妊婦が明太子を食べる時の注意点

妊婦は明太子を加熱して食べよう!注意点&おすすめレシピ

妊婦さんだけど明太子を食べたいという方へ。妊婦さんが明太子を食べるときは、生で食べるのではなく加熱するなど注意が必要です。リステリア菌感染を予防するためにも、妊娠中は加熱した明太子料理を楽しみましょう。

妊婦は明太子を加熱して食べよう!注意点&おすすめレシピ

妊婦も明太子が食べたい!妊婦が明太子を食べる時の注意点

明太子ご飯

「明太子があると白いご飯が何杯でも食べられる~」という方も多いのではないでしょうか。明太子の辛さと独特のうまみには、食欲がそそられます。ただ、妊婦さんが明太子を食べる時には、注意が必要になります。

妊娠中に明太子を食べてよいのか不安な方のために、明太子が妊婦に危険な理由・妊婦が明太子を食べる時の注意点について詳しくご説明していきます。妊婦でも楽しめるオススメの明太子レシピもご紹介していますので、明太子を食べたくなった時には参考にしてみてください。

明太子は何からできているの?

贈り物などでも喜ばれる高級食材でもある明太子ですが、何からできているかご存じですか?妊婦さんと明太子の関係をご説明するまえに、明太子の原料と栄養成分について解説していきます。

明太子の原料

スケトウダラ

明太子は、スケソウダラという魚の卵を原料として作られています。スケソウダラの卵を塩漬けし、唐辛子や調味料で味付けしたものが明太子(辛子明太子)です。

明治時代に朝鮮半島に渡った元会津藩士の息子が、スケソウダラの卵が捨てられているのをみて、明太子という商品を作りだし、韓国釜山で販売を開始しました。韓国語では、スケソウダラのことを「明太(みょんて)」と呼んでいるので、明太の子供(卵)ということで、明太子と名付けられました。

戦前は、朝鮮半島だけでなく、船で日本にも輸送され、日本全国でも販売されていました。終戦後は、朝鮮半島から引き上げてきた人を中心に、福岡県や山口県で明太子会社が立ち上げられ、現在に至ります。一般的に明太子は、福岡県の名産というイメージがありますが、山口県も明太子生産が盛んです。

明太子の栄養成分

スケソウダラの卵を原料とした明太子には、どのような栄養成分が含まれているのでしょうか。「日本食品標準成分表2010」で報告されている、明太子100g当りの栄養成分をご紹介します。明太子は、ナトリウム(食塩)の含有量が多いことが判ります。食塩量に換算すると、約5.5gになります。

明太子の主な栄養成分(100g当り)

  • エネルギー:126Kcal
  • 水分:66.6g
  • タンパク質:21.0g
  • 脂質:3.3g
  • 炭水化物:3.0g
  • ナトリウム:2200mg
  • カリウム:180mg
  • マグネシウム:11mg

妊婦に明太子が危険な3つの理由

妊娠中は、食べ物に関して皆さん敏感になるかと思います。生魚や生肉を控えるように、注意されている方も多いことでしょう。見落としている妊婦さんも多いのですが、明太子も妊婦さんが注意しなければいけない食べ物になっています。妊婦さんが明太子に注意が必要な3つの理由についてご説明していきます。

1.リステリア菌による食中毒

明太子は、リステリア菌に感染する可能性がある食べ物です。妊婦がリステリア菌に感染すると、胎盤を通してお腹の赤ちゃんにも影響を及ぼすことがありますので、注意が必要です。

リステリア菌とは

リステリア菌は、「リステリア・モノサイトゲネス」という正式名称で、自然界においては珍しくない細菌の一つです。リステリア菌は、加熱していない乳製品・生魚・生肉などにいます。明太子も、スケソウダラの卵を加熱せずに作られていますので、リステリア菌が存在する可能性があります。

リステリア菌は熱に弱いですが、低温や塩に強い性質を持っており、4度以下の低温や12%食塩濃度でも増殖することができます。そのため、塩漬けしている明太子を冷蔵庫で保存していても安心することができません。

リステリア感染症とは

お腹を痛がる妊婦さんのイラスト

リステリア菌がいる食べ物を食べると、リステリア感染症がおきてしまうことがあります。リステリア感染症の一般的な症状は、嘔吐・発熱・頭痛などになりますが、敗血症や髄膜炎など重篤な症状がおこる場合もあります。

