前駆陣痛の痛みがきたらやるべきこと

前駆陣痛とはどんな痛み?お腹の張りや本陣痛との違い

前駆陣痛とは出産に向けた準備段階に入ったサインであり本陣痛の予行練習です。臨月近くなると不定期にお腹が張ったり、腰やお腹の弱い痛みに悩まされるようになり、それを前駆陣痛と呼びます。前駆陣痛の痛みの特徴があり本陣痛との違いなど紹介しますので、心の準備も開始しましょう!

前駆陣痛とはどんな痛み?お腹の張りや本陣痛との違い

前駆陣痛とは?痛みってどれくらい?!前駆陣痛の特徴と痛みの対処法

前駆陣痛の痛みってどれくらいなんだろう…普段のお腹の張りや本陣痛と区別がつくの?などと、初産を迎えるプレママで不安になっている人も多いでしょう。

一般的には、出産につながらない、本陣痛の前の痛みが前駆陣痛と言われています。本陣痛より軽い痛みと言われている前駆陣痛を侮っていたら、ひどい痛みで前駆陣痛なのか本陣痛なのか区別がつかなかったという人もいます。。全く前駆陣痛を感じない人もいる中で、前駆陣痛がひどい痛みの場合は、もしかして本陣痛?と思ってしまい、不安で病院に連絡する人もいるでしょう。

前駆陣痛等陣痛がどんな痛みなのかを知っておけば、そんな不安を解消できます。ここでは、前駆陣痛をはじめ、陣痛の特徴とその痛みの対処方法を調べたことを、筆者の経験も交えてまとめてみたので参考にしてみて下さい。

前駆陣痛の痛みは本陣痛や出産の予行練習

前駆陣痛が始まる時期になった妊婦

前駆陣痛の痛みは本陣痛や出産に備えた予行練習と例えられます。本陣痛は出産時の本格的な子宮収縮による痛みです。

前駆陣痛によって子宮が開きやすくはなるとされるものの、一般的に前駆陣痛には子宮口を開くほどの力はないとされていますので、前駆陣痛がすぐに出産に繋がることはまれであるため、基本的には慌てなくても大丈夫です。

前駆陣痛とはいつごろ始まるもの?

一般的に前駆陣痛とは妊娠36週あたりから始まってくるとされていますが、個人差があり本番陣痛の少し前に起こるひともいれば、臨月に入るだいぶ前からお腹の違和感を感じる人もいます。

妊娠36週の臨月の過ごし方!出産兆候と外出の注意点
妊娠36週の臨月の過ごし方!出産兆候と外出の注意点

早い人では、妊娠32週頃から前駆陣痛を感じる場合もあり、あまり早くに前駆陣痛があった場合は、切迫早産にならないよいうに産科に相談し、経過をよく観察してもらいましょう。

前駆陣痛はいつから?初産と経産婦で始まる時期の違い
前駆陣痛はいつから?初産と経産婦で始まる時期の違い

前駆陣痛の間隔は不定

前駆陣痛の痛みの波は、一定の間隔がある本陣痛に比べると痛みの間隔が不規則で波はなく、また、痛みの度合いも強くなったり弱くなったりと定まらず、持続することなく消えていくのが前駆陣痛です。前駆陣痛は痛みが治まってから痛み始めるまでの間隔が不定で30分や1時間以上の開きがあることが大きな特徴です。

前駆陣痛の間隔など特徴から本陣痛との違いを見分ける方法
前駆陣痛の間隔など特徴から本陣痛との違いを見分ける方法

前駆陣痛の痛みの特徴

前駆陣痛の痛みに耐える妊婦

前駆陣痛の痛みがくるということは、出産本番に向け、身体が調整段階に入ったということです。痛みの特徴もいきなりドカン!と腹痛に襲われるわけではなく、それまでよりお腹の張りが頻繁になったり、お腹の張りに伴って若干の痛みを感じたりします。

不定期な子宮の収縮を繰り返しながら、身体が出産の準備をしていきます。まずは、先輩ママ達の前駆陣痛の体験談を参考にしてみましょう。

  • 最初は弱く下腹部が痛くなり、そこからじんわり広がっていく感じで。前駆陣痛を知らなかったので、いよいよ陣痛が始まるのか?と思って間隔を測ったりもしましたが、なかなかで。後から前駆陣痛を知って納得しました。
  • 便意の様な痛みで夜中に目が覚めて、朝には痛く無くなったけれど、またしばらくするとまた痛みがあって…を繰り返して本陣痛を迎えました。
  • 夜寝る前に生理痛の様な痛みがあり、結構な痛さで、本陣痛と思ったのですが、痛みの間隔も一定ではないし、本陣痛の痛みはどんなのかと怖くなったのを覚えています。
  • 私の前駆陣痛は、ほんのり生理痛の様な痛みでほとんど感じませんでしたが、今考えればあれは前駆陣痛だったのだと思います。
  • 耐えられる痛みだったので前駆陣痛だと思って過ごしていて、間隔を測ってみると5分間隔でした。もしかしてと病院に連絡したところ、本陣痛ですぐに入院・分娩になりました。

