母親学級とは

母親学級とは?やる内容と参加のメリット&デメリット

母親学級について知りたい妊婦さんへ。母親学級の目的・内容・主催者など、母親学級について詳しくご紹介!母親学級はメリットがいっぱいだけど、中にはデメリットを感じる人もいます。

母親学級とは?やる内容と参加のメリット&デメリット

母親学級は参加すべき?母親学級の目的・内容・開催時期

妊娠すると、産婦人科や自治体主催の母親学級の案内を頂くことになります。でも、はじめての妊婦さんは、「母親学級ってどんなことをするの?」「母親学級は、絶対に行かないといけないの?」など、判らないことばかりです。

母親学級に参加するか悩んでいる方のために、母親学級の目的・内容・主催者や母親学級に参加するメリット・デメリットなどについて、詳しくご説明していきます。母親学級は、楽しく参加できることが第一。気楽な気持ちで参加してみましょう。

母親学級とは?

微笑んでいる妊婦達

母親学級とは、妊婦さんを対象とした妊娠生活・出産・子育てについて学ぶ勉強会です。「プレママ教室」や「母親教室」などの名称で呼ばれることもあります。最近は、男性の子育て参加を推進するために父親を対象とした「父親学級」や妊婦さんとパートナーが一緒に参加することができる「両親学級」などもの開催も増えてきています。

母親学級の目的

母親学級の大きな目的は、「妊婦さんが妊娠や子育ての知識を得て、出産や子育てに対する不安を少しでもなくすこと」です。また、妊婦さん同士の交流を深めることもできます。はじめて妊娠された方は、妊娠中の生活や出産・子育てについて、疑問や不安が沢山あるでしょう。母親学級に参加することで、少しでも出産や子育てに対する不安を減らしてください。

母親学級の内容

母親学級の内容は、母親学級の主な内容をご紹介します。それぞれの母親学級により、講義の内容は少しずつ異なりますが、大きく変わることはないでしょう。母親学級は、3~4回に分けて行われることが多いです。お仕事などですべて参加することが難しい場合には、テーマを見て絶対に聞きたいという内容だけに絞って参加することも可能です。

妊娠中の食生活

和食が並んだ食卓

妊娠すると、食生活で普通の時以上にケアすることが多くなります。妊娠中は、控えた方が良い食べ物や飲み物などもあります。つわりに入ると今までと食べ物の嗜好が変わって、不安を覚える人も多くいます。妊娠中の食生活で気をつけるポイントについて学んでおくと安心です。

ただ、あまり食べ物について神経質になりすぎるとストレスになってしまうことがありますので、まずは、毎日楽しくバランスのとれた食事をするように心がけてみましょう。

妊娠中の体の変化

妊娠するとお腹が大きくなったり、ホルモンのバランスが変化したりするため、体の様々な部分が変化したように感じることがあります。

人によっては、つわりの症状がひどくて何日も横になったままだったり、吐き気などが治まらなかったりすることもあります。また、眠れなくなったり、神経が過敏になったり、疲れやすくなったりする人も多いです。

妊娠中の体の変化を学んでおくと、自分の体の些細な変化をあまり不安に感じずに過ごすことができます。

妊娠中の日常生活の注意点

妊娠中は、普通の時と比べて日常生活において、気をつけるべき点が増えます。妊娠中にどのような点に気をつけるかを妊娠初期に学んでおくと、安心して妊婦生活を送ることができます。妊娠初期の母親学級では、妊娠中の食生活・体の変化・日常生活の注意点などを教えてもらうことができます。

妊婦体操

体操している妊婦達のイラスト

妊娠中の適度な運動は、妊婦さんの健康維持とスムーズな分娩のために有効だとされています。安定期に入る妊娠中期になると、妊婦体操や妊婦ストレッチなどの講習があることがあります。

妊婦体操の講習の時には、動きやすい服装で参加し、バスタオルや水筒などを準備しておくようにしましょう。また、体を動かしている時に違和感があった場合には、無理をせずにすぐに動きを止めて休むようにしてください。

妊娠体操はいつから?運動不足を解消する体操5つ
妊娠体操はいつから?運動不足を解消する体操5つ

おっぱいマッサージ

おっぱいマッサージの方法を教えてくれる母親学級もあります。おっぱいマッサージをしておくと、母乳の出もよくなり、赤ちゃんも吸いやすくなるとされています。おっぱいマッサージは、妊婦さんの体調を見ながら無理のない範囲で行ってください。おっぱいマッサージをしている時にお腹の張りを感じることがあったら、すぐにやめてください。

