ひらがなの名前をどう思う?

ひらがなの名前のメリットとは?女の子のかわいい名前例

ひらがなの名前のメリット&デメリットとは?女の子に人気のひらがなの名前ですが、姓名判断で運勢が悪いといわれることもあります。姓名判断での平仮名の扱いや男の子にひらがなの名前は向かないのか解説。日本の歴史にちなんだ古風な名前、植物や四季をイメージするかわいい女の子の名前例も紹介!

ひらがなの名前のメリットとは?女の子のかわいい名前例

ひらがなの名前を付けるメリット

ひらがなの名前は優しく柔らかい印象になるため、とくに女の子の名付けの際に候補に挙がることが多いでしょう。

ひらがなの名前と漢字の名前、どちらが良いということはありませんが、ひらがなの名前には漢字の名前にはないメリットもあります。

ひらがなの名前は読み間違えや書き間違えが滅多にない

授業を受ける小学生女児

ひらがなの名前は読み間違えをされずにすみます。読みが難しい漢字の名前だと、初対面の時は正しく読まれない場合が多いですが、ひらがなの名前だと間違えられることがありません。

また、漢字の名前だと漢字を書き間違えられる可能性もありますが、ひらがなだと書き間違えもなく、電話口でも「ひらがなです」といえば簡単に伝わります。

苗字の読み方が難しく一度で読んでもらえないような場合、せめて名前は読みやすいものにしたいと考える方も多いと思いますが、ひらがなの名前ほど簡単で伝わりやすいものはありません。

名付けの漢字に悩まないですむ

ひらがなの名前だと、名前の漢字選びに悩む必要がありません。
名前を決める時に、読みは決まっても、使う漢字が決まらないこともあります。苗字とのバランスや画数による姓名判断なども考え始めると、名前の漢字選びは難しいものですが、その点ひらがなの名前は、読みが決まると名前が決まるのでスムーズです。

女の子らしい優しい印象がある

あおいちゃん

ひらがなの名前は、女の子らしい優しい印象を与えてくれます。
同じ読みの名前でも漢字とひらがなでは、印象が異なります。特に、漢字を3つ使う女の子の名前は少し重い印象を受けますが、ひらがな3文字にすると一気に柔らかくて優しい雰囲気になります。

ひらがなの名前を付けるデメリット

ひらがなの名前は素敵ですし、女の子の名前としては珍しいものでもありませんが、漢字の名前と比べると少数派ではあります。そのため、時にはひらがなの名前にデメリットや物足りなさを感じることもあります。

将来子供に「漢字の名前が良かった」と言われる可能性がある

赤ちゃんにひらがなの名前を付けた場合、幼児期は良いのでしょうが、小学校に入り漢字を覚えていくにつれて「自分も漢字の名前にして欲しかった」と言うことも考えられます。

ただ、学童期というのは他人と自分を比べたり、相手が自分よりも恵まれているように思い込みがちです。子供に漢字の名前が良かったと言われたときに、ひらがなの名前にした理由や親の思いをきちんと話してあげれば、いずれは納得してくれることも多いでしょう。

軽い・頼りないイメージをもたれやすい

優しい笑顔のすみれちゃん

ひらがなの名前は親しみやすいのですが、漢字の名前と比較すると軽くて頼りないイメージにとられる可能性もあります。特に男の子でひらがなの名前は少数派でしょうから、違和感を覚える人もいます。

ひらがなの名前が持つ優しいイメージは子供の頃は男女問わず良いのですが、社会に出て働くようになると職業や地位的に「物足りない」と本人が感じることもあり得るのです。

名前に意味を込めにくい

平仮名は音節文字といって、音そのものをあらわす文字であり、漢字のように一字一字には意味がありません。そのため、ひらがなの名前は、漢字の名前に比べて、名前に明確な思いを込めにくい傾向にあります。

漢字だと、賢い子に育ってほしいから「賢」、人と人を結び付け優しく包み込む存在でいてほしいから「結衣」など、シンプルな解釈もできるし、漢字の持つ意味や字源から派生させて名前に願いを込めることもできます。

ひらがなの名前は「言葉」として意味やイメージがあるものが良い

はる

とはいっても、ひらがなの名前だって二文字以上のはずですから、単なる音の羅列ではなく1つの言葉として意味を持たせることはできます。

ひらがなの名前の場合は「あかね=茜色からつけたのかな?」「はる=春や陽?爽やかで明るい子っぽい名前だな」など由来となったものが連想できたり、明るい・優しいなどの何らかのイメージと結びついている言葉を使うのがオススメです。

ひらがなの名前をつける時のヒント

ひらがなの名前を付けたいけど良い名前が浮かばないという方のために、ひらがなの名前を付ける時のヒントをご紹介します。

日本の歴史上の書物や文学作品にちなんだ名前にする

日本の歴史上の書物には、優しい響きのひらがなの言葉が出てきます。
平仮名は日本独自の文化ですから、万葉集・百人一首などに出てくる言葉から、イメージに合うものを見つけてあげるのも素敵です。

古風で和風な名前のおすすめ!人気の漢字やひらがなの名前
古風で和風な名前のおすすめ!人気の漢字やひらがなの名前

花や木など植物を参考にして名付ける

かりん、つばき、なずな

日本の花など植物の名前から、お好きな花を選んで名付けてあげると、可愛い女の子の名前になります。日本には、様々な美しい花が咲きますが、可憐な小さな花・一輪でも華やかな花など、花にはそれぞれの美しさがあります。

