バースプランとは?

出産が楽しみになるバースプランとは?

バースプランとは、妊婦がどのような出産をしたいか、夫の立ち会いの有無、陣痛中の過ごし方、会陰切開などの医療措置に関する希望を記した「お産の計画書」です。帝王切開の場合でも作成可能で、授乳などの育児指導への希望も含められます。バースプランはいつ作るのか、用紙の形式や内容を解説。

出産が楽しみになるバースプランとは?

バースプランとは?

バースプランとは、妊婦さんがどのような形で赤ちゃんを産みたいか、出産方法や陣痛時の過ごし方、産後の処置などに関する希望を記した「お産における計画書」です。妊婦さん自身が用紙に「こんなお産にしたい」という希望を書き記し、産院へ提出します。

バースプランは、英語で「Birth Plan」と書き、直訳すると「出産計画書」という意味です。
バースプランの提出は、アメリカの産科では一般的であり、最近では日本の産院でも、妊婦さんへの提出を求めることが増えています。

バースプランのメリット

バースプランを考えてる妊婦さん

バースプランには、どのような意義があるのでしょうか?妊婦側、産院側にもたらすメリットをご紹介します。

詳細かつわかりやすく出産の希望を伝えられる

出産においては色々と決めなくてはいけないことがあります。例えば、立ち会い出産の有無もその一つですが、「立ち会いはしたくない」「夫はいいけど、他の人は嫌だ」「夫だけでなく、上の子や母に居てほしい」など、妊婦さんによって希望はバラバラです。

バースプランを明確に記しておけば、「立ち会い出産したい。ただし、夫だけでそれ以外の人は分娩室に入れないでほしい」など、自分の正確な希望を産院側に伝えられます。

産院と妊婦の相互理解に役立つ

陣痛中の妊婦は質問に答えるのも一苦労ですし、出産当日は周囲もバタバタしています。バースプランは、産院にとっても「〇〇はどうしますか?」と妊婦に尋ねる手間が省けますし、伝達のミスがなくなるというメリットもあります。

出産が楽しみになる

出産は赤ちゃんとの感動的な対面の場には間違いありませんが、同時に強い痛みを伴い、「出産が怖い」と思う人は初産婦、経産婦を問わず少なくありません。バースプランを作成すると、出産に関して具体的にイメージでき、赤ちゃんに会えるのが楽しみになるという人は多いです。

バースプランは、陣痛時の過ごし方や出産方法だけでなく、カンガルーケアの有無や産後の赤ちゃんとの過ごし方、母乳育児に関する希望も記せます。

産後の満足感に繋がる

出産の思い出というのは、女性にとって特別なものです。バースプランを準備して臨んだお産は、すべてが計画通りいかなかったとしても、事前に出産への心の準備をさせ、その思い出をより印象深いものにしてくれます。

産後ママの身体は疲れ切っていますが、お産を終えて精神的な充足感があるなら、前向きに育児のスタートを切りやすいでしょう。

バースプランのデメリット

落ち込んでる妊婦さん

バースプランは、妊婦が出産への心の準備をするためにも、産院と妊婦の相互理解のためにも意義のあるものです。しかし、バースプランにこだわり過ぎることはおすすめできません。

バースプラン通り進むとは限らない

バースプランは、あくまで「計画」であり、妊娠中の「希望」に過ぎません。産院側も、できるだけバースプランに沿うための努力はしますが、母子の安全が第一と考え処置を行いますから、それが妊婦の当初の考えと異なる可能性もあり得ます。

自然分娩を希望していても、赤ちゃんと母体の状態を考慮し、帝王切開を検討される可能性もありますし、出産の進行状態によっては緊急帝王切開への移行もあり得ます。また、無痛分娩、母子別室(同室)、カンガルーケアなど、産院によっては対応できない希望もあります。

こだわり過ぎると落胆や怒りに繋がる

バースプランを提出していたのに、産院側の伝達ミスによって、望まない事態に直面するケースもありえます。例えば、「立ち会い出産はしたくない」という希望を出していたのに、看護師さんが夫を分娩室に招きいれてしまったケースなどがあります。

「せっかくバースプランを提出したのに」という気持ちは理解できますが、母子ともに健康に、出産が進むのが1番大事なことです。バースプランはあくまで希望計画書として割り切り、こだわりすぎないように、過ぎてしまったことは水に流しましょう。

バースプランはいつ書く?提出はいつまで?用紙は?

