出産報告メールの相手別例文

出産報告メールの例文!失礼のない文面や送信時の注意点

出産報告をメールで行おうと考えている方へ。出産報告メールを送る時の優先順位や相手別の例文をご紹介します。出産報告をメールで行うのは便利ですが、文面など失礼のないように注意しましょう。

出産報告メールの例文!失礼のない文面や送信時の注意点

出産報告をメールで送ろう!職場・ママ友など送信先別例文集

待ちに待った我が子が産まれた時には、赤ちゃんの誕生をいち早くお知らせしたいという気持ちになります。そんな時に役に立つのがメールです。メールなら、手軽に多くの人に出産報告をすることができます。ただ、いざメールで出産報告をするとなると、どういう文面にすればよいのか悩んでしまう方も多いでしょう。

メールで出産報告をしようと考えている方のために、出産報告メールを送るタイミング・メールを送る時の注意点・写真の添付などについてご説明していきます。職場・ママ友・友人・親戚など、メールを送る相手別の例文もご紹介していますので、出産報告メールを送る時のご参考にしてください。

出産報告をメールはいつ送る

出産報告メールを送るタイミングは、送る相手により様々です。出産した後は自分が思っている以上に体力を消耗しています。まずは、自分の体を休めることが第一ですので、急いで多くの人にメールを送ろうとするのではなく、優先順位を付けて、メールをしていくと良いでしょう。優先順位の目安を送る時の注意点も含めてご説明していきます。

リビングでノートパソコンを使いメールを送っている女性

1.お互いの両親・兄弟

出産報告メールは、まずご自分と旦那さんの両親に送りましょう。両方の両親に一度にメールしても良いですし、ご自分・旦那さんと、それぞれの両親にメールするように手分けするのもよいでしょう。双方のご両親は、無事出産するだろうかと心配されていたでしょうから、名前など決まっていなくても、出産した当日にご連絡してください。病室は通話禁止になっているところが多いですので、手軽にできるメールはとても便利です。それぞれの兄弟には、両親に連絡後すぐにメールをすると良いでしょう。

2.親しい友人・ママ友

妊娠中も交流していた親しい友人や産院やプレママ教室などで知り合ったママ友など出産予定日を連絡している人には、出産当日でなくても早めに出産報告をするとよいでしょう。出産予定日を聞いていると、お相手の方も「まだ赤ちゃん産まれていないのかな?」と心配をしています。ママ友には、出産の様子も報告してあげると、参考になるかもしれません。同じ産院で出産予定の方には、産院の様子なども教えてあげるとよいでしょう。

3.職場関係

産休中の職場の上司や同僚にも、出産後数日したら取り急ぎメールで出産報告をしておきましょう。会社には、出産関係の手当などの手続きをお願いすることになりますので、早めに連絡しておくと人事・総務関係の方も早準備を進められるので助かります。

4.その他の友人

頻繁に交流していない友人には、退院後落ち着いてから出産報告のメールをすると良いでしょう。また、メールではなく出産報告はがきや年賀状で報告する方法もあります。

出産報告メールを送る時の注意

待望の我が子が誕生すると、多くの方にその喜びを伝えたいと思います。ただ、喜びが大きいあまりに、出産報告のメールで失敗したという方もいますので、注意してください。

赤ちゃんと日の出を背景にスマホを持って喜ぶ母親のイラスト

出産報告メールの失敗例

  • ずっと交流がなかった友人に突然ハイテンションな出産報告メールを送った
  • 子供がなかなかできない方に浮かれた出産報告メールを送ってしまった
  • 職場の上司へのメールなのに敬語をきちんと使わなかった
  • 忙しい友人に赤ちゃんの写真を何度も送った

出産報告メールを多くの人に一度に送る時に、気をつけたいのが「送信先のメールアドレス」の情報が他の方に漏れることです。同じメールで多くの人に報告する時には、送信先をお互いにメールアドレスが判っている人同士にしてください。送信先に、すべての送り先を入れてしまうと送ったすべての人に、全送信先のメールアドレスが判ってしまいますので、注意しましょう。

出産報告メールに写真を添付すべき?

