帝王切開の悪露はいつまで続く?

帝王切開の悪露はいつまで続く?量は少ないのに長引く理由

帝王切開の悪露はいつまで続くのか、経膣分娩に比べて量や色は違うのか、先輩ママの体験談をもとに術後の悪露の特徴を紹介します。一般的に「帝王切開の悪露は長引く」といわれていますが、その理由や子宮復古に伴う後陣痛についても解説。臭いや鮮血が続く場合は、病院受診も検討してください。

帝王切開の悪露はいつまで続く?量は少ないのに長引く理由

帝王切開でも悪露は出るけど量は少なめ?いつまで続くの?

帝王切開での出産に不安なことは多々ありますが、その中のひとつは手術後の回復期についてです。お腹を切る手術をするわけですから、経腟分娩の産婦さんとは産後の回復期の状態は少々異なります。

悪露についても帝王切開の場合、悪露がでる期間、出血の量、色、子宮の戻り具合などが異なってきます。

一般的には、帝王切開の悪露は長引く・鮮血に近い色・痛みを伴うこともあるといわれます。その理由を解説し、実際に帝王切開を経験した女性に産後の悪露はどうだったか伺いました。

そもそも悪露とは?

産婦人科で診察を受けている妊婦さん

悪露とは、産後に子宮を含めた産道から排出される分泌物です。
「悪露=血の塊り。生理のような出血」と考えている人もいるでしょう。見た目はその通りなのですが、生理の血液にまじっているのは、子宮の壁から剥がれ落ちた子宮内膜です。
一方、悪露には子宮内膜以外にも胎盤の残りや卵膜、血液やリンパ液などが含まれています。

出産により赤ちゃんと胎盤が体外に排出されると、妊娠中に胎盤に栄養を運んでいた血管は不要となります。そうして不要となった胎盤の残りや血液などの老廃物が「悪露」として対外に排出されるのです。

産後の悪露とは?正常な状態と異常な悪露の見分け方
産後の悪露とは?正常な状態と異常な悪露の見分け方

帝王切開の悪露が長引く理由

一般的に、帝王切開の悪露は長引くことが多いと考えられています。しかし、量は少ないという話もあり、なぜ量が少ないのに悪露が長引くのか、不思議に思う方もいるでしょう。
なぜ帝王切開の量は、経膣分娩とは違うのか、解説していきます。

経膣分娩は「陣痛→後陣痛」による子宮の収縮で悪露を排出

出産を控えて病室で準備してる妊婦さん

経腟分娩では、「陣痛」があります。陣痛とは、規則的な子宮の収縮運動であり、お腹の赤ちゃんを押し出そうとする現象です。

赤ちゃんが無事に産まれたのちもしばらくの間は、陣痛のような下腹部の痛みは続きます。これは後陣痛といわれるもので、大きくなった子宮を元の大きさに戻すためと、子宮内に残った胎盤などを体外に排出するための自然な身体の働きです。

帝王切開には「陣痛」がないため、胎盤の吸引作業を行う

帝王切開の場合は、陣痛がないため、自力で胎盤を排出する機能が弱くなりがちです。出産後、不要となった胎盤や血液などの老廃物を押し出す力はそこまで強くありません。

そのため、手術で赤ちゃんを取り出したのちに、縫合前に胎盤などを取り除く処置を施します。

帝王切開でも「後陣痛」はあるが、子宮の戻りに時間がかかる

女医と話す妊婦さん

帝王切開後、吸引によってきれいになった子宮も経腟分娩の時と同じように後陣痛が始まります。しかし、徐々に強くなる陣痛がなく、いきなり後陣痛からなので、ある意味では助走なしでジャンプするようなものです。

そのため、帝王切開では経腟分娩時と比較して子宮の戻りの経過があまりよくない状態(子宮復古不全)になってしまいがちです。

こうした経緯から、帝王切開の悪露は、事前に吸引されているため悪露の量は少ないけれど、出血がダラダラと長引いてしまうケースが多いのです。ただし、当然のことながら個人差があり、悪露の量だけで正確な子宮の状態を知ることはできません。

