朝だけつわりがつらい

つわりが朝だけつらい体験談15気持ち悪さから逃れるには?

つわりが朝だけ余計につらかった先輩妊婦さんの体験談をご紹介しています。起きられない、胃がムカムカする、吐く、気持ち悪いなど朝だけつらいつわりに悩んでいる妊婦さんは、先輩たちのつらい朝のつわりから逃れる方法を参考にしてみましょう。

つわりが朝だけつらい体験談15気持ち悪さから逃れるには?

朝だけつわりがつらい!どうしたら楽になるの?

カーテンを開けて太陽の光を受け、ふぁ~っとあくびをしながら伸びをして、小鳥のさえずりを聞きながら「今日もいい一日でありますように」と祈る気持ちのいい朝。そんなすがすがしい朝を迎えることが難しくなるのがつわり中の妊婦です。朝、目覚めた瞬間から気持ち悪い、日中や夜よりも朝だけつわりが余計につらい妊婦さんは、どのように気持ち悪さから逃れるといいのでしょうか。

朝だけ余計につらいつわりってどんなカンジ?

つわり中の気持ち悪さには波がありますが、朝だけ気持ち悪さがひどい妊婦さんは多いです。体験談では、朝が来るのが怖いと思うほど、昼と夜に比べて朝だけ重くなる症状とはどんなカンジなのか聞きました。思わず気の毒に思ってしまうようなつらさが感じられます。

ベッドの上で頭を押さえて不快な表情の女性

  • 胃液を吐く
  • 何も食べていなくても吐く
  • トイレから出られない
  • スッと起きられない
  • ご飯の炊ける匂いがイヤ
  • 歯磨きでオェッ
  • 体がだるい
  • 船酔いしている感じがする
  • 頭がボーっとする

朝だけ余計につらいつわりを和らげるためにやっていること

どんなに朝のつわりがつらくても、何かをしない訳にはいきません。もちろんあまりにもつわりの症状がひどい時は、朝から横になったままということもありますが、どうにかすれば少しでも朝のつわりの辛さが和らぐなら、やってみる価値はあるでしょう。

吐いてしまう

胃の中に何も入っていなくても吐き気がこみあげてくるなら、とりあえず吐いてみましょう。もしかしたら胃液だけしか吐けないかもしれませんが、それでも「吐く」という行為で気持ちを少し落ち着かせることができます。

トイレに吐く女性

朝だけつらいつわりであれば、実際に吐いても吐かなくても吐くことをルーティーンにすることで、朝は吐くことから始まっていったんつわりを落ち着かせることを、朝の儀式として身体に覚えこませるのです。できるなら、吐く前に水を少し飲むといいでしょう。胃の中の胃液を薄められるので、吐いたとしても臭いがやわらかくてすみます。

朝の弁当作りは前の日の夜に準備する

パックに入れて作り置きしたおかず

毎朝、上の子供や旦那さんのお弁当作りをしなければならないつわり中の妊婦さんは、できるだけ前の日の夜のうちに下ごしらえを済ませるようにしましょう。お弁当に入れるおかずは夜のうちに作り、朝詰めるだけの状態までにして冷蔵庫に入れておきます。冷蔵庫で冷えたおかずは匂いがほとんどしないので、朝だけつわりがつらい妊婦さんでもお弁当箱に詰めやすいです。

朝、ご飯の炊ける匂いがイヤな妊婦さんなら、冷凍ご飯をチンするだけに準備をしておくといいです。ご飯はつわりが楽な夜などに炊いておいて、まとめて冷凍してしまいましょう。どうしても朝のつわりがつらくてお弁当の準備ができない時もあるでしょうから、あらかじめそのことを家族に伝えておき、理解を求めるようにしてください。

柑橘系の飲み物でスッキリさせる

酸味は、つわり中の妊婦さんでも受け付けやすい味覚です。朝特有の気持ち悪さを解消するために、酸っぱい味の飲み物を飲んでみてはいかがでしょう。レモンやグレープフルーツなど、柑橘系のさわやかな香りは、飲み込みにくくなっている妊婦さんの喉越しを助けてくれます。朝の寝起きに飲むと胃の中がスッキリするので気持ち悪さが減り、体を動かしやすくなるでしょう。

