マタニティタイツ

マタニティタイツはいつから?冷え対策は万全に体験談15

マタニティタイツに興味のある妊婦さんへ、マタニティタイツを履いたことがある先輩たちの体験談をご紹介しています。いつから着用できるのか、どんなものを選ぶといいのか、マタニティタイツの素晴らしさも分かります。

マタニティタイツはいつから?冷え対策は万全に体験談15

マタニティタイツでお腹を冷えから守りましょう

ママのお腹は生まれてくる赤ちゃんを守る大切な体の一部です。ママの大切なお腹を守るには、下半身を温かくすることが一番。だとしたら、マタニティタイツはママも赤ちゃんも守ってくれるステキなアイテムと言えるはず。ママたちからマタニティタイツの素晴らしさを教えてもらいました。買って後悔はありません。マタニティタイツの素晴らしさ、買う時に考えたいポイントを押さえておきましょう。

マタニティタイツはいつから?

マタニティタイツは妊婦さん用のタイツです。いつから履けるのか気になりますが、特にルールはないので、履きたいと思ったときに履くといいでしょう。体験談ではお腹が目立ち始める妊娠6~7ヶ月頃から履き始めた妊婦さんが多かったです。中にはマタニティタイツを冷え対策アイテムと考え、妊娠初期から履いていた妊婦さんもいました。

妊娠中期の妊婦

お腹の膨らみ具合に合わせてサイズを選ぶのが王道ですが、ワンサイズ大き目のマタニティタイツを選んだ方がいいとアドバイスもありました。いつから履けるのかと悩んでいるより、大き目サイズのマタニティタイツを早めに着用するのもいいのではないでしょうか。

マタニティタイツのここが素晴らしい

タイツをはく妊婦

マタニティタイツのいいところを考えてみましょう。体験談の中で圧倒的に多かったのは、「温かいこと」でした。妊婦に冷えが大敵なのは周知の事実ですが、冷え対策に悩む妊婦さんも多いです。暑い夏なら薄手のマタニティタイツ、寒い冬なら100デニール位の厚めのマタニティタイツと、厚さを変えて履き替えるといいでしょう。

マタニティタイツのいいところは、温かいことだけではありません。温かいという機能だけでなく、おしゃれだって楽しめます。芸能人が愛用するようなハイブランドのマタニティタイツでなくても、色、柄ともに豊富です。カラフルな色は妊婦さんの足に元気を、レースやチェック柄は華やかさを、光沢素材は品を与えてくれるでしょう。

普通のタイツに比べて締め付けがゆるく作られていることも、マタニティタイツの素晴らしい所です。お腹に赤ちゃんがいる妊婦さんが履きやすいように、お腹の赤ちゃんとママを優しく守りたいという気持ちが込められているマタニティタイツですから、妊婦さんにとって素晴らしいアイテムであることは間違いありません。

買う前に考えたいマタニティタイツ選びのポイント

マタニティタイツは体にピッタリさせて履くものなので、本当は試着してから購入したいところです。しかし、試着できるショップは少ないですし、試着ができたとしてもふくらんだお腹が邪魔をして試着がしにくいかも知れません。ましてや試着室で転んでしまっては大変です。

ここは、ネットのクチコミを利用してください。生地の柔らかさ、お腹周りのサポート感はどうか、ゴムはきつすぎないか、ボタンなどでお腹周りのきつさを調節できるか、伸びはどうか、つま先やかかとにダブダブ感はないか、そして温かさの感じなどをチェックしてください。

ワンピースを着ることが多くなる妊婦さんにとって、マタニティタイツは必需品といっても過言ではないでしょう。手持ちのワンピースやチュニックに合わせて、色、柄選びを楽しむのもポイントのひとつです。

しまむらや無印、ワコールに続き、ユニクロもマタニティウェア市場に参入してきました。マタニティルームウェア、マタニティフォーマル、マタニティレギンス、マタニティタイツ選びは、もっともっと楽しくなってくるでしょう。

マタニティフォーマルを選ぶポイント体験談15
マタニティフォーマルを選ぶポイント体験談15
マタニティレギンス選びの決め手体験談15
マタニティレギンス選びの決め手体験談15

マタニティタイツを履いてみた体験談

ここからは、マタニティタイツを履いてみた体験談をご紹介していきます。マタニティタイツを買って後悔している人が誰もいないことから、マタニティタイツは妊婦さんにとって本当に素晴らしいものであることが分かります。マタニティタイツは、激安であれば3枚1,000円位から買えます。試しに買ってみてはいかがでしょう。

