来ないですし、食事回数が増えたり、口の中の分泌物が変わったりと、虫歯も増えると聞いていたのでとても心配になりました。

歯磨き粉が使えない時期は、小まめに水で口をゆすいだり、ウエットティッシュで歯を拭いたり、歯間ブラシなどを使い、歯と歯の間のゴミなどを取っていました。

つわりが治まっても、口の中の違和感は変わらず、普段の歯磨き粉は使えなかったので、無味無臭の歯磨き粉を探してそれを使っていました。

私は唾液の分泌が多くなっていましたので、これで少し洗浄されているかな?と勝手に思っていました。出産すると嘘のように口の中の気持ち悪さなど全て消え元通りになったので、今はとても辛い時期ですが、無理のない自分に合った方法を見つけてください

リビングに置かれたウエットティッシュ

歯磨き粉はつけない

なな(40代前半)


つわりはずっと吐き気があり、歯磨きをしただけで何度も吐いていました。そこで、とりあえずうがいをして、吐き気が治まっている時に歯磨きをしました。歯磨き粉はつけませんでした。刺激をしてしまうからです。ちょっと磨いてうがい、またちょっと磨いてうがいを繰り返していました。

できなかった日もあります。つわり中はほとんど食事をしていなかったので、歯磨きにこだわるのはやめました。うがいでも吐きそうになるほどでした。

つわり中は、歯磨きにこだわらないほうがいいです。虫歯は気になるので、うがいをこまめにしたり、甘いものを控えて歯磨きの回数を減らしました。歯ブラシを奥まで入れるのに抵抗があり、奥歯は磨きにくかったです。

やらなかった

まゆこ(30代後半)


軽い食べづわりの時は、問題なく歯磨きが出来ていましたが、本格的な吐きづわりに発展した後は、全く歯磨きが出来ませんでした。口に物が入るだけでオエッとなってしまうため、うがいをするのが精一杯です。

それすらままならない時は、お口のケアを完全に放棄して、妊婦健診などでどうしても人に会わなければならない時だけマスクをして、相手に不快な思いをさせないように口臭を防ぐ対策をしていました。

つわりが軽減して来て多少口に物を入れられるようになってからは、柑橘系の爽やかな飴を舐めて、口の中のベタつきを誤魔化しました。

つわりに苦しんでいる妊婦さんは、無理して歯磨きをする必要は無いと思います。その時に一番身体が楽な状態になる選択肢を何よりも優先させてください。

マウスウォッシュを使っていました

りっちゃん(28歳)


私はつわりの間、歯ブラシを口に入れると吐きそうになってしまい、えずきながら歯磨きをしていましたが、ピークの時は歯磨きを口に入れることすらできませんでした。

でも妊娠中は虫歯になりやすいと聞いていたので、せめてもと思い、どうしても歯磨きができない時は、マウスウォッシュを使っていました。産婦人科で歯磨きができないと相談した時も、とりあえずマウスウォッシュを使ってみてとおすすめされました。

口をゆすぐだけなので、私の場合はつわりがピークの時でもマウスウォッシュは問題なく使えました。それもだめなら虫歯菌やバイ菌を流すという意味で、うがいだけでも良いそうです。

無理して歯磨きするのではなく、つわりの期間だけは、自分に合った方法でケアできれば良いと思います。

休憩しながら磨いている

ふぅ(22歳)


私はもともと、朝起きてすぐに歯磨きをするタイプだったので、いつもの通り歯磨きをしていたのですが、歯磨き粉の後味がダメなのか、歯磨きが終わってからオエっと始まり、吐き気だけで終わる時もあれば、吐いてしまうときもありました。

夜寝る前の歯磨きも同様に、磨き終わったあとにオエっとなりました。毎日のことなので、歯磨きをしない訳にもいかず、ネット等で対策法を調べてみると、歯ブラシを小さいものに変えてみるとか、歯磨き粉を付けずにただ磨くなど書いてありました。

歯磨き粉を付けずに磨く方法を試しましたが、私には変わりなく、何より歯磨き粉がないと綺麗になった気がしなかったので、結局歯磨き粉を付けたまま歯磨きをしています。歯磨きが終わったら、少し腰掛けて休憩をすると多少マシになる気がします。

アップルの香りがいい

y.mam(27歳)


私のつわりの時期の歯磨き方法です。2人の娘がいる私は、2人ともに妊娠時は吐きつわりに悩まされていました。一般的なごはんのたける匂いに始まり、お味噌汁や揚げ物の匂い、甘いスイーツなどの匂いも受け付けませんでした。

歯磨きですが、口を開けるだけで気分が悪くなる程でしたが、歯磨きをしないわけにはいかないため、様々なマウスウォッシュを試しました。

ミント系、ハーブ系、無香料、アップル、低刺激などを試した中で、私はアップルの香りのマウスウォッシュは相性がよく、つわりで嘔吐した後、朝昼晩、とこまめにマウスウォッシュで口内を清潔に保っていました。

今は様々なフレーバーやタイプがありますので、自分に合うものを試してみると良いと思います!

