妊婦が緑茶を飲む時の注意点

妊婦は緑茶の飲み過ぎに注意!カフェインレスなら大丈夫

妊婦でも緑茶を飲んでよいのか心配な方へ。緑茶が妊婦や胎児に及ぼす影響と妊婦が緑茶を飲むときの注意点をご説明します。妊娠中はカフェインレスの緑茶を楽しむのもオススメです。

妊婦は緑茶の飲み過ぎに注意!カフェインレスなら大丈夫

妊婦が緑茶を飲むときの注意点&カフェインの妊婦への影響

妊婦さんは、カフェインが含まれている飲み物を飲む時は、その量に注意が必要になります。カフェインと言えばコーヒーが一番初めに頭に浮かんでくる方が多いでしょうが、実は緑茶もカフェインを多く含んでいる飲み物です。

緑茶が好きだけど妊娠中は緑茶を飲んではいけないの?と心配な妊婦さんのために、妊婦さんが緑茶を飲む時の注意点や緑茶の妊婦さんや赤ちゃんに及ぼす影響などについて、詳しくご説明していきます。緑茶のカフェインを抑える抽出方法についてもご紹介しますので、妊娠中も緑茶を楽しみたいという妊婦さんは、参考にしてください。

緑茶に含まれるカフェイン量

急須に緑茶葉を入れる人

緑茶には、カフェインが含まれています。ただ、緑茶の種類によっても含まれるカフェインの量が異なります。

緑茶の種類とカフェイン量

緑茶といっても、煎茶から玉露まで色々な種類があります。妊婦さんが緑茶を飲むときには、どの種類の緑茶かという点も注意しておきましょう。

緑茶の種類別カフェイン量(100mlあたり)

  • 玉露  :160mg
  • 煎茶  :20mg
  • 抹茶  :30mg
  • 番茶  :10mg
  • 玄米茶 :10mg

緑茶の中では、玉露が飛び抜けてカフェインの量が多くなっています。カフェインは、1本の木において茎の部分よりも新芽の部分に多く含まれています。玉露は、新芽や芽先の部分を多く使用しているため、カフェインを多く含むことになります。

緑茶とコーヒー、カフェインが多いのはどっち?

ドリップコーヒー100mlには、約60mlのカフェインが含まれています。玉露以外の緑茶は、コーヒーよりもカフェイン含有量が少ないですが、玉露はコーヒーの2倍以上のカフェインが含まれていることになります。

妊婦のカフェイン摂取目安

ペットボトルの緑茶

日本では、妊婦さんのカフェイン摂取量について明確な基準がありませんので、世界保健機構(WHO)の定める基準を目安としてください。世界保健機構では、妊婦さんの1日のカフェイン摂取の上限を300mg/日としています。300mgのカフェインとは、コーヒー(150ml)を3~4杯飲んだ時のカフェイン量となります。

ペットボトル(500ml)の緑茶を飲むと、煎茶の場合、約100mlのカフェインを摂取することになります。ペットボトルの緑茶は、色々なお茶をブレンドしている物も多くなっています。お茶のブレンド比率によりカフェインの量が異なりますが、ペットボトルのラベルに、「濃い」などと表記されているものは、カフェインを多く含んでいる可能性が高いです。

緑茶のカフェインが妊婦や赤ちゃんに及ぼす影響

妊婦さんが緑茶やコーヒーを控えるようにと言われるのは、緑茶やコーヒーに含まれるカフェインが、妊婦さんやお腹の赤ちゃんに良くない影響を及ぼすことがあるからです。緑茶のカフェインが妊婦や赤ちゃんに及ぼす3つの影響についてご説明します。

1.妊婦が骨粗しょう症になる可能性が高くなる

カフェインを多く摂取すると、妊婦さんが骨粗しょう症になる可能性が高くなってしまいます。よく、「夜中にトイレに起きるのが嫌だから夜は緑茶やコーヒーを飲まない」という人もいますが、カフェインの持つ利尿作用により、カフェインを多く含む飲み物を飲むとトイレが近くなります。尿が出るときにカルシウムも一緒に排出されてしまいます。

妊娠中は、赤ちゃんの骨や歯を作るためにカルシウムが使われます。体内のカルシウム量が不足すると、妊婦さんの骨や歯からカルシウムがとられてしまうため、妊婦さんが将来骨粗しょう症になるリスクが高くなってしまいます。

2.妊婦が貧血になりやすくなる

カフェインの摂り過ぎは、妊婦さんが貧血になるリスクを高めてしまいます。カフェインには、鉄分の吸収を阻害する働きがあります。妊娠中は、普段血圧に問題のない方でも、貧血になることがあります。