冷え対策が出来る

きりん(30代後半)


マタニティタイツをはいてお腹周りを触る妊婦

マタニティタイツは妊娠5ヶ月の時に購入しました。マタニティタイツを買おうと思った理由は、お腹が大きくなってきてからワンピースタイプの洋服をよく着るようになってきて、その際に冷えを防止するためにタイツがあったほうが良いと思ったからです。

下半身の冷え防止にマタニティタイツが必要だと思いました。マタニティタイツを選んだポイントとしては、価格です。マタニティタイツはどうしても着る期間が限られているので、少しでも安いほうがありがたいと思いました。

マタニティタイツは最低でも1着~2着はあったほうが助かると思います。特に冬の時期になるとどうしても体が冷えてしまうので、お腹をすっぽりと包みこんでくれるマタニティタイツはとても心強い存在になってくれると思います。

ゆったり履ける

みおん(30代後半)


マタニティタイツは妊娠6ヶ月の時に購入しました。マタニティタイツを買おうと思った理由は、お腹が大きくなってきて普通のタイツでは窮屈になったからです。またマタニティタイツを履くことで色々なファッションを楽しめるのではないかと思ったからです。

マタニティタイツはネットで購入したのですが、お腹周りを締め付けない余裕のある物を選びました。寒い時期は冷やさないように厚いデニールの物を購入しました。普通サイズのタイツでは大きなお腹に対応しきれないので、マタニティタイツがあると大変便利です。

ベビー用品を取り扱っているお店やインターネットで購入できますし、サイズやカラー展開も豊富なので、妊娠中のおしゃれの幅が広がりお勧めです。

ウエストが調整できる

かおるん(35歳)


妊娠初期はまだあまりお腹も大きくはないので、普通の服でも大丈夫なのですが、7か月あたりから急激にお腹が大きくなってくるのでマタニティ専用の服が必要になってきます。ワンピースやチュニックは元々好きでたくさん持っていたので、妊娠中も着ていました。マタニティタイツを妊娠7か月ごろに買って、手持ちのワンピースやチュニックと合わせて即席のマタニティ服としました。

マタニティタイツはウエストのゴムの部分にボタンが付いていて、お腹の大きさによって調整できるようになっていました。すごく便利でした。毎月ボタンをかけ替えて、結局臨月まで十分着用することができました。

マタニティタイツは産後もしばらく活用していました。出産後もすぐに体形が元に戻るわけではないので、マタニティタイツはかなり長い期間使えるので買ってよかったと思いました。

マタニティ専用のジーンズなどはデザイン上マタニティ期しか着られませんが、マタニティタイツは産前産後ずっと使えるので経済的だと思います。買うならマタニティタイツをおすすめします。

おなかが冷えない

ゆうママ(38歳)


マタニティタイツは妊娠6ヶ月の頃に購入しました。それまでは今まで履いていたタイツでも大丈夫だったのですが、お腹が目立つようになってくると、普通のタイツだとお腹を締め付けてしまうし、お腹全体をカバーできないので冷えてしまうことがあり、マタニティタイツを購入することにしました。

マタニティタイツは妊娠中しか使用しないので、赤ちゃん用品の専門店で安いものを購入しました。綿素材が多く肌にやさしくてお腹がしっかりカバーできるものを選びました。1000円以下の安いものでも素材をきちんと選べば問題ないし、しっかりお腹をカバーしてくれます。

マタニティタイツを購入するときは、なるべく通販ではなく、実際に見て触ったりしてから購入することがおすすめです。

ラップトップを開きながらスマホを操作する妊婦

動きやすい

もも(30代前半)


マタニティタイツを購入したのは、妊娠7ヶ月頃です。当時は接客業をしていたので、仕事がら毎日ストッキングやタイツを履いていました。お腹が小さいうちは良かったのですが、私の場合は子どもが大きく、よく散歩に出かけることもあり、冷え対策も併せ、マタニティ用タイツを購入しました。

マタニティタイツを購入する際は、ずっと履くものではないと思っていたので、価格を一番重視しました。また、仕事を続けていたので、やはり動きやすさも商品を選ぶポイントでした。

通常のタイツと違い、マタニティタイツはお腹に赤ちゃんがいることが前提で作られているため、締め付けすぎることもなく、お腹周りのサポートもあるので、とても快適に履くことが出来ます。

