そうたの名前の漢字と意味

「そうた」という名前を男の子につけたい!人気の漢字は?

「そうた」の名前におすすめの漢字は?男の子の人気の名前である「そうた」の名前に使われる「そう」と「た」の漢字の画数や由来を説明し、名前に込められる意味やイメージを紹介。「そうた」の名前の漢字を決める時は、総画数での姓名判断や苗字との画数のバランスもチェックしてみよう!

「そうた」という名前を男の子につけたい!人気の漢字は?

【そうた】は名前ランキングで人気の男の子の名前!

「そうた」という名前の人気は非常に高く、たまひよが行っている名前人気ランキングにおいては、2017年の男の子の名前の読み方ランキングで2016年の続き2年連続で第2位にランクインしているほどです。また、赤ちゃん本舗が行っている人気の名前ランキングでも、「奏太(そうた)」が2017年度には前年度の24位から一気に9位まで急上昇しました。

もともと「ユウタ」「コウタ」「リョウタ」など、「タ」で終わる男の子の名前は人気がありましたが、男の子の名前が昔と比べてかなり多様化している中で「ソウタ」という読み方が上位をキープしているのは、高い支持を集めているという証左でしょう。

人気の名前とは?ランキングから名付けの流行を知る!
人気の名前とは?ランキングから名付けの流行を知る!

【そうた】という名前の読みのイメージ

子供の名前を付ける漢字も大切ですが、名前の読みや響きが与えるイメージも大事にしたいです。「そうた」という読みの名前の人気の秘密を音のイメージから考えてみましょう。

「そー」と伸ばす音は大らかなイメージ

「そうた」は、声に出して呼ぶ場合は「そーた」と「そ」の音を伸ばして呼びます。「そー」と伸ばす音は、大らかな印象を与えてくれます。
男の子にとって、大らかなイメージはとてもプラスになります。

「た」は男の子らしい元気なイメージ

「た」が最後に付く男の子の名前は、パパママ世代が子供の時から人気のある名前の一つです。男の子の兄弟で全員に名前の最後に「た」を付けているケースもあります。
「た」が最後に付く男の子の名前は、元気いっぱいで男らしいイメージがあります。

【そうた】の名前の代表的な漢字表記&込められる意味や願い

た

「そうた」と読ませる名前の代表的な漢字表記とその意味について、ご紹介していきます。

「そうた」の名前に使われる漢字は幾通りもあり、止め字にあたる「た」だけでも一昔前は「太」が多かったですが、最近はバリエーション豊かになっています。まず、主な「た」と読ませる漢字の意味をご説明しておきます。

「太」の意味

画数は4画、音読みでは「フトイ」と読みます。
「太」は、「泰」を省略してできた漢字です。現在は、「太い」というイメージが一番最初にきますが、本来は「おおきい」・「豊かな」・「ゆったりとした」という意味があり、男の子らしい漢字です。

「汰」の意味

画数は7画、音読みでは「おごる」と読みます。
「汰」は、「水」と「太」を組み合わせた漢字で、「たっぷりの水」という意味を持ちます。
漢字の成り立ちから「ゆったりとした」・「豊かな」というイメージや淘汰という熟語から「選び分ける」というイメージがあります。

「多」の意味

画数は6画、音読みでは「おおい」と読みます。
「多」は「夕」を2つ合わせた漢字で、「夕」は肉の意味を持つのことから、肉が多いという意味から派生し、「おおい」という意味で使われるようになりました。

「大」の意味

画数は3画で、音読みでは「おおきい」と読みます。
「大」は、人が両手両足を広げて立つ様子を表わした漢字です。
「地位が優れている」・「おおきい」・「ひろい」など良い意味を持ち、たくましさや立派さをイメージできる漢字です。

颯爽としてたくましい男の子「颯太」

颯太

「颯太」は、2017年のたまひよ名付けランキンでも13位に入った人気の漢字の組み合わせです。「颯」の画数は14画なので合わせて、18画の名前になります。
「颯」は、風の吹く様を表わす漢字ですので、爽やかでキビキビと動く颯爽としたイメージがあります。「太」と組み合わせることで、爽やかでたくましく男の子らしい、名前になります。