植物をイメージするひらがなの名前

さくら、すみれ、もみじ、あおい、ゆず、かりん、つばき、なずな、つくし、かえで、ひまわり、くるみ

子供の産まれた季節をイメージできる名前にする

お子さんの産まれた季節にちなんだ名前をひらがなで付けてあげるのも、良いアイディアです。その季節に盛りを迎える植物の名前という考え方もあります。

日本には四季があり、それぞれの季節が与える印象も異なります。お子さんの名前から、生まれた四季や日が想像できるのも素敵です。

季節に関係するひらがなの名前

【春生まれ】はる、みはる、はるな、ひなた
【夏生まれ】なつ、うみ、なぎさ
【秋生まれ】みのり、みのる、もみじ、あかね
【冬生まれ】ゆき、ゆきな、ゆきの

【優しい印象を与える】ひらがなの女の子のかわいい名前

苺を食べるさやかちゃん

ひらがなには優しい響きがあり、女の子の名前としてかわいいイメージのものが多いです。漢字にはない優しい印象を持たせられるひらがなの名前の一例をご紹介します。

優しくて爽やか「さやか」

「さやか」というひらがなの名前は、とても優しげで爽やかな印象を与えてくれます。
「さやか」という読みで漢字3文字の名前も見かけますが、画数が多くなり少し重いイメージがあります。ひらがな3文字で「さやか」と書くと、スッキリとしますし優しいイメージになってくれます。

男の子に使われやすい名前もひらがなで優しく!「みつき」

「みつき」と言う読みの名前は、男の子にも使われる名前です。名前の最後に「き」が付くと男の子っぽいイメージがあり、例えば漢字で「光輝」と書くと男の子の名前の可能性が高いですが、ひらがなで「みつき」と書くとぐっと女の子らしい印象に変わります。
女の子の名前なら「美月」など「月」をイメージするので、秋生まれの子には特にピッタリです。

優しくて書き間違えもなし!「まなみ」

高校生のまなみ

「まなみ」ちゃんは、女の子らしい柔らかいイメージの名前です。
漢字3文字や2文字を使って「まなみ」と読む名前もありますが、使われる漢字が多くあり、漢字の名前だと書き違えをされる可能性も高くなります。
ひらがなの「まなみ」だと、書き間違いもありませんし、漢字を説明する手間も省けます。

【日本の歴史や文化に関係する】ひらがなの女の子の古風な名前

古風なひらがなの名前を付けたい場合は、日本の歴史や文化にちなんだ名前にすると素敵です。キラキラネームと呼ばれる珍しい名前に対して、古風な名前はシワシワネームと呼ばれることがありますが、あえて古風な名前を選んで付ける方もいます。

上品で優雅な名前「みやび」

古典の文献には、よく「雅やか(みやびやか)」という素敵な言葉が登場します。優雅や奥ゆかしいという意味に使われる言葉です。「みやび」とひらがなで書くと優雅な中にも優しさがにじみ出る素敵な名前になります。

古典では「かをる」と表記「かおる」

美形のかおるちゃん

万葉集や平安時代の文献では、「かをる」と表記されていた「かおる」も、素敵な名前です。
「かおる」という単語は、美しい香りという意味を持つだけでなく、つややかな見た目の美しさを表わす言葉でもあります。

源氏物語の「葵の上」にちなんだ「あおい」

あおいちゃん

葵(あおい)はアオイ科の植物を表しますが、日本では源氏物語の光源氏の正妻として「葵の上」という名前の女性が登場しますし、徳川家の家紋は「三つ葉葵」であり、日本の歴史的にもなじみ深い植物のひとつです。

「葵」は、たまひよの名前ランキングでも2017年には女の子の人気の名前2位にランクインしている人気の高い名前ですが、ひらがな表記は比較的珍しいので周りとかぶらず良いでしょう。

葵がつく名前をつけたい!字の意味&男の子と女の子の名前
葵がつく名前をつけたい!字の意味&男の子と女の子の名前

糸をつむぐ「つむぎ」

日本では古くから蚕を育てて糸をつむぐという伝統技術があり、こうした技術により作られる織物のひとつに「紬(つむぎ)」があります。「つむぎ」という名前には、糸を紡ぐという行為から、人との縁をつむぐ・希望をつむぐという意味も込められます。優しさがあり、人との縁に恵まれた人生を送ってほしいといった願いを込められます。

紬(つむぎ)という名前を子供に付けたい!紬の意味や字画
紬(つむぎ)という名前を子供に付けたい!紬の意味や字画

「いろはにほへと~」だれもが口ずさむ「いろは」

現代のあいうえお表に近い意味を持つ「いろは」歌は、当時のひらがな47文字を重複させずに、一つの歌として詠んだものです。

「いろはにほへとちりぬるを~」で始まるこの歌は、日本人とっては馴染み深く、いろは歌そのものが平仮名の学習に使われたことから、「物事のいろは」というのは「初歩や大切な基本」を意味する言葉でもあります。

ただし、いろは歌の作者は諸説ありますが、仏教の「諸行無常(栄えていたものもいつかは廃れてしまいこの世は流れていく)」と関連が深く、あまり前向きな意味に受け取らない人もいます。「いろは」という名前の響きはとても魅力的ですが、歌の持つ背景も調べたうえで決断しましょう。

おすすめコンテンツ