前駆陣痛の痛みは上記のように人それぞれです。以下に本陣痛と前駆陣痛についてまとめてみましたので、チェックしてみてください。

胎動との違い

臨月には胎児の激しい胎動の痛みで前駆陣痛と勘違いしてしまう人もいます。時としてぎゅーっと子宮口を押されるような感じや、膀胱のあたりを押されるような痛みも感じることもありますが、胎動というのは赤ちゃんが動いているときだけの痛みで、前駆陣痛や本陣痛の痛みとは少し違います。

腹痛との違い

下痢による腹痛は、便が出るまで続きます。お腹が痛くても規則的な間隔で痛むのでなければ、陣痛ではないでしょう。

お腹の張りとの違い

子宮の不規則な収縮である前駆陣痛ですから、お腹が張りを伴うことも多いです。臨月では赤ちゃんが子宮内で骨盤に向けて下に降りるために子宮口が刺激され、前駆陣痛やお腹の張りを感じやすいのです。

お腹がパンパンに張ったり、石のように硬くなったり、突っ張って痛いなど様々な痛みのパターンがあるでしょうが、臨月に入ってからのお腹の張りは、それほど心配しなくても良いものです。臨月のお腹の張りは自然で、ある程度は仕方がないことだからです。

特に注意したい前駆陣痛の痛み

前駆陣痛の痛みで注意したい事を以下にまとめてみました。前駆陣痛だし病院に連絡するのはと迷ってしまいますが、病院に連絡して迷惑がられるという事はなく、むしろ何かおかしいと感じたら連絡下さいという所がほとんどなので、以下の状態にあてはまる場合、迷わず連絡してみて指示を仰ぎましょう。

経産婦は前駆陣痛からの進行の速さに要注意

初産時に前駆陣痛から本陣痛まで時間がかかったという場合でも、次の出産の際は前回よりも早かったという人も多く、経産婦は初産時より出産にかかる時間が少ない傾向がある為、進行の速さには要注意です。

痛みの間隔はこまめに計りましょう。前駆陣痛の場合は、20分以上痛みの間隔が空く場合が多いです。外出している際は、時間の感覚がいつもと違う場合もあるので、時計をきちんと見る事が大切です。

お腹の痛みや張りが持続的にある

お腹の痛みや張りが間隔をおかずに持続して続いていたり、時間が経つに連れて痛みが強くなったりする場合は要注意です。胎盤剥離等も疑われる場合もありまので、移動にもタクシーを使う等できるだけ安静にしつつ、病院に連絡して指示を仰ぎましょう。

微弱陣痛

初めての出産の場合は、微弱陣痛の場合でも前駆陣痛と思ってしまう可能性があります。微弱陣痛とは、赤ちゃんが産れる為の陣痛の力が不足している状態の事です。

微弱陣痛かどうかは医師の診断が必要となり、出産が長引いて母体に負担がかかったり、お腹の赤ちゃんに負担がかかり弱る場合があるため、対処が必要となります。

痛みが弱くても、陣痛カウントをしてみて間隔が一定であったり、陣痛の痛みが弱くなってしまったりした場合は病院に連絡しましょう。

前駆陣痛と本陣痛の違いは?陣痛の間隔を計測して見分けましょう

陣痛の間隔を計る妊婦

前駆陣痛の痛みが強い場合、本番の陣痛との違いや境目はハッキリわかるものではありませんが、お腹が張る程度の痛みであったり、間隔に一定の波がないときはほぼ前駆陣痛と言えるでしょう。

前駆陣痛とは軽い痛みで一定の波はない

前駆陣痛の痛みは、本番の陣痛に対して間隔も痛みも不規則で一定ではなく、弱くなったり強くなったりします。不快感や圧迫感を感じる人もいますが、姿勢を変えると治まります。個人によって違いますが、お腹が張るのも前駆陣痛のひとつとされています。

本陣痛は強い痛みで波がある!

