「あかり」の名前に使える漢字&意味

「あかり」の名前に使える一文字・二文字・三文字の漢字例

「あかり」の名前に使える漢字を紹介。「あかり」は漢字一文字で表わせますが、二文字、三文字にしてより深い意味や由来を込めても素敵です。「あかり」という名前のイメージや女の子の名前としての人気度、男の子の名前になるのか解説。女の子ならひらがなの名前にしてもかわいいです!

「あかり」の名前に使える一文字・二文字・三文字の漢字例

「あかり」と読む名前を付けたい!「あかり」の名前は女の子に人気!

「あかり」は、やさしく前向きなイメージのする名前です。女の子につけられることの多い名前の1つで、2017年の人気の名前ランキングによると、明治安田生命の女の子の名前の読みで第3位にランクインしています。

名付けはどのような思いを込めるかが大切で、人気のある名前=良い名前という訳ではありません。しかし、「あかり」という名前は流行関係なしに昔から愛されてきました。
それだけ「あかり」という名前には、子供への愛情や親の思いを込めやすいということなのではないでしょうか。

「あかり」と男の子に名付けたらおかしいの?

「あかり」は、男の子にはあまり見かけることのない名前です。最近は、「はるか」・「ゆう」・「ひかり」など、男女ともに使える中性的な名前が増えてきましたが、「あかり」は、女の子のイメージがまだまだ強い名前です。

男の子に「あかり」という名前を付けると、将来、子供が「女の子みたい!」とお友達にからかわれたり、女の子と間違えられたりするリスクがあるでしょう。

もちろん、男の子につけてはダメという訳ではないので、親が『あかり君』という名前に素敵な意味を込めて名付けたいというのであれば否定されるべきではありません。

「あかり」と読める漢字一文字の名前とその由来

漢字一文字の名前はスッキリとした印象がありますし、名簿などで自分の名前を探す時に見つけやすいというメリットもあります。漢字一文字で「あかり」と読める名前をご紹介します。

灯~火のように明るくまわりを照らす存在に!

灯の漢字の意味

灯は、6画の名前です。
灯は、「火」と「丁」に分けると漢字の由来がわかります。火は、燃える火のことです。丁は、釘を上から見た形を表し、安定するという意味があります。すなわち灯は、火を安定させる道具(灯籠など)という意味です。

現在は、火そのものや周囲を照らす灯り、灯がともることなどの意味で使われます。
灯という名前は、周りを照らすような明るい存在になって欲しいという意味を込められます。

燈~「灯」の旧字体であり、意味は同じ

燈は、16画の名前です。燈は、灯の旧字体ですので、意味は「灯」と同じになります。

燈の漢字の成り立ちは、左の「火」と右の「登」に分けるとよくわかります。火は、燃える炎を表しています。登の上部分は上を向いた両足を、一と口は祭器を、下部分は両手を表し、3つ合わせると祭器を持ち上げるという意味になります。左右を合わせて、上に登る火という意味ができあがります。

明~性格的な明るさをイメージしやすい漢字

部屋の窓から月の明かりが差しこむ

明は、8画の名前です。
「明かり」という訓読みの送り仮名まで読ませて一文字で「あかり」と読ませています。ただ、明で『あきら』と読ませる名前もありますので、読み間違えられる可能性はあります。

明は、日と月に分けると由来がわかります。日の部分は、昔は「囧」と書かれて部屋の窓を表していました。月と合わせて、部屋の窓から月の明かりが差し込んで部屋を明るく照らしている様子を表す漢字です。

現在は、明るい・明らか・物事を見分ける知力がある(賢い)などに意味で使われます。
明は、灯や燈のように「火」というイメージがないので人を照らすというよりは、性格的に明るい様子をイメージしやすい漢字です。

「あかり」の名前は漢字二文字で表したい!使える漢字とその由来

「あかり」の名前を漢字二文字で表す時は、『あか』と『り』に分けることが多いです。
また、漢字一文字の名前は、苗字によっては字面が悪かったり、画数が少なすぎて寂しい印象になることもありますが、漢字二文字の「あかり」ならそうした心配も無用です。

漢字二文字の「あかり」

「あか」と読ませる漢字の種類と意味

一文字で「あかり」と読める漢字以外にも「あか」と読める漢字はあります。子供に名付けをする時には、名前に使う漢字の由来や意味を学んでおきましょう。

「灯」・「燈」~組み合わせる漢字とのバランスで選ぼう!

周囲を照らす火を表す漢字【灯】と【燈】は、一文字で「あかり」とも読めますが、「あか」と読ませることもできます。
燈と灯では、意味は同じでも画数や由来が異なります。組み合わせる「り」の漢字や苗字とのバランスなどから、良いと思う字を付けてあげましょう。

「明」~明るさだけでなく誠実さを意味する漢字

明も、「あか」と読ませることができます。
明は、明るいという意味だけでなく、公明正大という四字熟語から公正で誠実なイメージも連想できます。明るいという読みの通り、前向きなイメージの漢字になります。

「朱」~明るく元気のある漢字

木の幹の中心は赤い

朱は、6画の漢字です。
朱は、木に漢数字の一をプラスして出来ている漢字で、木の幹の中心部分を表しています。木の幹の中心は赤いことから、朱は朱色と言われ、黄色がかった赤色のことをさします。

朱色は、真っ赤色よりも少し優しい印象があるので、優しい明るさという意味にも使えます。また、朱夏という夏を意味する単語もあることから、夏に降り注ぐ太陽の光のように元気のあるイメージもします。

「紅」~女性の色・美しく印象的な赤を表す漢字

紅色のカーテン

紅は、9画の漢字です。「あか」以外に、「コウ・べに・くれない」などと読みます。「紅一点」という言葉の通り、「紅」は女性を表す色(漢字)です。

紅は、糸と工に分けると元々の意味がわかります。糸は、布のことです。工は、「烘(コウ)」という漢字と同じ意味を持ち、火のような赤い色のことです。糸と工の意味を合わせて紅は、赤く染められた布という意味になります。現在は、布の意味は薄れ、赤色・くれない色という意味で使われます。紅の赤は、赤色よりも少し濃い色ととらえられています。

また、「紅葉(もみじ)」の葉からは、秋の季節が連想できることから、秋生れの女の子にも使いやすい漢字です。

紅には、意志が強いしっかりとした女性になって欲しい、女性らしい美しさのある大人になって欲しいという意味を込めることができます。

「茜」~茜色の空など夕焼けの美しさをイメージできる漢字

茜色の空

茜は、9画の漢字です。
茜は、アカネという植物を意味する漢字です。アカネの根が赤黄色をしており、染料の原料として活用されていました。アカネの根で染めた布は、赤色にそまったことから茜色という色を表す漢字になりました。

茜色は、赤色よりも少しくすんだ色をさします。夕焼け空の色のように柔らかい印象が強いです。また、アキアカネというトンボがいることから、秋のイメージが強い漢字でもあります。
茜という漢字には、夕焼けのような美しさで人々を柔らかく包み込める人になって欲しいという意味が込められます。

おすすめコンテンツ