陣痛による腰の痛みの特徴

陣痛で腰が砕けそう!お腹よりも腰が痛む腰痛陣痛の特徴

陣痛で腰が痛む方は珍しくありませんが、中には子宮収縮によるお腹の痛みや張りを感じず、腰にくる規則的な痛みで陣痛に気づき、その後骨が砕けそうな腰痛だけを感じる妊産婦さんも存在します。「出産はお腹よりも腰が痛かった」体験談を参考に、陣痛による腰痛の特徴や対処法を知っておきましょう。

陣痛で腰が砕けそう!お腹よりも腰が痛む腰痛陣痛の特徴

陣痛は「お腹の痛み」とは限らない!腰が砕けそうな腰痛陣痛

陣痛は、よく「お腹の規則的な痛み」と表現されます。
赤ちゃんを外に押し出すために子宮が収縮することで、こうした腹痛は起こると考えられていますが、実は『陣痛=腹痛』とは限りません。

赤ちゃんが骨盤を広げて外に出ようとする際に、腰の痛みを感じ、時には子宮収縮によるお腹の痛みや張りよりも、腰の痛みを強く感じる女性もいるのです!

車で出産!?腰痛が陣痛だと気づかないリスク

陣痛の痛みを見逃す方はまずいませんが、「陣痛=お腹の痛み」と思っていると、「腰が痛いのは陣痛じゃない」「お腹の痛みや張りがあるまで我慢」と必要以上に自宅で痛みと戦い続けるはめになります

ベッドに片手をついて俯く妊婦

実は筆者は「陣痛=規則的なお腹の痛み」という思い込みが強かったのですが、本陣痛の間、お腹の痛みや張りを感じることは結局ありませんでした。その結果、本陣痛の痛みにひたすら自宅で耐え続けていたのです。

以下も、筆者の出産体験談を記しています。
このような状態にならないように、「陣痛=腰が痛い」というケースもあると肝に銘じておいてください。

最後まで「お腹の痛み」がわからなかった

竹上愛子(28歳)


妊娠39週、予定日の3日前は朝から腰痛がありました。夕食後は、布団に横になり、夫がいたので、腰をさすってもらうなどしましたが、だんだんと激痛になってきます。

20時頃、助産師さんの携帯に電話をしましたが、「お腹に規則的な痛みはないんだよね?前駆陣痛かな」とのことで、来院指示はされません。この時は、私も「前駆陣痛ってこんなに痛いのか」「早くお腹の方が痛くならないかな」と納得しました。

しかし、もう本当に叫ぶぐらい腰が痛い。22時に再度電話で「お腹の痛みや波はないけど、腰が砕けそうなくらい痛い。これ以上ひどくなると産科病棟まで歩けない」と訴えて、診察をお願いしました。

夫に支えられてなんとか車に乗り込み、病院に着くと、様子を見た夜間受付の人が車椅子を持ってくるほどでした(自力で歩きましたが)。そして診察してみると、既に子宮口がほぼ全開でした!

すぐに分娩台に上がり、病院到着から20分ほどで赤ちゃんが生まれました。病院が車で5分の距離で本当よかったです。

ちなみに、助産師さんからは1度前駆陣痛といった手前、少し気まずかったのか「電話でとっても冷静だったね」というお褒めの言葉をいただきました。

陣痛による腰の痛みの特徴

妊婦が腰の激痛を手で押さえる

一言で「腰痛」といっても、痛みも種類はさまざまです。
体験談では、腰にきた陣痛は以下のように表現されています。

  • 鈍くて重い生理痛をひどくした痛み
  • ハンマーで殴られる感覚
  • 腰の骨が焼けるように熱い痛み

普段から腰痛持ちだったり、生理痛が腰に来る方もいますが、陣痛による腰痛は、日常的な腰痛とは比べようもないほど激しい痛みです。

また、陣痛には波があり、腰が痛い場合もそれは同様です。強い痛みが来て、その後痛みが弱まる時間が存在します。

陣痛が腰にきやすい妊産婦の特徴

医学的な根拠はありませんが、体験談によると、

  • 普段から腰痛持ち
  • 生理痛が腰に来る

など、陣痛時に腰が痛かったと答えた人の中には、普段から腰痛を抱えている人も多く見受けられました。確かに腰痛陣痛を体験した筆者も、生理痛が腰に来るタイプです。

ただ、中には「普段は腰痛とは無縁。出産時に初めて腰痛を経験した」という方もいます。また、経産婦さんは「一人目は腰が痛かったけど、二人目はお腹が痛かった」あるいはその逆など、出産によって痛む場所は異なっています。

陣痛の痛みが腰に来た!出産時の腰痛に耐えた体験談

ベッドの上でお腹と腰を同時に抑える妊婦

陣痛はお腹よりも腰の痛みがひどかった出産経験者に、痛みの程度や特徴について教えてもらいました。二人以上出産経験がある人には、その違いについても述べてもらいました。

