妊婦はヨーグルトで便秘解消

妊婦がヨーグルトを食べる時の注意点とオススメの食べ方

妊婦さんが、ヨーグルトを食べて良いか不安な方へ。妊婦さんがヨーグルトを食べた方が良い理由と食べる時に注意点についてご説明していきます。妊婦さんの便秘を助けてくれるヨーグルト、効果的にヨーグルトを食べて体の調子を良くしましょう。

妊婦がヨーグルトを食べる時の注意点とオススメの食べ方

妊婦はヨーグルトで便秘解消!ヨーグルトの効果&注意点

妊娠すると体の変化やホルモンバランスの変化により、色々なトラブルに悩まされてしまいます。妊婦さんに多い体の悩みの一つは、便秘です。妊娠中は、薬をできるだけ服用したくないので、薬に頼らずに便秘を解消していきたいものです。

今回は、妊婦さんの便秘に効くというヨーグルトについて詳しくご紹介していきます。妊婦さんにとって、ヨーグルトは体に良い効能をもたらしてくれますが、食べる時には気をつけた方がよい点もあります。妊娠中は、食生活について何かと気に掛けているでしょうが、ヨーグルトを食べるときにも少し気を遣うことで、より高い効果を得ることができます。

妊婦は便秘になりやすい

お腹を押さえて便秘になったことを不思議に思う女性

女性は、男性に比べて便秘になりやすい傾向にありますが、妊娠すると今まで便秘知らずの人でも、便秘に悩まされてしまいます。妊婦が便秘になりやすい原因を見ていきましょう。

ホルモンバランスの変化

妊娠するとホルモンのバランスが変化します。妊娠中は、妊娠を継続するのに欠かせない黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増加します。ただ、黄体ホルモンは、腸の動きを抑制し、大腸の水分を吸収してしまう働きがあるので、便秘になりやすくなってしまいます。

子宮の変化

妊娠すると子宮がどんどん大きくなります。大きくなった子宮は、やがて腸を圧迫し、腸の動きを抑制してしまいます。また、便の通り道を狭くしてしまいます。

食事バランスの変化

妊婦さんの中には、妊娠前と食べ物の好みが変わってしまう人がいます。脂っこい物ばかり食べたくなったりするなど、バランスの良い食事ができなくなり、便秘をまねていてしまうことがあります。つわりにより食物繊維を含む野菜などを食べる量が減ってしまい、便秘になる場合もあります。

ストレス

妊婦さんは、体の不調や出産への不安などでストレスを抱えやすくなっています。ストレスが溜まると、副交感神経の働きが鈍り、腸の動きが悪くなり便秘になってしまうことがあります。

妊婦はヨーグルトで便秘を解消しよう!

妊婦さんは、色々な体の変化に悩まれているので、便秘の悩みは早めに解消しておきたいものです。ヨーグルトは、腸の働きを活性化させてくれるので、便秘解消にオススメの食べ物です。また、ヨーグルトは調理せずに、手軽に食べることができるので、忙しい妊婦さんや体調がすぐれない妊婦さんにも食べやすくなっています。

ヨーグルトと乳酸菌

スプーンでヨーグルトをすくう

ヨーグルトは、ご存じのように牛乳を原料として作られています。牛乳に乳酸菌をくわえて発酵させたものがヨーグルトになります。牛乳に乳酸菌をくわえて発酵させることで、酸味が出て食べやすくなります。また、牛乳に比べて保存がきくという利点もあります。

大人になると子供の時のように毎日牛乳をそのまま飲むという人は少なくなってきますが、ヨーグルトなら大人でも毎日食べ続けることができるでしょう。

妊婦は牛乳でカルシウム摂取!飲み過ぎ&冷やしすぎに注意
妊婦は牛乳でカルシウム摂取!飲み過ぎ&冷やしすぎに注意

妊婦へのヨーグルトの効果

ヨーグルトは妊婦さんにとって、良い効果があります。手軽に食べることができるのに、体に良い効果をもたらしてくれるヨーグルトは、嬉しい食べ物です。

便秘解消

ヨーグルトを食べる妊婦

ヨーグルトの一番の効果は、やはり便秘解消です。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、腸内の善玉菌の数を増やして、腸内環境を整えてくれます。薬に頼れない妊婦さんにとって、ヨーグルトは便秘解消のための強い味方になってくれます。

カルシウム摂取源

ヨーグルトは、牛乳を原料としているためカルシウムが豊富に含まれています。日本の若い女性は、カルシウムが不足気味となっています。妊娠すると、赤ちゃんの歯や骨を作るために、より多くのカルシウムを必要としますので、カルシウムを含む食材を積極的に食べるようにしていくことが大切です。ヨーグルトを、手軽に食べることができるカルシウム源として活用してください。

