「こと」を含む名前と「琴」の意味

「こと」を含む名前は古風な響きが魅力!漢字は「琴」で決定?

「こと」という名前、「こと」という響きを含む名前をつけたいとき、やはり女の子も男の子も「琴」が1番の候補です。「琴」という漢字の意味や由来を解説し、「琴」を含むおすすめの名前を紹介。他に「こと」と読ませる名前がないかも調べました。響き優先ならひらがなも古風でかわいいです!

「こと」を含む名前は古風な響きが魅力!漢字は「琴」で決定?

「こと」の名前に使う漢字はやっぱり「琴」が1番!?

琴を弾く女性

「こと」という名前、または「こと」という響きを含む名前を子供に付けたい場合、やはり「琴」の漢字を使うのが一般的です。「琴」と言えば、弦楽器の琴が思い浮かびますが、子供の名前に使うなら漢字の由来や意味を知っておきましょう。

「琴」の漢字の由来は?琴を横からみると「琴」の漢字に見える?

琴は12画で、「こと・キン」と読む漢字です。
琴は、楽器の琴を横から見た形からできた象形文字です。王が2つ並んでいる様子が、琴の弦に見えます。

琴という感じの成り立ち

琴=和琴とは限らない!日本の音楽史で「琴」が意味するもの

琴は、日本に古くからある楽器で『古事記』にも琴を弾く場面が登場します。また、日本に古くからある和琴だけでなく、奈良時代には中国などから輸入された琵琶を含めた弦楽器一般を「琴(こと)」と指していた歴史もあります。

また、明治時代には、ピアノは「洋琴」、オルガンは「風琴」などと訳されおり、「琴」の漢字は楽器そのものを意味するのはもちろん、非常に日本の音楽と関わりが深い漢字といえます。

「琴」の漢字は名前にどんな意味を込められる?

背筋を伸ばして正座する和服の女性

「琴」の漢字は、和琴や弦楽器を意味します。
名付けにおいては、琴が奏でる美しい音色のように周りを癒す人になって欲しいという意味を込められます。また、琴の弦のピチッと張られている様子から、凜とした美しい女性になって欲しいという意味をこめることもできるでしょう。

また、仏教の開祖であるブッタは「琴の弦は、締めすぎても、緩めすぎても良い音がでない」という話から、悟りを得るための大きなヒントを得て、後に「中道」という教えを説いています。
こうした意味を名前に込めるのも奥深く面白いのではないでしょうか。

「こと」を含む名前にはどんなものがある?「琴」がつく名前&意味

「こと」という読みを含む名前は女の子向けの名前が多いですが、男の子に使える名前もあります。「琴」の漢字にどんな漢字を組み合わせて、どんな意味を込めたいか、考えて名前を決めましょう。

男の子にも女の子にも使える名前「まこと」!「琴」の漢字で古風に!

『まこと』という名前は、男の子にも女の子にも昔から使われてきた名前です。真・誠など『まこと』という名前に使える漢字はたくさんありますが、琴という古風な漢字をつかった『まこと』も素敵です。

古風で和風な名前のおすすめ!人気の漢字やひらがなの名前
古風で和風な名前のおすすめ!人気の漢字やひらがなの名前

ありのままで美しい「真琴」

琴

真琴は、22画の名前です。
真は、眞という字が旧字体になっています。眞は、サジで器にものを入れる様子を表した漢字で、中身が入っている状態から嘘偽りがないという意味がありました。現在は、真実・まこと・ありのままなどの意味で使われます。

「真琴」で、ありのままの凜とした美しい人・まことを大切にして人を癒やせるような魅力を持つ人という意味を込められます。

麻は生命力の強い植物「麻琴」

琴

麻琴は、23画の名前です。
麻は、女の子の名前に使われることの多い漢字ですが、プロサッカー選手の吉田麻也さんのように男の子にも使える漢字です。

麻は、植物のアサのことです。衣類に使われる繊維素材としても有名です。麻は、生命力の強い植物のため、名付けにおいては「たくましい」・「芯が強い」などの意味を込められます。また、麻でできた洋服やリネンのしなやかな肌触りから、「周りを優しく包み込む」などの解釈もできます。

「麻琴」で、芯が強く凜とした人になって欲しい・周りを優しく包み込み癒すことのできる人になって欲しいなどの意味を込めることができます。

「琴」を含む古風でかわいい女の子の名前!

