妊婦は紅茶を1日何杯まで?

妊婦は紅茶NG?茶葉やペットボトルのカフェイン含有量

妊婦は紅茶を1日何杯まで飲めるのか、紅茶に含まれるカフェイン含有量と妊娠中の1日のカフェイン摂取上限量を解説。ペットボトル飲料、ストレートティー、ミルクティーなど種類ごとに、カフェイン量の目安量をまとました。デカフェ、ノンカフェイン、カフェインレスの違いを知っていますか?

妊婦は紅茶NG?茶葉やペットボトルのカフェイン含有量

妊婦に紅茶が良くない理由

妊娠中は食べ物や飲み物に制限がありますが、紅茶も控えた方が良いと言われている飲み物のひとつです。リラックスタイムに紅茶を楽しむ人も多いですが、なぜ紅茶は妊婦にとって良くないのでしょうか。

カフェインによる悪影響

テーブルの上に置いてある紅茶

妊婦が紅茶を控えるべき理由は、やはりカフェインの摂取が心配だからです。

一般的にカフェインは、体内で中枢神経を刺激する作用があります。そのため、過剰摂取すると興奮や不安などの精神的症状、不眠やめまい、震え、心拍数の増加などの身体的症状を引き起こすことが知られています。

紅茶にはコーヒーや緑茶と同じく「カフェイン」が含まれています。妊娠中は、普段に比べてカフェインの成分を分解するのに時間がかかるため、カフェインの影響を受けやすくなります。

胎児への発育に影響する恐れ

妊娠中のカフェインの影響に関しては、研究段階のため不明点も多いのですが、カフェインは胎盤を通して胎児に移行する可能性が指摘されています。

そのため、母体よりもはるかに小さな胎児に移行した場合、発育を阻害する恐れがあるため、WHO(世界保健機関)などでは、妊娠中のカフェインの摂取には気を付けるように注意喚起を行っています。

妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量
妊娠中のカフェインなぜだめ?胎児への影響と1日の許容量

冷えの原因になる

カフェインには、血管を収縮させる働きがあります。そのため、紅茶を飲んだ後に冷えを感じてしまうことがあります。また、カフェインには利尿作用もあるため、トイレが近くなってしまう人も珍しくありません。

コーヒーに比べて、紅茶は飲みやすいものが多いのが特徴です。アイスティーやレモンティーは、つい飲み過ぎてしまう傾向が強いのですが、妊娠中の体はデリケートです。時には内臓が冷えて、下痢が引き起こる可能性もあります。

妊婦は1日にどれくらい紅茶を飲んでも良い?

妊婦さんは、紅茶の飲みすぎは禁物ですが、「絶対に飲んではいけない」というものではありません。守るべき1日のカフェイン摂取量と、紅茶に含まれるカフェイン量を知っておけば上手に紅茶と付き合えます。

妊婦が摂取しても良い1日のカフェインの量

日本では、妊婦のカフェイン摂取量に関しての注意喚起がなされていない状態です。

しかし、WHOなどの国際機関や他国の保健機関では、以下のようなアドバイスや注意喚起がされています(注1,2)。

図解:妊婦が摂取しても良い1日のカフェインの量(WHO(世界保健機関):1日コーヒー3~4杯まで

紅茶に含まれているカフェインの量

内閣府の資料によると、紅茶に含まれているカフェイン含有量100mlあたり30mg(茶葉5g、熱湯360ml、1.5~4分で抽出した場合)です。ちなみにコーヒーは100mlあたり60mgと紅茶の2倍のカフェイン量になります(注3)。

紅茶はお湯でいれるとカフェインが抽出されやすいので、市販の水出し紅茶で作った方がカフェイン量は少なくなります。

また、時間が経つほどカフェインの抽出量は多くなるので、ティーポットに紅茶の葉やティーパックを入れたままにして2杯目を飲む時は、1杯目よりも多くカフェインが含まれています。

市販のペットボトル紅茶のカフェイン含有量

ペットボトルの紅茶

市販されているペットボトルの紅茶にも、カフェインは含まれています。商品によってカフェインの含有量は違いますが、メーカーの発表をもとに、おおよそのカフェイン量をまとめました(注4)。