後陣痛はいつまで続く?痛みを緩和する方法
後陣痛はいつまで続く?痛みを緩和する方法

お腹を押す「悪露出し」

早期に子宮の戻りを促すために、手術後、麻酔がまだ効いているうちにお腹の上からぎゅっぎゅと子宮を押して刺激を与え、悪露の排出を促す病院も存在します。
恐怖や痛みはありますが、お腹を押された後にドロリと血の塊りが出てきたと語る方もいます。

帝王切開の悪露はいつまで続いた?ママの体験談

帝王切開経験者のママに、手術後の悪露はいつまで続いたか、量や色、臭いなどの特徴を教えてもらいました。

「帝王切開の悪露は長引く」とも言われますが、手術後の吸引により排出量は少ないため、人によっては数日程度で終わってしまうことも珍しくありません。妊娠と一緒で、悪露に関してもとても個人差が大きいものといえるでしょう。

上の子1ヶ月半、下の子1ヶ月ぐらい

なみ(30代後半)


二人の子供を帝王切開で出産しました。悪露は上の子の時は長くて1ヶ月半くらい続きました。下の子は1ヶ月くらいしたら終わっていた感じです。

産後3、4日目くらいまでは鮮血な色で、すぐ産褥ナプキンが汚れてしまうくらい出ていました。けど退院する6日目、7日目くらいにはナプキンも産院で配られる大判のものではなく、市販の生理用の夜用で間に合うぐらいに量も減っていました。2回とも臭いは感じたことはあまりなかったです。

しかし、後陣痛はどちらも帝王切開後、麻酔が切れて5~6時間後くらいからかなりの激痛が始まりました。痛み止めの座薬をもらって、なんとか耐えていた感じです。

えっ!少ない!

あーめん(24)


悪露は1ヶ月健診のときにも、少しはありましたが、その後2ヶ月経たないで自然となくなりました。術後は悪露がほとんど出ていなかったのでびっくりしましした。

術後翌日までは起き上がったりできないため悪露の量は少なく、小さめの生理用ナプキンで足りました。無臭でした。しかし、術後、看護師さんにお腹をぐーっと押されて、悪露の状態を見られました。

悪露の塊は1週間ほどで落ち着き、あとは生理の日の後半程度の量しか出ていませんでした。後陣痛は1週間ほどで落ち着きました。軽い生理痛のような感じでした。

生理の様な感じでした

カサカサ(30代前半)


帝王切開したその日は全く動けなかったので、翌日自分でトイレに行けるようになってから悪露が出ました。悪露は生理のような感じでしたが、生理よりも最初は量が多く、だんだんと少なくなり、色も鮮血から徐々に薄茶色になっていきました。

悪露用のパッドは3日くらいしていて、その後は生理の時の夜用ナプキンで代用していました。私の場合、臭いは特に気にならなかったです。

1ヶ月健診の時には悪露はほぼ終わっていました。後陣痛は出産から3日目くらいまでは子宮の収縮が自分でも分かるくらいとても痛かったので、鎮痛剤を飲んだり、座薬をさしてもらいました。

通常の出産よりは少なかったと思う

波多野みつ(20代後半)


一人目を緊急帝王切開、二人目を予定帝王切開で出産しました。一人目、二人目どちらも約3週間ほど悪露が続きました。産後数日を覗いて、色は鮮血ではなくて生理が終わりかけている時のような茶褐色のものでした。出産の翌日からはもう普通の日用のナプキンで事足りる量でした。

産院からいただいた悪露用のナプキンはとても大きなものでしたが、そんなに量が出るわけではなかったので生理用ナプキンがちょうど良かったです。出産後1日は看護師さんが悪露の状態をチェックしてくれていました。お腹を押されたこともありますが、それは悪露に関してではなく、傷口に関してでした。

私は一人目も、二人目も、まったく陣痛を感じることはありませんでした。傷の痛みもそこまで強くなく、導尿が外されてからスタスタと歩いていて看護師さん達にも驚かれるほどでした。

動くことで後が楽になる悪露

志保(20代後半)