健康な大人の場合、リステリア菌に汚染された食べ物を食べても、リステリア感染症にかかることは少ないです。ただ、妊婦さんは免疫力が低下しているために、リステリア感染症を発症しやすい状態にあり感染した場合に症状が重症化しやすいので、注意が必要です。

リステリア感染症の胎児への影響

妊婦さんが、リステリア感染症を発症した場合、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんもリステリア菌に感染することがあります。胎児がリステリア菌に感染した場合、新生児として産まれてきた時に髄膜炎や脳炎を発症してしまうことがあります。リステリア菌に感染した可能性がある妊婦さんは、かかりつけの産婦人科医に相談してみましょう。

2.塩分過剰摂取

明太子の栄養成分をみるとわかるように、明太子は塩分の多い食品です。明太子100gには、約5.5gの食塩が含まれています。明太子100gとは、贈答用の大きめサイズのもの1本、普通サイズのものなら2本くらいの重さになります。

成人女性の1日の塩分摂取の目安量は、約10gになっています。普通サイズの明太子を1本食べると、1日の塩分摂取量の1/4以上の量を摂取していることになります。他の食事からも塩分を摂りますので、明太子を1日の沢山食べるのは塩分の過剰摂取になってしまいます。

妊婦さんが塩分を過剰摂取してしまうと、妊娠高血圧症になる確立が高くなりますので、注意してください。

3.ご飯を食べ過ぎる危険性

明太子は、白ご飯のお供に最高です。妊娠中は、普通の時に比べて食欲が止まらなくなる方がいます。明太子があるせいで白ご飯を何杯も食べてしまうと、体重が急に増加してしまう可能性があります。体重が増加しすぎてしまうと、妊娠高血圧症や妊婦糖尿病になる可能性が高くなります。また、体重の増加しすぎは、難産になる原因の一つでもありますので、十分に注意してださい。

妊婦が明太子を食べるときの4つの注意点

明太子は、妊婦さんが絶対に食べてはいけない食品ではありません。ただ、明太子を食べる時には、以下の4点に十分に注意するようにしてください。

1.加熱して食べる

焼き明太子

妊婦さんが明太子を食べる時には、加熱して食べるようにしましょう。「明太子は生で食べるのが一番!」という方もいるでしょうが、妊娠中は加熱した明太子で我慢してください。明太子を加熱するときには、明太子の中心部分までしっかりと火を入れて、リステリア菌を死滅させるようにしましょう。加熱した明太子は、生の明太子とはひと味違う美味しさがあります。

2.なるべく新しいうちに食べきる

明太子は、加熱して食べる場合でも、できるだけ新しいうちに食べきるようにしましょう。家庭の冷蔵庫は、開閉回数が多いため特に夏場は温度変化が激しくなってしまいます。明太子を冷蔵庫で保存する場合には、チルド室に入れておくとよいでしょう。また、一度で食べきれない量の明太子を購入したり、頂いたりした場合には、1回に食べる量ずつに分けて冷凍保存しておくと便利です。

3.使用した調理器具をよく洗う

明太子を調理するときに使用したまな板・包丁・フライパンなどの調理器具は、よく洗い乾燥させるようにしてください。加熱することで、明太子に付着したリステリア菌は死滅しますが、生の明太子が触れたまな板や包丁などにリステリア菌が付着している恐れがあります。同じまな板や包丁で他の食材を調理してしまうと、他の食材にもリステリア菌が付着してしまい、感染が広がる恐れがありますので、十分に注意してください。

また、明太子を調理した後は、石鹸をつけて手をよく洗うようにしましょう。使い捨ての薄手のビニール手袋をはめて明太子を調理すると、さらに安心です。

4.明太子を食べ過ぎない

明太子を加熱したからと言って、妊婦さんは食べ過ぎることはしないでください。明太子の食べ過ぎは、塩分の過剰摂取や体重オーバーになってしまう可能性がありますので、十分に注意しましょう。

妊婦さんにおすすめ!加熱明太子のメレシピ

明太子を加熱して作るメニューといえば、明太子パスタくらしか思いつかないという方も多いかもしれませんが、明太子を加熱して作る妊婦さんが食べやすい料理も色々と考えることができます。明太子は、それ自体の味付けが濃いですので、他の調味料を使わなくても味がまとまるため、忙しい時の時短食材としても活躍してくれます。明太子を加熱して作るおすすめのレシピをご紹介します。

明太子雑炊

明太子雑炊は、体が温まるので寒い日にオススメです。また、明太子特有の辛さは、食欲をそそりますので、食欲がないなと感じる日にもよいです。明太子雑炊のレシピをご紹介します。

