妊娠中の冷え対策

妊娠中の冷え対策|妊婦が1番効果を実感した冷えとり方法

妊娠中の冷え対策にはコレが効いた!先輩ママが1番効果を実感した冷えとりの方法をご紹介。妊娠中の冷えはお腹が張りやすくなったり、腰痛やむくみ、便秘や下痢を引き起こしたりなど様々な悪影響があります。腹巻きや靴下、カイロで温めたり、効果的な運動や入浴をして、辛い冷えを予防しましょう!

妊娠中の冷え対策|妊婦が1番効果を実感した冷えとり方法

妊娠中の冷えはなぜダメ?冷えが及ぼす母体と胎児への影響

女性はもともと冷えやすい体質に悩む方が多いですが、妊娠中はホルモンバランスの変化などもあり、冷えを実感する人が増加します。

また、つわりで外出できず寝たきり、お腹が大きく運動量が減少するなどの生活が続くと、筋肉量が減少します。筋肉は熱を作る働きを担っていますから、こうした妊娠中の生活習慣も身体が冷えやすくなる原因です。

妊娠中に冷えを感しやすい理由

  • ホルモンバランスの変化
  • 運動量の減少による筋肉量の低下
  • 姿勢の変化による血行不良
  • ストレスによる自律神経の乱れ

妊娠中に身体が冷えると、どのような悪影響があるのでしょうか。母体と胎児に及ぼす両面から見ていきましょう。

お腹が張る

お腹が張って痛がる妊婦さんのイラスト

妊娠中に身体が冷えると、お腹が張りやすくなります。お腹の張りとは、子宮が収縮している状態であり、臨月など出産が近づいてからお腹が張るのはごく自然な現象です。

しかし、正産期に入るまえに、強い張りを感じるのはやや心配です。冷えによって子宮や胎盤への血流が悪くなっている可能性もあります。疲労やストレスを感じたときも妊婦さんのお腹は張りやすくなりますから、身体を温めるのはもちろん、休息をとりましょう。

1日のうちに何度も強いお腹の張りを感じるようなら、念のため病院を受診しましょう。

妊娠中のマイナートラブルが悪化する

つわりをはじめとした妊娠中の不快症状であるマイナートラブルは、身体が冷えていると、より症状を重く感じてしまいます。

マイナートラブルの対処法~症状に負けず妊娠生活を楽しむ!
マイナートラブルの対処法~症状に負けず妊娠生活を楽しむ!

身体が冷えると、血流が滞ってしまい、むくみを悪化させます。妊婦さんは、大きくなったお腹が動脈を圧迫しやすく、血液の流れはただでさえ悪くなりがちです。

血流が滞ると、筋肉も動きにくくなり、腰痛、肩こりなどがひどくなります。また、内臓の働きも悪くなり、便秘の悪化や下痢にもつながってしまいます。

母乳が出にくくなる

赤ちゃんに授乳してるママ

妊娠中の冷えが慢性化したり、冷えやすい生活を改めないまま産後を迎えると、思うように母乳が出ない可能性もあります。

母乳は、ママの血液から作られます。母乳とは、ママの身体を流れている血液が乳房にある毛細血管「乳腺葉」に届くことで、乳細胞が血液を母乳に変換させることで分泌されます。

そのため、母乳を出しやすくするためには、血液をキレイにし、流れを良くするのが1番根本的な方法です。しかし、身体が冷えていると血流が悪く、母乳の出が悪くなってしまうのです。

母乳は血液から作られる!質の良い母乳にする4つのコツ
母乳は血液から作られる!質の良い母乳にする4つのコツ

逆子の原因になる?

医師や助産師の中には、逆子は母体の冷えも関係すると考える方もいます。胎盤の状態や羊水量の異常以外の逆子の原因は、医学的にはっきりしない部分も多く、あくまで仮説ではありますが「お腹が冷えていると赤ちゃんが頭を下に起きたがらない」という説が昔から存在するのです。

逆子の原因とは?逆子になりやすい赤ちゃんと母体の特徴
逆子の原因とは?逆子になりやすい赤ちゃんと母体の特徴

お灸による逆子直しもあり、実際に逆子が直った方も少なくありません。お灸はそれ以外のマイナートラブルに効果があるとも言われていますが、血行が良くなることで症状が軽くなったと感じる方はやはり多いようです。

妊婦にお灸がおすすめな理由~安産灸で妊娠中の不調も改善!
妊婦にお灸がおすすめな理由~安産灸で妊娠中の不調も改善!

「冷やすとダメ!」は日本だけ?