一人目を緊急帝王切開で、二人目を予定帝王切開で出産しました。産後の悪露は一人目のほうが長かったです。

一人目は1ヶ月健診過ぎまで少量ダラダラと続きました。ほとんど茶色でにおいは通常の生理と変わりありませんでした。1ヶ月健診で悪露が続いていることを言うと、普段仰向けならうつぶせにする等、寝る向きを変えてみることを提案されました。

二人目は産後すぐから動き回ったからか5日くらい赤い色で凄い量が出たものの、入院中に通常サイズのナプキンで足りるくらいにおさまりました。後陣痛も同じく一人目より二人目のほうが楽でした。

一人目は1週間くらいはよたよた歩いていましたが、二人目は4日目に面会に来た上の子を抱っこできる程回復していました。帝王切開は動くことで回復もするし、癒着防止にもなるそうです。

病院で新生児を抱っこしてるママ

帝王切開でもかなり多かった

田中あすか(33歳多い)


三回帝王切開を経験しました。三回とも、術後一ヶ月ほどいつもの生理量の五倍ほどの量の悪露が続きました。鮮血のような色であったり、少し濃い目の色のときもあり、最終的には茶褐色になりました。

搾乳をするたびに、チクチクやキリキリといった痛みが半月ほど続いていました。痛みの度合いとしては、額に冷や汗と脂汗が流れるほとでしたので、痛み止を処方していただいきました。もちろん、切開したお腹の傷痕も痛いままです。

後陣痛の痛みと重なって、動くのも痛い、座るのも痛いです。授乳中は、いつもより痛いです。背中を曲げるほど痛いです。痛み止の薬をやめられたのも、産後一ヶ月と半月ほど経ってからでした。

お腹を押されたら、大量の悪露が!

みあ(34歳)


第一子、第二子ともに予定帝王切開でした。産後すぐは、点滴や管がたくさん身体中についてて麻酔も残ってて身動きが取れず、助産師さんがナプキンを交換してくれていました。悪露があまり出ていないからと、お腹を押された時に大量にでできてしまい、ベッドシーツまで総取り替えしました。

傷跡の痛みが強く、すぐに痛み止めを飲ませてもらってたので、後陣痛の痛みはあまり感じませんでした。悪露の量は増えたり減ったりで、1ヶ月弱続きました。

1度だけ退院後に夜用ナプキンから漏れてしまって、緊急受診しましたが、問題ありませんでした。生理の時の臭いとは違って、独特の生臭さがありました。

予想より少なかったです。

石川美由紀(40歳)


2度の出産ともに予定帝王切開でした。予定だったので産前に色々と調べましたが、悪露については予想よりも量は多くなかったです。

お産セットとして用意されていた産褥パッドはL、Mと2サイズありLのほうは生理用ナプキンと比較にならないほど大きかったので「どれだけ悪露って出るの?」とドキドキしていましたが、産褥パッドは半分も使用しませんでした。ただ少量ずつの悪露が1ヶ月半~2ヶ月は続いていて普通用の生理用ナプキンは常に使用していました。

産後直後は生理時にもたまに見かけるようなかたまりの赤黒い出血がありました。臭いは表現しがたいのですが私の場合は薬が混ざったような臭いで、二人目のときにも何年も前の一人目の産後を思い出しました。

帝王切開後は痛みが強く、動くのがきついので、なんとかたどりついたトイレで普段の生理以上の出血のナプキン交換をするのにはとても苦労しました。後陣痛は私は二回ともかなりの痛みでした。二人目は硬膜外麻酔ということで痛みが軽いと聞き、期待しましたがほとんど差はありませんでした。

長い生理のような悪露

Volin(40代前半)


帝王切開のあと、悪露は約1ヶ月くらい続きました。最初は赤くて生理の初日~3日目くらいの感じがしばらく続きました。動けるようになると大量に出たりすると聞いたのですが、傷口が痛く、そこまで動けない日々が続いたので、量はそこまで多くなかったです。

後半の2週間くらいは、生理の終わりごろのような茶色っぽい血が出続けました。1ヶ月ほど続いたので心配になりましたが、痛みなどはなかったのでそのうち収まるだろうとゆったり構えていました。