骨粗しょう症の予防

腰を押さえる女性

妊婦さんが、食べ物から吸収したカルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を作るのに使われます。カルシウムの摂取が十分だと問題ないのですが、食べ物から摂取するカルシウムの量が少ないと、母体の歯や骨のカルシウムが溶け出して、赤ちゃんの骨や歯を作るために使われてしまいます。そうなると、将来骨粗しょう症になる可能性が高くなります。骨粗しょう症を予防するためにも、ヨーグルトを食べてカルシウムが不足するのを防ぎましょう。

ヨーグルトの効果を高める食べ方

ヨーグルトは、妊婦さんのつらい便秘を解消してくれるなど、体に良い効果をもたらしてくれる食べ物です。ヨーグルトを普通に食べるだけでも十分ですが、ヨーグルトの効果をより高めるために、食べ方に気をつけてみましょう。ヨーグルトの効果を高める食べ方について、ご説明していきます。

同じ種類のヨーグルトを食べる

ヨーグルトの瓶とスプーンを持つ妊婦

ヨーグルトには乳酸菌が含まれていますが、それぞれの商品により含まれる乳酸菌の種類が異なります。私たちがよく耳にする乳酸菌には、ガゼリ菌、ビフィズス菌があります。色々な乳酸菌を混ぜて腸内に吸収してしまうと、乳酸菌が腸内に中々定着せず、乳酸菌の効果を十分に得ることができません。ヨーグルトを食べる時には、同じ種類のものを食べ続けるようにしましょう。

できるだけ継続しよう

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が体内に入り腸内に定着し、腸内環境を整えてくれるのには、日にちがかかります。ヨーグルトを食べても、薬のようにすぐに便秘が解消されるわけではありません。ヨーグルトの効果を高めるためには、同じ種類のヨーグルトをできる限り継続して食べることが大切になります。

妊婦のヨーグルトとアレルギーの関連は?

妊婦さんがヨーグルトを食べると、産まれてきた赤ちゃんが乳製品アレルギーになるのではと心配される方もいるでしょう。ただ、妊娠中の乳製品摂取と赤ちゃんの乳製品アレルギーの関連性は、明確になっていませんので、心配する必要はありません。

ヨーグルトを手軽に食べる方法

ヨーグルトは食べ続けることで効果が得られる食品なので、できるだけ毎日食べていきたいです。妊娠するまでヨーグルトを食べる習慣がなかった方には、少しハードルが高いかもしれません。ヨーグルトを食べ慣れていない妊婦さんやヨーグルトが苦手な妊婦さんでも、食べやすい方法をご紹介していきます。

飲むヨーグルトにする

飲むヨーグルト

妊婦さんの中には、ヨーグルトが苦手という方もいることでしょう。また、毎日朝食後にヨーグルトを食べたいけれども、時間が無くて食べそびれてしまうという方も、いるかもしれません。そんな妊婦さんは、固形タイプのヨーグルトではなくて、「飲むヨーグルト」を飲むようにしてはどうでしょうか。飲みヨーグルトなら、スプーン要らずで、容器を開けるだけで飲むことができますので、時間の節約になります。

飲むヨーグルトは、ヨーグルトを細かく砕いて液体にしたものですので、乳酸菌の量には殆ど代わりはありません。ただ、飲むヨーグルトは、飲みやすくするために、砂糖がくわえられているものが多くなっています。飲むヨーグルト以外にも砂糖が多く入った食べ物やお菓子などを毎日食べると、砂糖の過剰摂取になる可能性がありますので、注意してください。

果物と一緒に食べる

砂糖のことを考えるとプレーンタイプのヨーグルトを食べるのが、一番です。ただ、酸味が強いので、苦手という方も多いでしょう。プレーンヨーグルトの酸味が苦手という方は、果物を混ぜてみると食べやすくなります。旬の果物やお好きな果物をカットしてプレーンヨーグルトに混ぜて食べてみてください。キウイフルーツ・パイナップルをヨーグルトと合わせて長時間そのままにしておくと、苦みがでますので、早めに食べ終えるようにしてください。

食事の中にヨーグルトを加える

ヨーグルトがある朝食

ヨーグルトをそのまま食べるのが苦手という方や、毎日ヨーグルトを食べると飽きてしまうという方は、食事の中にヨーグルトをプラスしてみてはいかがでしょうか。ヨーグルトに少量のマヨネーズを加えてヨーグルトドレッシングにして、サラダに加えると、野菜も美味しく食べることができます。また、ジャガイモやサツマイモ・コーンなどの冷たいポタージュに加えると、まろやかな舌触りになり美味しく食べることができます。