出産報告メールを送る時に、写真を添付するべきか悩んでしまう方も多いでしょう。写真といっても、赤ちゃんだけにするか母子の写真にするかという悩みもあります。それぞれの関係性もあるでしょうからメールを送る相手により、写真を変えて柔軟に対応するのが一番良いでしょう。最近は、写真加工アプリを駆使すると写真に名前を入れることもできますので、活用してみるのもよいでしょう。

両親には母子の写真

ニッコリ微笑んでいる赤ちゃんと母親の写真

両親は、お孫さんの誕生だけでなく、娘が無事出産することができるかどうかとても心配しています。娘の出産後の元気な姿を見ると、安心するのではないでしょうか。自分の親なら入院中のお化粧をしていない姿の写真も送ることができます。

友人・ママ友には赤ちゃんの写真

白いニット帽を被った赤ちゃんの写真

女性なら出産直後の疲れた自分の顔をあまり人に見せたくないものです。写真を添付する場合には、基本的には赤ちゃんの写真だけで良いでしょう。産院の赤ちゃんを寝かせているベビーベッドには、「母親の名前・赤ちゃんの名前(決まっていれば)・出産日・出生体重」を記載した名札が付けられています。赤ちゃんの写真を撮影する時に、名札も一緒に写るようにしておくと、送られた方も写真を見ると赤ちゃんの名前などすぐに判ります。

職場関係には文章のみ

産休中の職場の方にメールで出産報告をする時には、写真を添付せずに文章のみの報告でも良いでしょう。もちろん、特に親しくしている同僚や同期入社の人には、赤ちゃんの写真を添えて報告すると喜ばれるでしょう。

出産報告メール例文【職場編】

産休中の職場の人へメールで出産報告をする場合には、無事出産したことの報告とともに、ご迷惑を掛けているお詫びも伝えておきましょう。会社のメールアドレス宛に出産報告のメールを送る場合には、仕事中に読むことを考えて簡潔な文章を心がけてください。

ご無沙汰しております。〇〇です。〇月〇日に、元気な男の子(女の子)を出産いたしました。妊娠中は、色々とお気遣いいただきありがとうございました。育休の間もご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりありませんでしょうか。
〇月○日、無事出産いたしました。〇〇〇〇gの元気な女の子で名前を〇〇と名付けました。産休・育休中は、職場の皆様には、ご迷惑をおかけしいたしますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

出産報告メール例文【ママ友編】

ママ友や妊娠中に交流があったプレママ友への出産報告は、同じ子供を持つまたは妊娠中の仲間同士なので、メールの文章を考えるのも比較的楽という方も多いのではないでしょうか。ただ、いくら親しい仲でもメールを送り時間帯だけは気をつけましょう。

新生児は、昼夜関係なく授乳をしますので、ママも生活リズムが乱れてしまいます。つい、夜遅くまで起きていてメールをしたくなる時もあるでしょうが、子育て中の方は子供と一緒に早く寝る人も多いですので、お相手の迷惑にならないような時間帯にメールしてください。

こんにちは!
〇月〇日、元気な男の子の赤ちゃんを出産しました。母子ともに健康です。
こちらの産院は、助産師さんも親切で、食事も美味しいので楽しく過ごしています。
〇〇さんも、もう少しで出産ですね。お互いの赤ちゃんを対面させる日を楽しみにしています!

こんにちは。
昨日、無事女の子を出産しました!妊娠中は、〇〇(上の子)を預かってもらうなど、大変お世話になりました。退院したら、ぜひ赤ちゃんの顔を見に来てくださいね!

出産報告メール例文【友人編】

遠方に住んでいたり、お互いの生活リズムが違うなどの理由で中々会うことができない友人(学生時代の親しい同級生)にも、メールで出産を知らせる方も多いです。ただ、妊娠を知らせていない友人に、いきなり出産報告のメールを送るとビックリされてしまいます。そのような関係なら、年賀状や出産報告はがきでお知らせする方法でいいかもしれません。
最近は、年賀状のやりとりも少なくなってきていますので、年賀状で出産報告をしない人には、メールで連絡しておくとよいです。仕事をしている人にメールをする時には、就業時間は避けるなど、お相手の迷惑にならない時間を選んで送ってください。

ご無沙汰しています。〇〇です。
〇月〇日、長男〇〇を出産しました。
これからは、先輩ママとして子育てのこと色々教えてくださいね。
また、お会いできる日を楽しみにしています。

こんにちは。ご無沙汰していますが、お元気ですか?
昨日、元気な男の子の赤ちゃんを出産しました。名前は、〇〇と言います。
里帰り出産で1ヶ月ほど実家にいますので、是非、遊びに来てください!

