マタニティライフを楽しむ過ごし方

マタニティライフを楽しむために!おすすめの過ごし方20選

マタニティライフを楽しむアイデアをご紹介します。妊娠中は体調も変わりやすく、行動も制限されがち。憂鬱な気持ちになってしまう妊婦さんは少なくありません。しかし、少し体調が良い日はおでかけしたり、自宅で趣味に時間を使うなどして、上手にリフレッシュしていきましょう!

マタニティライフを楽しむために!おすすめの過ごし方20選

マタニティライフを楽しめない人は意外と多い

赤ちゃんを授かり「マタニティライフを満喫しよう!」と思っていても、つわりなどの体調不良やホルモンバランスの急激な変化によるイライラ、出産や子育てへの不安、仕事の負担などが原因で、マタニティライフを楽しめずにいる人は意外と多くいます。

妊娠が「つらい」と感じた体験談~妊婦生活は楽じゃない!
妊娠が「つらい」と感じた体験談~妊婦生活は楽じゃない!

人生でわずかしかない、せっかくのマタニティライフは、できれば有意義な時間にしたいものです。マタニティライフを楽しむためのアイデアをご紹介します!

マタニティライフを楽しむ20の方法

マタニティライフを楽しむ方法は、1つではありません。自分の体調の無理のない範囲で、自分が「やりたい!」と思えることにチャレンジしたり、積極的に時間を使いましょう。

1.マタニティフォトを撮って思い出作り

芸能人にも人気のマタニティフォト撮影。素敵な衣装に着替えたり、メイクやヘアアレンジをしてもらったりするのも、女性にとってはとても楽しい時間です。旦那さんや上のお子さんと一緒に撮るのも、とても良い思い出になります。

マタニティフォトとは?妊娠記念に初めての家族写真を!
マタニティフォトとは?妊娠記念に初めての家族写真を!

最近は、大きくなったお腹に絵を描いてもらうマタニティペイントをして、マタニティフォトを撮影する人もいます。将来、産まれてきたお子さんに、ママがマタニティペイントをしている写真を見せてあげると、きっと喜んでくれるでしょう。

マタニティペイントはいつ誰にお願いする?安全に楽しむコツ
マタニティペイントはいつ誰にお願いする?安全に楽しむコツ

2.妊娠中にしかできないオシャレを楽しむ

ストライプのワンピースを着こなす妊婦

妊婦だからこそのオシャレ、いわゆるマタニティファッションを楽しむと、妊娠中のお出かけが楽しいものになるでしょう。

マタニティウェアに限らず、最近では大きめのゆったりデザインも流行しているので、妊婦さんでもオシャレな服装を楽しめるはずです。

マタニティファッション最強コーデ!海外ママのおしゃれ術
マタニティファッション最強コーデ!海外ママのおしゃれ術

妊婦向け雑誌には、オシャレな妊婦スタイルが多く掲載されています。真似をしてオシャレを楽しんでみるのも良いでしょう。

3.可愛いエコーアルバムを作る

妊婦健診でもらうエコー写真は、そのまま置いておくと劣化する恐れがあるので、アルバムにまとめておくことをオススメします!妊婦健診に付いて来られない旦那さんにや将来子供に見せてあげると喜んでくれるでしょう。

エコー写真の保存方法、アルバム作りのアイデア&画像集!
エコー写真の保存方法、アルバム作りのアイデア&画像集!

妊娠後期になると、エコーでも赤ちゃんの顔のパーツが判るようになります。また、4Dエコーを撮影してくれる病院もあり、胎児の様子がよりハッキリとわかります。

4Dエコー写真の料金&メリット!撮影はいつがベスト?
4Dエコー写真の料金&メリット!撮影はいつがベスト?

4.ベビーグッズ・ベビー服の買い物

ベビーグッズを買い揃える時間は、マタニティライフの中でもとても楽しいひとときになります。最近は、オシャレで可愛いベビー用品がたくさんあります。

ベビー服・新生児服の準備のコツは?人気ブランドも大紹介
ベビー服・新生児服の準備のコツは?人気ブランドも大紹介

体調がすぐれず、なかなか買い物に行けない方や近くにベビーグッズを販売しているお店が少ないという方は、色々なネットショップを比較して買い物してみましょう。

ベビー用品通販・高品質&おしゃれな人気3サイト徹底比較!
ベビー用品通販・高品質&おしゃれな人気3サイト徹底比較!