本陣痛は痛みが規則的です。痛みの感覚が徐々に短くなっていき、痛みの強さも少しずつ増してきます。痛みが少しずつお腹全体に広がるような感じや腰のだるさ、尾てい骨の痛みなど人によって様々ですが、姿勢を変えてみたり体を動かしてみたりしても治まりません。

本格的な陣痛は、陣痛から陣痛の間隔がだいたい10分~15分で規則的に起こります。陣痛かもしれないと思ったら、痛みがきた時間をメモして間隔はどのくらいでおきているのかを確認してみましょう。

通常は前駆陣痛のあとに「おしるし」

前駆陣痛から「おしるし」がくると、本陣痛が始まると言われていますが、この順番で必ずくるというわけではなく、間隔も個人差が大きいです。おしるしがきたからといって即出産になることはありません。通常では2日~3日後に出産になる場合がほとんどです。

おしるしのあと即出産になることは少ないとはいえ、出産が間近なことは確かです。いつ陣痛や破水が起こるかわかりませんので、動きすぎないようにしましょう。

前駆陣痛

  • 痛みと痛みの間隔が一定ではない
  • 生理痛の様な痛み
  • 時間を経ても痛みが強くならない
  • 歩いたり、動いたり、体勢を変えると痛みが治まる

本陣痛

  • 痛みと痛みの間隔が一定である
  • 痛みの持続時間が60秒ほどある
  • 間隔の長さが徐々に短くなっている
  • 痛みが徐々に強く広がっていく
  • 痛みが治まらない

前駆陣痛の痛みが強いときの対処法

母子手帳に目を通してリラックスしている妊婦さん

前駆陣痛とは弱い痛みであることが殆どで、一般的にあまり痛みを感じることは少ないですが、もしも痛みが強いという場合は、まずは横になって寝て体を休めるといいでしょう。人によっては前駆陣痛から出産に進まずに停滞してしまう場合もあります。

前駆陣痛は比較的痛みが軽い状態にあるので、前駆陣痛がきたタイミングで自分の過ごしやすい姿勢やラクな体勢を見つけておくと、本陣痛がきたときにスムーズになります。

本陣痛に備えてお腹の状態をよく観察しておきましょう。あまりにもお腹がカチカチに張ったり、お腹の様子がおかしいなと思った場合は、医師に相談しましょう。

前駆陣痛の痛みを和らげる方法

前駆陣痛の痛みは、出産後、言われてみればそうだったかも知れないというほど軽い人もいる一方で、本陣痛じゃないの?と間違えてしまうくらいひどい痛みの人もいます。

前駆陣痛が起こる時点ではまだまだ出産本番まで時間があるため、なんとか体力は温存しておきたいものです。前駆陣痛で寝不足にならないように、本陣痛のときのための痛みを和らげる方法をいくつか知っておくと安心です。

パートナーに腰をさすってもらう

腰やおしりなどに軽い生理痛のときにおこるような痛みがあらわれることがあります。楽な姿勢でマッサージしながら痛みを緩和しましょう。

やわらかいゴムボールなどで押してもらう、腰をマッサージしてもらうなどをすることで、痛みを緩和できます。気持的にも安心するのでおすすめです。

ゆっくり呼吸する

前駆陣痛の痛みがつらいときは、複式呼吸や深呼吸をする事で、痛みを和らげます。出産で使う呼吸法で大切なのは、息を吐くことです。ため息をつくように息を長く吐くと体の力が自然と抜けます。吸うことを一生懸命やっていても、リラックスはできません。

ゆっくり吸い、できるだけゆっくり吐く事を繰り返す事により、体内に酸素を取り込みます。精神を安定させる効果もあり、赤ちゃんにもたくさん酸素を送れるので、痛みが無い時でも本陣痛の時でも呼吸を意識したいものです。

お腹や腰を温める

前駆陣痛の痛みは、湯たんぼやカイロなどでお腹を温めるのも和らげる効果があります。体の冷えは赤ちゃんに血液を送る循環が悪くなるので、日ごろから体全体を温め、冷えには気を付けたいものです。くれぐれも低温やけどには気をつけましょう。足湯やお風呂で温まる事でも、痛みを和らげる効果があります。

ひざをついてうつ伏せになる

色々な姿勢になってみるのも痛みを逃すと言われています。うつ伏せが効果的だったという声も多数聞きます。お腹を圧迫しないように、クッションなどを利用して、うつ伏せになる方がいいです。

シムスの体位

左側が下になる様に横向きに寝て、足は少し曲げ、右の手足は前になるようにします。これがシムスの体位と言われる物で、横向きの状態でクッションや枕などを足の間にはさむような姿勢で寝ることで腰の負担が軽くなり、痛みが和らぎやすいです。また、お尻がいたい場合も横になり足をまげるだけで十分楽です。

