妊婦は歯科検診に行きましょう

妊婦の歯科検診はいつがいい?受けた方がいい3つの理由

それぞれの自治体では妊婦さん向けの歯科検診を実施しています。お口のトラブルを抱えやすい妊婦さんのために設けられた制度なので、ぜひ活用してください。歯科検診はいつ受けるといいのか、気になる費用、妊婦さんの歯科検診の重要性とつわり中のケア方法をご紹介します。

妊婦の歯科検診はいつがいい?受けた方がいい3つの理由

妊婦さんは歯科検診を受けましょう

歯の痛みを我慢するのはとても難しいです。妊娠中なら痛み止めの薬も簡単に飲めないので、ただ痛みに耐えるしかありません。そんなことにならないように、妊婦さんは歯科検診を受けてください。それぞれの自治体では、妊婦さんのお口の健康をチェックするために、妊婦さん向けの歯科検診の機会を設けています。妊娠が分かったら、お口のチェックを意識してください。

妊婦さんが歯科検診に行った方がいい理由3つ

妊婦さんになると、お腹が大きくなって歩くのが大変になる、つわりで気持ち悪くなるといったイメージがありますが、実はお口の中も変化します。「普段から虫歯もないし、口の中は健康だから大丈夫!」と思っている妊婦さんも、気づかないうちにお口の中が変化していきます。妊婦さんが歯科検診に行った方がいい理由を紹介します。

歯科検診に行った方がいい理由その1.妊娠中は積極的な治療が出来ない!

歯の治療を受ける女性

妊婦さんもそうでない人も、時間が無くてなかなか歯医者さんへ行けないという人はたくさんいます。そのため、歯が痛くなってから歯医者さんへ行き、治療をしてもらう人が大半です。しかし、妊婦さんは、積極的な歯科治療が出来ないという事を知っている人は多くありません。

何故、妊婦さんが積極的な治療が出来ないかというと、通常の治療で使う麻酔が使えなかったり、痛み止めを飲むことが出来ない場合があるからです。歯が痛くなってからでは遅いので、歯科検診でお口の中をチェックしてもらい、トラブルを未然に防ぐことが大切です。

歯科検診に行った方がいい理由その2.赤ちゃんが生まれると今よりもっと時間がない!

多くの先輩ママたちは、「赤ちゃんが生まれるとこんなに時間がないなんて思わなかった」と言います。「赤ちゃんが生まれてから、パパに預けて歯医者さんへ行けばいいや」と思っている妊婦さんも、いざ赤ちゃんが生まれると、ママの抱っこじゃないと泣き止まず、パパや他の人に預けられない!と困ってしまうママが多いです。赤ちゃんのお世話にかかりっきりになってしまうので、自分のために使える時間は極端に減ると考えていいでしょう。

歯科検診に行った方がいい理由その3.なんといっても無料だから

受付で挨拶する歯科衛生士

自治体で行っている妊婦さんのための歯科検診は、多くの場合「無料」です。診てもらうだけなら無料なので、せっかくのチャンスを逃さないようにして下さい。今現在、口の中に問題があるのかどうか知るだけでも大きな収穫です。治療が必要になると治療代がかかりますが、治療を始める時期や治療の方向性などを相談できるので、妊娠生活に安心がひとつ増えるでしょう。

妊婦さん向けの歯科検診はいつ行けばいい?

妊婦さん向けの歯科検診を受けるベストな時期、それは安定期に入ったタイミングです。妊娠初期は、つわりで大きな口を開けられなかったり、気分が悪くて外出ができなかったりすることが多く、逆に妊娠後期の場合は、お腹がどんどん大きくなっていくので、歯医者さんの診察台に座って横になると、お腹が苦しくなってしまいます。つわりが治まり、妊婦さんも赤ちゃんも一番安定している、「安定期に入った頃」が歯科検診を受けるベストタイミングと言えるでしょう。

妊婦さん向けの歯科検診はどこに行けばいいの?

どこで歯科検診を受けるかは、各自治体によって異なります。自治体の窓口で受診券をもらい指定された歯科医院に行く、または、直接行きたい歯科医院に母子手帳を持って行って、「妊婦向けの歯科検診を受けたいのですが」と告げればいい場合が多いです。

「歯医者って怖いから行きにくい」と思っているなら、ちょっとおしゃれをしてみてはいかがでしょう。妊婦健診のように服を脱ぐことはありませんので、歯科検診のしやすさを心配する必要はありません。歯科検診は、気分転換にちょうどいいと考えるようにしてみましょう。

妊婦健診の服装は?内診&エコー検査時のコーディネート
妊婦健診の服装は?内診&エコー検査時のコーディネート

妊婦さん向けの歯科検診に予約は必要?

