女の子・男の子に人気の名前

人気の名前とは?ランキングから名付けの流行を知る!

今、人気のある名前とは?女の子に人気のかわいい名前、男の子に人気のかっこいい名前、日本人ならではの古風・和風な名前を、漢字と読み方とともに紹介。名付けの際に画数や姓名判断は気にするべきか、キラキラネームを付けてしまう原因、シワシワネームの流行に関してもリサーチしました。

人気の名前とは?ランキングから名付けの流行を知る!

人気の名前とは?名付けの流行を知っておく意味

人気の名前を知って、名付けの参考にしよう!
名前は時代によって変化するものであり、必ずしも流行に乗る必要はありませんが、どんな名前が流行っているのかは知っておいた方が良いでしょう。

赤ちゃんが生まれた年やその前の年の人気の名前を知ることで、「人気の名前だから将来同級生とかぶる可能性が高い」「現代ではこっちの読み方の方が多いから、この漢字を使うと読み間違われる可能性があるかも」といったこともわかります。

女の子・男の子それぞれに人気のある名前やおしゃれな名前、最近流行っている和風の名前を集めてみました。その他にも、漢字・画数・名前の由来・キラキラネームなど赤ちゃんの名前にまつわる情報をご紹介しますので、名づけの参考にしてください!

人気の名前を知りたいなら「赤ちゃんの名前ランキング」が便利!

パパとママの大事な役目として、赤ちゃんへの最初のプレゼントである『名前』を決めてあげなければなりませんが、そんな時に赤ちゃんの名前ランキングが役に立ちます。

日本では、企業が独自に入手した情報をもとに、その年に生まれた赤ちゃんの名前をランキング形式で発表しています。人気の名前はもちろん、よく使われている漢字や読み方などにも分類されているので、名付けの参考になります。また、その時代にどんな名前が流行ったのかとうのは当時の社会や文化を表すので、歴史的な資料としても価値があるものといえるでしょう。

毎年「赤ちゃんの名前ランキング」を発表している企業

  • 明治安田生命
    当年9月までの契約者分を集計。発表は11月末。
  • ベネッセコーポレーション(たまひよ)
    たまひよ商品購入者でその年1月~10月に誕生した子の名前を集計。ランキング発表は12月上旬ごろ。
  • 赤ちゃん本舗
    日本最大級の名前ランキングであり、会員情報から1月~10月に生まれた赤ちゃんの名前を集計。ランキング発表は11月頃。
  • ベビーカレンダー
    2017は当年8月~10月までの内祝いサービス等を利用した赤ちゃんの名前を集計。月ごとの人気ランキングもニュースリリースなどで公表していることがある。

顧客情報などの独自データを使っているため、企業によって発表する名前ランキングは順位が異なるのが普通です。しかし、トップ20位以内にランクインする名前というのは、他の名前ランキングでも上位ですから、名付ける人が多い「人気のある名前」という点は揺るがないでしょう。

2017年に人気を集めた男の子&女の子の名前とは?

明治安田生命、ベネッセコーポレーション、赤ちゃん本舗、ベビーカレンダーを参考に、2017年に人気を集めた名前を紹介します

名前ランキングは名付けの流行を表現するものですが、一方でスポーツ選手や俳優など、その年に話題となった「著名人の名前・使われている漢字」が爆発的に増える傾向があります。一過性のブームで終わることもあれば、数年にわたって人気の名前として定着することもあります。

男の子は「悠」の漢字が大人気!

2017年は男の子の名前は「悠」を使ったものが非常に人気を集め、各名前ランキングで「悠真」「悠人」「悠斗」などがトップ10入りを果たすという人気ぶりでした。ちなみに、「ユウマ」「ユウト」などという読みが多いですが、「ハルマ・ハルト」という読み方も人気です。

「悠」の字は、気の長い様子やゆったりした様を示す漢字ですので、明治安田生命は「忙しない現代社会だからこそ、心にゆとりを持って自分らしく生きてほしい」といった気持ちの表れではないかと分析しています。

女の子は「結」の漢字、「ゆ」から始まる名前がに大人気

2017年の女の子の名前ランキングは、特に「結」の漢字が人気で、「結菜」「結衣」「結愛」「結月」などがトップテ10以内にランクインしています。ユナ・ユイ・ユア・ユヅキなど「ゆ」から読ませる名前が人気とも取れます。

むすぶという意味がある「結」は昔から女の子の名付けに人気で、人と人を繋ぐ、人との縁に結ばれるといった意味や願いを込められる漢字です。近年の日本は自然災害などの痛ましいニュースも多いですが、復旧に向けて助け合う人々の姿には学ぶべき点が数多く存在します。「人との繋がり・縁を大切にする人になってほしい」と考える親御さんが増えているのではないでしょうか。

2018年に人気になりそうな名前とは?

