「りく」の名前に使える漢字とその意味

「りく」という名前に使える漢字は「陸」だけじゃない!

「りく」という名前は、漢字一文字で「陸」とすることが多い男の子に人気の名前です。しかし、もともと「りく」は女の子の名前だったので、現代では男女どちらに名付けても良いでしょう。また、理・利・里・来などの良い意味や由来を持つ漢字を使えば漢字二文字の名前にすることも可能です!

「りく」という名前に使える漢字は「陸」だけじゃない!

りくの「く」の読みに使える漢字と意味

「く」の読みに使える漢字

「く」の読みに使える代表的な漢字をご紹介します。名前にどのような意味を込めたいかという点や「り」の漢字とのバランスや総画数での姓名判断の結果などを考えて、総合的に決定しましょう。

久~幾久しく幸多かれ

久は、3画の漢字です。
久は、病気で寝ている人に背中に灸をすえる様子を表した漢字です。灸をすえるのに時間がかかることから、「時間が長い」・「先が長い」という意味を持つようになりました。

結婚式の祝辞に「幾久しくお幸せに」という有名なフレーズがあります。久の漢字を使用して、幾久しく幸多い人生になりますようにという意味を込められます。

空~可能性は無限大!

空は、8画の漢字で、天につながる「そら」が一番に浮かびますが、元々の意味は少し違います。

空の意味は、漢字を上下に分けるとよくわかります。「穴」は、穴蔵(あなぐら)を表しています。「工」は、穴を開けたりするのに使用する持ち手のある工具(のみ・さしがね)を表しています。

「空」の漢字は、工具で穴をあける様子を表す漢字で、穴があいて無くなる様子から「から」という意味ができたり、穴の空いた様子から「無限」という意味に変化したりしました。
空の漢字で、可能性は無限大!夢を諦めない人になって欲しい!という意味を込められます。

紅~エネルギッシュは人になりますように

紅は9画、女の子の名前に使われることの多い漢字ですが、男の子の名前に使うのがNGという訳ではありません。
赤色には、赤・紅・朱色がありますが、紅色は最も色鮮やかでエネルギーを感じる色です。紅という漢字に、エネルギッシュな人になりますようにという意味を込めて名付けることができます。

来~輝かしい未来に向かって!

来は7画の漢字で、「來」という漢字が元になっています。
「來」は麦の穂が垂れている様子を表す漢字です。昔の中国において麦は、神様が人々に授けてくれた貴重な穀物とされていました。神様がもたらしてくれた穀物という意味が次第に変化し、やって来るという意味になりました。

現在では、将来・未来というように、これから先のことを示す意味も加わっています。来の漢字に、あなたには輝かしい未来が待っている!という希望を込めましょう。

漢字二文字の「りく」の名前例

「りく」を漢字二文字で表した時の一例をご紹介します。漢字二文字を当てることでより多く意味を名前に込めることができます。

理久・理来、利久、理紅、里来、璃来、李空

「りく」を含む名前もカッコイイ!男の子なら「りくと」「りくや」!

りくと

「りく」の後ろに一文字加えてもカッコイイ名前になります。名前の最後に「と」や「や」が付くことで、より男の子らしい名前にもなります。

「りくと」の漢字表記の一例

陸翔、陸斗、陸人、陸都、利久仁

「りくや」の漢字表記の一例

陸也、陸彌、陸弥、陸哉、理空也

女の子の「りくちゃん」は使う漢字を工夫しよう

女の子の名前「莉紅」「璃久」

女の子に『りく』という名前を付けたい場合、男の子に間違えられないように、できるだけ女の子の名前に使われる漢字を当てはめてあげましょう。

莉紅~ジャスミンの白い花と赤い色で紅白!

莉紅は、18画の名前です。
莉は、女の子の名前の「り」の読みに当てる漢字としてよく使われます。
莉は、植物のジャスミンを漢字で「茉莉花(マツリカ)」と書くことから、ジャスミンの可憐な白い花をイメージできます。
また、「紅」も紅一点などというように女性をイメージすることが多い色を表す漢字です。

ジャスミンの白と、紅の赤の組み合わせて、白と赤「紅白」のイメージになります。紅白は、お祝いの席で振る舞われる紅白饅頭・お正月の紅白かまぼこなど、おめでたいイメージがあります。
莉紅で、可憐な人に育ち、幸せが多い人生になりますようにという意味が込められます。

璃久~長く輝き続ける人生でありますように!

璃久は、18画の名前です。
璃は、「瑠璃(るり)」・「恵璃香(えりか)」・「杏璃(あんり)」など、女の子の名前に使われることの多い漢字です。
璃久で、末永く輝き続けられる人生でありますようにという意味を込めてあげましょう。

漢字二文字の「りく」はキラキラネームと思われる?

「りく」というと、やはり漢字一文字の「陸」が、思い浮かびます。漢字二文字で「りく」と読ませる場合、あまり普通の読みとかけ離れた漢字を使用するとキラキラネームと思われる可能性はあります。

また、あまりにも一般的な漢字の読みとかけ離れていると、初対面の人に名前を呼んで貰えなくて、将来子供が困ることは覚えておきましょう。

ただし、キラキラネームと感じるかどうかや、名前に対する考え方は、世代やその人によりことなります。ママやパパが思い入れを感じられる由来の名前なら自信を持って周りに説明すれば良いですし、将来子供にも名付けの意味を聞かせてあげられます。
名前は、子供にとって一生共に過ごすものですので、素敵な意味を込めて名付けてあげましょう。

おすすめコンテンツ