つわり中の炭酸水・炭酸飲料はおすすめです体験談15
つわり中の炭酸水・炭酸飲料はおすすめです体験談15

食べられるものを食べる

つわり中でも食べられる食べ物があるなら、たくさんじゃなくていいので食べるようにしてみましょう。胃の中が空っぽになると、つわりでなくても気持ちがいいものではありません。少し食べることで胃が動き出しますから、胃液の逆流を減らすことができます。

しかし、無理は禁物です。それでなくてもつわりが辛い朝に、食べることでよけいに気持ち悪くなっては意味がありません。あくまでも食べられるものがある妊婦さんが少量だけ口にすると言ったイメージで考えるといいでしょう。

つわり中でもコンビニ食は食べられました体験談15
つわり中でもコンビニ食は食べられました体験談15

朝だけつわりが余計につらい体験談

ここからは、寄せられた朝だけつわりが余計につらい体験談を見ていきます。ただでさえつらいつわりなのに、一日の始まりである朝に特別つらくなるのは本当に大変な事です。朝だけつわりが余計につらい妊婦さんの声に耳を傾けて、朝のつわりのつらさが少しでも和らげる方法を見つけてください。

水を飲む妊婦

寝起きは水を飲む

さやな(30歳)


私の場合、つわりで妊娠に気づくくらいつわりが来るのが早いんです。特に朝起きた直後は、つわりが治まる時期までひたすら辛かったですね。

毎朝、起きた瞬間からつわりが始まり、胃は空っぽなので胃液を吐く日々でした。でも胃液を吐くってものすごくつらいし、喉や口内にもよくないので、朝だけ余計につらいつわりと闘いながら、起きたらまず水か麦茶を飲む努力をしていました。

胃液のみよりは、水分だけでも入っている方がかなり楽なので、飲みやすいものを飲んだ方がいいかと思います。もちろん、食べ物を食べられるなら栄養的にもその方がいいとは思いますが。

私としては、牛乳やその他匂いが強いものは吐いた時につらいので、吐くことを前提にして飲み物、食べ物を考えていました。

吐くと楽になる

なな(40代前半)


妊娠中はずっと辛かったです。雨の日や寝不足の日は特に辛かったです。家族の朝の支度があるので、無理やり起きました。最初にトイレに行き、体を動かします。すると吐き気がやって来るので、胃液を吐いていました。苦いので吐くのは辛いのですが、朝一に吐いてしまわないと、何もできません。

朝だけ余計につらいつわりが少し楽になってから家事をしました。子供のお弁当を作ったり、朝ごはんの支度をしました。途中できつい時には、台所で横になりました。体を休めながら、子供や主人を送り出しました。

みんなが出て行ったら、やっと体を休めることができました。仕事をしていなかったのでできることです。吐くと楽になります。吐かないでいると、ずっともやもやしているのですっきりさせると、体が動くようになります。

匙でヨーグルトを食べる妊婦

一度にたくさん食べないようにしていた

ぽんちよ(30代後半)


妊娠がわかって、6週間過ぎたころから、つわりが始まりました。特に朝だけ余計につわりがひどくて、朝ごはんを食べると吐くようになりました。一番大変だったのは、何を食べても吐くことでした。パン食にしたり、ご飯にしたり、プリンやゼリーを食べても吐いてしまいました。

その頃、フルタイムの仕事をしていたので、仕事中は、気分が少しでも悪くなるとトイレに走りこんだり、デスクワークを長時間続けないように気をつけていました。私は、無理にたくさん一度に食べないようにしていました。一度に食べると、吐いてしまうので、無理しないようにしていました。

はじめての妊娠で、つわりがあると不安かもしれませんが、赤ちゃんが産まれたら、なおります。赤ちゃんがお腹にいる幸せをかみしめてくださいね。

蒟蒻ゼリーを常備

ぱぴこ(30歳)