まっすぐに・豊かな人生を歩んで欲しい!「蒼汰」

蒼汰

「蒼」は13画の漢字で、「蒼汰」は、20画の名前になります。
「蒼」は、草と倉を組み合わせた漢字で草を倉にしまう様子を表わしています。漢字の成り立ちから、草の青々と茂る様子がイメージでき、草のようにまっすぐに育って欲しい・地に足が付いた人生を歩んで欲しいという意味が込められます。
「汰」と組み合わせることで、まっすぐに豊かな人生を歩める力強い名前になります。

人を和ませられる豊かな心を持つ子に!「奏太」

奏太

「奏」の画数は9画で、「奏太」は、13画の名前です。
「奏」は、音読みの「かなでる」からイメージできるように、優雅な雰囲気のある漢字です。元々の由来は神様(天)に捧げるという意味がある漢字です。

「奏」は男の子の名前に使われる漢字の中では柔らかな印象のある漢字で、優しげな字です。「奏太」と2文字並べることで、人に安らぎを与えるような心の豊かな子になって欲しいという思いを込められます。

世界に羽ばたくグローバルな人になって欲しい!「湊大」

湊大

「湊」は、12画の漢字なので、「湊大」は、15画の名前になります。
「湊」は、音読みで「みなと」であり、人が集まる場所という意味を持つ漢字のため、良い仲間に恵まれる・湊から世界に羽ばたくというイメージがあります。
「湊」・「大」と組み合わせることで、世界に羽ばたく気持ちの大きい人になって欲しいという意味や自然と仲間が集まってくるような人になって欲しいという意味が込められます。

立派で心豊かな人に成長しますように!「壮太」

壮太

「壮」は、6画の漢字で、「壮大」は、10画と比較的画数の少ない名前になります。
「壮」は、戦士の「士」という文字が含まれており、「体が大きく丈夫な男性」の様を表わす由来があります。現在でも、立派な・はつらつとした・気力溢れるという、男性を褒める意味で使われる漢字です。
「太」という漢字と組み合わせることで、一段と男らしく立派な男性というイメージの名前になります。

聡明で心の大きな人になって欲しい「聡太」

聡太

「聡」は、14画の漢字で、「聡太」は、18画の名前になります。
「聡」は、「聡明な」という熟語があるように「賢い」という意味がある漢字です。「ゆったりとした」という意味をもつ「太」と組み合わせて「聡太」とすることで、知的かつ心の大きな頼りがいのある人という意味を込められる名前になります。
将棋の藤井聡太棋士もこの「聡太」の漢字ですが、落ち着きや知的な印象がまさにイメージ通りです。

新しいものを作り出す人になりますように!「創多」

創多

「創」は、12画の漢字で、「創多」は、18画の名前になります。
「創」は、倉をいちから作るという意味から作られた漢字で、「創」は、芸術センスがある・創造力に溢れた・創り出す力があるという、創造の分野に秀でたイメージがあります。
「創多」には、多くのものを創り出せる人になって欲しいという思いが込められています。

リーダーシップのある人に成長しますように!「宗太」

宗太

「宗」は、8画の漢字で、「宗太」は、12画の名前となります。
「宗」は、先祖を祭る場所という意味の漢字で、広い意味としては人々の中心になるものという意味があります。名前に、人を引っ張っていけるリーダーシップのある人に成長して欲しいという思いを込めたいなら、「宗」という漢字がピッタリです。「宗太」とすることで、リーダーシップのある大きな心を持った男性という印象になります。

思いやりのある心豊かな人になりますように!「想太」

想太

「想」は、13画の漢字で、「想太」は、17画の名前になります。
「想」は、木を目と心で見つめる様子を表わした漢字です。「想」には、人の気持ちがわかる思いやりのある人という意味があります。
優しさを表わす「想」とゆったりとした男らしさを表わす「太」を組み合わせた「想太」は、強さと優しさを兼ね備えた素敵な名前です。

たくましいく折れない心を持つ人に!「草太」

草太

「草」は、9画の漢字で、「草太」は、13画の名前になります。
「草」は、雑草などまさしく地面に生えている草。「草」という漢字からは、「雑草魂」という言葉があるように、踏まれても生え続ける雑草のようなたくましさをイメージできます。
たくましさの「草」に「太」という漢字を付けることで、たくましくそしておおきい人間になってくれますようにという意味を込められます。

明快で豊かな心を持つ人になって欲しい!「爽太」

爽太

「爽」は、11画の漢字で、「爽太」は、15画の名前になります。「爽」の画数はそれほど多くないですが、中学生になってから習う漢字です。

「爽」の音読みは「さわやか」、「爽」は音読みが示すように、さわやかで明快な様子を表わす漢字です。「爽」からは、笑顔が素敵で爽やかな男の子のイメージが沸いてきます。春~初夏にかけての爽やかな陽気に産まれた男の子におすすめの名前です。
「爽太」は、爽やかさと心の豊かさをあわせ持つ素敵な人になって欲しいという願いを込めるのにぴったりの名前です。

【そうた】の漢字を考える時には苗字との相性も大切に!