赤ちゃん用品の準備

安定期に入り悪阻も治まってくる妊娠中期は、赤ちゃん用品を揃えるのに良い時期です。新生児の時期に必要なモノについての紹介をしてくれる母親学級もあります。また、母親学級によっては、実際にベビーバスなど赤ちゃん用品やベビー服などの実物を見せて、アドバイスしてくれるところもあります。

最近は、インターネットなどでも様々なベビー用品を購入することができるようになりました。ベビー用品の種類も増えましたので、色々比べてみましょう。赤ちゃん用品を見ているとどれも可愛くて色々と欲しくなってしまいます。ただ、赤ちゃんの時はどんどん体が大きくなりますので、ベビー服などの買いすぎには注意してください。

赤ちゃんがやってくる!支度は準備リストで漏れなく確認
赤ちゃんがやってくる!支度は準備リストで漏れなく確認

赤ちゃんのお世話の仕方

赤ちゃんのお人形を使用して、抱っこの仕方・授乳の仕方・おむつ交換の仕方などを教えてもらい、実際にその場で妊婦さん自身も挑戦してみます。赤ちゃんのお世話の仕方の講義は、できれば旦那さんやパートナーにも一緒に参加してもらうと、実際に赤ちゃんが産まれた時にお世話を頼みやすいです。旦那さんやパートナーに子育てに積極的に参加してもらいたいと考えている方は、是非一緒に参加してみましょう。

入院準備

妊娠37週に入ると正産期と言われ、赤ちゃんがいつ産まれてきても良い状態になります。妊娠中期の後半になると、入院準備を進めて行きましょう。入院準備品は、産院により少しずつ異なります。産院が主催する母親学級に参加されると、実際に産院で必要になる入院準備品について説明をしてもらえるでしょう。

入院準備品は、いつでも持ち出しできるようにボストンバッグなどにひとまとめにして判りやすい場所に置いておきましょう。妊婦健診からそのまま入院することになると、旦那さんやご家族に入院準備品を持ってきてもらう必要が出てきますので、旦那さんや家族にも保管場所と中身について説明しておくと安心です。

出産の入院準備リスト!必ず必要なもの~季節別準備品まで
出産の入院準備リスト!必ず必要なもの~季節別準備品まで

陣痛が来た時の対応

陣痛でお腹を押さえている妊婦

はじめての出産の場合、いざ陣痛が来ると慌ててしまうことが多いです。陣痛が来たときの対応の仕方を学んでおくと、慌てずにすみますね。陣痛は、いつやってくるか判りません。夜中など病院の診療時間が終わってから陣痛がやって来たときに、どこに電話して、どの入り口から入れば良いかなど頭に入れておきましょう。

分娩時の呼吸法

実際に分娩が始まった時に、助産師さんの声かけに併せて正しい呼吸ができると、スムーズな分娩につながりやすいです。母親学級では、実際に呼吸法を実演する場合も多いですので、一緒にやってみましょう。呼吸法は、自宅でも入浴中や就寝前に練習してみるようにしてください。

新生児との生活について

実際に赤ちゃんが産まれ退院して自宅につれて帰り、赤ちゃんとの生活が始まった時にどのようになるのかを説明してくれます。実際の赤ちゃんとの生活を妊婦さん自身でもイメージしてみましょう。赤ちゃんが一人いるだけで、生活のリズムが全く変わってしまいます。初めのうちは、慣れずにバタバタしてしまうでしょうが、みんな徐々に慣れていくものですので、焦らずに毎日を過ごしていってください。

父親学級の内容

母親学級の間に父親学級が組み込まれていることもあれば、単独で父親学級が開催されることもあります。父親学級で特に男性に好評なのが、「妊婦体験」です。お腹や胸が大きくなって重みのある妊婦体験ジャケットを着て、妊婦さんの生活を体験してみます。

予想以上の重さに驚く男性も多いです。実際に、妊婦さんがどのような動きにくさや体の重みを感じながら毎日生活しているかがわかると、妊婦さんへのサポートもしやすいのではないでしょうか。

母親学級の主催者

母親学級は、色々なところで開催されています。一つに絞って参加される方もいれば、いくつかの母親学級に参加される方もいます。最近は、妊娠しても仕事を続けている方が増えてきているので、平日ではなく土日に母親学級を開催される場合も多くなっています。