帝王切開後2週間も経つとだんだん歩けるようになったので、外出も積極的にしましたが、悪露が増えることはありませんでした。後陣痛は、帝王切開をした日の夜、一晩中痛みました。痛みがひどかったのでナースコールをして、痛み止めの注射を打ってもらいました。注射が効き、次第におさまり、その日の夜だけで後陣痛はなくなりました。

予想以上に長引く悪露

鈴木さとみ(25歳)


帝王切開後、悪露は丸4ヶ月間続きました。
入院中は産褥パットから生理用ナプキン多い日昼用まで、悪露の量は段々と少なくなっていき、色は赤黒いものでした。夏の出産でしたので、生理と同じような蒸れてむわっとする臭いがありました。生後3〜4週間までは昼用のナプキンが必要でしたが、それ以降はおりものシートで十分でした。

1ヶ月、2ヶ月検診時、子宮内にまだ悪露が残っており子宮収縮剤が処方されていました。茶色の悪露がおりものシートに付着する程度が継続していましたが、帝王切開後では普通だと言われました。

3ヶ月経った頃、おりものシートに何もつかない時もあれば、悪露がつく時もあるような状態、色は茶色〜クリーム色。診察してもらい、再度子宮収縮剤を処方され、4ヶ月以降も続くようならホルモン治療をし生理を起こそうと言われました。が、4ヶ月になったとき、やっと悪露が終わりました。

後陣痛については、1人目の出産後、帝王切開後ということもありほとんど感じませんでした。子宮収縮剤の点滴、内服がありましたが、傷の痛みが強かったです。もしかすると、後陣痛の痛みもあったのかもしれませんが、どっちが痛んでいるのかあまり判断がつきません。傷の痛みは1ヶ月程度で治りました。

通常の悪露の状態とは?

悪露は一般的には産後すぐから始まり、2~3週間程度で終わるものとされています。概ね1か月健診の頃までには終わると考えて良いでしょう。個人差がありますが、1つの参考として、産後の悪露の変化についてまとめてみました。

産後直後~数日間

  • 相当量の出血があります。生理用ナプキンより大きい産褥ナプキンや産褥ショーツの使用が安心できます。
  • 色は赤みが強く、鮮血に近い色をしています。
  • 血液だけでなく、どろりとした固形物も混ざっています。
  • 生臭い臭いが多少あります。
  • 下腹部や足の付け根にギリギリと引っ張られるような強い痛みを感じる人が多いです。

帝王切開の悪露は2日目が特に多い?

帝王切開ではお腹を切開していますので、術後は安静が必要です。一般的に安静の期間中はあまり悪露がでず、歩行を開始する2日目に多量の悪露が排出される傾向があるとわかっています(注1)

数日後~1週間

  • 出血量が少し落ち着き始めます。通常の月経経血量程度になります。
  • 茶褐色の色味が強くなります。
  • 固形物はあまり見られなくなります。
  • 痛みの頻度や程度が落ち着きます。

10日後~3週間

母親の指を掴んでる赤ちゃん

  • 少しずつ色が薄くなっていきます。
  • 量がかなり減ります。この時期には完全に終わる人もでてきます。
  • 痛みはほとんど感じることはありません。
  • 早い人では産後1か月で次の月経を迎える人もいます。

気になる悪露には注意が必要

気になる悪露のチェックポイントを挙げてみました。

  • 悪露の臭いがきつい
  • 数週間経っても鮮血が出続けている(茶褐色に変化しない)

また、悪露とともに、以下のような症状がある場合も、注意が必要です。

  • 下腹部の痛みが初期から変わらず痛いままである
  • 発熱が続いている
  • 手術の傷口がジュクジュクしたまま乾かない(傷口がふさがらない)
  • 痛みがどんどんひどくなっている
  • 立ちあがる、起きて家事や育児をするのが辛いほどの痛みや倦怠感がある

産後1か月以上経ってもこのような症状があるならば、1ヶ月健診で医師に相談したり、再受診を検討してください。傷口がきれいにふさがっていない、傷口が化膿したといった理由の他に、体の内部の傷口の治癒がうまくできていない可能性も考えられるからです。
「なんだか変だ」な、と感じたらすぐに主治医の診察を受けましょう。

おすすめコンテンツ