「けい」の名前に使える漢字&意味

「けい」と読む名前に使える漢字は?圭・慶・景などの意味

「けい」という名前は呼びやすく、男の子・女の子のどちらにも名付けられ、良い意味を持つ漢字が多いのでおすすめです!「けい」の読みに使える圭・恵・啓・慶・景などの漢字の由来と意味、画数を解説。「けいた・けいすけ」「けいこ」など止め字を追加する名前候補もご紹介します。

「けい」と読む名前に使える漢字は?圭・慶・景などの意味

「けい」という名前は男の子と女の子どちらにも使える!

「けい」という名前は、男の子にも女の子のどちらにもつけられます。「けい」だけでもスッキリとした名前ですし、「けい」に一文字プラスしてあげても素敵な名前になります。

「けい」の読みは、古くから日本人の名前として使われていますので、シニア世代にも違和感のなく、世代を問わず親しみやすい、呼びやすい名前です!

「けい」と読む漢字一文字の名前は男の子でも女の子でもOK!

「けい」と読む漢字一文字の名前は、男の子にも女の子にもいる名前です。「けい」以外には、「ゆう」・「ひかる」・「ゆうき」・「のぞみ」なども、男女どちらにも違和感のない中性的な名前です。

「けい」一文字の名前に使える漢字9選【意味&由来】

けい」一文字の名前に使える漢字9選

「けい」を漢字一文字で表す時に使われる主な漢字の由来や意味をご説明していきます。子供に名前をつける時は、使う漢字について詳しく調べて、子供にとって最良と思える漢字を選んであげてください。

圭~「KEI」は世界で通用する名前

圭は、6画の名前です。
テニスプレーヤーの錦織圭選手が世界の第一線で活躍するようになったため、「KEI」の名前は、世界で知られる日本人の名前の一つとなりました。

圭は、土を縦に2つ並べた漢字で、土が盛り上がっている様子を表しています。昔の中国では、国王が優秀な家臣に宝石でできた装飾品を授けていました。その宝石の形が、平らで先端が尖った形だったことから「圭」の漢字で表現されました。

圭は、選ばれた優秀な人に与えられたものであった由来から、「人の役に立つ優秀な人材になりますように」という意味を込めて名付けることができます。

景~人生が明るく開けますように

明るい丘の上に立つ建物

景は、12画の名前です。
景は、常用漢字外ですが『かげ』という訓読みがあるので、ひかげというイメージを持っている人もいるかもしれませんが、実は明るいという意味がある漢字です。

景は、日と京に分けると意味がよくわかります。日は、太陽を意味します。京は、高い丘の上に建物が建っている様子を表しています。高い丘は、日当たり・景色が良いことから、日当たり・明るい・景色・眺めという意味になりました。
よって、景の漢字に、人生が明るく開けますようにという意味をこめることができます。

慶~おめでたいイメージのある漢字

慶は、15画の名前です。慶は、慶事などお祝いごとのイメージが強い漢字です。

慶は、漢字を3つに分けて由来をひもとくことができます。一番上の「廌(たい)」は、牛のように角が一つある獣で昔裁判の判決に用いられていたとされています。真ん中の「心」は、心臓のことで裁判に勝った時に「廌」の胸に模様を入れたとされています。一番下の部分は、足を表しています。
よって慶には、裁判に勝利した人をお祝いに行くという意味がありました。今では、祝うという意味だけが残り、よろこぶ・縁起が良い・幸せという良い意味で使われる漢字です。

慶の漢字には、よろこびの多い人生になりますようにという意味を込めることができます。ちなみに、古くから男の子の名前に使われてきた漢字ですので、女の子にはやや不向きです。

啓~周りを引っ張っていけるような人になりますように!

啓は、11画の名前です。
啓は、「戸」「攵」「口」の3つの部分に分けて考えると意味が見えてきます。戸は、片開きの扉を表しており、神棚の扉のことです。攵は、人の手を表しています。口は、口を開いて人が話をする様子を表しています。啓の3つの部分の意味を合わせると、神棚の扉を開けてお祈りをするという意味になります。

現在では、扉を開くに由来した、ひらく・開放するという意味や、お祈りから由来した、導くという意味で使われます。啓に、周りを導いていけるようなリーダーシップのある人になりますようにという意味を込めることができます。

恵~思いやりの精神を忘れない人になりますように!

恵は、10画の名前です。旧字体の惠は、12画になります。
恵は、惠という漢字が旧字体になっています。惠の上部分「叀」は、糸巻きを表しています。糸をひたすら糸巻きに巻き付ける様子から一途にという意味を持つようになりました。心は、人のこころのことです。一途な心という意味から恵は、思いやる・恩恵を施すという意味で使われます。

恵の漢字に、人を思いやる気持ちを忘れない人間に育って欲しいという願いを込められます。女の子の「けいちゃん」に多い漢字かと思いますが、漢字一文字だと「めぐみちゃん」と間違われる可能性も高いでしょう。「恵子」なら間違いなく、「けいこ」と読んでもらえます。

京~良い仲間に囲まれて過ごせますように!