オフィスで働いている妊婦

自治体

自治体が主催する母親学級は、母子手帳を交付される時に案内されることが多いです。母子手帳交付時に案内が無かった場合には、直接自治体の担当窓口に問い合わせをしたり、自治体のホームページで確認したりするようにしましょう。

産院

産院で母親学級を開催してくれるところがあります。産院で母親学級が開催される場合には、一般的な母親学級の内容にプラスして、実際に分娩を行う部屋を見せてもらえたり、産後に入院する病室を見せてもらえたりすることもあります。実際に、陣痛室や分娩室に入って見ると、より出産のイメージが具体化してくるのではないでしょうか。

民間企業

大手スーパーや赤ちゃん用品専門店などでも、母親学級を開催しているところがあります。育児用品メーカーなどと提携している母親学級もあり、ミルクやおむつなどのサンプル品を貰えることもあります。

子育て支援団体

子育て支援団体などでも、母親学級を開催しているところがあります。子育て支援団体では、妊娠中だけでなく、出産後の子育てサポートなども行っています。赤ちゃんとの生活の中で困ったことがあったときに相談できますので、時間があれば一度顔を出してみるのも良いでしょう。

母親学級の開催時期

母親学級の開催時期は、それぞれの母親学級により様々です。自治体主催で複数回に分けて開催される母親学級では、妊娠初期・妊娠中期・妊娠後期に分けて、それぞれの時期にあった講義内容になっています。

妊娠初期から中期にかけては、つわりに悩まされる方も多いですので、すべての回に参加できなくても、体に無理のない範囲で、いけそうな回だけ参加するのもよいでしょう。

母親学級に参加するメリット

楽しく雑談している母親達のイラスト

母親学級に参加することは、妊婦さんにとってメリットが多くあります。また、殆どの場合が無料ですので、気軽な気持ちで参加してみましょう。

妊娠~出産までの流れがわかる

妊娠中の体の変化やいざ出産を迎えるとどのような状態になるかなど、妊娠~出産までの一連の流れを理解することができます。出産が近づいてくると不安に感じることもあるでしょうが、流れを頭に入れておくと少しでも不安な気持ちが少なくなるかもしれません。

実際に体験しながら学ぶことができる

出産時の呼吸法や赤ちゃんの沐浴の仕方など、お手本を見せて貰い、実際に体験しながら学ぶことができるのは、はじめての出産の方には、非常に役立ちます。

妊婦さん同士で交流ができる

母親学級に参加しているのは、基本的には出産予定日が近い妊婦さんです。同じ産院で出産予定の妊婦さんに、産院の情報を教えてもらったり、赤ちゃんが産まれてから子育ての相談をしあったりすることができます。

夫やパートナーの自覚が出てきた

男性は女性に比べて、親になる自覚を持つのが遅いと言われています。父親学級や両親学級に参加して、妊婦さんの気持ちを知ったり、赤ちゃんが産まれてからの生活を学んだりすることで父親になるんだという自覚が出てくるという方もいます。夫やパートナーが、妊婦さんの気持ちを理解し、出産直後から子育てに協力してくれると、女性としては大変心強いです。

母親学級に参加するデメリット

たいていは、母親学級に参加して良かったと感じる方が多いですが、中には参加したことを後悔する方もいます。

出産に対する恐怖心が強まる

人によっては、出産の具体的な話しを聞くことで出産に対する恐怖心が強まることもあります。妊娠中は神経が過敏になりがちですので、少し考えがネガティブになってしまうのでしょう。

仕事との調整が難しい

仕事をしている妊婦さんの中には、せっかく仕事をお休みして母親学級に参加したのに、内容が期待していたようなものではなかったと感じる人もいます。忙しい方は、無理して母親学級に参加せず育児書などで、妊娠や出産に関する知識を得るのも良いでしょう。

母親学級は無理せず楽しく参加しよう!

母親学級は、妊娠中の生活や子育てについて学ぶことができる、貴重な場の一つです。妊婦さん同士で交流することができ、母親学級でお友達になった方と子供が生まれてからは、よく子供同士を遊ばせたというケースもあります。

つわりなどで体調が優れず思うように参加できないこともあるでしょうが、一人で家に引きこもっていると、出産や子育てに対する不安が膨らんでしまうこともありますので、母親学級に参加することが、良い気晴らしになるかもしれません。体調や仕事などを考慮しながら、無理のない範囲で母親学級に参加してみましょう。

おすすめコンテンツ