妊娠すると、鉄分を多く含む食べ物を積極的に食べるように心がけているでしょうから、鉄分を無駄なく体内に吸収するためにも、カフェインを含む緑茶の飲み過ぎには注意してください。

3.低体重児の赤ちゃんが産まれる可能性が高くなる

妊婦さんがカフェインを多く摂ると、産まれてくる赤ちゃんが低体重児になる可能性が高くなります。妊婦さんが摂取したカフェインは、胎盤を通じてお腹の赤ちゃんにも届いています。カフェインには、胎児の成長を阻害する作用があるとされており、妊婦さんがカフェインを多く摂取した場合は、低体重児の赤ちゃんが産まれてくる可能性が高くなってしまいます。

妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量
妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量

緑茶はカフェイン以外にも妊婦への影響あり

お茶っ葉

緑茶は、カフェイン以外にも妊婦さんに良くない影響を及ぼす可能性のある成分が含まれています。緑茶と言えばカフェインのことばかり気にしていたという妊婦さんも多いでしょうが、緑茶を飲むときには、他の成分についても確認しておくようにしましょう。緑茶のカフェイン以外の成分が妊婦さんに及ぼす2つの影響についてご説明していきます。

鉄分の吸収を阻害するタンニン

緑茶には、タンニンというポリフェノールの一種が豊富に含まれています。タンニンには、鉄分の体内への吸収を阻害する作用があります。妊婦健診で貧血気味と言われた方は、重度の貧血にならないように、タンニンを多く含む緑茶を飲み過ぎることが控えた方が良いでしょう。

葉酸の働きを阻害するカテキン

カテキンは、タンニンの一種でお茶の渋みのもとになる成分です。カテキンは、抗酸化作用や殺菌作用の高い成分ですが、葉酸の働きを阻害してしまうというデメリットがあります。

葉酸は、お腹の赤ちゃんの神経系の健全な発達のために欠かせない栄養素です。お腹の赤ちゃんの神経系の元となる部分は妊娠初期に形成されるので、妊娠初期に葉酸が不足したり、葉酸の働きが阻害されたりすると、赤ちゃんの無脳症や二分脊椎症などの「神経管閉鎖障害」を引き起こしてしまう可能性があるため、厚生労働省では、妊婦は積極的に葉酸を摂るように働きかけを行っています。

妊婦が緑茶を飲む時の5つの注意点

妊婦さんが緑茶を飲むことで、妊婦さん自身やお腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことがあります。ただ、妊婦さんだからと言って緑茶を全く飲んではいけないということではありません。妊娠中は、以下の5点に注意して緑茶を飲むようにしてください。

1.玉露・濃いお茶は控える

緑茶の種類によってカフェインの含有量が異なります。玉露は、緑茶の中で最もカフェインの量が多くなっていますので、妊娠中は控えるか、もし飲む場合には少量としましょう。ペットボトル緑茶など市販の緑茶も、それぞれ緑茶の種類やブレンド比率は異なります。市販の緑茶を購入するときは、「濃い」などと書かれているものは、できるだけ避けるようにしてください。

2.飲み過ぎない

緑茶

「妊婦さんは、緑茶を1日何杯までしか飲めない」という制限があるわけではありませんが、カフェインを摂り過ぎないように飲み過ぎには注意してください。コーヒーを3~4杯飲むと1日のカフェイン摂取上限を超えてしまいます。コーヒーを毎日飲むという方が、緑茶も沢山飲むと1日のカフェイン摂取上限を簡単に超えてしまう可能性があります。飲み物全体でどれくらいカフェインを摂取しているかを考えて飲んでください。

3.冷やしすぎない

夏場に、冷蔵庫で冷やされた緑茶を飲むと本当に美味しく感じられます。ただ、妊娠中は、あまり冷たい物を飲むことは控えた方がよいので、緑茶を飲むときの、冷やし過ぎないように注意してください。

妊婦さんが体を冷やしすぎてしまうと、血液の循環が悪くなりむくみやすくなるだけでなく、筋肉が固くなり、腰痛や肩こりを引き起こしやすくなります。妊婦さんが緑茶を楽しむ時には、温かいものや常温のものとしましょう。

4.飲む時間を工夫する

緑茶に含まれるカフェインやその他の成分の影響を最小限に抑えるために、妊婦さんが緑茶を飲むときには、飲む時間を工夫するようにしてください。

食事中・食後には飲まない

緑茶には、鉄分の体内への吸収を阻害してしまう作用があります。食事の間や食事を終えたばかりの時に緑茶を飲んでしまうと、食べ物に含まれている鉄分が十分に体内に吸収されなくなってしまいます。妊婦さんが緑茶を飲む場合には、食事と食事の間のおやつタイムにすると良いでしょう。