バースプランに積極的に対応している産院の場合、妊娠8~9カ月頃に産院規定の用紙を渡されることが多いです。当てはまる設問に〇をつけるチェック項目があり、その他の希望を自由記述できるタイプが一般的です。正産期に入る妊娠37週までの提出を求められます。

産院からバースプランについて説明がなにもない場合、自分からバースプランを持ち込んでもいいか尋ねてみましょう。細かなバースプランには対応していない病院でも、立ち会いや会陰切開、カンガルーケアなどの希望は聞いてもらえることも多いので、バースプランとして希望を明確な形に残しておくことは可能です。こうしたケースでは、用紙の形式は自由です。好きなノートを使用したり、パソコンのワードで作成してもいいでしょう。

バースプランの内容7項目

バースプランの内容7項目

バースプランに対応している産院の場合、規定の用紙を渡されることも多いですが、中には「好きに書いてきていいよ」と指示されたり、用紙がほぼ白紙で自由記述のみといったケースもあり得ます。

バースプランはどのように書けばいいのか、押さえておきたいチェック項目を紹介します。
また、予定帝王切開の場合のバースプラン作成のポイントもまとめました。

希望する出産方法~「経膣分娩」にも種類がある

日本では、母体や胎児に問題がない場合、経膣分娩が一般的ですが、経膣分娩の体勢には様々な種類があります。座った状態で行う座位分娩、妊婦さんが好きな体勢をとるフリースタイル分娩などが近年では話題です。

他に陣痛の痛みを麻酔で和らげる無痛分娩(和痛分娩)、プールの中で行う水中出産などがありますが、水中出産に関しては、対応している産院は日本ではごくわずかです。

出産の体勢以外にも、分娩室に音楽をかけていい産院もありますので、希望がある場合は、忘れずにバースプランに記しておきましょう。出産の様子をビデオで撮影したい場合も、バースプランに記した上で事前許可をとりましょう。

出産方法はいろいろ!~自分なりのお産スタイルを選びたい~
出産方法はいろいろ!~自分なりのお産スタイルを選びたい~

立ち会い出産の有無~誰が、いつ、どのように?

立ち会い出産を希望するかどうか、希望する場合は誰か、どのタイミングで分娩室にいてもらうかなどを書きましょう。

  • 立ち会い出産は希望しないが、赤ちゃんが生まれたらすぐに呼んでほしい
  • 夫のみ立ち会い希望で、最初から最後まで分娩室にいてほしい
  • 夫の立ち会い希望だが、できるだけ顔のそばにいて動かないでほしい

立ち会い出産に関しては、夫婦や家族で事前に話し合っておきましょう。

立ち会い出産てどうなの?ママパパのメリットとデメリット
立ち会い出産てどうなの?ママパパのメリットとデメリット

陣痛時の過ごし方~付き添い人や部屋の環境

分娩台に移動する前の待機時間中の過ごし方に関しての希望を書きましょう。

  • 付き添ってほしい人
  • 部屋の明るさや室温
  • 音楽をかけて過ごしたい
  • アロマの香りで部屋を満たしたい
  • ラマーズ法やソフロロジーなど呼吸法の希望
  • 浣腸の有無、陣痛促進剤の使用に関して

ラマーズ法やソフロロジーなど自分がリラックスできる呼吸法があれば事前に伝えておく、産院が推奨する呼吸法があれば教えてほしいなど、バースプランを通して陣痛の痛みを緩和する方法を尋ねるのもおすすめです。

陣痛中に浣腸をするか、陣痛促進剤の使用に関してどう考えているかなど、医療行為に関する希望も書いておくといいでしょう。

陣痛の痛みの逃し方 呼吸法など8つの痛み軽減方法とグッズ
陣痛の痛みの逃し方 呼吸法など8つの痛み軽減方法とグッズ

分娩時の処置~医療措置に関して

分娩に関しては、会陰切開などの医療措置の希望を中心に書きましょう。「できるだけ自然な形で産みたいので医療措置は控えめにしてほしい」という希望もできます。ただし、母子の安全が優先されますので、希望通りいかないことも多い部分ではあります。

夫など付き添いの人にへその緒を切らせてくれることもありますが、安全性を考えてNGとする産院もあります。

  • 会陰切開を希望する・しない
  • 夫にへその緒を切らせるのは可能か

「なにが行われているかわからないと不安になる…」という方は、お産の進み具合をできるだけ教えてほしいと希望するのも良いでしょう。

会陰切開の痛みはどのくらい?切開の痛み具合~術後の経過
会陰切開の痛みはどのくらい?切開の痛み具合~術後の経過

赤ちゃんとの対面~カンガルーケアの有無や思い出作り

母親の指を握る生まれたばかりの赤ちゃん

生まれたての赤ちゃんをすぐに抱っこしたい、抱っこして授乳がしたいなど、カンガルーケアを希望する場合はバースプランに書いておきましょう。ただし、カンガルーケアはリスクもありますので、希望しなくても構いませんし、産院の方針でおすすめされないケースもあります。

カンガルーケアをしなくても、生まれた赤ちゃんの顔を見て、ベッドに寝かせた状態で触ることも可能です。ただし、赤ちゃんに少しでも元気がない場合は、医療処置がとられます。

  • カンガルーケアを希望する/しない
  • カンガルーケアは希望しないが、赤ちゃんに触りたい
  • 家族で写真を撮りたい
  • 胎盤を見たい

出産直後の大事な親子の初対面の時間です。赤ちゃんとパパと3人で写真が撮りたい、夫以外の親族を入室させるタイミングなど、しっかりと記入しておきましょう。

また、少し変わったところでは、事前に希望すれば、胎盤を見せてくれる助産師さんもいます。海外では胎盤を食べる風習がある地域もありますが、日本では胎盤は医療廃棄物となりますので、貰うことはもちろん食べさせてもらうなんてことはできません。胎盤と赤ちゃんをつなぐ臍帯から取れる臍帯血は、白血病の治療などに使われており、臍帯血バンクに提供することができる病院もあるので確認してみましょう。

入院中の過ごし方~母子同室?別室?面会は?