外国人の妊婦さん

日本では、「妊婦さんは身体を冷やしてはいけない」とよく言われますが、アメリカなどではそのように話す人はおらず、妊娠中の冷えに対しては国や地域によって考え方が異なっています。

おそらく日本の場合は、西洋医学とは異なる東洋医学的な考え方が大きく影響しているのでしょう。また、欧米人に比べて日本人は基礎代謝が低く、身体が冷えやすいため、冷え予防には特に気を遣うべきという説もあります。

『夏場に腹帯をして、クーラーをつけない』といった生活をする必要はありませんが、やはり冷やさないに越したことはありません。血行が悪くなると様々な不調の原因になりますし、体が冷えている状態は精神的にも心地良いものではありません。

特に不調がないのなら気にする必要はないのかもしれませんが、冷えているという自覚があるのなら、自分ができる範囲で対策していきましょう。

妊婦さんにおすすめの冷え取りの方法

日本には、たくさんの冷え対策があります。先輩妊婦が実践し、1番効果を実感した冷え取りの方法を教えてもらいました。冷えに悩んでいる妊婦さん必見です!

靴下、腹巻は必需品!冷え予防の服装

妊婦帯

冷え対策の基本は、まずは衣類で身体を温めること。靴下は必須で、「首・手首・足首など3つの首を温めろ」というのはよく聞く話です。そのうえで、妊娠中は腹巻を愛用する人が多く見受けられました。

妊婦さんの冷え対策におすすめの衣類

  • 靴下
  • 腹巻き
  • レッグウォーマー
  • ネックウォーマー
  • 毛糸のパンツ
  • マタニティタイツ

腹巻きの品質にはこだわりました!

ななほし(30歳)


妊娠中にはお腹の冷えは大敵なので、気を遣いました。ただホッカイロなどは熱くなりすぎる気がしたので、体温を保つ、下げないように工夫をしていました。

特に腹巻にはこだわりました。私は元々お腹が弱く、下痢や便秘になりやすいのですが、そのどちらも妊娠している時にはよくないということで心配だったからです。

腹巻は厚みのあるホワホワした素材だと、お腹との間に隙間ができてしまい冷えやすくなってしまいますし、薄すぎる素材だとトイレの時などに丸まってしまい、直すのが面倒でした。最適なのはフリースのような、適度な厚みがあり保温性に優れた素材でした。

特にジェラートピケの薄めのしっとりした腹巻がよかったです。伸びがいいのでお腹が大きくなっても使えました。今も寒さが気になる時は使用しています。

三つの首を温める

あみゅこ(46歳)


妊娠初期は、お腹を冷やさないようにしていました。それも間違いではないと思いますが、元々手足の冷えがあり悩んでいました。妊娠後期には、低置胎盤と軽い妊娠高血圧症のため、ひと月ほどの入院生活。暖房は完備されていたもののやはり、足の冷えを辛く感じていました。

そんな時、母親に「三つの首を温めるのよ。襟も開いたのを来てるから、それは冷えるわよ」と言われました。 母の話では、「手首、首、足首を温めろ」ということでした。

さっそく、首にはタオルをまき、手首はそのままでしたが、足首は、長めのソックスを履くようにしました。母の言う通り、首が一番実感出来ました。暑くすら感じられるようになりました。今でも、その教えを大事に寒い冬を乗り越えています。

腹巻は手放せない!

沢岡みなみ(33歳)


私はもともと冷え性で、妊娠中には「腹巻・レッグウォーマー・ネックウォーマーを着用する、暖かい飲み物を飲む、軽い運動をする」など冷え対策を行いました。妊娠前は足先の冷えがとくにひどく、雪の日には靴下用ホッカイロをつけなければ外に出るのも辛かったです。

中でも特によかったなと思うのは、腹巻の着用です。妊婦用の腹巻と、骨盤ベルトがセットになったものを購入し、妊娠中期から使用しました。着用の仕方はやや複雑なのですが、覚えてしまうとトイレでもいちいち骨盤ベルトを取らなくて済むので楽ちんです。

毎日腹巻を使用することで、お腹をすっぽり包むこともでき、体がポカポカと温まりました。

靴下は万能アイテム

すず(27歳)


寒い時期はもちろん、夏場もなるべく裸足にならずに靴下を履くようにしました。私は普段は靴下を履かないのですが、「妊娠中は足を冷やしたらダメ」と周りから言われていたので、忠実に守っていました。

お風呂もなるべく湯船に浸かるようにしてシャワーで済ませないようにしていました。飲み物はホットにし、氷は入れないようにしていました。夏場に冷たいお茶を飲みたくなりましたが、常温にしていました。カモミールティーが身体を温めると聞いてからよく飲んでいました。

私が一番よかったと感じたのは靴下を常に履くことを意識したことです。お風呂は面倒くさいときもありシャワーで簡単に済ませたい時もあったので、コストも手間もかからず誰でもできる方法だと思います。