出産報告メール例文【親・親戚編】

メール送信にノートパソコンを使っている女性

親には子供が生まれたらできるだけ早く連絡してください。自分の親には、内容は簡潔に要点だけを伝えておきます。旦那さんの両親へのご連絡は、旦那さんのお任せできるようならそれが一番ですが、ご自分で連絡する場合には、簡潔になりすぎないようにしましょう。

〇時〇分、○○○〇gの女の子が誕生しました。母子ともに健康です!

お義母さん、こんにちは、〇〇です。
〇時〇分、無事男の子が産まれました。〇〇〇〇gの元気な男の子の赤ちゃんです。母子ともに元気ですので、お時間ありましたら赤ちゃんのお顔を見に来てください。面会時間は、平日〇時~〇時、休日〇時~〇時になります。

子供を希望している治療中の方へのメールでの出産報告

出産報告をメールで行う時に気をつけたいのが、子供を授かるために治療している方への連絡です。最近は、女性の結婚年齢が上がっているため治療をして子供を授かるご夫婦が多くなっています。一人目は自然妊娠したのに様々な理由で二人目がなかなかできないケースもあります。短い治療期間で子供を授かる人もいますが、中には長期間治療を続けても、なかなか子供を授かることができない方もいます。

治療中は、周囲の妊娠や子供の話にどうしても敏感になってしまいます。あまり浮かれた出産報告のメールを送ってしまうと、お相手を深く傷つけてしまう可能性があります。ただ、何も報告しないのも不自然ですので、浮かれすぎた内容にならないように、出産のご連絡だけはしておきましょう。

出産報告メールへの返信への対応

ソファに座りスマホを見ている女性

出産報告のメールを送ると、お相手の方から「おめでとう!」などと返信が来ることが多いです。律儀な方は、返信メールに対しても「お返事を返さないと!」と思ってしまうかもしれませんが、出産直後はじっくり体を休めることが第一ですので、特に急ぎの用件意外はお返事しなくても大丈夫でしょう。

過去に出産を経験した方は、返信メールを頂いた時に、「返信不要です!」とのメッセージが添えられていた心遣いがとてもありがたかったという人がいます。もし、ご自分が出産報告メールに返信をする時には、「返信不要」のメッセージを添えて送ると良いでしょう。

出産報告メールの手間を少なくする方法

出産直後は、赤ちゃんの授乳間隔も短く、その間にオムツ替えなどもする必要があり、意外とママがベッドでゆっくりしている時間が短いものです。出産報告のメールばかり送っていると、すぐに時間が過ぎてしまいます。

メールで出産報告をする時には、グループで送ることができる相手には纏めてメールを送るようにすると、送るメールの件数をかなり少なくすることができます。「親・兄弟」・「ママ友」・「職場関係」・「学生時代の友人」など、いくつかのグループに分けて送るとよいでしょう。

出産報告はがきも活用しよう

出産報告は、メールですると手軽でコストもかかりませんが、はがきでの出産報告が喜ばれる場合があります。電子機器が得意でないシニア世代の方(親戚など)には、少し遅くなっても良いのではがきで出産報告をするとよいでしょう。

出産報告はがきを送ろう!送り先別の例文とはがきの作り方
出産報告はがきを送ろう!送り先別の例文とはがきの作り方

出産報告はメールが便利で早い!

出産報告は、メールが早くて手軽なので便利です。メールなら、子供が誕生した喜びがよりストレートに相手に伝わりやすいので、親しい方にはメールでの出産報告がおすすめです。出産報告をメールでする時には、送る相手にあった内容のメールを送るように気をつけてください。ただ、退院後の赤ちゃんとの生活に備えて入院中は体を十分に休める時です。入院中は、必要最低限の相手だけにして、急ぎでない人には、退院して落ち着いてからのメール連絡にするとよいでしょう。

おすすめコンテンツ