つわりは甘え?

つわりは甘えでしょと言われた体験談15さぁどうする?

つわりは甘えと言われたらスマートな対応で切り返しましょう。妊婦さんは自分とお腹の赤ちゃんの幸せだけを考えてください。つわりは甘えではないのですから、堂々としていていいのです。

つわりは甘えでしょと言われた体験談15さぁどうする?

つわりは甘えでしょと言われたらどうしますか

つわり中の妊婦さんなら一度は言われたことがある「つわりは甘えでしょ」。時には、つわりを経験したことがある先輩妊婦さんでも言うことがあるくらい、「つわりは甘えでしょ」という言葉を放つハードルは低いです。「つわりは甘えでしょ」と言われたら、どう対応するといいのでしょうか。プレママのスマートな対応の仕方を考えてみましょう。

つわりは甘えと誰に言われましたか

寄せられた体験談から、「つわりは甘えでしょ」と言った人を見ていきます。「つわりは甘えでしょ」は、誰でも言う言葉であることが分かります。どんな妊婦さんでもどんなシチュエーションでも、言われる可能性がある事を心に留めておいた方がいいでしょう。

嫌味を言う女性上司

  • 会社の上司
  • 会社の同僚
  • 会社の先輩
  • 義理の母
  • 実の母
  • 義理の姉
  • ママ友

つわりは本当に甘えなのか

かかりつけの産婦人科医、助産師に「あなたのつわりは甘えでしょ」と言われたらどうでしょうか。妊娠出産の知識が豊富な人に言われたのなら、「そうかもしれない」と納得できる人が増えるような気がします。なぜなら、妊娠出産のプロフェッショナルは、妊婦には普段通りの生活が難しくなるほどつわりが重い妊婦がいることをよく知っているからです。

つわりに苦しむ妊婦

つわりは妊娠した事実に基づいて起こる症状なので、気の持ちようで軽くなったり重くなったりするものではありません。もしも妊娠出産に理解が深いプロフェッショナルな人が「甘え」というなら、あれができないこれは無理と言っているけれど、起きているつわりの症状はそうでもなさそうと判断したのだと理解することができます。

「つわりは甘え」と言った夫、義母、会社の上司や同僚は、「つわりは甘え」と判断できるだけの知識を持ち合わせてはいないでしょう。「つわりは甘え」と言っていい人がいるとすれば、妊娠出産の知識と経験が豊富な医者や助産師だけです。「つわりは甘え」と言われて「あなたに何が分かるの」と思った妊婦さんの考えは正しいと言えます。

つわりは甘えでしょと言われたらどう切り返す?

「つわりは甘えでしょ」と言われたら、スマートな切り返しを心がけましょう。会社の上司や同僚・先輩、義母や実母、夫へのスマートな切り返し方を見ていきます。

会社の上司や同僚・先輩への切り返し

会社の上司や同僚に言われたのなら、スルーするか、静かに微笑みながら丁寧に「すみません」と返してください。産休明けに復職する予定ならなおのこと、ここで宣戦布告をするのは得策ではありません。仕事がしにくくなると退職への思いが芽吹いてしまいます。あまりにもひどい場合は然るべき対処が必要ですが、普通に仕事を続けるつもりなら、悔しい思いは胸の中にしまっておいた方がいいでしょう。

義母・実の母への切り返し

姑の言葉を受け流す嫁

まさに義母・実の母の時代は、「つわりは甘え」という考え方が大勢でした。そういう時代に子供を産んだので、そう考えるのも無理はないと諦めるのがいいです。時代の流れと共に考え方も変わっていきます。つわりは甘えじゃないのよと言ってみたところで、水掛け論で終わってしまう可能性が大きいです。

「はいはい」と適当にその場をつくろって、早々に退散しましょう。いや、それじゃあ気が済まないのよと考える妊婦さんは、後で夫に愚痴をこぼしてください。ほんの少しですが、気が晴れるかもしれません。

夫への切り返し

せめて夫には、「つわりは甘えじゃない」ことを分かってほしいものです。一番理解してほしい人に理解してもらえないと、つわりのつらさがいっそう募ります。ここは、「つわりは甘えじゃない」ことを説明してもいいでしょう。