下半身を冷やさない

りんご(37歳)


私は昔からかなりの冷え性でした。妊娠した時に周りから体を冷やさないように気を付けなさいと言われていました。その時に助産師の義母からとにかく下半身を冷やさないようにとアドバイスされました。

寒い季節は腹巻きに毛糸のパンツ、レッグウォーマー、厚手の靴下をして、冷え込みが厳しい日はカイロを貼っていました。
お風呂も毎日きちんとつかって体を温めたりしました。食事にも気を遣い、飲み物は熱いお茶や白湯で、カフェインは摂らないようにしました。食べ物も体を冷やす生野菜など控えていました。

その中で一番良かったのは、やはり腹巻など下半身を冷やさないようにすることです。あんなに悩んでいた冷え症がかなり軽減されました!

湯たんぽやカイロなどを積極活用!

寒い時期には、湯たんぽやカイロなどの身体を温めるグッズは積極的に利用しましょう。特に湯たんぽは最近ではおしゃれな商品も多くなり、再注目されています!

湯たんぽで寝つきが良くなりました

R.K子(42歳)


妊娠前からかなりの冷え性だったのですが、妊娠中はさらに冷え性が悪化しました。ひどいのは特に夜寝ているときで、夜なかなか寝付けなかったり、身体が冷えて目が覚めてしまうこともありました。

自分が行った冷え対策で特によかったのは、湯たんぽを使用することです。どんなに冷える夜でも、体や足先が冷えることなく、よく眠れるようになりました。

重度の冷え性なので、夜お風呂に入っても、寝るまでに体も足先も冷え切ってしまっています。しかし、湯たんぽを使って足先をよく温めると、すぐに足の裏や足先が温まるので足の冷えに悩まされることがなくなりました。

もう1つのおすすめは毛糸のパンツです。パジャマの下に履くと、腹から腰、お尻までが温まるのでお腹を冷やさなくて済み、夜も体の冷えによって何時間も眠れないことがなくなりました。

使い捨てカイロで冷え対策

ローカル(32歳)


寒い日はお風呂に入るまで体が冷えきっていました。妊婦になり、このままではいけないと思い、使い捨てカイロを活用することにしました。

足元が冷える時には、靴下を履いた上にカイロを当て、その上に大きめの靴下を履きます。背中から肩もよく冷えてしまうので、下着の上に貼るカイロを肩の上に乗せてから洋服を着ます。すると首元まで温かく保てます。

それから一番冷えが激しいのは手です。手袋をしてもなかなか温まらず、勿論使い捨てカイロを手で持ち歩いていても、手はヒンヤリしていました。そこで足と同じように、手袋をはめてからカイロを握り、その上に大きめの手袋をはめる方法にしたところ、手が温かくなる時間が増えました。冷え対策にとても良かったです。

運動はやはり効果大!

ヨガをしてる妊婦さん

妊娠中の運動は、体重管理だけでなく、冷え対策にも役立ちます。マタニティヨガなどの教室に通ってみたり、家の中でできる運動を取り入れるなど、継続していけば高い効果が期待できます。

軽い運動が一番冷え対策になりました

水木理沙(30歳)


妊娠中の冷え対策は、基本的なことばかり。靴下を履いたり、厚着をするようにして、体を冷やさないこと。シャワーではなく湯船につかるようにすること。空調に気をつけて、冷房の風に直接当たらないようにすることなどです。
元々少し冷え性だったので心配して主治医に相談したところ、まずは基本をしっかりするようにと教わりました。

実際に一番良かったと思ったのは、軽い運動です。マタニティヨガだったり、歩いたり。私の場合は肥満気味だったので運動は必須でした。体調が落ち着いてきて段々と運動できる量が増えていくと、自然と体が温まるようになっていったんです。

運動は妊娠中のストレス解消にもつながりますので、面倒くさがらず簡単なもので良いので続けると効果を実感できると思います!

妊娠中の運動で安産&快適マタニティライフ!おすすめ運動
妊娠中の運動で安産&快適マタニティライフ!おすすめ運動

入浴で芯からぽかぽか!足湯・交代浴のススメ

お風呂に入ると、身体の芯からぽかぽかしてきます。しかし、毎日全身浴をするのは大変な方もいるでしょう。そんな時は足湯がおすすめです。

足湯でポカポカ!

y.mam(27歳)


わたしがオススメする妊娠時の冷え対策は足湯です!
一般的によく思いつく、カイロや足の冷えない靴下、腹巻きなどももちろん効果がありますが、夏場は蒸れてしまいますし、職場でそんな格好は出来ない!という方も多いと思います。

ですが、足湯なら洗面器にお湯をはるだけで、好きなタイミングですぐに温まるが出来ます。秋冬はもちろんですが、夏場でも足湯ならば蒸れて不快な思いをすることもありません。

足湯は足先だけではなく、全身じんわりと温まるため、体の芯から温まるためとってもオススメです!