明太子雑炊の作り方

<材料>
明太子:1/2腹
白ご飯:お茶碗2杯(冷やご飯でも可)
卵:1個
だし汁:5カップ
酒:大さじ2杯
しょうゆ:大さじ3杯
きざみのり:適量

<作り方>

  1. 白ご飯をさっと水洗いし、ザルにあげる
  2. お鍋にだし汁を入れて火にかける
  3. だし汁が煮立ったら、酒・しょうゆを加える
  4. 3に白ご飯を加えて、だし汁にまんべんなく広げ再び煮立たせる
  5. 明太子を適当な大きさに刻んで、4に加える
  6. 卵をボールに割り、溶く
  7. 5に溶き卵を流しいれて、お鍋のフタをして約30秒待つ
  8. 火を止めて、器に盛り、最後に刻みのりを振りかける

明太子のクリームスープ

野菜と明太子の味が絶妙にマッチした大人向けのクリームスープです。冷蔵庫にある残り物の野菜と明太子・牛乳があればできるので、妊婦でも飲めるスープのレパートリーを増やしたいなと思っている方は、是非つくってみてください。明太子のクリームスープのレシピをご紹介します。

明太子のクリームスープの作り方

<材料>

  • 明太子:大さじ2杯
  • 水:400cc
  • 洋風ブイヨン:1個
  • 牛乳:100cc
  • 玉ねぎ:1/2個
  • しめじ:1/2パック
  • ジャガイモ:2個
  • 人参:1/2本
  • ベーコン:2枚
  • バター:適量
  • パセリ:適量

<作り方>

  1. 明太子を食べやすい大きさに切る
  2. 野菜を洗い・皮をむき適当な大きさに切る
  3. ベーコンは約2cm幅に切る
  4. フライパンを火にかけ、バターを落とす
  5. バターが溶け始めたら、玉ねぎ・ジャガイモ・人参・ベーコンを入れて炒める
  6. 野菜がしんなりしてきたら、しめじを加えて更に炒める
  7. お鍋に水・洋風ブイヨンを入れて、6を加え、野菜に火が通るまで加熱する
  8. 明太子と牛乳を加えて一煮立ちさせる
  9. 器に注ぎ、お好みでパセリを加える
つわりでも飲みやすいスープレシピ15これなら飲める体験談
つわりでも飲みやすいスープレシピ15これなら飲める体験談

明太子の鶏ささみ巻き

鶏のささみは、高タンパクで脂肪分が少ないので、妊婦さんにおすすめの食材の一つです。タンパク質が不足気味だけど、体重コントロールの面から脂肪分をあまり摂りたくないという方は、普段の食事に鶏のささみ肉を活用してください。淡泊な味の鶏ささみ肉も明太子を合わせると、食べ応えがある味わいになります。明太子の鶏ささみ巻きのレシピをご紹介します。

明太子の鶏ささみ巻きの作り方

<材料>

  • 明太子:1本
  • 鶏ささみ肉:4本
  • サラダオイル:少々

<作り方>

  1. 明太子の皮をむき、身をほぐす
  2. 鶏ささみ肉を開いて、平らにする
  3. 鶏ささみ肉の上に、明太子をのせて端から巻いていく
  4. フライパンにサラダオイルを入れて熱し、3を並べて焼く

妊婦はタラコを食べてもいいの?

たらこご飯

妊婦さんが明太子を食べる時には、生ではなく加熱して食べる方が安全であるということが判りました。では、タラコについては、どうなのでしょうか。

タラコも明太子と同じようにスケソウダラの卵を原料としています。明太子は、スケソウダラの卵を塩漬けして、唐辛子などを加えていますが、タラコは、塩漬けしているだけで、唐辛子は加えて居ません。

タラコも、明太子と同じように製造過程で加熱されていませんので、生で食べるとリステリア菌に感染する可能性があります。妊婦さんがタラコを食べる時にも、加熱するようにしてください。焼きタラコのおにぎりやタラコ入りの卵焼きなど、加熱したタラコもとっても美味しいです。

妊婦さんは明太子を加熱して楽しもう

明太子は、生で食べるだけでなく加熱しても、色々なメニューがあることが判りました。妊娠中のリステリア感染は、お腹の赤ちゃんにも影響を与える可能性がありますので、妊婦さんの間は、明太子を加熱して楽しんでください。ただ、明太子は、塩分を多く含む食材ですので、加熱して食べる場合にも、食べ過ぎだけには十分に注意してください。

おすすめコンテンツ