5.ベビーグッズの手作りに挑戦

手芸に興味がある方は、ベビーグッズを手作りしてみませんか?
ベビー肌着・ベビースタイ・おくるみなど、赤ちゃんグッズで手作りできるものは意外と多いです。ガーゼなどお気に入りの生地を購入して、世界で一つだけのベビーグッズを作ってあげましょう。

スタイを手作り!卵型・バンダナ型・超簡単スタイ3種の作り方
スタイを手作り!卵型・バンダナ型・超簡単スタイ3種の作り方
赤ちゃんに手作り肌着をプレゼントしたハンドメイド体験談
赤ちゃんに手作り肌着をプレゼントしたハンドメイド体験談

6.マタニティヨガ・マタニティスイミングを体験

妊娠安定期にはいると、軽い運動を楽しむことができます。
マタニティヨガやマタニティスイミング・マタニティビクスなどは、運動が苦手な方でも取り組みやすいです。体を動かすことは、良い気分転換になりますし、妊娠中の体重管理にも役立ちます。

マタニティヨガでリラックス!効果が期待できるポーズは?
マタニティヨガでリラックス!効果が期待できるポーズは?
マタニティビクスでリフレッシュ!体重管理にも効果あり!
マタニティビクスでリフレッシュ!体重管理にも効果あり!

7.ヘアスタイルをイメチェン

妊娠中に短めのヘアスタイルに替えてみるのもオススメです。
赤ちゃんが産まれてくると、なかなかゆっくりと入浴したり、髪を乾かす時間がとれないこともあります。また、美容室になかなか行けず、ヘアカラーまで時間が空いてしまうこともあります。

ネガティブに考えるのではなく、「短くても似合う髪形はないかな?」と出産を機にイメチェンする気持ちを大切にしましょう。

産後おすすめの髪形は?ロング派・ショート派ママの体験談
産後おすすめの髪形は?ロング派・ショート派ママの体験談

8.旦那さんと2人の時間を楽しむ

夫と手をつないで散歩する妊婦の妻

赤ちゃんが産まれてくると、夫婦でゆっくりと過ごす時間がとりづらくなります。妊娠中は、旦那さんと2人の時間を楽しみましょう。

子供がいるといけないようなお高めのレストランで食事をしたり、映画を見に行ったりなど、夫婦だけの生活を満喫してください。

9.友達と会っておしゃべり

妊娠中に、友達に会ってゆっくりおしゃべりを楽しむのも良いでしょう。気の合う友人とのおしゃべりは、妊娠中のストレス解消にも抜群の効果を発揮します。

ただし、自分や赤ちゃんの話ばかりしすぎないように注意しましょう。マタニティハイが原因で、相手に不快な思いをさせてしまうと、今後会いづらくなってしまいます。

懺悔!マタニティハイでやってしまった大失敗
懺悔!マタニティハイでやってしまった大失敗

10.外食を楽しむ・子連れで行きにくい店へGO

カフェに出かける妊婦

赤ちゃんが産まれたらなかなか行けない外食を楽しんで、マタニティライフを満喫しましょう。
体調が良い日を選んで、おしゃれなカフェやレストラン巡りをしてみるのも良いでしょう。妊娠中は、子供連れでは行けない子連れNGのお店に行く最後のチャンスです。

11.資格を取得する

妊娠中は、退職したり、産休に入ったりして、家で過ごす時間が長くなります。家でぼんやり過ごすのに飽きてきたら、空いた時間を利用して資格取得の勉強をするのもよいでしょう。資格があれば、出産や子育てでブランクがあっても、再就職する時に有利です。

妊娠中の資格取得がおすすめな理由!どんな資格がとれる?
妊娠中の資格取得がおすすめな理由!どんな資格がとれる?