夜は控える

カフェインには覚醒作用があるため、人によっては、夜に緑茶やカフェインを含む飲み物を飲むと、眠れなくなることがあります。妊娠中は、普段の時より体が疲れやすくなっています。良質な睡眠をとるためにも、妊婦さんは夜に緑茶を飲むことを控えるようにしたほうが良いでしょう。

5.妊娠初期は特に控える

妊娠初期は、赤ちゃんの体の神経系統が形成される大切な時期です。緑茶に含まれるカテキンには、赤ちゃんの神経系統の形成において欠かせない葉酸の働きを阻害してしまいます。妊娠初期は、緑茶を飲むことはできるだけ控えた方が良いでしょう。

緑茶のカフェインを抑える抽出方法

水出し緑茶

緑茶は、種類によってカフェインの含有量が異なりますが、緑茶の作り方によっても緑茶に含まれるカフェインの量が変わってきます。緑茶は、抽出温度が高いほど、多量のカフェインが抽出されます。緑茶のカフェイン抽出量を減らすためには、水または氷水で抽出する方法が有効です。緑茶のカフェインを抑えるような抽出方法をご紹介します。

カフェインを抑える緑茶の抽出方法

<材料>

  • 緑茶 約100g
  • 水  1,000ml(お湯の量により調節)
  • お湯少々
  • だしパック
  • 冷茶ポット(1,000ml用)

<作り方>

  • 緑茶をだしパック数個に分けて入れる(お茶の葉が開きやすいように少なめに入れる)
  • 冷茶ポットに、1を入れて、お湯をお茶の葉が浸かる高さまで入れる
  • お茶の葉が開いてきたら、冷茶ポットに水を注ぐ
  • 常温で30分程度おく
  • 抽出が終了したら、だしパックを取り出す

熱に強い緑茶のビタミンC

緑茶には、カフェイン・タンニン・カテキン以外にも、ビタミンC・ミネラル・フラボノイド・ギャバなどの成分が含まれています。ビタミンCは、お肌に良いというイメージがありますが、実は抗ストレス作用もあります。ビタミンCは、果物や緑黄色野菜に多く含まれている栄養素ですが、水に溶けやすく熱に弱い性質を持っています。

しかし、緑茶に含まれるビタミンCは、熱に強いため、温かい緑茶を飲んでもビタミンCが破壊されることはありません。もちろん、緑茶だけで妊婦さんに必要な1日のビタミン量をまかなうことはできませんので、野菜や果物をバランス良く食べることで、ビタミンCを摂取してください。

妊婦にお勧めカフェインレス飲料

妊婦さんが緑茶やコーヒーを飲む時には、カフェインの量を気にしないといけなので大変です。緑茶やコーヒーは、カフェインの量が気がかりなので、飲むのを控えたいという妊婦さんは、カフェインを含まない飲み物を楽しんでみると良いでしょう。妊婦さんにおすすめのカフェインレス飲料をご紹介します。

カフェインレス緑茶

最近は、カフェインを含まないペットボトル緑茶が販売されています。緑茶オンリーのものもありますし、他のお茶とブレンドしたものもあります。妊婦さんは、むくみ予防などの点から水分を小まめに摂取しておきたいですので、外出する時には、ペットボトルのノンカフェイン緑茶をバッグに入れて、いつでも水分補給ができるようにしておくとよいでしょう。

麦茶

麦茶

麦茶には、カフェインが含まれていません。また、麦茶には、食物繊維やミネラルも豊富に含まれているので、妊婦さんの健康にもプラスになります。暑い時に、冷蔵庫で冷やされた麦茶を飲むのは、とても美味しいですが、冷たい飲み物は妊婦さんの体を冷やしてしまいます。常温もしくは温かい麦茶を飲むようにしてください。ただ、ハトムギ茶には、子宮収縮作用がありますので、妊娠中は控えてください。

妊婦にいい飲み物とは?おすすめドリンク30
妊婦にいい飲み物とは?おすすめドリンク30

妊婦はカフェイン少なめの緑茶を楽しもう!

妊婦さんは、緑茶を全く飲んではいけないということはありません。ただ、カフェインの摂りすぎは、妊婦さん自身やお腹の赤ちゃんに悪影響を与えるために、緑茶を飲む量や飲む緑茶の種類には気をつける必要があります。

妊婦さんが、自分の好きな飲み物や食べ物を我慢してしまうと、逆にそれがストレスになってしまいます。緑茶も、1日1~2杯などと決めて、カフェインの摂り過ぎにならない範囲で、楽しんでください。ただ、玉露は少量でも大量のカフェインを含んでいますので、飲む量に気をつけるようにしましょう。

おすすめコンテンツ