黒髪の女の子

「こと」を含む女の子の名前は数多くあり、琴の漢字のイメージから、全体的に古風で優しい印象を受ける名前になります。

漢字一文字でも思いが伝わる名前「琴(こと)」

琴(こと)

女の子なら「琴(こと)」一文字の名前を付けてあげることもできます。琴の優しい音色や弦のピンと張った凜とした姿などから、由来を考えて名付けましょう。

ただ、漢字一文字の名前は、苗字とのバランスを考える必要があります。苗字も一文字の場合、フルネームで漢字二文字となり、他の名前と並べた時に少し寂しい印象があったり、フルネームなのに苗字だけと勘違いされたりすることがあります。

琴の音が聞こえて来そうな名前「琴音(ことね)」

琴音(ことね

琴音は、21画の名前です。「琴」そのものが楽器を表しますから、「音」という漢字との相性は抜群で、名前を聞いた瞬間にイメージがわいてきます。
琴音で、琴が奏でる音のように人々をいやすことのできる女性になりますようにという意味が込められます。

少し発音しにくいがかわいい名前「琴子(ことこ)」

琴子(ことこ)

琴子は、15画の名前です。
子が最後につく女の子の名前は、昔は多くの女の子につけられた人気の名前でした。一時人気が落ちた時期もありましたが、近年は人気が再び高まっている傾向にあります。
ただ、『ことこ』は、「こ」の音が初めと終わりにつくので、小さな子供には少し発音しづらいかもしれません。

子は、まさしく子供のことです。漢数字の一が両腕を左右に伸ばしている様子を表しています。了の部分は、昔は人の頭を表す丸(〇)で表し人の頭を表していました。
また、子は十二支の最初に登場する動物であるネズミ(ね)の漢字表記でもあります。

子は、子供という意味から「大切な我が子」という思いを込められますし、より女の子らしい印象を強めるために子の漢字を使うこともできます。
琴子では、大切な我が子が周りの人を癒すような存在になれますようにという意味を込められます。

子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名
子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名

美しさや愛らしさを感じられる名前「琴美・琴実(ことみ)」

琴美・琴実(ことみ)

琴美は21画、琴実は20画の名前です。「ことみ」ではなく、漢字を逆にして「みこと」と読ませても違和感がありません。

「美」は、大きくて立派な羊の様子を表した漢字です。昔は羊が貴重な家畜だったことや羊の白い毛の美しさから、「美しい」という意味で使われるようになりました。
琴美で、美しく凜とした女性になりますようにという意味が込められます。

「実」は、お供え物が十分にある状態を表した漢字です。中身が充実して満ちている状態から、満ちるという意味ができました。元々は果物という意味はありませんでしたが、今では「実」から果物の実を想像し、可愛らしさの意味を持たせて名付けに使うこともできます。
琴実で、琴の音のように周りを癒す可愛らしい女性になりますようにという意味が込められます。

おしゃれな現代風の響きの名前「琴葉・琴羽・琴春(ことは)」

琴葉・琴羽・琴春(ことは)

琴葉は24画、琴羽は18画、琴春は21画の名前です。
いろは・あやは・ゆずはなど、最後に『は』が付く女の子の名前は、最近特に人気があり、名前ランキングの100位以内にいくつも登場しています。

葉は、木と並び生えた草を組み合わせた漢字で、まさに葉っぱのことです。葉っぱの風になびく様子から、しなやかなという意味を名前に込めることができます。琴葉で、しなやかで凜とした女性になりますようにという願いが込められます。

羽は、鳥の両翼を表した象形文字です。鳥が飛び立つように、世界に羽ばたく人のなって欲しいという意味が込められます。琴羽で、凜とした強さがあり世界に羽ばたくように人になれ!という思いを込められます。

春は、草木がお日様の光をあびて芽を出す様子を表した漢字です。草の芽のようにたくましく育って欲しいという願いや春の陽気のように穏やかな人になって欲しいという意味が込められます。琴春には、凜としてたくましく成長して欲しいという願いが込められます。

恵み多い人生になりますように「琴恵・琴絵(ことえ)」

琴恵・琴絵(ことえ)

琴恵は22画、琴絵は24画の名前です。

恵の旧字体は、惠と書き、引き締まった心という意味がありました。次第に意味が変化し、気を配る・愛しむ・恩恵を施すという意味を持つようになりました。
琴恵で、人々を癒し愛しむことができる女性になりますようにという意味を込められます。

絵は、糸と會を組み合わせた漢字です。會には、寄せ合わせるという意味があるので、絵は色々な糸を寄せ合わせて模様を作るという意味があります。現在では、絵画の絵としての意味で使われています。
琴絵で、美しい音色を合わせるように人と力を合わせられる人間になりますようにという意味が込められます。

古風で女の子らしい名前「琴乃(ことの)」

琴乃(ことの)

琴乃は、14画の名前です。
乃は、女の子の名前で昔から使われている漢字です。琴と組み合わせることで、より古風なイメージのする名前に仕上がります。

乃は、すなわちという意味を表す助字です。名付けでは、乃に深い意味は込めにくいので、琴の漢字をより大切にしたいときに使うと良いでしょう。

おすすめコンテンツ