12.趣味に時間を費やす

妊娠中は、自分の趣味に思いっきり時間を費やすのも良いでしょう。
子供が産まれてくると、自分の時間をとるのが難しくなります。マタニティ期間は、自分の趣味に没頭できるチャンスです。

13.映画館で映画鑑賞

妊娠中に、映画館での映画鑑賞を楽しんでおきましょう。

赤ちゃん連れでは映画館には基本行けません。預けて見に行く方法もありますが、様子が心配で上映中に携帯が気になるようでは、せっかくの映画に集中できません。

お腹が大きくなると、座りっぱなしの体勢が苦しく感じることもあります。体や足の位置を変えられるように、混雑していない時間を狙い、左右が空いている座席を選ぶことをオススメします。

妊婦が映画館に行くときの注意点~ホラーや4Dは大丈夫?
妊婦が映画館に行くときの注意点~ホラーや4Dは大丈夫?

14.家で映画やドラマなどをひたすら見る

妊娠中に医師から安静になどと言われて外出できず、つまらないと思っている方は、DVD鑑賞を思いっきり楽しむのも良いでしょう。

最近は、レンタルショップに行かなくても、毎月定額で見放題できるネットサービスもあります。連続ドラマをまとめてみたり、映画などを楽しみましょう。

妊娠中に見た映画!おすすめしたい一本はこれ体験談15
妊娠中に見た映画!おすすめしたい一本はこれ体験談15

15.宝くじを買って運試し

妊娠中は、宝くじを買ったり、懸賞に応募して、運試しをするのも楽しいです。よく妊婦さんは、赤ちゃんと2人分の運を持っているので、宝くじが当たりやすいなどとも言われます。

真相は定かではないですが、宝くじを買うことで、ワクワク感を味わえますし、もし少額でも当選すればハッピーな気分になれます。

妊婦は宝くじの当たりを引き寄せるの?妊娠中の体験談15
妊婦は宝くじの当たりを引き寄せるの?妊娠中の体験談15

16.ゆったりとした生活を楽しむ

妊娠中は、思いっきりダラダラするのも、一つの過ごし方です。
赤ちゃんが産まれると、赤ちゃんのお世話に追われて、バタバタと毎日が過ぎていきます。妊娠中は、思いっきり朝寝坊をしたり、お昼寝したり、パジャマで一日過ごしたりする日があっても良いでしょう。

17.出産のご褒美を決める

出産を無事に終えたら、妊娠期間をがんばったご褒美を自分で買ったり、旦那さんにプレゼントしてもらう妊婦さんもいます。マタニティライフを乗り切るために、出産後のご褒美を色々と検討してみてはどうでしょうか。バッグや時計などの装飾品、産後落ち着いてからのスパやエステなどが人気です。

出産のご褒美は物より思い出?何が嬉しかったですか?
出産のご褒美は物より思い出?何が嬉しかったですか?

18.時短家事・手抜き家事を実践

妊娠するとつわりなどで体が思うように動かず、今までのように家事をこなせなくなる人がいます。家事ができず、イライラしてマタニティライフが憂鬱なものになってしまうのは、とても残念です。

お茶を飲みながらお腹を触る妊婦

妊娠中は、家事を完璧にしようと思わず、自分の体調と相談しながらできる範囲でやっていきましょう。赤ちゃんが産まれると、さらに家事に時間と労力を費やせなくなってしまいます。

妊娠中のうちから、上手な手抜き方法を練習していると思ってください。「キレイにしないとストレスが溜まる!」という方は、体調が落ち着いてから、効率的な時短家事のやり方を研究するようにしましょう。

19.赤ちゃんの名前を考える    

出生届は、誕生後14日以内に提出する必要がありますから、妊娠中にある程度、名前の候補を絞っておく必要があります。

赤ちゃんの名前を考えるのは、ママやパパにとってとても楽しいひと時であり、マタニティライフの醍醐味です。名付けの本を購入したり、ネットでたくさんの候補一覧を見たりして、素敵な名前をつけてあげてください。

赤ちゃんの名付け、子供の人生に添う納得の名前を贈るには
赤ちゃんの名付け、子供の人生に添う納得の名前を贈るには

20.子供とやりたいことをリストアップ

子供が産まれたらやりたいことを想像するのはとても楽しい時間です。子供と一緒にやりたいこと、出かけたい場所、見せたい風景、体験させたいことをリストアップしておくと、これからの育児が楽しみになります。赤ちゃんが産まれてからも、そのリストにこれからの楽しみを書き込んでいきましょう!

おすすめコンテンツ