100mlではなく、持ち運びできる500mlのペットボトル1本あたりのカフェイン量です。

ペットボトル1本(500ml)あたりのカフェイン含有量目安

図解:ペットボトル1本(500ml)あたりのカフェイン含有量目安

ミルクティーのカフェイン量が多いのは、紅茶を濃い目に抽出するからです。他にも、「茶葉2倍」「濃厚」などの表記があるものは、カフェイン量が高くなる傾向にあります。

最近はペットボトルの紅茶にも妊婦さんに安心なノンカフェインタイプがあります。お好きな方は、箱で買っておくと良いでしょう。

紅茶は1日2~3杯までが目安

妊婦のカフェイン摂取量目安を考慮すると、マグカップ1杯200mlの紅茶(ストレートティー)なら、カフェイン含有量は約60mgです。計算上は、1日に3杯ぐらいは飲んでも問題ないということになります。

ただし、カフェインは他の飲み物や食べ物にも含まれている場合があります。朝コーヒーを飲んだりおやつにチョコレートを食べたりしたら、その日は紅茶を飲まないか、せめて1杯までにしておく必要があります。

また、妊娠中のカフェイン摂取量に関しては、現在でも様々な研究結果が発表され、議論が交わされている段階です。今後、摂取量の制限がもっと厳しくなる可能性もありますから、できるだけ控えておき、妊娠中はノンカフェインの紅茶などに切り替えるのがベストです。

妊娠中の紅茶との上手な付き合い方

ノンカフェイン紅茶を楽しむ妊婦

適量であれば妊婦さんでも紅茶を楽しむことができますが、摂取量の他にも気を付けた方が良い点はあります。

アイスティーは飲みすぎない

身体を冷やすことは妊婦さんにとって好ましくないので、紅茶を飲む場合はできるだけホットがおすすめです。

特に頻尿に悩んでいる妊婦さんは、カフェイン自体に利尿作用があるので、アイスティーは控えて、寝る前に飲むのもやめておいた方が良いでしょう。

妊娠中の頻尿が辛い!トイレが近くて悩んでいる妊婦さんへ
妊娠中の頻尿が辛い!トイレが近くて悩んでいる妊婦さんへ

紅茶のケーキなどにもカフェインは含まれている

紅茶を使ったケーキなどが女性に人気ですが、紅茶の茶葉を使用しているお菓子にも、当然カフェインは含まれています。特に紅茶の豊潤な香りや味がしっかりと付いているスイーツは、普通に飲むよりも濃く抽出していることもあります。

ですが、パウンドケーキ1本やホールケーキ1ホールを食べない限り、ケーキだけでカフェイン200mg以上を摂取する方はまずいないと思いますので、過度の心配はいりません。

食べ物にもカフェインが含まれていることは覚えて置き、1日に食べ過ぎないようにする、ノンカフェインの飲み物をあわせるなどしてバランスをとりましょう。

貧血気味の妊婦さんは、紅茶は控えた方が良い

紅茶には「タンニン」という成分が含まれています。タンニンは体内で鉄分の吸収を妨げる働きがあるので、担当医から貧血について注意を受けている妊婦さんは、紅茶やコーヒーなどは控えた方が良いでしょう。

妊婦の貧血対策~予防・改善に摂りたい食べ物は?
妊婦の貧血対策~予防・改善に摂りたい食べ物は?

食後2時間ほどのティータイムがベスト

紅茶に含まれているタンニンには、鉄分の吸収を妨げる働きがありますし、カフェインにはカルシウムの排出を促す働きがあります。そのため、効率的な栄養摂取のためには、食後すぐに紅茶を飲むのは避けることをおすすめします。ベストタイミングは食後1~2時間後です。

妊娠中のおすすめはやっぱりノンカフェイン紅茶

ノンカフェインの紅茶

紅茶党の方はたとえ妊娠しても紅茶が恋しいはず。おすすめしたいのがノンカフェインの紅茶です。紅茶党の妊婦さんでも気にせず、日常的に飲むことができます。

ノンカフェイン紅茶は、様々な種類の茶葉からお好みの紅茶を選ぶことができますし、もちろん手軽なティーバッグもあります。紅茶専門店やネットショップで購入も簡単です。

カフェインはどうやって除去される?