どこで歯科検診を受ければいいのか、予約が必要なのか、いつまでに何回受けられるかなどの詳細についても、自治体によって対応が異なります。インターネット検索で自分が住んでいる自治体のホームページをチェックするか、各自治体の窓口で確認してください。

歯科検診は大事!妊婦になるとお口の中が変わる

歯科検査を受ける妊婦

妊娠初期は、「本当にお腹の中に赤ちゃんがいるのかな?」なんて思ったりするほど、体調に変化が見られないママがたくさんいます。しかし、つわりなどの症状が出ていなくても、体は確実に変化していきます。妊婦さんに見られるお口の中の環境変化には、以下のようなものがあります。

  • 歯ぐきが腫れ、出血する
  • 歯や歯ぐきに痛みが出るようになる
  • つわりで気持ち悪くなり、歯磨きが出来なくなる
  • 冷たいもの・熱いものがしみるようになる
  • 食事をする回数が増え、口の中に歯垢が溜まりやすい状態になる

妊娠すると、女性ホルモンが増えます。それは口の中も同様で、唾液などに含まれる女性ホルモンの量も増加します。それだけでお口の中のトラブルを引き起こすという事ではありませんが、女性ホルモンが増加すると唾液の分泌が減るので、口の中が乾きやすくなり、虫歯や歯周病を引き起こしやすくなります。

もともと歯周病を患っていた人は、さらに病状が悪化することが考えられます。唾液には口の中を洗い流す役割がありますので、唾液の分泌が減ると口の中をきれいに保つことが難しくなるのです。歯科検診を受けずにいつもと同じケアをしていて自覚症状がなかったとしても、お口の中はトラブルが発生している可能性があることを覚えておきましょう。

つわりの時期は特にしっかりとしたケアが必要!

妊娠中はすっぱいものが食べたくなるという妊婦さんが多く、梅干しやレモン、柑橘系のフルーツを多く食べる量が増えます。歯の表面のエナメル質は、酸に弱いという性質がありますので、すっぱいものをたくさん食べ、口の中の酸性の状態が長くなると、エナメル質が溶けだしやすくなります。

果物を食べる妊婦

まだつわりを経験していない妊婦さんも、絶賛つわり中の妊婦さんも、つわり中は特にお口の中のケアをしっかりする必要があります。そのまま放っておくと、虫歯になってしまう恐れがあるからです。

つわり中は、一度にたくさんご飯が食べられずに、食事の回数が増えたり、お腹がすいてしょっちゅうおやつを食べてしまったりする妊婦さんが多いです。おやつや食事の回数が増えるという事は、口の中に食べかすや歯垢が溜まりやすくなります。臭いや味などで気持ち悪くなってしまったり、大きく口を開けたり歯ブラシが舌にあたるだけで気持ち悪くなり、歯磨きができない場合が多いです。

歯科検診を受けると、検診するだけでなくお口のケアのアドバイスがもらえます。無料で歯の検診ができるのですから、ぜひ活用しましょう。

つわり中のお口のケアはどうしたらいい?

つわり中は特にお口のケアをしっかりした方がいいとはわかっていつつも、やっぱり気持ち悪くて歯磨きができなかったり、歯磨きの回数が減ってしまいがちです。この時期は、歯磨きだけでも気持ちが悪くなってしまうので、歯科検診を受けたり歯医者さんで治療を行うことが難しくなるかも知れません。辛いつわりの時期、自分でできるお口のケアをご紹介します。

1.歯磨きは一日の中で気分の良い時間帯に行いましょう

歯磨きは一日の中で気分の良い時間帯に行うようにしましょう。一般的には、毎食後や朝起きた時、夜寝る前に歯磨きをするのが良いと言われています。しかし、つわりの時期はなかなか歯磨きが出来ません。つわりの症状は人によって違うように、比較的気分がいい時間帯も異なります。日によって、「つわりが軽いな」と思える日があった場合は、朝夜など、回数を増やしてみるのもよいでしょう。

2.歯ブラシはヘッドの小さいものに!

歯ブラシ

なるべく吐き気をもよおさないように、歯ブラシをヘッドの小さいものに変えてみましょう。歯磨き中に気持ち悪くなってしまうのは、主に歯ブラシが舌やのどの奥にあたることで、反射的に吐き気をもよおすことが原因です。磨く手間は増えてしまいますが、子供用のちいさな歯ブラシを使ってみる方法もありますので、体調に合わせて選んでみてください。

また、歯ブラシのヘッドだけではなく、歯磨き剤の臭いや味によって気持ち悪くなってしまう場合もあります。今はいろいろな香りや味の歯磨き剤が販売されていますので、無味無臭に近いものを選んでみるか、どうしても無理なら、歯磨き剤を付けずに歯を磨いてもよいでしょう。

3.歯磨きが出来ない場合は、マウスウォッシュやお水でブクブクうがいをしましょう

一日中つわりで気分が悪く、どうしても歯が磨けないという場合は、マウスウオッシュや水でブクブクうがいをしましょう。本来、うがいだけでは食べかすや歯垢を取り除くことは出来ませんが、歯磨きをしないままだと、口の中を洗い流すことが出来ないため、トラブルの原因になってしまいます。ブクブクうがいをするのは食事の直後がいいです。口の中の食べかすをすべて取り除けるようにイメージして、うがいをするといいでしょう。

妊婦さんは歯科検診を受けて口内トラブルを防ぎましょう

妊婦さんのお口の中は、お腹が大きくなっていくような目に見えた変化はありません。しかし、妊婦さん向けの歯科検診へ足を運ぶことで、自分では気づけない歯磨きのクセや、お口の中の状態をチェックしてもらうことができます。

口内トラブルが少なくなると、ママに余計なストレスがかからないので、お腹の赤ちゃんにとっても良いです。赤ちゃんが生まれると、「自分のことは二の次!」と言うママがほとんどです。「歯が痛いけれど歯医者さんに行けない…」といったことにならないよう、歯科検診をちゃんと受けてお口の中を健康にしてください。

おすすめコンテンツ