水切りヨーグルトにする

ヨーグルトを水切りすると、クリーム状になります。クリームチーズの食感と似ているので、ヨーグルトより食べやすく感じる人もいるでしょう。水切りヨーグルトは、パンやクラッカーにつけて食べるのがオススメです。トマトなど生野菜と合わせても美味しく食べることができます。

水切りヨーグルトの作り方

  • ザルにキッチンペーパーやきれいな布巾を敷く
  • 1の上からヨーグルトを流し入れる
  • そのまま約半日おいておく

※ヨーグルトの上に重しをのせておくと、短時間で水切りができます

妊婦さんは宅配ヨーグルトが便利

妊娠中は、買い物に行くことすら億劫になってしまうことがあります。また、重たいものを持つのを控えるように医師から言われている妊婦さんは、お買い物をできるだけ少なく済まなくてはいけません。ヨーグルトも纏めて買うと結構重くなりますので、ヨーグルトの宅配サービスを利用するのが、便利です。

宅配ヨーグルトを利用するメリット

妊婦さんにとって、ヨーグルトの宅配サービスを利用することは、メリットが多いですので、買い物を少なくしたい方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

  • 買い物の手間を省ける

重たいものを持てない妊婦さんや仕事をされている妊婦さんにとっては、自宅までヨーグルトを宅配してもらえるのは、非常に助かります。

  • 同じものを継続して食べることができる

ヨーグルトの乳酸菌の効果をより多く得るためには、同じヨーグルトを食べ続けることが大切になります。ただ、スーパーで色々な銘柄のヨーグルトが並んでいるのを見ると、違い種類のヨーグルトを食べてみたくなったり、セール価格になっているヨーグルトを買いたくなったりします。宅配サービスだと、いつも同じ銘柄のヨーグルトが届くので、同じ乳酸菌をとり続けることができます。

乳製品メーカーや生協の宅配が便利

段ボール箱に入った乳製品

大手乳製品メーカーでは、牛乳以外にヨーグルトの宅配サービスも行っています。中には、宅配サービスでしか販売されていない商品もありますので、一度、乳製品メーカーのホームページをチェックしてみてください。

妊娠を機に生協に加入して、生協の宅配でヨーグルトを注文する方法もあります。生協によっては、妊娠中から宅配料が無料になるところもありますので、少量でも気兼ねなく注文することができます。ヨーグルトの他に牛乳や卵・果物・野菜など、重たい物をまとめて注文するのも良いでしょう。

妊婦がヨーグルトを食べる時の注意点

ヨーグルトの瓶からスプーンですくう

今まで当然のように食べていた食べ物や長年の習慣だった食べ方が、実は妊婦さんにとっては良くないということがよくあります。ヨーグルトについても、今まで通りに食べるのではなく、少し気をつけるようにしてみましょう。妊婦さんがヨーグルトを食べる時の注意点についてご説明します。

ヨーグルトばかり食べ過ぎない

妊娠中は、色々な食べ物からバランス良く栄養素を摂取することが望ましいです。便秘が続いているからと、1日何個もヨーグルトを食べるなんていうことはしないでください。

ヨーグルトの糖分に注意!

ヨーグルトには、プレーンタイプのものと、砂糖などが加えられたものがあります。味付けされたヨーグルトには、砂糖が含まれていますので、カロリーが高くなっています。最近は、妊婦さんの健康維持と楽な出産のために、妊婦さんの体重が増加しすぎることは良くないとされています。砂糖が添加されたヨーグルトを毎日食べていると、糖分取り過ぎになる可能性がありますので、十分に注意してください。

冷たすぎるものは控える

冷蔵庫から出したヨーグルトをすぐに食べると、冷たすぎて体を冷やしてしまいます。体が冷えると逆に腸の働きが悪くなってしまいますので、ヨーグルトの効果を十分に得ることができません。ヨーグルトを食べるときには、冷蔵庫から出したしばらく室温で置いておくなどして、冷たすぎないように工夫してください。

妊婦さんのつらい便秘はヨーグルトが解決!

妊婦さんの便秘に、ヨーグルトは活躍してくれそうです。できるだけ、毎日同じ種類のヨーグルトを食べ続けていきましょう。ヨーグルトに飽きたら、食事に加えるなどアレンジレシピを楽しんでみてください。ただ、体に良い効果があるからと食べ過ぎるのは、禁物です。妊娠中は、色々な食べ物をバランス良く食べることで、栄養バランスの偏りがないようにしていきましょう。

おすすめコンテンツ