妊娠届の書き方

妊娠届の書き方を項目別に紹介!いつまでに出せばいい?

妊娠届を書いて母子手帳を交付してもらおうとしている方へ。妊娠届の書き方を項目別にご紹介していきます。妊娠届を提出するときには、マイナンバーが必要になりますので、準備をしておきましょう!

妊娠届の書き方を項目別に紹介!いつまでに出せばいい?

妊娠届とは?妊娠届けの書き方と提出のタイミング

「妊娠届」という書類があるのをご存じですか。妊娠届は、妊娠した経験がある方以外は、あまり知られていないかもしれません。はじめて妊娠した方のために、妊娠届をもらうところ・妊娠届けの書き方・提出先・いつまでにといった提出する時期など、「妊娠届」の書き方について詳しくご説明していきます。

体調がすぐれない方のために、代理人での妊娠届の提出方法もご案内します。待望の我が子を授かった方にとっては、妊娠届を書く時間は、とても幸せなのではないでしょうか。妊娠の喜びをかみしめながら、妊娠届を書いてください。

妊娠届とは?

母子健康手帳

「妊娠届」は、正式には「妊娠届出書」と言い、妊娠していることを証明する書類です。妊娠すると母子健康手帳を貰いますが、その際に必要となる書類が「妊娠届」です。

母子手帳は、妊婦健診の度にかかりつけの産婦人科に持って行き、妊婦さんの体調や妊娠の経過を記入してもらうので、妊娠すると必ず必要となります。その母子手帳をもらうための書類が、「妊娠届」となります。

妊娠届はどこでもらえるの?

妊娠届は、実際に妊娠したことのある方でないと、見ることのない書類でしょう。では、妊娠届は、一体どこで入手することができるのでしょうか。

役所

妊娠届は、お住まいの自治体の役所でもらうことができます。それほど難しい内容の書類ではないので、その場で必要事項を記入して提出することも可能です。ただ、提出時にいくつか必要となる書類がありますので、当日に提出する予定の方は、必要書類の準備も忘れずに行いましょう。

ホームページよりダウンロード

ラップトップで自治体のホームページを見る女性

自治体によっては、自治体のホームページから妊娠届をダウンロードできる場合があります。自宅のパソコンに自治体のホームページから妊娠届をダウンロードしてプリンターでプリントアウトして、必要事項を記入しておくと、それを役所の窓口に提出するだけなので、役所で書く手間を省くことができます。

産婦人科

産婦人科によっては、妊娠届を発行してくれるところがあります。産婦人科で妊娠届を発行してもらえる場合には、妊娠届をお住まいの自治体の役所に持参して母子手帳をもらうことになります。

お住まいの自治体や産婦人科によって、妊娠届の貰い方は、異なりますので、まずはお住まいの自治体の窓口やかかりつけの産婦人科で確認してみるようにしましょう。

妊娠届の提出先

妊娠届の提出先は、お住まいの自治体の役所の担当窓口になります。「保健センター」や「こども健康センター」・「子育て支援課」など、名称が自治体により異なります。妊娠届を貰いに行く前に、一度、お住まいの自治体のホームページを見て、どの窓口に妊娠届を提出すればよいのか、確認しておきましょう。

提出する自治体は、住民票のある自治体になります。引っ越しをしたばかりでまだ住民票を異動させていないという方は、妊娠届をもらう迄に、住民票の異動をきちんと行っておいてください。

妊娠届の様式

妊娠届は、国として統一された様式はないので、妊娠届の様式は自治体により様々です。氏名や出産予定日などの項目以外に、妊婦さんの日常生活や健康状態などについてのアンケートに答える欄があることがあります。アンケートは、ご自身の現在の状況を正直に答えてください。

妊娠届の書き方

書類に書き込む女性

妊娠届の標準的な形式を元に、妊娠届の項目別の書き方をご説明していきます。妊娠届は、あせらずにゆっくりと記入しましょう。

妊婦氏名・生年月日・職業

妊婦さんの氏名を記入します。場合によっては、「未婚・既婚」や「入籍予定」についての記入欄があることがあります。職業については、会社名は不要ですので、「会社員」などという回答で構いません。

子の父親の氏名・生年月日・職業

夫または子供の父親である男性の氏名・生年月日・職業について、記入します。

住所

妊婦さんが現在住んでいる住所を記入してください。自宅の電話番号や妊婦さんおよびその家族の携帯電話を記入する欄がある場合もあります。同居の有無についての回答欄が設けられていることもあります。現在お住まいの状況を記入してください。