「そうた」という読みの名前に決めて漢字を考える場合には、漢字の意味や組み合わせだけでなく、苗字との相性も考える必要があります。
苗字との相性を考える時のポイントは、「総画数」と「苗字と名前のバランス」の2つになります。

総画数で姓名判断してみる

子供の名前を考える時に姓名判断の結果も決定の材料の一つにする人は、多いのではないでしょうか。特に男の子は、結婚しても苗字が変わらない場合が多く、一度決まった名前で一生を過ごすことが多いでしょう。

姓名判断は、苗字と名前の文字を合わせた総画数で行います。同じ「そうた」という読みの名前でも、名前に使う漢字が異なると姓名判断の結果は変わってきます。

「そうた」と読む良いと思われる漢字の組み合わせを考えたら、まず姓名判断をしてみましょう。姓名判断の結果をどこまで信じるかはその人次第ですし、実は流派によっても画数の数え方や漢字への考え方は異なり、すべての流派で「良い名前」というものはまず存在しません。

自分の名前もその流派で占ってもらったなどの理由があるのなら、姓名判断の結果が悪いので漢字を変えてみるのも良いですし、姓名判断の結果にかかわらずその子にあった素敵な名前だと思うのであればそのまま付けてあげても構いません。

名付けの姓名判断が気になる!画数の吉凶と名前の決め方
名付けの姓名判断が気になる!画数の吉凶と名前の決め方

苗字の画数と名前の画数のバランスを見る

「そうた」という名前の漢字を考える時に、気をつけたいのが苗字の漢字の画数と名前の漢字の画数のバランスです。

苗字に画数が多い漢字が使われている場合は、名前の漢字の画数も多くしてしまうと全体として重い印象を与えてしまいます。また、子供に将来「名前を書くのに時間がかかる」と文句を言われてしまう可能性もあります。

逆に、苗字の画数が少ない上に名前の漢字の画数も少なくなると、他の人の名前と並んだ時に少し間が抜けて見えてしまいます。

「そうた」の名前の漢字を考える時には、苗字と合わせてフルネームで書いてみて、お互いのバランスを見てみましょう。両親の名前と並べてみると、よりバランスがわかりやすいです。

【そうた】という名前の男性有名人は?

日本の「有名人の中にも「そうた」という名前の人はいます。有名なのは、俳優の福士蒼汰さんや棋士の藤井聡太さんです。

イケメン俳優として人気の福士蒼汰さん。テレビの画面から映るまっすぐな印象は、まさしく「蒼汰」という名前の通りです。

将棋界の最年少記録を続々と更新して話題になった藤井聡太棋士。まさに聡明といった印象で、名前のイメージにピッタリの人です。

福士蒼汰さんや藤井聡太さんの「そうた」という名前の字を見ると、名前はその人を表わすんだなと思ってしまいます。

【そうた】は海外で通じやすい名前?

子供には日本にとどまることなく世界中で活躍するような人になってもらいたいと望む親もいるでしょう。将来、子供が外国の人と接する時のことを考えると、外国の人でも発音しやすい名前にしておきたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

「そうた」は、「Sota」または「Sohta」というスペルになります。英語話者にとっては「そーた」はそれほど難しい発音ではありませんので、無理なく呼んでももらえます。

【そうた】という名前の男の子は「そうちゃん」と呼ばれるのが可愛い!

「そうた」という名前の男の子は、小さい頃はだいたい「そうちゃん」という愛称で呼ばれ、可愛らしいです。「そう」という読みがつく名前は、他にも「そうま」「そうすけ」など色々あり、やはり「そう」という響きは素敵です。

ぜひ、お子さんに「そうた」という名前をつけて、幼い頃は「そうちゃん」と呼んでかわいがってあげてください。

おすすめコンテンツ