壁やベッドに上半身をもたれさせる

クッション等を使って、壁やベッドで上半身を起こしもたれる姿勢をとります。これで楽になったという人もいるので、ぜひ試してみて下さい。

前駆陣痛の痛みが来たらやるべきこと

気持ちが和らぐ姿勢で過ごす臨月の妊婦さん

前駆陣痛の痛みがきたときにやっておくといいことを紹介します。病院に行く前にやれること、必要なことをすれば問題ありません。臨月に入り、前駆陣痛かな?と思ったら落ち着いて慌てないで過ごしましょう。

前駆陣痛がきたらやっておきたいこと

前駆陣痛がきても入浴してはいけないということはありません。シャワーで済ませてしまうよりも辛くないようであれば、お風呂に入り湯船につかり体を温めて、リラックスしましょう。

  • おしるしや破水がなく、夜中でなければ入浴して体を温める

前駆陣痛が始まってからもなかなか本陣痛にならない人もいます。陣痛を促すような階段の上り下りやスクワット、ウォーキング。出来るようであればしておくのもいいです。

ただしやりすぎは絶対にいけませんし、体を動かすときは足元に十分注意をし気をつけながら体を動かしましょう。

  • 階段の上り下りやスクワットやウォーキング

本陣痛がはじまったときに産院まで車の運転をしてくれる人や、兄弟がいる家庭は上の子を預け先などをしっかり確保しておきましょう。

本陣痛はいつくるかわからないので、上の子供の預け先の確認をししておくのは大事なことです。産院によっては小さな子供は病棟にはいませんといった場合もありますので、早いうちに病院に確認しておきましょう。

  • 運転手や上の子の預け先の再確認をする

前駆陣痛はあまり痛みを感じない場合もありますが、少しお腹が痛く感じる人もいますので、きちんと痛みの間隔を計りながらメモしておきましょう。前駆陣痛から本陣痛になっていくときは間隔が10分おきや5分おきになります。

  • 前駆陣痛の間隔をきちんとメモしておく

出産で入院してしまうと家を1週間ほどあけてしまうことになりますので、パパにお願いできることはして、掃除をしておいたり、自分でしておきたいことは用意をしておくと安心です。

  • 家を空ける準備をしておく

出産間近になると乳汁がでてくる人もいますので、コットンやガーゼで拭きとったりして、きれいな状態にしておきましょう。そのままにしておくと不衛生になってしまいます。

  • 乳房のケアをする

前駆陣痛からどんどん痛みが強くなっていく場合もありますので、まだ軽くて食欲もあるようなら、食べられるうちに食事をして体力をつけておきましょう。
ただし、無理をして食べる必要はありません。

  • 食べられるようならよく食べる

前駆陣痛の痛みは出産間近のサイン

おなかを撫でて出産を待ち望む妊婦さん

前駆陣痛の痛みは臨月に起こると言われています。人によってはもう少し早い人もいます。前駆陣痛が起こった後は本陣痛が近い日に起こる事が多いため、前駆陣痛は出産間近のサインであるとも言われています。

どれくらいで本陣痛・出産に移行するか

どれくらいで本陣痛となるかは全くの個人差となり、平均値はあまり目安になりません。多くの人が近い日に本陣痛がきていますので、出産準備は万全にしておきましょう。

痛みの周期を計測・痛みの特徴も計測

まずは、痛みの間隔を計ってみます。痛みの特徴や計った間隔をメモを取っておきます。これは、本陣痛と前駆陣痛を見分ける為でもありますが、病院への連絡の際にも必要になってきます。

  • 痛みの始まった時間、治まった時間
  • 次の痛みが始まった時間、治まった時間
  • 何度か計った後に間隔(痛みが始まった時間から次の痛みが始まった時間)、陣痛の持続時間を計測
  • どんな痛みだったか、同じ痛み方かどうか、痛む場所も

入院準備

前駆陣痛が始まってすぐに本陣痛を迎える人もいる為、入院準備も整えておいた方がいいでしょう。
持ち物や連絡等入院準備をまとめてみました。

持ち物チェック

  • 母子手帳
  • 保険証
  • 診察券
  • 印鑑
  • パジャマ
  • 下着
  • 着替え
  • カーディガン等院内が寒い時の上着
  • スリッパかサンダル
  • 洗面用具
  • メイク道具
  • お風呂セット
  • 分娩時に必要なもの

(産褥ショーツ・飲み物・陣痛の合間に食べるもの・テニスボール等痛みを和らげるもの・陣痛や分娩時に聞きたい音楽やアロマ等)