妊娠の診断を受けた施設

妊娠の診断を受けた施設(産婦人科)の名称を記入してください。すでにいくつかの産院を受診しいている方は、一番初めに妊娠の診断を受けた施設の名称を書くと良いでしょう。中には、初診日についての記入欄がある自治体もあります。妊娠検査薬のみで妊娠の判定をした段階で妊娠届を提出するのではなく、きちんと産婦人科を受診して妊娠の判定をしてから妊娠届を提出するようにしてください。

自治体によっては、妊娠の診断を受けた病院の診察券が必要になることがあります。

出産予定の施設

病院

里帰り出産などで健診を受ける産婦人科と出産する産婦人科が異なる場合があります。また、妊婦健診は近所の個人の婦人科で受診し、出産は提携している総合病院で行うというケースもあります。

近年は、産婦人科の減少が問題になっています。分娩できる施設が少ない地域の産婦人科や人気のある産婦人科では、妊娠初期に分娩の予約をしておかないと予約を受け付けてくれないこともありますので、早めに分娩できる施設を見つけておきましょう。

妊娠週数

産婦人科を受診した時に、採取生理日から妊娠週数を教えてもらえますので、現在の週数を計算して記入してください。初めのうちは、妊娠何週目とすぐに計算できるのですが、妊娠後半になるとすぐに週数がわからなくなることがあります。

手帳に「〇〇週」と記入しておくと、すぐに現在の週数が判りますので、とても便利です。手帳を見ながら「後〇週で出産予定日かぁ」と赤ちゃんに会える日を楽しみに待つのも、とても幸せな時間です。

出産予定日

産婦人科で妊娠と診断されると、最終生理日や胎児の大きさから出産予定日を計算してくれます。産婦人科で伝えられた出産予定日を記入してください。

出産・妊娠の履歴

妊娠回数や出産回数について記入する欄があることが多いです。これまでの状況を正確に記入しましょう。

健康診断の有無

結核や性病についての健康診断受診の有無について、問われる場合があります。妊娠後の受診の有無を問われることもあれば、現在に至るまでの受診の有無を問われる場合もあります。結核未治療の妊婦さんから産まれてくる赤ちゃんは、低体重となる可能性が、健康な妊婦さんから産まれてくる赤ちゃんより高いとされています。

健康保険の種別

国民健康保険・社会保険など、健康保険の種別を聞かれることがあります。保険証を見て、自分の健康保険の種別を正しく記入しましょう。

アンケートの主な内容

妊娠届のアンケートで問われることの多い内容をご紹介しておきます。こちらは、あくまでの一例ですので、こちらにない内容が聞かれることもあります。

  • 妊婦さんおよび夫(パートナー)の喫煙の有無や喫煙本数
  • 飲酒の有無および飲酒量
  • いままでかかった病歴または現在治療中の病気
  • 妊娠が判った時の気持ち(嬉しい・驚いたなど)
  • 妊娠中に相談できる人はいるか?
  • 出産後子育てを助けてくれる人はいるか?
  • 里帰り出産の予定の有無

いつまでに出す?妊娠届を提出するタイミング

産婦人科の女医

妊娠届は、母子手帳をもらうために出す書類なので、母子手帳が必要になったタイミングで提出するのが良いでしょう。妊娠検査薬で妊娠が判明しても、その時点ではお腹の赤ちゃんの心拍が確認されていない場合が多いです。

経産婦さんの場合には、妊娠検査薬で陽性反応が出ても、すぐには産婦人科を受診せず、心拍を確認できる時期になってから、産婦人科を受診する人もいます。受診料もけっこうかかりますから、医療費の節約にもなります。

自分で妊娠届を書く場合

自分で役所の窓口に行って妊娠届をもらう場合や、役所のホームページから妊娠届をダウンロードする場合には、産婦人科医で妊娠の判定を受けていればいつでも妊娠届を提出することができます。妊娠12週目に入ると、母子手帳への妊娠の経過についての記入が始まりますので、その前までには、役所に行って妊娠届を提出し、母子手帳をもらってくるようにしましょう。

産婦人科医が妊娠届を書く場合

産婦人科医が妊娠届を書くことになっている自治体では、かかりつけの産婦人科の医師が、適切なタイミングで妊娠届を書いて渡してくれます。心拍が確認されたタイミングや正確な出産予定日が判明したタイミングで妊娠届を記入してもらえることが多いです。医師から妊娠届を書いてもったら、役所の担当窓口に持参し、母子手帳を交付してもらいましょう。

母子手帳を最大限活用しよう!交付紛失・いつまで使う?
母子手帳を最大限活用しよう!交付紛失・いつまで使う?