2018年はまだデータが未集計のため、月ごとの人気ランキングなどを参考に、流行しそうな名前を推測してみます。有名人の大活躍によって一気に上位にランクインする漢字や名前もありますが、男の子も女の子も、2016年・2017年の傾向が続くことは間違いないでしょう。

男の子は「陽」「湊」が人気の予感!

最近は、男の子の名前も力強さ・逞しさよりは、温かさや涼やかさなどを漢字させるものが人気です。「陽」の字は使う「陽飛・陽人(ハルト)」「陽太(ヨウタ)」などの名前は2010年頃から人気が上昇しつづけていますので、今年も1位・2位を争う可能性も高いでしょう。

また、2018年夏は猛暑でしたから、夏生まれの赤ちゃんには涼しさや海など水をイメージした名付けをしたいと考える親御さんも増えることが予想されます。男の子の名前で、海をイメージするものといえば2015年頃から「湊(ミナト・ソウ)」が上位にランクインするようになりました。
「湊」とは、船や人が集まるところですから、「みんなから愛されるように・頼られるように」といった意味も込められます。

女の子は「希」の人気が復活?「心」も変わらず人気の可能性大

女の子の名付けは男の子以上に、季節や植物をイメージする名前が多く、春生まれなら「桜」「花」、夏生まれなら「夏」「海」などの漢字が人気を集めるので、年間予測を立てるのは難しいのが正直なところです。

しかし、上半期の名前ランキングを参考にすると、トップ100には入っているものの、ここ5年ほどは30位以下だった「希」の字が人気という情報もあります。2018年は「平成最後の〇〇」という言葉がよく聞かれていますので、子供の誕生と新しい時代の幕開けに「希望」を託したいという親御さんが多いのなら不思議もありません。

また、「結」同様に、季節を問わない女の子の名前の人気漢字としては「心」が挙げられます。昨年「結」の字が非常に人気でしたが、それゆえに「結」の字を避けて、思いやりを表す「心」に人気が集中する可能性は十分にあるでしょう。

女の子に人気の名前・流行の名前

花畑にいるランドセルを背負った女の子

2010年以降に人気の女の子の名前の特徴や傾向をご紹介します。
名前には流行りがあるので、その年によって人気のある名前は目まぐるしく変わっていきます。流行に乗る、乗らないは自由ですが、その年の流行りを知っておくことは名付けにおいて大切なことです。

「○○子」が流行る時代もあれば、「○美」が流行る時代もあるなど、名前のトレンドは目まぐるしく変化していきます。良子・美紀子・京子・佐恵子など、クラスのほとんどの女の子の名前の最後が「子」だったという時代が懐かしいですね。
さて、最近ではどのような名前が人気なのでしょうか?

名付け女の子編!女の子の人生に願いを込めた名前を贈ろう
名付け女の子編!女の子の人生に願いを込めた名前を贈ろう

女の子に人気のかわいい名前一覧

ここ10年で人気がある女の子の赤ちゃんの名前に共通するのは、キュートで呼びやすいというところです。特に人気があり名前ランキング上位の常連なのが、凛(りん)・葵(あおい)・結愛(ゆあ)・結菜(ゆいな)・陽葵(ひまり)ちゃんなどの名前です。

葵がつく名前をつけたい!字の意味&男の子と女の子の名前
葵がつく名前をつけたい!字の意味&男の子と女の子の名前

凛(りん)ちゃんは、以前人気ドラマの子役の女の子の名前が「凛」だったことがきっかけとなって、それ以降ずっと人気名前ランキングの常連となっています。

凛が付く名前をつけたい!男女おすすめの名前や文字の意味
凛が付く名前をつけたい!男女おすすめの名前や文字の意味

上位ランクインしている女の子の赤ちゃんの名前は、比較的1つ1つの漢字の画数が多いものが目立ち、当て字も見られることから響きを重視する傾向にあります。

他にも、女の子の赤ちゃんの人気の名前をまとめてみました。

  • 杏(あん)
  • 愛莉(あいり)
  • 芽依(めい)
  • 凜(りん)
  • 咲希(さき)
  • 美咲(みさき)
  • 芽生(めい)
  • 咲良(さくら)
  • 明日香(あすか)
  • 小春(こはる)
  • 花(はな)
  • 花音(かのん)
  • 愛(まな)
  • 薫(かおる)
  • あかり
  • 楓(かえで)
  • 千秋(ちあき)
  • 七海(ななみ)
  • 夏(なつ)