蒟蒻ゼリー

朝だけつわりが酷かったのは妊娠9週あたりでした。私の場合は食べつわりだったのですが、朝起きた瞬間から何か食べないと吐きそうになってしまう状態でした。

日中はタイミングを見て食べられるのですが、寝ている間は当然食べないので、朝目覚めた時が一番辛かったです。朝起きたら口元を押さえて、真っ先に冷蔵庫へダッシュする毎日でした。

そのため、我が家の冷蔵庫には蒟蒻ゼリーを常備していました。つわり中は食べられなくなってしまったものも多かったのですが、蒟蒻ゼリーは抵抗なく食べられたことと、すぐに食べられてお腹にも優しいこともあって、つわり中の私にはピッタリでした。

妊娠中はカロリーも気になりますが、食べた方が体調も良かったので、つわりの間だけはあまり気にしないようにして食べることを優先しました。

つわりにも様々な種類がありますが、朝のつわりが辛いという妊婦さんはとても多いようです。つわりで何もできない自分にイライラすることもあると思いますが、つわりは期間限定です。つわりのある間くらいは、しっかり休んで自分の心と体を大切にしてあげてくださいね。

弁当作りが辛かった

かんちゃん(20代後半)


朝だけつわりが酷かったのは、妊娠初期の頃です。11週目から12週目くらいからつわりが始まり、そこからどんどん酷くなっていました。つわりと一緒にすごい睡魔にも襲われ、朝は本当に起きられませんでした。

でも旦那さんのお弁当を作らなきゃいけなくて、必死に毎日起きていました。起きられてもずっと立っているのが辛くて、途中何度もうずくまりながら作っていました。お弁当はささっと作って、急いでこたつにもぐり横になっていました。それが1番楽になったので、毎日のようにしていました。

朝のつわりが酷いなら、旦那さんや家族に伝えて、無理のないように起きればいいのではないでしょうか。私もお弁当作りは出来るだけ前の日の夜にある程度仕上げて、朝詰めるだけにするようにしていたので、そんな風にしていかに楽に生活していくか考えてみたらいいかと思います。

吐きそうになって口を押える妊婦

トイレから出られなかった

ななこ(30歳前半)


朝だけつわりが特につらかったのは、妊娠初期と中期でした。中期は安定期と呼ばれ、つわりもおさまってくる方が多いようですが、私の場合中期まで辛かったです。

朝のつわりはとにかく吐き気がひどく、トイレから出られませんでした。つわりを楽にする方法は、楽に吐ける状態にする事でした。そして朝起きて吐き気を感じたら水を飲む事です。これである程度吐き終わると楽になりました。

あとは、ストレスを溜めずに気持ちを落ち着かせる事も大切だと思いました。仕事をしていたので、早く吐き気を抑えて行かないとと言う気持ちで余計に体調を崩し、逆効果だったように思います。

少し早めに起きて、時間に余裕を持って体調を整える時間を取ることで、気持ちも落ち着き、体調が戻るまでの時間も短くすることが出来ました。

つわりは本当に辛いですが、自分に合った方法を見つけることが出来れば、症状を軽くすることが出来ます。ストレスも関係している事があるので、気持ちも落ち着けて乗り切りましょう。

ひたすら耐えた

さまるん(30代後半)


妊娠初期から吐きづわりで苦しみましたが、朝だけは唯一吐き気を感じる事無く身体が楽になったため精神的にも落ち着ける大切な時間でした。

しかしつわりの後半になると、朝一から吐きづわりが始まってしまうようになったため、吐く事に慣れていた身体はともかく、メンタルがズタズタにやられてしまいました。

24時間吐き気から逃れられないのはもはや恐怖でしかなく、気を紛らわすために経口点滴薬を飲みながら頭を掻きむしって耐える日々でした。

つわりには必ず終わりが来ます。朝だけ余計につらいつわりが始まってから二週間ほど経過した頃、突然吐き気が止んでつわりが終わったので、今つわりに苦しんでいる方は「朝のつわりはつわりの終わりが近い印」と思い、少しの間耐え忍んでください。

冷たい麦茶を枕元に置いている

りか(24歳)