あなたに分かってもらえないと苦しいと、言葉、妊娠出産に関する本、雑誌を見せて伝えてください。それでも分かってもらえない時は、一緒に妊婦健診に行ってもらい、かかりつけ医から説明してもらうのも方法のひとつです。妊娠出産は夫婦で乗り越えるものですよと言ってもらうように、かかりつけ医にお願いをしてみましょう。

つわり中に感じた旦那の優しさ&腹が立った行動体験談15
つわり中に感じた旦那の優しさ&腹が立った行動体験談15

つわりは甘えではない!自分ファーストでOK

「つわりは甘えでしょ」と言われたら、自分にとっていいようになる答えを選択してください。今真っ先に考えなければならないのは、赤ちゃんを無事に出産すること、そのためにも妊婦さんが健康でストレスのない生活をすることです。ストレスが全くゼロの生活は難しいですが、自分にとって心地いい答えを選ぶと、ストレスが減ることに違いはありません。つわりは甘えではないのです。自分ファーストでいきましょう。

つわりに甘えるなと言われた体験談

ここからは、つわりは甘えと言われた体験談を見ていきます。つわりだからこれくらい甘えても大丈夫と思っていなくても言われてしまう「つわりは甘え」。同じ痛みを持つ妊婦さんはいっぱいいます。心無い言葉を心に深く刻むよりも、赤ちゃんを授かった喜びを大きくとらえ、スマートな対応でやり過ごすようにしてください。

夫婦喧嘩

サボってるだけなんじゃないの?

杏凛(33歳)


私が、つわりが「甘え」なのではないかと夫に言われたのは、二人目妊娠中のときでした。一人目の妊娠のときは運良く妊娠初期も体調がよくほとんどつわりがなかったのですが、二人目のときは妊娠が発覚してすぐからつわりがありました。

特に匂いに敏感になり、食事作りや掃除などの家事が満足にできませんでした。土日は上の子の世話を夫に任せて、横になって寝ていることが多かったので、あるとき夫に「つわりって言いながら、ただサボってるだけなんじゃないの?」と軽い口調で言われました。

本人にそこまで悪気はないのはわかりましたが、本当に体調が悪かったので嫌な気持ちになりました。

お腹の中の子によってつわりの軽度は違うと反論したら何も言わなくなりましたが、内心では「つわりは甘えだ」と感じていたと思います。夫にサボっていると思われ続けるのも嫌だったので、インターネットや育児雑誌でつわりの情報を読んでもらいました。

どこまで理解してくれたかどうかはわかりませんが、つわりのときのしんどさを少しはわかってくれたように思います。そのあとは、土日だけでなく平日でも少し家事を手伝ってくれるようになりました。

今の子は弱いのね

ねね(40代前半)


義母と同居していて、初めて妊娠し、すぐつわりがはじまり、毎日吐いていました。食事作りが辛く、義母に辛いことを話したところ、食事作り義母がやってくれるかなと甘い考えももちましたが、義母からでた言葉は、「今の子は弱いのね」と言われ、絶望しました。

それからは、甘えることも出来ず、毎日吐きながらもなんとか作っていました。結局、7ヶ月までつわりが続いてしまい、苦しみながらなんとか作り続けましたが、いまだに恨んでいます。

何年か経ち、その事を義母に話したところ、「え?そんなひどいこと、言ったかしら?」と覚えてもいない感じでした。あの一言でずっと辛い思いをしたのに。

つわりは甘えだと言われたら、そんなの無視して、辛いものは辛いんだから、自分を1番に考えて行動するべきだと思います。

気持ちに甘えがあるんじゃないのか

さゆり(30代前半)


腕組みして嫌味を言う上司

第一子妊娠中に上司に言われました。妊娠6週からつわりが始まり、はじめは食べづわりだったのですが、9週から突然吐きづわりに変わり、立っていられないくらいの吐き気にずっと襲われました。

当時働いていた職場に、お休みをもらうため電話をすると上司から「そんなに本当に酷いのか?気持ちに甘えがあるんじゃないのか?」と言われました。

つわりは正直男性には理解しがたいものだと思います。私自身もその時は「申し訳ありません」と謝ることしかできませんでした。

その後もつわりが収まることもなく、結局安定期に入ると同時に退職しました。つわりを味わったことがない人には、つわりを甘えと感じる人もいると思います。つわりを分かってほしい時には、「酷い船酔いが24時間延々と続いている状態。もしくは吐き気が酷い二日酔いが24時間続いている状態なんですよ」と言うようにしてはどうでしょうか。