「花」「華」などのお花に関する漢字や、「愛」「美」という漢字は昔も今も、女の子の赤ちゃんの名前にはよく使われています。春・夏・秋・冬という季節を表す漢字が使われやすいのも、女の子の名づけの特徴と言えるでしょう。

夏生まれの女の子の名前|名付けのポイント&注意点
夏生まれの女の子の名前|名付けのポイント&注意点

おしゃれな名前

女の子の名前は、昔では想像もできなかった、おしゃれな名前も増えています。ここでいうおしゃれとは「粋」な名前と言い換えてもいいでしょう。

例えば、紬(つむぎ)ちゃん。

つむぐという言葉の意味は、本来麻や綿などの繊維を合わせて糸に仕上げることを指します。このことから、人と人との出会いを紡いでいくような人になって欲しいという想いのもとに付けられることが多いです。何だか気持ちがほっこりする、おしゃれな名前ですね。

紬(つむぎ)という名前を子供に付けたい!紬の意味や字画
紬(つむぎ)という名前を子供に付けたい!紬の意味や字画

他にも、ただ一つだけという意味の「唯(ゆい)」や、人生の素晴らしい音色を奏でて欲しいという「奏(かなで)」も人気のおしゃれな名前です。

古風・和風な名前が大人気!

せっかく日本人に生まれたのだからと、赤ちゃんに古風な名前を付けるパパやママが増えています。
桜子(さくらこ)・二三(ふみ)・弥子(みこ)・蘭子(らんこ)・杏子(あんず)・琴美(ことみ)など、日本の四季や伝統的な楽器の漢字が使われている赤ちゃんの名前は、「和」の風情を感じられ、とても落ち着きがあります。

桜がつく名前をつけたい!意味・由来・読み方・成り立ち
桜がつく名前をつけたい!意味・由来・読み方・成り立ち

人気の古風な名前を以下にまとめてみました。

  • 梓(あずさ)
  • 小雪(小雪)
  • 伊万里(いまり)
  • 琴(こと)
  • 初音(はつね)
  • しずく
  • 桂(かつら)
  • 薫子(かおるこ)
  • 菊(きく)
  • 鈴(すず)
「すず」という名前の印象~漢字とひらがなどっちが良い?
「すず」という名前の印象~漢字とひらがなどっちが良い?

こうした和風な名前は、イマ風のキュートでポップな印象ではなく、女性ならでの奥ゆかしさや上品さが感じられます。大和撫子らしい名前といえるでしょう。古風・和風な赤ちゃんの名前は、30代後半のママ達に特に人気があります。

また、2020年には東京オリンピックも控えていますので、「日本らしさ・日本の良さを表現したい」という方が増えることが予想されます。やはり今後も古風な名前は一定の人気を集めることが予想できます。

男の子に人気の名前・流行の名前

桜の木の下にいる小学生の男の子

次に男の子の赤ちゃんに人気の名前を、チェックしていきましょう。
昔は「○○郎」「○平」などがよく付けられましたが、ここ10年人気の男の子の赤ちゃんの名前は、どのようなものなのでしょうか?

赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ
赤ちゃんの名付け男の子編・素敵な名前を子供に贈るコツ

男の子に人気のかっこいい名前一覧

最近人気がある、男の子の赤ちゃんの名前の特徴は、優しい響きの中にもたくましさが感じられる名前です。

特に人気があるのが、2017年の名前ランキングでトップ10入りしている「悠真(ゆうま)」くんです。「ゆうま」だけではなく、「ゆうしん」という呼び方の男の子もいます。優しい響きですが、真という漢字が男の子らしさを感じます。

少しずつ流行は落ち着いたようですが、蓮(れん)くんという名前が流行した時期もあります。

蓮のつく名前をつけたい!知っておきたい意味とまつわる話
蓮のつく名前をつけたい!知っておきたい意味とまつわる話

他にも、今は男の子の赤ちゃんには、以下のような名前が人気です。

  • 叶太(かなた)
  • 颯真(そうま)
  • 陽翔(はると)
  • 陽向(ひなた)
  • 翔太(しょうた)
  • 広大(こうだい)
  • 翔(しょう)
  • 広翔(ひろと)
  • 朝陽(あさひ)
  • 直(すなお)
  • 大和(やまと)
  • 悠人(ゆうと)
  • 颯太(そうた)
  • 陽太(ようた)
  • 陸(りく)
  • 悠斗(ゆうと)
  •  