歯磨き粉なしでブラッシング

ともちゃん(30代後半)


歯磨きはやらなきゃやらなきゃと思うだけで、とてもつらかったのを覚えています。何しろ歯みがき粉の匂いがダメだったので、つらかったです。そして、つわりで寝てばっかりでしたので、歯みがきをしに洗面所まで行くのでさえつらかったです。

とりあえず這いつくばって洗面所まで行き、歯みがき粉をつけると気持ち悪が悪くなってしまったので、歯みがき粉なしでブラッシングしていました。

ただそれだけだと口の中が気持ち悪いので、歯みがき粉なしで歯をみがいた後に、マウスウォッシュでぶくぶくしました。なるべく匂いのない刺激のないものを選びました。そうすることで口の中はさっぱりとしました。

歯みがきづわりはつらいですよね。母子手帳に妊婦歯科検診のチケットがついている場合もありますので、つわりが落ち着いたら、受けに行ってみるのもいいと思います。

歯磨きはお休みです

女の子の母(40代)


歯磨きをするときに、ブラシを口にいれると吐くときの体勢になると、そのまま吐いてしまいそうになります。特にペーストのニオイが気になってしまってだめでした。つわりがとにかくひどく、最悪の時は、全く食べない時期があり、おしっこもでませんでした。

なので、食べてないからそれほど口の中も汚れてはいないだろうと、勝手に思い込んでそのまま寝ていました。

ですが、口の中はやっぱり気持ちが悪くなります。そういう時には、少しだけレモンを垂らした水でうがいを時々していました。

匂いもだめ、たべられない、口に入れると戻す、その時期は、おそらく誰にも会ったりしないことが多いと思います。検診の日以外は、無理をしなくてもいいのではと思います。

水が入ったコップを持っている妊婦

素早くみがいていた

いち(29歳)


私は今2歳の子供が1人いて、現在2人目を妊娠中です。1人目の時はつわりがあまりありませんでした。しかし、2人目妊娠中の今、つわりがとてもつらかったです。特に歯磨きはつらかったです。

歯ブラシを口に入れようと口を開いただけでも気持ち悪かったです。もちろん、歯磨き粉のにおいも全くだめでした。でも、歯を磨かないと違和感があるし、気持ち悪かったので歯磨き粉をつけずに磨いていました。

いつもは時間をかけてゆっくり丁寧に磨いていましたが、つわりの時期は、素早くきれいに磨くようにしていました。

つわりの時の歯磨きに悩まされている方がいるかと思うのですが、いつかはつわりは終わります。つわりの数ヶ月だけ歯磨きを少し手抜きして、無理しないようにしましょう。つわりが終わったらきれいに磨きましょう。

辛いけれどやっていました

日高(40歳)


妊娠初期のつわりの時、歯磨き粉のミントの匂いがどうしてもだめで、歯磨き粉なしで歯磨きをしていたのですが、だんだんと歯ブラシを口の中にいれるだけでえずくようになりました。

しかし、元々歯が弱かったし、出産後歯がひどい状態になっている人も知っていたので、オエオエえづきながら磨いていました。歯間ブラシも、つわりが軽めの時にしっかりとしていました。

つわり中の歯磨きは大変きついですが、歯は大事です。虫歯よりなにより、歯周病が怖いです。早産の原因にもなります。とくににつわりで吐くので、胃酸が歯についてしまうので、口内状況は悪くなります。

どうしてもだめなときは無理にせず、少しでも歯磨ができそうな時にデンタルケアをするのがいいでしょう。

歯磨きに固執しなくてもいい

パンダ(26歳)


妊婦さんなら誰もが体験する、妊娠して最初に向かえる大きな壁がつわりです。私もつわりが強く、ご飯は、ほぼゼリーと小さいおにぎり。料理するのも辛くて本当に大変でした。

その中でも歯磨きは、つわり中にとっては地獄でした。ただでさえ気持ち悪いのに歯ブラシを口に入れて磨く作業でさらに気持ち悪く、何回か吐いたことがありました。

妊娠中は、色んな栄養素が赤ちゃんに送られるため、ママの歯もボロボロになりやすいと健診で言われていたので、歯磨きについて助産師さんに相談しました。

そしたら、歯磨きに固執せず、普段からガムを噛んだり、つわりがひどい時は口腔内洗浄液での対応もいいと言われました。

歯磨きに執着せず、その時の体調によってやり方を変えたら、とても気持ちも楽になったし、妊婦期間中の自分の歯を守ることができました。

緑茶磨きがおすすめ

かよよん(30代後半)


妊娠初期の頃、つわりがかなり辛かったです。歯磨きする際もよく、吐いてばかりで数秒で歯磨きが終わることがざらでした。当然、口の中は常に気持ち悪い状態でなんとかならないかと思いました。

いろいろとネットで検索したり、きついつわり経験がある友人に聞いたりもしました。その際に、緑茶をかなり薄め(緑茶1.水9ぐらいの割合です)、歯磨き粉がわりに使うとよいよと言われ実践したら、全然気持ち悪くならなかったです。気になっていた口臭も抑えられてとても良かったです。

是非気持ち悪さで苦しんでいる妊婦さんにオススメしたいです。歯が磨けないのは本当に辛いですよね。ストレスにもなりますし、でも一時的なものなので、あまり気にしないでください。

歯間ブラシに頼った

たかこ(39歳)


私はつわりの期間が長く、お風呂の湯気で気持ち悪くなるため、一時間くらいクールダウンさせてから歯磨きをしていました。毎日の歯磨きは本当に辛く、憂うつでした。

つわりの期間で歯磨きが一番気持ち悪く、毎日必ず泣きながら吐いていました。吐きすぎて腹筋と喉の奥がいつも痛くなっていました。

歯ブラシを奥まで入れず、ざっと短時間で磨くようにしていましたが、歯磨き粉を、変えてみてもやはり吐いていました。そこで、歯間ブラシと液体歯磨きに頼るようになりました。

虫歯になりやすいと言われて気を付けたい気持ちはありますが、無理をしすぎない事が大切だと思います。吐きすぎて腹圧がかかると、お母さんも赤ちゃんも辛いので、できないときは割りきってうがいだけで済ませることがあっても良いと思います。

歯磨きをする時間を変えて、比較的コンディションのよい時にブラッシングをした方が、気持ち的にも負担が減らせます。

おすすめコンテンツ