「けい」の名前に使える漢字&意味

「けい」と読む名前に使える漢字は?圭・慶・景などの意味

「けい」という名前は呼びやすく、男の子・女の子のどちらにも名付けられ、良い意味を持つ漢字が多いのでおすすめです!「けい」の読みに使える圭・恵・啓・慶・景などの漢字の由来と意味、画数を解説。「けいた・けいすけ」「けいこ」など止め字を追加する名前候補もご紹介します。

「けい」と読む名前に使える漢字は?圭・慶・景などの意味

男の子らしく力強いイメージ「けいご」

けいごの漢字の組み合わせ

「けい」は中性的でスマートな印象がありますが、名前の最後に「ご」が付く男の子の名前は、力強いイメージがあります。「ご」と読ませる漢字の意味をご紹介していきます。

吾~自分をしっかり持った人になりますように

吾は、7画の漢字です。
吾は、五と口を組み合わせてできています。五は、木を十字に重ねたフタのことです。口は、お祈りに使う器を意味します。吾で、お祈りの効果が逃げないようにフタをして守るという意味です。

また、吾の訓読みは、『われ』と言い、一人称を表す自分という意味で、現在ではこちらの意味の方が広く知られています。吾の漢字に、自分をしっかりと持った人になりますようにという意味をこめることができます。

悟~よく考えて判断できる人になって欲しい

悟は、10画の漢字です。
悟は、吾に忄(りっしんべん)をプラスした漢字です。忄は、心のことなので、悟には、心を守るという意味があります。心を守るという意味から発展させて、心でよく考えて判断するという意味を持たせることのできる漢字です。

伍~仲間と力を合わせて困難に立ち向かおう!

伍は、6画の漢字です。
伍は、五と人(ニンベン)を合わせて出来ています。五は、木を十字に組んだフタのことなので、人と合わせて、伍は、人と人とが組になる・力を合わせると言う意味になります。
伍に、困難なことがあっても仲間と力を合わせて立ち向かえる人になって欲しいという意味を込めることができます。

一番は良いこと「けいいち」

けいいちの漢字の組み合わせ

「いち」がつく名前は、一番・先頭・初めてという言葉が連想できるので、良いイメージがあります。「けいいち」をはじめ、「ゆういち・こういち・りゅういち」など男の子にとってはメジャーな止め字のひとつです。

一~1番を目指して頑張れる人に!

一は、1画の漢字で数字の1のことです。
一の漢字に、何事も一番を目指して努力できる人になりますようにという意味を込めてあげられます。

壱~自分の好きなことを見つけられますように!

壱は、7画の漢字です。
現在は、一の難しい方の漢字という認識ですが、本来は異なる意味があります。
壱は、壹の略字です。壹は、元々、物事が上手くいくように力を入れ続けるという意味があり、そこから発展して一つのことに集中するという意味を持つようになりました。
壱に、集中して取り組めるような自分の好きなことを見つけられますようにという意味を込められます。

昔からある男の子の古風な名前「けいいいちろう」

けいいいちろうの漢字の組み合わせ

男の子の漢字三文字の名前は、日本に昔からある良い意味で古風な名前が多いです。現代では漢字三文字の名前は少ないので名簿などで並んだ時に、自分の名前を探しやすいというメリットもあります。

朗~周りを明るくできる人になりますように

朗は、10画の漢字です。
朗には、明るい月という意味があるので、周囲を明るくできる人になりますようにという意味をこめることができます。

郎~男らしく頼りになる人になって欲しい

郎は、9画の漢字です。
郎は、良い男という意味のある漢字なので、男らしく頼りがいのある人になって欲しいという意味を込めてあげられます。

珍しく素敵な意味を込められる名前!「けいし」

けいしの漢字の組み合わせ

『けいし』は、「けい」が付く男の子の名前の中では珍しい名前です。「し」と読ませる漢字は、素敵な意味のある漢字が多いので、名付けにはオススメです。

史~知的で賢い人に育って欲しい

史は、5画の漢字です。
史は、「中」と「又」を合わせてできています。中は、木にお祈りにつかう器を結びつけた様子を表し、又は人間の右手のことです。史は、元々は神様に祈る祭りの様子を表した漢字でしたが、次第に意味が変化し、君主に使える役人や書という意味になりました。

史は、知的なイメージのある漢字なので、知識豊富で聡明な人になりますようにという意味を込めて名付けると良いでしょう。

志~志の大きな人になれ!

志は、7画の漢字です。
志の本来の意味は、心の向かうところとなっていますが、現在は、「こころざし」・「こころざす」という意味が一般的です。
志に、志(こころざし)の大きい人になってほしい、志をもって人生を歩んでほしいという願いを込めましょう。

司~頼りがいのある人になりますように

司は、5画の漢字です。
司は、祭りをつかさどる人という意味です。祭りという重要な行事を取り仕切っていたことから司の漢字には、先頭にたってみんなを引っ張るリーダーのイメージがあります。

「けい」を含む女の子の名前~定番&海外でも通じやすい読み方は?

「けい」に一文字プラスすることで女の子らしい名前になります。使う漢字を一つ増やすことで、より多様な意味を名前に込めることもできます。

古風で女の子と一目でわかる「けいこ」

最後に「子」が付くことで、女の子とすぐにわかります。「子」がつく名前は、昔ほど多くはありませんが、最近になり古風な「子」のつく名前の良さが再評価されています。

子~女性らしい気品ある人になりますように!

子は、3画の漢字です。
子は、まさしく子供という意味の漢字です。平安時代以降、天皇の娘には全員「子」がつく名前が付けられているので、子の漢字には、女性らしい高貴なイメージがあります。
子の漢字に、女性らしい気品ある人になりますようにという願いを込められます。

子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名
子のつく名前は逆に新しい!古風で可愛いおすすめ漢字名

海外でも通じる名前!「けいと」

「けいと」は、海外の女性にも付けられる読みの名前です。ケイトは、ギリシア語で『純粋』という意味があります。漢字・ギリシア語二つの意味を持つ名前を付けてあげられます。

都~仲間に囲まれ楽しく過ごせますように!

都は、11画の漢字です。
都は、天皇の住まいがある場所という意味の漢字です。天皇の宮殿を中心に人が集まり栄えることから、都には、人が集まる場所という意味も加わりました。
都に、良い仲間に囲まれて楽しく過ごせますようにという意味を込めてあげましょう。

海外でも通じる男の子&女の子の名前の特徴!意味にも注意
海外でも通じる男の子&女の子の名前の特徴!意味にも注意

「けい」という名前はひらがなで名付けても大丈夫

女の子なら、「けい」とひらがなの名前にしてもかわいいです。漢字一文字の「けい」だと男の子と間違えられる可能性もありますが、『ひらがなの名前=女の子』と多くの人が思いますので、性別間違いが防げます。

ひらがなの名前は、それほど多くないので他の名前と並べたときに意外と目立ちますし、漢字の名前と比較して柔らかくて優しいイメージがします。

「けい」は使える漢字が多いのでどんな意味を込めたいかでチョイス!

「けい」という名前には使える漢字がたくさんありますし、また「けい」に文字をプラスすると更に使う漢字の選択肢が増えます。子供の名前にどんな意味を込めてあげたいかをよく考えて、「けい」の漢字を選び素敵な名前をプレゼントしてあげましょう。

おすすめコンテンツ