タイツと言えば「黒」が定番だと思うのですが、カラーバリエーションも豊富になってきたので、お腹の赤ちゃんを一番に考えたファッションとして楽しんでほしいと思います。

お腹は苦しくない

まなか(29歳)


黒のワンピースを着た妊婦

マタニティタイツは妊娠5ヶ月ごろに購入しました。マタニティタイツを買おうと思ったのは、つわりも終わりお腹がだんだん大きくなってきたので、今まで使用していた普通のタイツが苦しくなる前に専用のものを買おうと思ったからです。

インターネットの通販サイトで、マタニティパジャマなどを購入する際に同じサイトにあり買いやすかったのと、クチコミの評判も良かったものを選びました。

マタニティタイツはなくても良いかなと考える方も多いと思いますが、臨月近くなると普通のタイツが苦しくなるので、スカートやワンピースを着用することが多い妊婦さんは、必ず買っておいたほうがいいと思います。お腹までゆったりとしていて便利です。

安かったせいか毛玉ができた

じゃっきー(32歳)


マタニティタイツは妊娠3ヶ月の頃購入し、出産直前まで履いていました。マタニティタイツを買った理由は、つわりもあり、お腹が締め付けられる通常のタイツをはいているのが辛くなった為です。又、妊娠期間のほとんどが寒い時期だったためいずれにせよ必要だと思いました。

マタニティタイツを選んだポイントは値段です。妊娠期間しか使用しないので、300円均一ショップで2枚とネットで3枚1000円のものを購入しました。

冬に妊娠期間がかぶる人は、必須アイテムとなると思います。(足元冷やしちゃいけませんし…)渋らず、早めに購入されたほうがいいです。お腹周りのゆったり感がぜんぜん違うので、とても楽に過ごせます。

ただ、私の場合、価格的に安いものを買ったためかすぐ毛玉が出来てしまいました。それでも、今だけ…と思って履き続けましたが、2人目を妊娠するときにはまた新たに購入が必要です。

裏起毛は温かい

みあ(34歳)


マタニティタイツは妊娠6ヶ月頃に購入しました。安産祈願も終わり、お腹が目立つようになり、マタニティパンツかマタニティタイツかどちらかを購入しようか検討しましたが、マタニティタイツの方が、着回しがきくと思い買おうと思いました。

私が買ったマタニティタイツは、お腹とお尻の部分が裏起毛になっておりとても暖かい仕様になっていたので選びました。デニールも120デニールで、とても温かく手持ちのワンピースに合わせてマタニティファッションを楽しんでいました。

これからマタニティタイツを購入しようか悩んでいる方は、お腹とお尻周りが裏起毛になっていて温かそうな素材を選ぶと、寒くなってくるこの季節にぴったりだと思います。

冬に外出する妊婦

ワンサイズ大きめがいい

あやや(31歳)


妊娠5ヵ月頃にマタニティタイツを買いました。この時期がだいたい秋の時期だったので、下半身を冷やさない為に買いました。マタニティタイツを試着するのって出来ないので、「伸びる」や「お腹もすっぽり」というようなキャッチコピーがある商品を選びました。

私は妊娠5ヵ月頃にマタニティタイツを買ったのですが、サイズは1つ大きめを買いました。買った当初は少し緩かったのですが、段々と足も太くなりお腹も大きくなってきた頃にはサイズがピッタリでちょうど良かったです。

キツすぎると足もむくみますし、お腹も締め付けてしまうので、余裕があるサイズ選びをオススメします。下半身を冷やさない為にもマタニティタイツは必需品です。

苦しくないものがいい

なな(24歳)


お腹が出始めて普通のタイツが履けなくなった、妊娠5ヶ月頃に購入しました。妊娠してあまりズボンを履かなくなり、毎日ゆったりとしたワンピースばかり着るようになったので、足元を冷やしたくなくてマタニティタイツを着用しました。

とにかくウエストがゆったりとしていて苦しくなく、足首も少しゆったりとしていて脱ぎ着がしやすそうなものを選ぶようにしました。あと冷え対策だったので、暖かさも選ぶポイントでした。

これからどんどんお腹が大きくなってウエスト周りの苦しさを感じ始めると思うので、できるだけゆったりとした苦しくないものをオススメします。足先が冷えると全身が冷える原因にもなるので、マタニティタイツを履いて暖かく過ごしてもらいたいです。

冬でもワンピースが着られる

めい(20代前半)


黒のワンピースを着た妊婦

私は妊娠5ヶ月ごろにマタニティタイツを購入しました。夏は冷房で足が冷えると、お腹がよく張っていました。体が冷えるとあまりよくないので、それを防止しようと買ってみました。