つわりで寝込むなんて暇なんだね

まるこ(30代前半)


私に「つわりは甘えだ」と言ったのは、義姉です。義姉は、いわゆるキャリアウーマンで、20代後半で結婚して、子供はおらず、30代前半で離婚した後もずっと働いているので、妊娠・出産の経験がなく、法事で会った時に「つわりがひどいんだって?でも、つわりで寝込むなんて暇なんだねー」と言われました。

その時は、カッとなりましたが、ちょうど気分も悪く、ほかの親戚の目もあったので、その場では我慢しました。法事の席上を離れて、帰り道には夫に対して抗議しましたが、あまり聞く耳を持たない様子だったので、諦めました。

つわりの症状は、人それぞれだと思うので、言いたいヤツには言わせておけ!というくらいの気持ちでいるのが良いと思います。

お前だけじゃない。甘えるなよ

りぼん(40歳)


夫から言われました。つわりが始まって最初の数日は、ひどいめまいと吐き気で寝込んでいたんですが、その時に「妊娠自体が病気でも何でもない。世のお母さんたちは経験していること。お前だけじゃない。甘えるなよ」と言われました。

そして最後に、「寝ていてもいいけどご飯を作らないなら外食するからお金頂戴。お金使うのが嫌ならどうにか考えて」とも。

つわりできつかったんですが、私の場合、そこまで言われると発奮するタイプでしたので、即起き上がって卵焼きを焼いて夫に出しました。後はふりかけ。ちょっとしたイヤミで対応した形ですね。

翌日からはご飯の支度はマスクして比較的体調がいい時間帯に少しずつ分担したり、近所の母に惣菜を持ってきてもらったりしていました。

もしも「つわりは甘えだ」と言われたら、言い返していいと思います。「経験してもないくせに分かった口を聞くな」と。もしくは「経験できない未知のことを憶測で言うな」でもいいと思います。つわりは本当にきついし、その重さも人によって違うんですから。

ベッドに座り込んで口を押さえる妊婦

気持ちが弱いからつわりが酷くなるのよ

まめ(30代前半)


私は実の母親につわりは甘えだと言われました。1人目の時も重度のつわりでしたが、兄弟を作ってあげたいと思い2人目を考えました。2人目を妊娠してすぐに重度のつわりがはじました。

すぐに母親に迎えに来てもらい、飛行機で上の子を連れて実家に帰りました。つわりは妊娠7ケ月くらいまで続きました。私の母親は3人子供を産みましたが、つわりの症状はほとんどありませんでした。

私は食べても吐いてしまうので、スッキリした柑橘系のものを好んで母親に用意してもらっていました。それでも、いつも食べたいものや食べられるものが同じとは限りませんでした。体調が悪い時にはほとんど食べられませんでした。

私と上の子の世話で疲れてきた母親は私に、「気持ちが弱いからつわりが酷くなるのよ。自分で大丈夫って思えば大丈夫よ!甘えてんじゃないの?」と言ってきました。

その時は言葉も出ませんでした。母親が部屋を出てから涙が止まりませんでした。でも、経験の無い人にはきっとわからない事だし、母親も私と上の子の面倒をみる事で疲れていたんだと今は思います。何か嫌な事を言われた時は、生まれて来る赤ちゃんが健康に生まれくればよい!それだけを考えて乗り越えるといいと思います。

そこまで辛い?周りに心配かけるのも辛いよね

みみ(30代後半)


私が二人目を妊娠中に「つわりは甘えだ」というように解釈してしまうような、心ない言葉をかけてきたのはママ友です。それは上の子の習い事の場で起きた出来事でした。

待ち合いスペースでつわりをこらえながら飴をなめたり水を飲んだりしていた私に対し、「つわり?大変だね」と言ってくれたかと思うと、「でもつわりってそこまで辛い?周りに心配かけるのも辛いよね」と…。