丘の上の都に立つ建物

京は、8画の名前です。
京と言えば、京都(みやこ)のイメージがあります。

京は、小高い丘に建つ建物という意味です。昔は、水害や敵からの攻撃から守ることができる高い場所に、偉い人が住み、その周りには人が集まりました。よって京は、天皇が住む場所・都市を意味する言葉となりました。

京は人が沢山集まる栄えた場所であったことから、良い仲間に囲まれて過ごせる人生でありますようにという意味を込められます。

敬~人を敬う謙虚さを持つ人に育ってほしい

敬は、12画の漢字です。
敬は、漢字を左右に分けると意味がよくわかります。左側の「苟」は、髪の毛を上に上げて体を曲げて神様にお祈りする様子を表しています。「攵」は、人が小さな枝を右手に持って立っている様子を表しています。敬は、小枝で打たれながら人が懸命にお祈りするという意味を持つ漢字です。

神様を敬う様子から、敬う・礼を尽くす・慎むなどの意味で使われるようになりました。
敬に、おごらず人を敬う気持ちを忘れない人になりますようにという意味を込めることができます。

慧~聡明で行動力のある人になって欲しい!

慧は、15画の名前です。
慧は、彗(すい)と心を組み合わせた漢字です。彗は、天体の彗星(すいせい)を意味する漢字です。彗星の早い動きと心を合わせて、心の中で光が早く動くということから、頭の回転が速い・賢い・聡明という意味に発展しました。

慧の漢字に、聡明で、考えを素早く行動に移せる実行力のある人になりますようにという意味を込められます。現代はあらゆることが急激に変化しますから、知性と行動力の両方を兼ね備えて、時代を切り開いてほしいという願いを託すのにもおすすめです。

桂~丈夫でたくましく生きてほしい

桂は、10画の名前です。
桂は、カツラ科・モクセイ科の木を意味する言葉です。カツラ科の木は、丈夫な木が多くなっています。また、キンモクセイは、秋に良い香りを漂わせています。

桂に、丈夫に大きく育って欲しいという意味を込めることができます。また、キンモクセイから秋を連想できることから、秋生れの子供に適した名前です。

「けい」という名前の有名人は?

  • プロテニスプレイヤー 錦織圭
  • 人気俳優 田中圭
  • 元阪神タイガース投手 井川慶
  • 元モーニング娘。 保田圭
一文字の名前の魅力とは?男の子・女の子におすすめの漢字
一文字の名前の魅力とは?男の子・女の子におすすめの漢字

「けい」を含む男の子の名前~組み合わせ次第で意味も様々!

「けい」を含む男の子の名前は、バリエーション豊富です。「けい」の読みや漢字は使いたいけれど、苗字とのバランスなどから漢字一文字の名前は避けたいという方は、「けい」に文字をプラスした名前を付けてあげると良いでしょう。

けいたの漢字の組み合わせ

「〇〇た」は男の子らしい名前「けいた」

最後に「た」が付く名前は、昔から男の子によく付けられる名前です。「た」が付く名前は、一目で男の子と分かるというメリットがあります。

太~大きくゆったりとしたイメージ

太は、4画の漢字です。
男の子の名前の「た」に当てる漢字として、最も一般的な漢字です。

太は、「泰」という漢字が元になっています。泰は、たっぷりの水という意味です。太は、満ち足りている・豊かな・大きなという意味があります。

大~たくましく育って欲しい!

大は、3画の漢字です。
大は、人が両手を広げて立っている姿を表しています。大地に足をしっかりと立っている姿から、たくましさが感じられます。
大の漢字に、たくましく育って欲しいという願いを込めて名付けてあげましょう。

汰~善悪の判断ができる人に育って欲しい!

汰は、7画の漢字です。
汰は、「氵」と「太」を組み合わせてできた漢字です。「氵」は、水のことなので、「太」と合わせてたっぷりの水という意味になります。また、淘汰という熟語があるように、良い物と悪い物を選び分けるという意味もあります。
汰に、善悪の判断がきちんとできる人になって欲しいという意味を込めることができます。

人を助ける・役に立つという意味の漢字が多い「けいすけ」

「〇〇すけ」という名前も、「〇〇た」と同じように男の子の名前の代表的なものです。「すけ」と読ませる漢字は、様々な種類がありますが、多くは「人を助ける・役に立つ」という意味を持っています。

けいすけの漢字の組み合わせ

輔~人のために行動できる人になりますように!

輔は、14画の漢字です。
輔は、車輪を木(甫の部分)で補強している様子を表していることから、助けるという意味になりました。輔には、人を助けるために行動できる人になりますようにという意味を込められます。

介~みんなの架け橋になれるように人に育って欲しい!

介は、4画の漢字です。
介は、体の前後に鎧をつけた人を表している漢字です。鎧が体を守ることから助けるという意味や、鎧と鎧の間に体が挟まれていることから間に入る(仲立ちをする)という意味があります。
介の漢字に、みんなの架け橋になるような人になって欲しいという意味を込めて名付けると良いでしょう。

助~頼りがいのある人になって欲しい

助は、7画の漢字です。
助の且の部分は、神様への生け贄を台の上に積み重ねている様子を表しています。力は、腕力があるということです。助は、力を重ねて助けるという意味になり、力強くて頼りがいのあるという印象です。

おすすめコンテンツ