マタニティタイツはお腹が大きくなってもお腹を締めずに履くことができます。私は初め買った時はまだお腹が出始める前だったのと、夏だったので薄めのもので普通のサイズのタイツを選びました。

しかし、冬は寒くて、足の付け根まで痛くなるので、分厚いマタニティタイツを買いました。そして、お腹も出るので自分のウエストにあったタイツを選びました。シーズンにあったものを買うことで体の冷えを防止できました。

お腹が大きくなると、ワンピースを着る方が楽です。しかし、体が冷えてしまいます。冬でもワンピースが着られるようにマタニティタイツは必要です。お腹が出ていなくても出ていても履けるので便利です。

タイツがお腹を支えてくれている

はせどん(25歳)


妊娠4か月頃、まだお腹はそんなにでていませんでしたが、普通のタイツだとお腹に圧迫感を感じたため購入しました。冬だったので、極厚のものを買い、春先まで使用していました。

お腹全体がすっぽり入るし、暖かく、何よりお腹周りがすごく楽なので、つわりが辛くて横になる時もタイツのゴムが邪魔にならず、楽チンでした。

お腹が大きくなるにつれて血流も悪くなり、足元がむくみやすく、冷えやすかったですが、マタニティタイツを履くことでいくらか軽減された気がします。産休前でしたので、仕事場でも活躍してくれました。

歩く時や立ち上がる時も、タイツがやんわり支えてくれている気がするので、腹帯や腹巻と一緒に着用するとお腹が安定し、行動しやすかったです。

お腹が出ていない時でもゆるく感じることはなかったので、妊娠初期から出産直前まで着用でき、下半身を温めるのにお勧めなアイテムの一つだと思います。

マタニティタイツとセーターで部屋でくつろぐ妊婦

毎日履いていた

さとみ(30代前半)


冬に妊娠後期になり、だんだんお腹が出てきて、入る服がなくなり、マタニティスカートやワンピースを好んで着ていました。体を冷やしてはいけないので、腹巻のような温かい腹帯と、マタニティタイツを愛用していました。妊娠7カ月頃からは、毎日その格好でした。

大事なのは、温める効果のあるもの、脚がむくみやすいので、着圧効果があるもの、そしてなにより、臨月でも履けるくらい、伸びるもの。普段はS~Mサイズですが、妊娠後期はマタニティL~LLサイズのタイツをはいていました。

妊娠前期、後期でサイズをあげないと、お腹のしめつけに対応できませんでした。また、妊娠後期に友人の結婚式があり、肌色のマタニティタイツも追加購入しました。結婚式に参列予定の人は肌色、お葬式などは黒色と、2色買うことをお勧めします。

おしゃれも楽しめる

むうさん(30代前半)


私は妊娠してからかなり早いペースでお腹が出てきたので、妊娠6ヶ月ぐらいにマタニティタイツを購入しました。普通のタイツではお腹をしめつけて気分が悪くなると思い、マタニティタイツを購入しようと思いました。

買ったマタニティタイツを選んだポイントは、ネットの口コミが良かったこととマタニティタイツなのにラインストーンが少し付いてあり、おしゃれだったからです。

私は妊婦期間中マタニティタイツをかなり愛用したので、妊婦の方にマタニティタイツはおすすめです。本当に、おなか周りがゆったりとしており苦しくありません。しかも、今はたくさんのマタニティタイツがあり、おしゃれも楽しめます。

自分にあったマタニティタイツは必ずあるので、楽しんで探して購入し履いてもらいたいです。

試着した方がいい

ぼん(30代前半)


妊娠5か月のときにマタニティタイツを購入しました。つわりが始まったとき、まだお腹はふくらんでいませんでしたが、妊娠前のタイツを履くと締め付けられたような感じがしました。その上いつもより気分が悪いような気がして、マタニティタイツを買おうと思いました。

締め付けが少なくて、フィット感のあるマタニティタイツを買いました。いくつか買ってみて、妊娠して肌が敏感になっていたのか、生地によって履き心地が悪くて妊娠中は履けないものもありました。

マタニティタイツだと試着できないときもあると思います。私は出産経験のある友人のマタニティタイツを試着させてもらったり、使わなくなったのを譲ってもらったりして、できるだけ試着してから買うようにしました。ネットも便利で利用しましたが、肌にあたるものはなるべく手にとってみたほうがいいと思いました。

おすすめコンテンツ