そのママ友は、ほとんどつわりを経験したことがなかったそうです。つわりの辛さは個人差があるとして、「周りに心配かける」という言葉に「心配しなきゃいけないじゃない!」という不満の思いを感じ、悲しくなってしまいました。

私は「ごめんね、心配かけちゃって」と言うのが精一杯で、それ以降は待ち合いの隅っこでなるべくひと目につかないようにし、そのママ友から話しかけられることも避けるようになりました。

「つわりは甘えだ」などと言われた時は、イラっとする前にわからない人もいると無理矢理思い込むべきです。そこまで露骨な人に説明しても虚しくなるだけです。赤ちゃんを授かった喜びを思い浮かべ、幸せの証なんだと思うようにしましょう。

つわりつわりって甘えるな!

みあ(34歳)


日の丸弁当

夫は、毎日手作りお弁当を持って行きたがる人です。妊娠初期からつわりでキッチンに近寄っただけでも吐いてしまっていたので、つわりが落ち着くまでお弁当作りを休ませて欲しいとお願いしました。

うちの夫は、「適当なお弁当でいいからささっと作って!つわりつわりって甘えるな!」と言いました。悲しさを通り越して、怒りも通り越して呆れたので、次の日のお弁当は白米と梅干しのみの夫に言われた通りのささっと作るお弁当にしました。

昼時にLINEして、あなたは二日酔いや車酔い、船酔いの状態で朝から揚げ物ができますか?胃腸炎で吐いている時に、卵焼きが作れますか?と嫌味LINEを送り、その後、夫の実家に義母の好きな菓子折を持って悪口を言いに行きました。

いいご身分ね。甘えているんじゃないの?

まー(39歳)


つわりは甘えだと言ったのは、会社の女性の先輩です。妊娠4カ月ごろまで、末期のつわりで、本当にきつくて、仕事を休んだり、来てはゆっくりしていたりしたのを、気に入らなかったようで、「いいご身分ね。甘えているんじゃないの?」言われました。

心の中で、未婚女性の年上の人に何を言われても、経験がないので、つわりの辛さがわかるわけがないし、言い争っても、今後つらいだけなので、何も言わず、家で夫にいろいろ聞いてもらっていました。

つわりは甘えだ、と言われたら、そうかもしれないですね。でも、腰痛や、腕が上がらないといった症状は年齢が高い方はよくおっしゃいますが、それもあまえでしょうか?と、違う話題で、言い返してみるのもいいかもしれません。ただ、言い返さない方が、あとあと楽です。

すぐに休んで甘いんじゃないの

りっちゃん(28歳)


私はつわりがあった時も仕事をしていました。色々な匂いと空腹がだめになってしまい、接客業をしていたので、どうしても無理そうな時はお休みをもらったり、休憩をさせてもらったりしていました。

休憩をしている時に上司から、「前にいた妊婦さんはつわりがあってもちゃんと働いていたし、あなたはすぐに休んで甘いんじゃないの」と言われました。

その時はとりあえずすみませんと謝りましたが、すごく悔しかったし、腹が立ったのを覚えています。本当はもっと話し合えれば良かったと思いますが、つわりが妊娠後期まで続いたこともあり、ずっと嫌味を言われ続け、きっと出産して育休から復帰してもこの人と働いている間は嫌味が続くんだろうなと思ったら辛くなってしまい、結局退職しました。

甘いな~と、怒る男性社員

妊娠は病気じゃないからね

さくら(40歳)


「妊娠は病気じゃないからね」「つわりは甘えだよね」主にそう言ってきたのは姑でしたが、近所のおばちゃんや親戚のおばちゃんや、そこらへんで遭遇したおばちゃんなんかもそうだし、私が妊婦だとわかるとわりといろんな人に言われました。

わたしも「まあそうだよね」と思いましたし、実際病気ではないし、甘えというか・・・まあ乗り切れますよね。つわりがひどいからといって人に頼らなければいいと思います。自分なりにつわりについて調べるなり、対処法がないか努力するくらいはした方がいいと思います。出産したらもっと大変なので。

つわりは甘えというより、つわりに甘えがちな人が多いのは問題だと思います。「私つわりがひどいから」というのは言い訳だと思います。つわりに甘えてしまう人が育児を乗り切れるとは思えません。