そもそも紅茶の茶葉にカフェインが含まれているのに、どうやってカフェインを取り除くのか気になりませんか?カフェインを除去する方法は、以下の3つが代表的です。

  • 有機溶媒抽出法(薬を使用する方法)

有機溶媒が残る可能性があるので、日本では認められていません。

  • 水抽出法(水と薬を使う方法)           

薬は除去されますが、カフェイン以外の成分も除去されます。

  • 超臨界二酸化炭素抽出法(二酸化炭素を使う方法)  

二酸化炭素は残留しても無毒なので安全性が高く、紅茶の成分も保持されます。

現代では、最も優れたカフェイン除去方法だと考えられています。

デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインの違い

ルシピアやトワイニングなどの有名紅茶メーカーからも「デカフェ」「カフェインレス」「ノンカフェイン」の紅茶が販売されています。実はこの3つには、やや違いがあるので、それぞれの意味を解説します。

  • デカフェ:元々カフェインが含まれているものからカフェインを除去したもの。
  • ノンカフェイン:カフェインが含まれていないもの。100mlあたり0.001mg未満の製品に表示可。
  • カフェインレス:カフェインの含有量が少ないもの=ローカフェイン

「カフェインレスには、カフェインが入ってるの?」と驚かれるかもしれませんが、ほとんど取り除かれているのが一般的です。

紅茶の代わりにおすすめの飲み物

ルイボスティー

ノンカフェインの紅茶以外にも、紅茶党の妊婦さんにはハーブティーもおすすめです。特に妊婦にとって良い効果のあるハーブティーをピックアップしてみました。

ルイボスティー

「ルイボス」の葉を発酵して乾燥させたものを煮出したハーブティーです。原産地では不老長寿のお茶とも呼ばれています。最近は、美容と健康のために飲んでいる女性も多く、ルイボスティーにはミネラル、カルシウム、鉄分、マグネシウムなど様々な栄養素が豊富に含まれています。

妊婦に嬉しい栄養素

妊娠中は胎児に血液を送るために普段よりも多くの血液を必要とします。血液中のヘモグロビンが不足すると貧血になるため、妊娠中は特にヘモグロビンの材料となる鉄分の摂取が必要不可欠です。

また、カルシウムの吸収にはマグネシウムが必要になるのですが、ルイボスティーには両方が豊富に含まれています。マグネシウムには腸内の水分量を増やして便秘を解消する働きもあります。

さらに抗酸化作用に優れているので、妊娠線やシミを予防、便秘の改善など、妊婦さんにとって嬉しい効果が期待できます。

ローズヒップティー

咲き終わって熟したバラの果実を乾燥させて熱湯で煎じたお茶です。原料となっているローズヒップには非常に豊富なビタミンCが含まれています。その昔、イギリスでは国民のビタミンC不足を解消するためにローズヒップを摘むよう指示されたとも言われています。

ビタミンCは美容効果が高いのは有名ですが、他にも免疫力を高めたりリラックス効果が期待できます。

免疫力強化で風邪をひかない身体に!

ソファーに横になる妊婦

ビタミンCは、ウィルスを撃退する細胞を強化してくれます。また、コラーゲンの生成を促して、ウィルスや細菌が皮膚から侵入するのを防ぐ働きもあります。

風邪をひいても、簡単に薬を飲むことができない妊婦さんにとっては、強い味方になるでしょう。

マタニティーブルーに効果的

ビタミンCは、「精神的な疲労を回復させるホルモン」を分泌させる働きがあります。そのため、ストレスを取り除いたり、精神的にリラックスしたいときには、積極的にビタミンCを摂取することをおすすめします。

タンポポ茶

西洋タンポポの根を焙煎して作られるタンポポ茶は、妊婦さんや授乳中のお母さんに人気のノンカフェイン飲料です。見た目や香ばしい香りから「たんぽぽコーヒー」と呼ばれることもありますが、カフェインは一切含まれていないので安心です。

ビタミンやミネラルが豊富で、貧血や便秘、むくみといった妊婦さん特有の不快な症状を緩和してくれます。また母乳の分泌を促進するので、産後も続けて飲めます。

妊婦にいい飲み物とは?おすすめドリンク30
妊婦にいい飲み物とは?おすすめドリンク30

妊婦さんも紅茶でリラックスタイムを過ごそう!

妊婦さんにとって紅茶はおすすめできる飲み物ではありませんが、適量であれば大きな心配はありません。毎日紅茶を飲む習慣がある方にとっては、飲まないストレスも身体に良くないので、適量を守るか、妊婦でも飲めるカフェインが含まれていない紅茶でリラックスできる時間を過ごしてください。

おすすめコンテンツ