「月」を含む名前とその意味

「月」がつく名前はおしゃれで可愛い!男女別おすすめの名前

「月」を使った名前を込められる意味とともにご紹介。「月」を名前に使う前に、「月」の漢字の字源や由来を知っておこう!月のつく名前は優しいメージがあるので女の子に人気ですが、男の子につけてもオシャレですし、秋生まれの子には特におすすめ。ただし、「海月」は名付けない方が良いでしょう!

「月」がつく名前はおしゃれで可愛い!男女別おすすめの名前

「月」がつく名前はとってもオシャレ!女の子に人気だけど、男の子もOK?

「月」は、誰もが知っている漢字。日本人に親しまれている漢字である「月」を子供の名前に付けたいという方もいることでしょう。「月」は、女の子の名前により多く使われる漢字ですが、男の子に使ってもおかしくありません。

「月」は画数が少なく、小学1年生で学習する漢字なので、子供が早くから自分の名前の漢字が書けるようになるというメリットもあります。

女の子は「月」が付くかわいい名前がたくさん!

「月」は、月の光などをイメージできるため優しい印象があるので、女の子の名前に使う漢字として人気があります。たまひよの2017年女の子の漢字ランキングでは第18位にランクインしています。

「月」は男の子に使ってもオシャレ!

「月」は、男の子の名前にも使える漢字です。「宇宙」を連想しますので、考え方によっては男の子の名前にも向いているといえるでしょう。

「月」を男の子の名づけに使いたいときは、女の子と間違えられないように組み合わせる漢字を男の子の名前に多い字にしてあげるなど、工夫すると良いでしょう。

「月」は三日月にソックリ!「月」の漢字の由来や意味を解説

「月」を子供の名前に入れたいと考えている方は、まず「月」の漢字の由来や意味を勉強することから始めてみましょう。

「月」はどうして三日月の形なの?「月」の漢字の成り立ち

三日月の象形文字

「月」は、三日月の形を表した象形文字です。月も太陽も丸い形ですが、太陽の「日」と区別するために、あえて三日月の形で表したのではないかと考えられています。

「月」の画数は4画で、「はらい」や「はね」など、漢字を書く上で大事なポイントがあり、小学1年生で学習します。画数が少ない分、慣れるまではややバランスをとるのに苦労することもあり得るでしょう。

「月」は夜空の月以外に意味があるの?「月」の漢字の読み方と意味

湖に反射する月光

「月」は、訓読みで「つき」、音読みで「ガツ・ゲツ」という読み方をします。「月」の漢字は、まさしく夜空に輝く「お月様」を表しています。

月の光は、太陽の光と違い、優しく私たちを照らしてくれます。月の光は優しい明るさ、太陽の光は元気な明るさと対照的に語られることが多く、絵本などの創作物でも「月」をテーマにしたものがたくさんあります。そうした夜空にとっての月の存在感や柔らかな光から連想して、「優しさ」の意味としても使用できます。

また、「月」は、「十五夜」をイメージでき、俳句では秋の季語にもなっています。秋生まれの赤ちゃんだと特に「月」を含んだ名前が似合うでしょう。

人気の「美月」から季節にちなんだ名前まで!女の子の「月」がつく名前

「月」を含む女の子の名前には、名前ランキングにも登場する人気の名前を含め、素敵な名前がたくさんあります。女の子の「月」がつく名前とその意味をご紹介していきます。

漢字も響きも美しい「美月」(みつき・みづき)

美月

「美月(みつき・みづき)」は、13画の名前です。
「美月」は、女の子の名付けでは定番の人気の「美」という漢字を使っており、名前ランキングで20位以内に登場することもある、人気の名前の1つです。

モデルや女優として活躍する山本美月さんは、「美月」と書いて「みづき」と読みます。さすが人気の女優さんだけあり、名前通りの美しい女性です。

「美」は、「羊」と「大」の2つの部分から成り立つ漢字で、元々は「大きくて立派な羊」という意味がありました。現在では、立派なという意味が派生した、「美しい」・「美味しい」・「優れている」などの意味で使われます。
「美月」で、「美しく周りを優しく照らすような存在になりますように」という意味になります。

人気の「結」と「月」を組み合わせて!「結月・優月・柚月」(ゆづき)

手を繋いで歩く子供

「結月」は16画、「優月」は21画、「柚月」は13画の漢字です。
「結」は、女の子の名付けでとても人気のある漢字で、「結」を使った名前は、名前ランキングで多くランクインしています。「結月」も、2017年の女の子の人気の名前ランキングで、明治安田生命で第20位、たまひよで第21位に入っています。

「結」は、人と人との結びつきを表す漢字です。
「優」は、「人」と「憂」を組み合わせた漢字で、元々は「心配する」という意味がありました。現在では、人を心配する優しさから、「優しい」・「優れている」などの意味で使われることが多くなっています。
「柚」は、果実の「ユズ」のことです。ユズの花は、真っ白であることから、健康的で純真なイメージがあります。

8月生まれの女の子にぴったりの名前「葉月」(はづき)

ひまわりと葉月

「葉月(はづき)」は、16画の名前です。
「葉」のくさかんむりの部分は、生え並んだ草を、下の部分は木の葉を表しています。

8月は、漢字で「葉月」と書かれることから、8月生れの女の子に適した名前です。
同じように、月の和名としては、1月生まれの「睦月(むつき)」、4月生まれの「卯月(うづき)」、5月生まれの「さつき(沙月などと表記)」などが名付けには使えるでしょう。

「菜の花」のイメージから春生まれの子に!「菜月」(なつき・なづき)

菜の花と菜月

「菜月(なつき・なづき)」は、15画の名前です。
「菜」は、女の子の名前ではよく使われる人気の漢字で、2017年のたまひよの人気の漢字ランキングでは、第1位に輝いています。
「菜」は、春に咲く菜の花を連想させる漢字ですので、「菜月」は春生れの女の子のピッタリの名前です。

女性らしさ際立つ名前「月子」(つきこ)

「月子」は、8画の名前です。
女の子向けの漢字である「子」と組み合わせているので、「月子」は女性らしい優しさを感じさせる名前です。

ただ、「月子」は8画と画数の少ない名前ですので、画数の少ない苗字と組み合わせた場合、少し寂しい印象になってしまいます。

子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名
子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名

華やかさの感じられる名前「月華」(つきか)・「華月」(かづき)

「月華」は、14画の名前です。
「華」は、野に咲く花のこと。同じ「はな」でも「花」と比べると、豪華で華やかな印象があります。
「月華」「華月」で、「華やかで周りを照らすような女性になりますように」という意味が込められます。

読みがほのぼのとして可愛らしい「月乃」(つきの)

月乃とお茶を飲む女の子

「月乃」は、6画の名前です。
「乃」は、名前において「の」の読みに使われることの多い漢字です。「乃」自体に深い意味は込められていませんので、「月」のイメージや意味がより強まります。
「月子」と同じように、「月乃」も画数の少ない名前ですので、苗字とのバランスを確認してください。

秋のイメージの漢字を2つ組み合わせて!「月穂」(つきほ)・「穂月(ほづき)

「月穂(つきほ)」「穂月(ほづき)」ともに19画の名前です。
「穂」は、「禾」と「恵」の2つの部分から成り立っています。「禾」は稲や穀物を表しており、「恵」は恩恵・めぐみという意味であることから、「穂」は、稲を育てた恩恵である稲の穂という意味になりました。

「月穂」「穂月」も秋の美しい情景を思い起こさせる名前です。苗字とのバランスも考えて、秋生れの女の子に名付けるのはいかがでしょうか。

おすすめコンテンツ