産後は、経膣分娩では3~4日、帝王切開では1週間~10日ほど入院するのが一般的です。入院費用が高くなりますが、「個室が良い」「シャワー付きの部屋が良い」などの希望がある場合は、事前にバースプランに記入の上、申し込んでおきましょう。母子同室か別室か選べる産院もあります。

入院中、家族以外の面会は通さないようにしてもらう、プライバシーが気になるので病室前に名前を提示しないなどの対処をしてくれる病院もあります。

赤ちゃんのお世話~授乳や沐浴指導は受ける?

産後の入院期間中は、助産師さんや看護師さんに授乳や沐浴の方法を教えてもらうのが一般的です。
「母乳育児を希望する」「混合栄養でも良いと考えている」「完全ミルク育児を予定している」など、事前に育児の希望を記しておくと、助産師さんも対応しやすいはずです。

経産婦さんの場合、特別な指導をしない方針の産院もありますが、「改めて指導を受けたい」という希望もOKです。

赤ちゃんの沐浴|基本の洗う順番・安心感が伝わる洗い方
赤ちゃんの沐浴|基本の洗う順番・安心感が伝わる洗い方

予定帝王切開のバースプランのポイント

帝王切開について医者と相談している妊婦さん

双子などの多胎妊娠や逆子で予定帝王切開の場合でも、バースプランを書くことは可能です。
経膣分娩と違い、陣痛時の過ごし方等のプランが必要ない代わりに、手術に関する項目を追加しましょう。

手術に関するバースプラン

帝王切開の場合、縦切りと横切りどちらにするか、傷跡の縫合方法など、事前に主治医の先生とよく相談しておくことはバースプランの一環として捉えていいでしょう。

経産婦さんで2回目、3回目の帝王切開の場合は、前回の手術中に麻酔で気分が悪くなった経験はないか、傷跡の痛みの経過はどうだったのか、伝えておきましょう。看護学生の見学の可否を病院側らから打診されるケースもあります。

予定帝王切開の場合、多くは局所麻酔によって執り行われます。手術中、痛みはありませんが、意識はありますので、できるだけ手術の進捗を説明してほしいなど、少しでも不安が和らぐようにお願いしましょう。

局所麻酔の場合、先生が赤ちゃんを取り出せばそのまま赤ちゃんとの対面が可能です。対面時には眼鏡をかけたい、一緒に写真を撮ってほしいなどの希望があれば相談しましょう。

帝王切開の麻酔とは?全身麻酔・局所麻酔の種類と副作用
帝王切開の麻酔とは?全身麻酔・局所麻酔の種類と副作用

帝王切開でも立ち会い出産は可能!?

帝王切開でも立ち会いができる病院もありますので、希望する方は伝えておきましょう。ビデオカメラの持ち込み可の場合、撮影希望は事前に申し出てください。

帝王切開の立ち会いの場合、基本的に腹部はカーテンで覆われていますが、うっかり見えてしまうケースもあります。血が苦手なパパは遠慮した方が賢明なケースもありますので、よく相談したうえで、バースプランを決めましょう。

帝王切開で立ち会い出産はできるけど無理は禁物!体験談10
帝王切開で立ち会い出産はできるけど無理は禁物!体験談10

帝王切開で入院中のバースプランは経膣分娩とは違う?

帝王切開での出産後、ママは麻酔が切れると「傷跡の痛み」と子宮が戻ろうとする「後陣痛」の両方に耐えなくてはいけません。産後、24時間は尿管を入れて、トイレにも行けません。ただし、術後の血栓症を防ぎ、身体の回復を早めるためには、できるだけ早くベッドから起きて動いた方が良いので、絶対安静という訳ではありません。

帝王切開のリスクとは?術中・術後の母体と赤ちゃんへの影響
帝王切開のリスクとは?術中・術後の母体と赤ちゃんへの影響

帝王切開の入院中のバースプランとしては、母子同室を希望するか、痛み止めの処方や面会をいつから可にするかなどが挙げられます。

バースプランで出産が楽しみになる!

バースプランは、絶対に立てる必要があるものではなく、産院によっては個人的なバースプランへの対応はしていないケースもあります。しかし、そういった場合でも、自分がどんな出産を望んでいるのか、赤ちゃんとの初対面をどのように過ごすか、考えることは無駄ではありません。

バースプランは、自分の出産への心の準備はもちろん、夫を中心とした家族が出産をどう捉えているか知る良い機会にもなります。お産が計画通りいってもいかなくても、バースプランを立てることで、出産という思い出をより深く心に刻めるはずです。ぜひ取り組んでみてください。

おすすめコンテンツ