妊娠届提出にはマイナンバーが必要です

マイナンバー

最近は、役所などに提出する書類にマイナンバーの番号の記入欄があったり、マイナンバーカードのコピーを添付する必要があったりなど、マイナンバーが登場するシーンが多くなりました。

妊娠届に関しても、平成28年1月1日より、母子健康法施行規則が改正されたため、妊娠届出書にマイナンバーの記入欄が設けられ、提出時に妊婦さんのマイナンバーを確認できる書類(マイナンバーカード・マイナンバー通知書など)の提示が必要になりました。

マイナンバーカードを作っていない方は、妊娠届を提出するときに、マイナンバー通知書を忘れずに持参してください。

妊娠届提出時の必要書類

妊娠届を提出するときには、以下の確認書類が必要になります。忘れてしまうと、妊娠届出書を提出することができず、母子手帳を交付してもらえなくなりますので、確認書類の忘れには、注意してださい。

妊娠届提出時の必要書類(いずれかの組み合わせ)

  • マイナンバーカード
  • マイナンバー通知書(またはマイナンバー記載の住民票)+顔つきの公的証明書1点
  • マイナンバー通知書(またはマイナンバー記載の住民票)+顔なしの公的証明書2点

※顔つきの公的証明書・・・免許証・パスポートなど
※顔なしの公的証明書・・・保険証・年金手帳・学生証など
※顔写真がついていても、会員証やお店のポイントカードは、本人確認書類として認められませんので、ご注意ください。

妊娠届は委任状があれば本人でなくてもOK

書類を男性職員に渡す代理人

妊娠初期は、体調が安定しない妊婦さんも多いです。妊娠届は、代理人が提出することも可能ですので、妊婦さん自身が体調不良などで妊娠届を提出することができない場合には、旦那さんなどにお願いして提出してもらってください。

ただ、妊娠届の提出を代理人にお願いする場合、委任状が必要です。事前に役所のホームページを見たり、担当窓口に電話で問い合わせをしたりして、代理人が妊娠届を提出する時の必要書類を確認しておきましょう。

代理人が提出する時に必要となる可能性があるもの

  • 委任状
  • 代理人の本人確認書
  • 代理人の印鑑

妊娠初期は、無理は禁物です。妊婦さん自身が役所の窓口に出向いて妊娠届を提出し母子手帳をもらいたいという希望があるかもしれませんが、くれぐれも体の負担になるようなことだけは、しないでください。

妊娠から母子手帳交付までの流れ

最近は、かなり精度の高い妊娠検査薬が市販されていますので、妊娠初期に妊娠検査薬で妊娠を確認する方が増えてきています。ただ、病院へ行くタイミングがあまりにもはや過ぎると、心音が確認できず再診となることもあります。

<母子手帳交付までの流れ>
妊娠 → 妊娠判明 → 産婦人科受診 → 妊娠届提出 → 母子手帳交付

妊娠届提出時にもらえるもの

妊娠届を役所の窓口で提出すると、母子手帳の他に以下のようなものがもらえることが多いです。とても重要なことが書かれている書類が含まれていますので、帰宅後は、内容を確認しておきましょう。

  • マタニティマーク
  • 妊婦さんのための冊子(妊娠中の栄養や健康管理について)
  • 子育て情報
  • 自治体主催の母親学級の案内

妊娠届を提出するときに、妊娠中の健康状態や家の様子(妊娠中や出産後に家事などサポートしてくれる人がいるのか?)など、窓口の担当者からヒアリングされることもあります。

妊娠届を書くことで妊娠を実感!

妊娠届を書いていると、「私、妊娠したんだ~」と実感する方も多いのはないでしょうか。妊娠期間は、40週しかありません。はじめて妊娠された方はご自分の体の変化に驚くことも多いでしょうが、今しかない妊婦ライフを楽しんでください。妊娠中はくれぐれも無理をしないようにしましょう。

おすすめコンテンツ