足先交代浴で自律神経を整える

なべちゃん(30歳)


足先だけ交代浴するのがオススメです。交代浴というのはお湯と水に交互に入る入浴法でスポーツ選手などは疲労回復のために利用しますし、自律神経を整える効果があるともいわれています。

妊娠中は体内のホルモンバランスが急激に変わり、身体はストレス状態にあります。自律神経が乱れると血流が悪くなりますが、足先だけ交代浴を行うことで下半身の血流を促し、冷えを改善します。全身の交代浴に比べ、体への負担も小さいです。

桶に42度くらいのお湯を溜め、足先だけを入れます。2分から3分入れたら、次に冷水を入れ同じく足先だけを冷やします。1分から2分入れたらまたお湯にします。これを3回から5回繰り返すと効果的です。

身体を冷やさない「食べ物」や「飲み物」を摂る

温かい飲み物を飲んでる妊婦さん

衣類や湯たんぽなどで外気温から体を守ることも大切ですが、忘れてはいけないのが日々の食事。冷たいもの、身体を冷やすものばかりを食べたり、飲んだりしていては、服装に気を付けていてもなかなか冷えは改善されません。

飲み物はできるだけホットで、生野菜よりは温野菜、温かい汁物を用意するなど、日々の食生活で意識しましょう。朝は体温が下がっているので、朝食をとることも、体温を上げるために役立ちます。

身体を温める作用がある食べ物

  • 生姜
  • にんにく
  • 唐辛子
  • 根菜類(大根、ごぼう、にんじん、れんこんなど)
  • 発酵食品(キムチ、納豆など)

外側と内側から温める

さくらもち(30代後半)


元々冷え性持ちなので常に体の冷えには気を付けていますが、妊娠中は特に気を配りました。

まず外側から温めること。腹巻は必需品でした。あと首、足首、手首というように、「首」が付く部分を出さずに、マフラー等で巻いていました。

次は内側から温めることです。飲み物として結局は白湯が一番良かったです。もちろんカフェインも入っていませんし、一番手軽に飲めるからです。食べ物は夏野菜は避け、根菜をよく食べました。ごぼうなどは食物繊維も多いので、便秘対策にもなります。

寒いからと言ってこたつに入って丸まっているのはよくないです。かと言って妊娠していると外で運動することも難しいので、家事で運動していました。温かいお風呂もすごくよかったです。夏もシャワーだけで済ませず湯船に浸かると、ぽかぽかが持続したまま眠れます。

妊婦にいい飲み物とは?おすすめドリンク30
妊婦にいい飲み物とは?おすすめドリンク30

食事による冷え対策

みみりん(28歳)


妊娠中は特に身体を冷やさないように、エアコンは弱めに設定したり、毛糸で出来た腹上まである腹巻パンツを履いて、冷え対策をしていました。そして、手や足の末端も冷えないようにモコモコ靴下やレッグウォーマーを履いたりしました。

特に良かった冷え対策は食事によるものでした。サラダも生野菜だと身体が冷えるため、温野菜にしたり生姜や根菜類、発酵食品など内側から身体を温める働きがある食品を進んで摂取していました。

あとはのぼせない程度に、ゆっくり半身浴をし血行を良くするよう心がけて、妊婦生活を送っていました。

生姜入り紅茶とマタニティタイツ

まりもちゃん(27歳)


妊娠中は色々と冷えないように過ごしていましたが、特にオススメする冷え対策は「生姜入り紅茶」と「マタニティタイツ」です。

妊娠中はカフェインに気を付けていたので、ノンカフェインの紅茶を買ってきてそこに生姜を少し入れて飲んでいました。生姜には体を温める効果があると聞いていたので、ゆっくりリラックスしながら飲んでいました。

そしてお腹を冷やさないように「マタニティタイツ」も着用していました。私はデニムの下にもパジャマの下にも、ももひきを履くつもりで常にタイツを履いてお腹はもちろん腰まわりも冷やさないように気を付けていました。

マタニティタイツはいつから?冷え対策は万全に体験談15
マタニティタイツはいつから?冷え対策は万全に体験談15

妊娠中の冷え対策を万全に!

妊娠中はだだでさえマイナートラブルに悩んだり、寝つきが悪いなどの悩みを抱えてしまいがちです。身体が冷えると症状が悪化してしまいますので、自分にあった対策を実践していきましょう。妊娠中はもちろん、産後も引き続き冷え対策をすることで、母乳育児や健康管理に役立つはずです!

おすすめコンテンツ