冷たい麦茶

朝だけつわりが辛かったのは、妊娠してから13週から20週の妊娠初期から中期にかけてで、朝だけつわりのピークでした。

つわりの様子としては、目が覚めるとだるさと強い吐き気があり、口の中もなんだか気持ち悪い感じがして朝からオエッオエッと声を上げていました。また、朝はすっと起きることが出来なかったので、朝起きなくてはいけない時間よりも30分早く起きてゆっくり起きていました。

朝だけつわりを楽にするためにしたことは、まずストローをさして寝たまま飲めるようにペットボトルの麦茶を置いていました。私の場合、冷たくなってないと吐いてしまうので、冷凍保存した麦茶を保冷バッグにいれて、ぬるくならないように枕元において常備しました。そうする事で、すぐに冷たいお茶で気持ち悪さをリセットすることができました。

いま朝だけつわりで悩んでいる妊婦さんには、終わりが必ずあることを忘れずにいることが一番だと思います。頑張って乗り越えれば、必ずかわいい赤ちゃんに会えるので耐えてください。

朝は換気から始まる

ふみママ(30歳)


妊娠してからのつわり初期は、とにかく全ての匂いが辛く、ご飯の炊ける匂い、芳香剤、スーパーの匂い、生野菜の匂いなど、普段気にもしなかった匂いで吐き気を感じ、それが妊娠中期に入るまで続きました。

特に今までなんてことなかった主人の匂いがダメになり、つわり中の朝だけは、とにかく換気から始まりました。夏の時期だったのでちょうど風通しも良くなり、気分転換にもなりました。

それから横になって寝ているのが一番楽だったので、何もしなくてもいい日はひたすら横になっていました。それも仰向けだと気分が悪くなるので、体ごと横になるのが体勢としても良く、朝の眠気も重なり、つわり中はよく寝ていた印象です。

人それぞれ、また子供によってつわりの種類は違いますが、匂いでダメなものはなるべく排除して、食事の準備も旦那さんの協力が得られるのであれば無理して用意しなくてもいいと思います。お腹の中で子供を育てているのですから、ストレスを抱えすぎないように協力しあっていけたらいいですね!

仕事を辞めた

ふぅ(22歳)


妊娠初期は全くつわりが無く、何も変化が無かったのですが、初期の終わり頃13週辺りから急につわりの症状が出てきました。朝起きて歯磨きをすると吐き気がしてしまい、その後一旦落ち着いてお腹が空くので、何かを口には出来るのですが、全部出してしまっていました。

朝だけならまだいいのですが、その気持ち悪さが午前中で終わる時もあれば、夕方くらいまで続くときもあり、それは本当にその日によって違いました。また、夜に歯磨きをするとそれでもまた、吐き気がしていました。

私は立ち仕事をしていたこともあり、仕事中もお昼に食べたものを全部吐くこともあり、本当につらかったです。現在20週ですが、まだつわりがおさまらないので、つわりを楽にするために仕事を辞め、午前中は極力あまり動かないようにしています。

私はまだ終わりが見えませんが、つわりがあるお陰で赤ちゃんが元気だなって思えるので、つらいですけど乗り越えましょう。

オレンジジュースをミキサーで作る妊婦

毎朝、柑橘系のジュースを飲んでいた

ゆらゆら(30代前半)


妊娠初期から後期に差し掛かるまで、ずっとつわりに苦しめられました。特に朝の寝起きはひどくて、腰は重くて痛いわ、頭はグラグラするわ、挙げ句に起きたらすぐに船酔いしている感じが朝だけ襲ってきて辛すぎました。

仕事をしていたので起きないわけにはいかず、毎朝柑橘系のジュースを飲んで、気持ち悪さを和らげるように努めていました。ご飯のにおいや肉の香ばしい匂いもきつくて、できるだけ爽やかな香を嗅ぐようにしました。

つわりの間は、本当にもうこんなに辛い状況から解放されたい、と涙が出るぐらい毎日がしんどくて、何度も心が折れそうになりましたが、それを乗り越えた先に産まれてきた我が子を抱いた瞬間、感じたことのない喜びと幸せが訪れるので少しの辛抱です。

朝ごはんは食べない

みはる(24歳)