  • 出産後必要なもの

(生理用ショーツとナプキン・骨盤ベルト・骨盤用ガードル・授乳用ブラ等)

  • ビデオカメラ
  • カメラ
  • 充電器
  • パソコン
  • 赤ちゃん用のグッツ

(赤ちゃんの肌着・ベビードレスやおくるみ等)

  • 入院した際に連絡する人の連絡先のメモ

持ち物については、事前に病院に確認しておき、何があって何が無いのかを把握しておいた方がいいです。出産時に必要な物に関しては、病院側で用意してくれているのがほとんどです。各病院によって、出産へのこだわりや、産後の入院についてのこだわりが違うかと思うので、その辺りを踏まえて、無駄なく準備したいものです。

また、緊急入院となった場合に備えて、置き場所等もあらかじめ夫に話しておいた方が、あとから持ってきてもらう時にも安心です。

連絡についてのチェック

電話する妊婦

どんな状態になったら連絡するのか?陣痛の痛みにパニックになってしまう人もいるでしょう。これから訪れる陣痛に慌てず落ち着いて行動するためにも、電話のタイミングなどはあらかじめチェックしておくべきです。

  • 痛みの間隔が10分間隔になった
  • 破水があった
  • おしるしがあった
  • 多量の出血があった
  • 一定間隔の痛みが長く続いている

上記の状態になったら病院の指示を仰ぎましょう。それ以外でも、何かおかしいなと感じたら病院に連絡しておいた方が安心です。痛みの間隔は、痛みの始まった時間、治まった時間を計測していきます。

病院に連絡するときに必要なこと

  • 名前
  • 予定日はいつか
  • いつから痛みがあるか
  • 間隔はどうか
  • 入院となった場合の持ち物確認(事前に病院に確認しておくのがベスト)

出産後に必要なものもチェック

  • ベビーベットや布団
  • 温度・湿度計
  • おむつ
  • おしり拭き
  • ベビー服
  • ベビー肌着
  • おくるみ
  • ベビーカーやチャイルドシート
  • ベビー用体温計
  • 爪切り
  • 綿棒
  • 哺乳瓶
  • 消毒液
  • ベビー用の洗剤や石鹸
  • ベビーバス
  • ガーゼ

産後は骨盤が開いている状態の為、思うように動けないものです。家具の位置の移動なども事前に済ませておくのがベストです。買い物も気楽に行けないため、事前に用意しておくのがいいのですが、家族に動いてくれる人がいれば、どんな物が欲しいのか伝えられるようにしておくといいでしょう。

病院へ連絡するタイミング

妻に言われて病院へ電話する夫

いざというときに慌てないように入院の時期や必要物品の確認をしておきましょう。前駆陣痛がきたからといってすぐ産院に連絡する必要はありません。

病院へ連絡し入院するタイミング

  • 出血

量や状態によっては、入院になることがあります。月経より量が多い場合はすぐに連絡し受診しましょう。少量であり、おしるしがきたとき心配であれば病院に連絡し相談してください。

  • 破水

破水は、子宮内の羊水が流れでてくるもので下着がぬれるのでわかります。感染の恐れがあるため入浴は厳禁です。すぐに病院に連絡して病院にむかってください。

  • 陣痛

お腹の張りと陣痛は違います。個人差はありますが、次第に痛みが強くなり張る間隔が短くなってきたら陣痛です。間隔を計り、規則的になると間隔が10分くらいになります。(経産婦さんで15~10分)

  • その他

頭痛や嘔吐などの体調不良があったり、胎動が少ないなど不安なことがある場合は、まず連絡し相談をしてください。

前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ
前駆陣痛から本陣痛、本陣痛から出産までの流れ

前駆陣痛は出産が近くなったサイン!慌てなくても大丈夫

前駆陣痛の痛みががあるということは、赤ちゃんにもうすぐ会えますよという赤ちゃんからのサインです。安心して出産準備を迎えるためには、出産の流れをある程度イメージしておくことも大事です。出産が近くなってきた証でもある陣痛は時間や経過によって様々な呼び方があり、痛みの続く長さや感じ方や痛みのおこり方は個人差があります。

単なるお腹の張りなのか前駆陣痛なのかというのは、後からでないとわからないということもよくあることなので、あまり不安に捉えず、心の準備、身の回りの準備を整えて、ゆったり過ごしましょう。

前駆陣痛がきても慌てずに…ということを頭にいれておくだけでも、リラックスして過ごせるでしょう。もうすぐお母さん。赤ちゃんに会える日を楽しみにして待ちましょう!