妊婦が寝汗をかく原因&対策

妊婦が寝汗をかくのはなぜ?不快な寝汗へ5つの対策

妊婦の寝汗は、基礎体温の上昇などが関係する仕方のない症状ですが、冷えや睡眠不足、湿疹などの肌トラブルの原因に繋がってしまう可能性もあります。不快な寝汗を和らげるための対策をご紹介。就寝時にはスウェットよりもパジャマがおすすめですし、敷きパッドなどの便利グッズも活用しましょう!

妊婦が寝汗をかくのはなぜ?不快な寝汗へ5つの対策

妊婦さんが寝汗をかきやすいのはなぜ?

妊娠すると様々な身体の変化を感じるようになりますが、中には「寝汗をかきやすくなった」と感じる妊婦さんもいます。ただでさえ、妊娠中は寝苦しいのに、寝汗のせいで眠りが浅くなるのは避けたいもの。なぜ寝汗をかいてしまうのでしょうか?

基礎体温の上昇

基礎体温を測っている寝起きの女性

妊娠すると、黄体ホルモン「プロゲステロン」の分泌が盛んになるため、基礎体温が上がります。特に妊娠初期は基礎体温が上昇し、体温が0.3~0.5度ほど上昇する高温期が続き、寝汗をかきやすくなります(注1)。

プロゲステロンには、体温を上げるだけでなく、日中の眠気を強くする働きもあります。そのため、強い眠気に襲われたり、頭がボーッとして集中力が低下するなどの症状が見られるのです。

新陳代謝が活発になっている

妊娠中は普段に比べて新陳代謝が活発になります。特に妊娠後期は、体内の新陳代謝が活発になり、特に身体を動かさなくても寝ているだけで汗をかきやすくなります。

乳腺が発達している

妊娠すると乳房が大きくなります。これは生まれてくる赤ちゃんに母乳をあげる準備のために乳腺が発達するからです。

乳腺の発達によって胸が大きくなったり、張りを感じるのは妊娠中は自然なことです。普段以上に乳房に血液が流れ込むようになると、胸部は熱を持ち、汗をかきやすくなります。

脂肪量が増えている

妊娠後期になると、赤ちゃんを守るために身体が脂肪を溜め込もうとしやすくなると考えられています。脂肪には、体温を保持する働きがあるため、熱が逃げず体温が上昇します。

他の症状も見られる場合は、妊娠が原因でない可能性も

座ってお腹に手をあてている妊娠をしている女性

妊婦さんが体温の上昇によって寝汗をかくのは、自然な現象です。しかし、汗をかきやすくなる病気も存在します。気になる症状がある場合には、一度病院を受診しましょう。

例えば、甲状腺や血液に関係する病気の場合は、症状のひとつとして「多汗」が見られるケースもあります。

指が震えたり、無気力になったりするといった症状があれば、甲状腺の異常、寝汗レベルではないほど大量の汗が出るという症状があれば、血液の病気の疑いもありますので受診が必要です。

妊婦さんが寝汗で困ることは?

寝汗がお腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配はありませんが、妊婦さんにとっては困ることもあります。

身体が冷える

布団の上で横になっている妊婦

寝汗をかいたパジャマのまま寝ていれば、当然体温が下がります。妊婦さんにとって冷えは大敵です。

身体が冷えることで血流が悪くなり、むくみやお腹の張りと言った不快な症状の原因になります。また冷えによって、つわりの症状がひどくなるという説もあります。

身体が冷えたままの状態が続くと、風邪をひきやすくなります。妊娠中は服用できる薬にも限りがあります。風邪予防のためにも、寝汗対策はしっかり行いましょう。

湿疹やかぶれの原因になる

汗をかいたまま着替えずそのまま寝ていると、雑菌が繁殖しやすくなります。パジャマはもちろん毎日洗うようにしますが、出来れば枕カバーやシーツもまめに交換した方が安心です。

妊娠中は、ホルモンバランスの影響で、湿疹や蕁麻疹などの肌トラブルが起きやすくなっています。肌が弱い妊婦さんは特に気を付けましょう。

寝苦しく、ストレスになる

寝汗をかけば、不快感から目が覚める回数が増えます。妊娠中は眠りが浅くなりますし、臨月が近づけは夜眠れないことも増えてきます。

ホルモンの影響で眠れないのはある程度は仕方ありません。しかし、寝汗は対策が可能です。できるだけ良質な睡眠をとれるようにしましょう。

妊婦の寝汗におすすめの対策5つ!