初産で激しい腰痛陣痛を体験

腰をハンマーで殴られるような鈍い痛み

花子(37歳)


妊娠41週に入っても自然と陣痛が来なかったので、入院して陣痛促進剤投与になりました。投与して1日目は軽い下腹部痛だったのですが、2日目の朝から強い下腹部痛に加えて、腰をハンマーで殴られるような鈍い痛みが加わりました。

それから、腰の痛みがどんどん強くなり、下腹部痛は忘れてしまうくらいでした。赤ちゃんが下がってきて、「腰の骨に頭突きをしてるんじゃないの?」と思うくらい、強烈な圧力をおなかの中から感じました。

夫には腰をさすってもらったり、お尻にテニスボールを当ててもらったりしました。もともと、腰の軟骨がすり減っていて、腰痛もちではありますが、普段の痛みなんてなんでもないと思うくらい、強烈な痛みでした。腰が痛み始めてから、1日半以上経って出産に至りましたが、本当に腰が砕けて、腰から出産するんじゃないかと思うくらいの痛みでした。

腰が焼けるように熱かった!

みんみん(28歳)


39週4日での出産でした。初産ということもあり、陣痛に恐怖も多少ありましたが、でも今までに経験ないので『お腹がちぎれるほど痛かったよ』などと言われてもピンとこなくて、楽観的な気持ちで当日を迎えることになりました。

普段から生理痛は重い方で、腰が痛くなりがちだったのでよくカイロを貼って温めていました。出産前日の夜から久々に感じる鈍い腰の痛みで「もしかして陣痛?」と気がつきました。そこからアレヨアレヨと言う間にどんどん腰の痛みが増してきて、それと同時に腰にお灸を何個も載せられていると思うほどの熱さを感じるようになりました。

助産所さんいわく、やはり腰が熱いと言う妊婦もいるそうで、「あまりさするとさらに痛いし熱いから指圧するね!」とグッと押してくれたので楽になりました。

結果は安産で子どもの声を聞くとホッとして腰が痛かったのもどこか吹っ飛びましたが、あの痛みはもうこりごりです。

腰をガンガンされている感じ

きりん(30代後半)


妊娠週数39週に出産しました。陣痛が最初来た時は本当に微弱なもので、生理痛のような感じでした。痛いというよりも腰が重たいような感じでした。
次第に陣痛が強くなってきて、痛みが規則的になってきました。痛みが10分間隔になったタイミングで病院に連絡して、そのまま入院となりました。

陣痛が強い時には腰の辺りがガンガンと痛むような感じで、とてもじゃないけど立つことは出来ません。普段生活していて特に腰痛持ちだったということはありませんが、生理痛の時には腰が重くなる感じはあり、辛い時は腰の辺りを叩いて過ごすことがあるくらいです。

私は無痛分娩だったので、子宮口が5センチ開いた時点で麻酔を入れてもらいました。そのためその後は痛みを感じることはなく、出産となりました。

ベッドの上で腰の痛みに耐える妊婦

いつもの腰の痛みとは種類が違います

畑山祐子(29歳)


妊娠39週5日、初産でした。出産予定日から大幅に遅れるのも嫌だと思ったので、前日にスクワットを軽くして寝ました。翌朝破水をして病院に行き、病院に着いてすぐには陣痛は来なかったのですが、しばらくして定期的な痛みが腰回りに来るようになりました。

もともと腰痛持ちではあったのですが、その痛みとは違い「ズーン」と鈍く痛むような感じでした。段々陣痛の痛みの間隔も短くなり、腰が砕けそうなくらい痛くて夫にずっとさすってもらってました。助産師さんにさすり方のコツを教えてもらってからは、痛みも少し和らいだように思います。

陣痛から8時間後、分娩台に行くことになり、30分ほどで出て来てくれて元気な産声をあげてくれました。痛みは腰をさすってもらうことで大分違います。

最初は重い生理痛のような痛み

にゃんちゃん(33歳)


妊娠40週3日での出産でした。元々、生理痛は腰にくるタイプでとても重く、妊娠中は生理がこないため、気楽に過ごしていましたが、久しぶりの感覚を腰に感じました。「ずーん」というような鈍痛。でも、陣痛は、徐々に間隔が短くなると思っていましたが、ずーっと五分間隔です。

病院に電話をしたところ、「すぐに来てください」とのこと。急いで病院に向かいましたが、それからもお腹ではなく、腰が痛いまま16時間。赤ちゃんの頭が大きくて、ひっかかっているらしく、破水してからさらに2時間、帝王切開に切り替わる直前で計18時間の出産で、4000グラムオーバーの元気な赤ちゃんを無事出産しました。

産まれてきた赤ちゃんを見て、そりゃあ腰も痛いわけだと、納得しました。

おすすめコンテンツ