男の子の名前は、風・陸・海・陽など「自然」を表す漢字が良く使われます。可愛らしい女の子の名前とは違って、たくましさや雄大さを感じられる名前が多いですね。

海のつく名前~男の子・女の子へのおすすめ厳選14
海のつく名前~男の子・女の子へのおすすめ厳選14

また最近では、女の子だけではなく男の子の間でも、一文字の名前が増えています。特に人気なのが、湊(みなと)・陽(はる)くんです。

陽がつく名前をつけたい!考えたい漢字の意味と成り立ち
陽がつく名前をつけたい!考えたい漢字の意味と成り立ち

ちなみに、明治安田生命の人気名前ランキングの読み方部門では、ここ数年「はると」が1位であり続けています。「はると」の定番漢字は「陽斗」「陽人」ですから、漢字そのものの人気の高さが伺えます。

「はると」という名前に使える漢字の種類と意味
「はると」という名前に使える漢字の種類と意味


その他にも、自然を連想させる陸(りく)・樹(いつき)・空(そら)くんも男の子らしく、人気のある名前です。

男の子の名付けに異変?中性的な名前が人気?

最近では、男の子という性別にとらわれない中性的な名前も流行っています。
まるで役者さんのような、おしゃれな男の子の赤ちゃんの名前を揃えてみました。

  • 一路(いちろ)
  • 光(ひかる)
  • 遥瑠(はる)
  • 奇跡(きせき)
  • 縁(えにし)
  • 星也(せいや)
  • 波流(なる)
  • 香林(かりん)

やや画数が多めの漢字が使われているので、読むのには少し苦労しますが、ちょっと珍しいおしゃれな名前です。

古風・和風な名前が人気だが、男の子だけの特徴とは?

女の子に人気の古風な名前ですが、男の子の場合は少し様子が違います。それは、男の子に古風な名前をつける場合は、歴史上の偉人・英雄の名前をそのまま付けたり、それにあやかって付けられているという点です。歴史好きのパパやママが強い思い入れを持って、赤ちゃんに名付けを行ったのでしょう。

たくましさと男らしさを感じる、古風な名前をご紹介します。

  • 秀吉(ひでよし)
  • 幸之助(こうのすけ)
  • 頼朝(よりとも)
  • 左近(さこん)
  • 信長(のぶなが)
  • 右京(うきょう)
  • 幸村(ゆきむら)
  • 三成(みつなり)
  • 佐助(さすけ)
  • 隆盛(たかもり)
  • 博文(ひろぶみ)
  • 一郎(いちろう)

戦国武将や歴代の総理大臣、世界で活躍しているスポーツ選手など、偉人のジャンルはさまざまです。その年の大河ドラマなどの流行も関係しています。

名前の由来も大切にしよう

夕方に景色を見ている若い夫婦と子供

赤ちゃんの名前を付ける時には、漢字・名前の響きだけではなく、名前の由来もしっかりと決めてあげるようにしましょう。名前の由来は、とても大切です。

なぜなら赤ちゃんの名前には、パパやママの特別な想いが込められているからです。何年か経って、子供達は自分の名前に込められた両親の想いを知り、生まれてきた意味や親の愛情を実感することが出来るでしょう。

自分の名前の由来、そこに込められた両親の想いを知ると、きっと親に対する感謝の気持ちと共に、身が引き締まると思いがします。そのような素敵な気持ちを、我が子にも感じさせてあげましょう。

赤ちゃんの名付け、子供の人生に添う納得の名前を贈るには
赤ちゃんの名付け、子供の人生に添う納得の名前を贈るには

名前の由来の例を紹介

赤ちゃんの名前の由来の例を、いくつかまとめてみました。

  • 遥香(はるか)ちゃん。

永遠に素敵な香りがするような美しい女性でいて欲しい。

  • 大樹(だいき)くん。

大きな樹のようにたくましく育って欲しい。

  • 羽悠(はゆ)くん。

羽のようにフワフワと優しい気持ちを抱き、自分のペースで前に進んで欲しい。

  • 遥瑠(はる)くん。

ずっと宝石のようにキラキラした子でいて欲しい。

  • ひまわりちゃん。

太陽の方を向いて明るく咲くひまわりのように、前向きな女性になって欲しい。

  • 空(そら)くん。

晴れ空や曇り空など色んな空があるけれど、いつまでも空のように大きな心を持って欲しい。

同じ名前でも、その背景にある名前の由来は、1人1人違うはずです。最近は幼稚園や小学校で、自分の名前の由来について調べる時間が設けられていますから、きちんと意味合いのある名前を付けてあげましょう。

漢字の意味を考える

名前の由来を考える時には、漢字の意味を調べることが大切です。赤ちゃんの名前に使った漢字が普段どのように使われているのかを調べたり、漢字から湧き出るオーラやイメージを大切にしていきましょう。

名前の由来は・・・パパとママの名前から1文字ずつ取ったでもOK!