妊婦さんが寝汗をかくのは仕方のないことです。しかし、寝汗は対策できることも多いので、衣類や室温管理など、できることを試してみましょう。

図解:妊婦の寝汗におすすめの対策5つ

1.寝るときの服装に気を付ける

寝汗で1番心配なのが、体が冷えて、風邪などをひいてしまうことです。汗をかいたら着替えるのが望ましいですが、就寝中は難しいので、寝る際の服装が大切です。

寝ている時でも汗を吸い取ってくれる「汗取りパッド」や吸水性に優れた下着をつけて寝てみましょう。夜中に起きる必要もなく、身体の冷えや肌へのダメージを軽減してくれます。

吸収性のよい下着を身に着ける

綿やコットン100%の下着がおすすめです。特に暑い季節は、速乾性のある肌着が望ましいでしょう。もちろん体を締め付けないように、ゆったりと着られるサイズにしましょう。

パジャマが最適

最近は部屋着として使用するTシャツとスウェットパンツで寝る方も多いですが、実は寝汗対策にはパジャマが1番効果的です。

パジャマのメリット

1.ゆったりしている
2.体温をコントロールできる
3.睡眠スイッチが入る
4.清潔である

パジャマはゆったりとして開放感がある縫製になっています。触り心地や肌への貼り付き具合、締めつけ感などを重視したうえで作られているので、寝る時のストレスを取り除き、睡眠の質を上げる効果が期待できます。

また、寝る時のみ着用しているパジャマは、部屋着に比べて清潔です。肌トラブル予防のためには、寝具を清潔にしておくのが1番ですし、シーツなどの洗濯の負担も減らせます。

ただし、寒い季節になるとフリース生地のパジャマが出回りますが、寝汗に悩んでいる妊婦さんにはあまりおすすめできません。フリース生地は汗を吸い取らないうえに体温が上がって汗をかきやすくなります。

2.ベッドにタオルを敷く

目覚めた時にパジャマもシーツも汗でびっしょりだと、寝なおすときに不快です。さらに汗で汚れたシーツや枕カバーを毎日洗濯するのは重労働でしょう。

シーツや枕の上にタオルを敷けば、シーツや枕カバーが汗で濡れるのを防ぐことができます。出来る限り吸水性がある使い古したタオルがおすすめです。

お洗濯をする際にお気に入りの柔軟剤を使えば、毎晩良い香りに包まれて眠りにつくことができます。

3.季節にあわせた「敷きパッド」も活用

シーツだけでは汗の吸収が不十分に感じる場合は、「敷きパッド」がおすすめです。「敷きパッド」とは、シーツの上に敷いて活用する寝具ですが、シーツ以上の吸水性があり、寝汗対策に有効です。洗濯機でそのまま洗うことも可能です。

夏物はひんやりした冷感生地、冬は保湿性の高い生地で作られています。アイスノンなどで体を冷やすことに抵抗がある暑い季節でも、敷きパッドなら冷たくなり過ぎません。リバーシブルタイプもありますので、気温によって使い分けも可能です。

4.入浴後すぐに寝ないようにする

妊婦さんは新陳代謝が活発なため、とくに入浴後には汗をかきやすくなります。特に熱めのお風呂に入った後すぐにベッドに入ってしまうと、寝汗を大量にかく原因になります。寝汗が気になるときは入浴後しばらく身体をクールダウンさせてから、お布団に入るようにしましょう。

5.枕元に飲み物を置いておく

寝汗をかくと、体は大量の水分を失います。就寝中に脱水症状を起こす可能性もあるため、寝る前には水分補給を行いましょう。ただし、トイレが近くならないように、飲みすぎには気を付け、白湯や常温の飲み物が良いでしょう。

寝汗による喉の渇きで目が覚めた時のためにも、水筒やペットボトルに飲み物を入れて、枕元に置いておくと安心です。

寝汗をかいてしまったときの対処法

寝汗は生理現象なので、まったく汗をかかないようにするのは難しいです。寝汗でびっしょりになってしまった場合、以下のように対処しましょう。

寝具は取り換える

パジャマを着替えるのはもちろんですが、寝汗がついたシーツや枕カバー、布団カバーもそのままにしておけば雑菌が繁殖するので、可能な限り新しいものに取り換えましょう。

産後も赤ちゃんを清潔な寝具で寝かせる必要があるので、この機会に寝具は買い足しておくと役立ちます。

起きたらシャワーを浴びる

シャワーからでてくるお湯

寝汗をかいて起きた朝、余裕があればシャワーを浴びるのが理想的です。お昼寝の際も寝汗をかいた場合はサッとシャワーを浴びて身体を清潔に保つことで、肌トラブルを予防できます。

汗をそのまま放置しておくと痒くなることがあります。掻いてしまうことで症状が悪化するので、気を付けましょう。

妊婦の寝汗は気にしすぎない!

妊娠中の寝汗は、程度の差はあれ、多くの妊婦さんが経験していることです。寝汗=異常ではありませんので、気にしすぎないようにしましょう。

寝汗は、衣類や室温調整によって対策できることも多いはずです。体を冷やし過ぎるのは良くありませんが、エアコンや扇風機のタイマー機能を上手に使い、部屋を適温に保てるようにしましょう。

おすすめコンテンツ