もっとシャキッとしなさい

まっさん(27歳)


私に「つわりは甘えだ」と言ったのは母でした。母は私を含めて3人産んでいて、つわりの経験はほとんど無かったそうです。

そのため、私がつわりで家事もできなくてベッドで横になっている時に「臨月まで働いている人もいるのに、あんたは怠けている。もっとシャキッとしなさい。」と言われました。

私はそのとき、マタニティブルーも入っていて情緒不安定だったことや、つわりで食事も睡眠もあまり取れていなかったこともあり、声を荒らげて暴言を吐いてしまいました。自分でも好きでこうなっている訳じゃないので、行き場のない気持ちに毎日泣いていました。

「つわりは甘えだ」と言われたらとてもイラッとしますが、気にしないのが1番です。自分の居心地の良い場所で妊娠生活を送るとリラックス出来ると思います。

気の持ちようじゃないのか

まゆ(29歳)


口を手で押さえる妊婦

妊娠発覚当時、男性が9割を占める職場で働いていました。二ヶ月目に入り、徐々につわりがきつくなってきてしまい、勤務中に何度もトイレに駆け込んだり、気分が悪くて内勤に回してもらったり…。

職場に迷惑をかけているなと申し訳ない気持ちで働いてはいたのですが、ある日、上司から「病気じゃあるまいし。俺の嫁さんは、妊娠中なんともなかったぞ。気の持ちようじゃないのか」と言われてしまいました。

そりゃ個人差あるから、なんともない人だっているし、入院する程重い人だっているよ!と心の中でモヤモヤしましたが、周りは男性ばかりで、かばってくれる、理解してくれる人もおらず。その場はすみません…ととりあえず流しました。

その後、夫のアドバイスもあり、しばらくして退職することになりましたが、結局、つわりの辛さは経験した人にしか分からないと思います。分かってもらおうとするとストレスが溜まるので、さらっと流すのが一番です。

夫や身内に言われた時は、「申し訳ないけれど、しんどいから、○○をしてくれないかな」等とわざと下手に出る。そうすると、誰も責めてはこないんじゃないかなと思います。上司や他人の言葉はスルーが、赤ちゃんのためです。

妊娠アピール?甘えてるわー

ちはな(40歳)


妊娠初期のつわりがしんどくて、でも産休にはほど遠い四ヶ月のときに女性の同僚に言われました。その人は自分が妊娠したときつわりが軽かったらしく、タバコの匂いや整髪料、香水の匂いでトイレに駆け込む私に、「妊娠アピール?甘えてるわー」と言い放ちました。

その時はうまく言い返せなかったし、確かに業務中にトイレに駆け込むのはみっともないと自分でも感じていたので、「すみません」と謝罪をしましたが、後からその同僚はその発言を聞いていた上司に叱責を受けていました(マタハラが騒がれていた時期で、妊娠中の人が多かったため、厚生課がピリピリしていたせいだと思います)。

「つわりは甘え」と同性のしかも出産経験のある人に言われると非常に凹みます。しかし具合が悪いのは仕方がないです。自分でも「甘えているのかも」と思って気持ちを張って見たことはありましたが軽減しませんでした。

当たり前です。お腹の中に「自分ではないもの」がいるのですから。言われてしまって凹んでも、すぐに忘れてしまうのが一番いいと思います。または聞き流す。相手が子供っぽい理屈を言うのなら、こちらが大人の対応をすればいいんだろうな、と今になって思います。

自分に甘えている

みこ(29歳)


妊娠6週目からつわりが始まり仕事中にトイレに行くことも多くなり、早退や仕事を休むことが多くなりました。そして男性上司に「そんなのは気持ちの問題だ、自分に甘えている」と言われました。

とても悔しかったです。つわりはひどくなる一方で何も食べられず、お水すらも吐いてしまい体力はなくなり体重も6キロ減ってしまいました。病院に行くと先生には、仕事はセーブしてと言われたので診断書を書いてもらいました。

男性上司に提出したところでやっと納得してもらえました。つわりは甘えなんかではないです。我が子がおなかの中で一生懸命育ってくれています。仕事も大事でしたが、私は赤ちゃんをまず一番に考えて、体が辛くなったら休憩するようにしていました。

おすすめコンテンツ