「パパとママの大切な宝物だから、2人の名前から1文字ずつ取ったの」という名前の由来でも、もちろん構いません。

先ほどご紹介したような、漢字の持つ意味合いで決めた名前の由来ではありませんが、両親の愛情はきちんと伝わります。これもまた、立派な名前の由来です。

画数は気にするべき?姓名判断の是非

正直に申し上げて、名前の画数を気にするのか?気にしないのかは、パパとママ次第です。

姓名判断は、古代中国の陰陽五行説が由来と言われていますが、名前による姓名判断が行われるようになったのは日本では明治時代以降です。姓名判断は統計学に基づいているものの、科学的根拠はありませんし、なにより流派によって大きく結果が異なります。どの流派でも良い名前というのは存在しません。

例えば、現代では、女の子にひらがなの名前が人気です。しかし、ひらがなの名前そのものを姓名判断では凶とする流派もあります。一方で、ひらがなの画数も漢字と同じようにカウントして、占う流派もあるのです。

名前の画数に関しては、絶対に気にしなければいけないものでもありませんので、ご夫婦でよく話し合って方向性を決めていくことをオススメします。

名付けの姓名判断が気になる!画数の吉凶と名前の決め方
名付けの姓名判断が気になる!画数の吉凶と名前の決め方

キラキラネームってあり?なし?

落ち込んでる女の子

キラキラネームとは、読むのが難しい名前・変わった名前・珍しい名前・一般常識から著しくはずれている名前のことを指します。別名、DQNネームとも言います。

例えば、悪魔(あくま)・月姫(らめ)・歩木鈴(ぽこりん)・黄熊(ぷう)・純粋(ぴゅあ)などがあります。流行のキャラクターの名前をもじったり、どのように読むのか分からない複雑な感じの名前、明らかにイメージが悪い名前も見られます。

パパとママからの最初のプレゼントとして、キラキラネームはあまりオススメ出来ないのが正直なところです。

キラキラネームを付けてしまう原因

では、どうしてキラキラネームを付けてしまうのでしょうか?考えられる理由は、以下の2つです。

オンリーワンの名前にこだわり過ぎる

世界でたった1人だけの大切な我が子には、世界でたった1つの名前をつけてあげたい。このような考えが行き過ぎた形になり、一般常識では考えられないような奇名・難読名を引き起こします。

人気の名前、流行している名前だと、クラスで同じ名前の子がいることは珍しくありません。その際に、なんとなく気まずい、紛らわしい思いをする可能性は確かにあります。しかし、名前そのものがオンリーワンである必要があるのか、よく考えましょう。

マタニティハイ

お腹を触っている妊婦さん

妊娠中はホルモンの関係で、女性は気分の上がり下がりが激しくなります。マタニティハイ状態が続いて、お腹の赤ちゃんのこと以外は全く考えられないような極端な精神状態になるケースもあります。

そのような気分の中で、赤ちゃんの名前決めに並々ならぬ気合が入ってしまうと、それが奇妙な名前であると客観的に判断できなくなってしまいます。マタニティハイの自覚がある人も、ない人も、名前を決めたら、周りの人の反応を伺った方が良いでしょう。

キラキラネームは後悔する?

「あまりにも読みにくい名前を付けてしまった」「色んな人に珍しがられて、あまり良い気分がしない」とキラキラネームを付けた親の中には、後悔している人も少なくありません。
キラキラネームを付けられた子供の中には「みんなに変な名前と言われる」「名前が読めないといじられた」という子もいます。

軽い気持ちでキラキラネームを付けて、親も子供も後悔してしまうなんて、とても残念な話です。名前は、一生使い続けるとても大切なものです。安易な気持ちで、決めないようにしましょう。

キラキラの逆?シワシワネームとは

キラキラネームのブームは、終わりに近づいています。そして、最近人気が出ているのが「シワシワネーム」と言われる、古風な名前です。

先ほどもご紹介した日本人らしい和風な名前の良さが、比較的年齢の若いパパやママにも見直されているのです。キラキラネームがなくなり、シワシワネームのブームが来るのも近いでしょう。

名前は、一生使い続けるとても大切なものです。生まれてくる赤ちゃんに、たくさんの幸せが訪れるように、パパとママが責任を持って名前を決めてあげましょう。

名前を呼んだ時の響きの良さで選んでも良し、画数や名前の由来で決めても良し、ご夫婦で話し合って赤ちゃんへの最初のプレゼントを選んであげることをオススメします。

おすすめコンテンツ