つわりのピーク時は、朝だけ起きるのがとてもつらかったです。私は2人子供がいるのですが、どちらの時も吐きづわりだったので、空腹状態の朝はとてもつらかったです。

起きた瞬間は胃のむかつき感があり、血圧が低い感じで頭がボーとするような感じがありました。起き上がっても、また寝込んでしまいたいくらいのきつさでした。起きたあとは、口の中の粘りが気になるし、それで気持ち悪くなることもありました。

朝だけのつわりを楽にするには、何かしら食べないと胃のむかつきが取れなかったので、私は1人目の時にはフランスパンを少し切って食べていました。唯一食べられたパンでした。

1人目の時には学生だったので、何とか朝食を食べていないと授業中集中できなかったので、無理にでも起きて食べていました。

朝のつわりは本当につらいです。できれば一日中寝ていたいほどです。朝起きて今日は調子が悪いと思った時には寝ているのが一番楽だと思います。

私は、2人目の時には朝ご飯は食べずに昼にフルーツを食べていました。食べ過ぎるのはよくないけれど、フルーツの甘さとすっぱさで、胃のムカムカが取れていました。睡眠をしっかりとってビタミンを摂ると、少しは楽になっていくと思います。

カロリーメイトを食べた

やゆ(30代中旬)


カロリーメイト

妊娠初期から6ヶ月に突入するまでの間は、食べづわりの症状がでていました。空腹になるとつわりが悪化していたので、寝起きの空腹が一番辛かったです。朝だけ余計につらいつわりは、起きた瞬間から吐き気と倦怠感が襲ってきます。

食べづわりなので、何かを食べると楽になりますが、吐き気が酷すぎて食べることすらできない状態まで悪化しています。

つわり中は、プレーン味のクッキーを好んで食べていました。特に、カロリーメイトのプレーンは甘さが強くなく、栄養も豊富なので食べやすかったです。毎晩、寝るときは枕元に、個包装されたクッキーか、カロリーメイトを置いて寝るようにしていました。

そして寝起きに気合いでクッキーを食べて、つわりが落ち着くまではお布団の中でゴロゴロしながら過ごして乗りきっていました。

食べづわりの方は、自分が好んで食べているものや、たんぱくな味の物(個包装が楽です)を食べて、つわりが落ち着くのを待つと楽に起きられます。

ひっきりなしにすっぱいグミを食べた

どーぬ(33歳)


つわりにも色んなつわりがあると聞きますが、わたしは「食べづわり」でした。何かを口にしていないと気持ち悪くて胸やけのようにムカムカしていました。

朝だけ特に辛かった時期は、つわりが始まった頃、妊娠発覚から2~3ヶ月頃でした。身体はだるいわ、気持ちが悪いわで仕事に行くのがとても辛かったです。

朝のつわりを楽にするには、朝からすっぱいグミやビタミンCが濃そうな飴をひたすら食べていました。電車通勤でしたので、揺れや人混みがとってもとっても気持ち悪くて、意識をどこかに飛ばしながら食べていました。

食べて少ししたらすぐに気持ちが悪くなってくるので、ひっきりなしにすっぱいグミか飴を口に入れていました。

朝は身体がだるく感じる時間なので、時間があればあったかいお茶を飲んだりして一息入れると、気持ちも楽になるかもしれません。

レモネードを飲むとスッキリできた

ヤヨ(31歳)


妊娠初期は特に朝だけつわりがキツかったです。目が覚めても起き上がることができないくらいでした。うちは朝にご飯が炊きあがるように設定しているので、立ち込めてくる香りで下に降りられないこともありました。

私の場合は、レモネードを飲むとスッキリできたので、自分好みの味で作りおきしておいて、寝起きに飲むようにしていました。あとは妊娠中でも使って大丈夫なアロマがあるので、自分の好きな香りを枕にかけて寝ると寝起きが楽になったような気がします。

つわりはツラくて、めげてしまいそうになるかと思います。頑張らなきゃと頑張りすぎると酷くなることもあるので、「今はツライから少し休もう」くらいに力を抜くのがいいですよ。

おすすめコンテンツ