Loading

赤ちゃんの予防接種スケジュール

予防接種スケジュール|生後2ヶ月からのワクチンと接種回数

予防接種スケジュールを立てて早めに必要なワクチン接種を済ませましょう!およそ生後2ヶ月から1歳までの予防接種の種類、初回接種時期で全接種回数が変動するワクチン、次の接種までの間隔、予防接種前と後の赤ちゃんの体調管理など解説しながら副反応や同時接種へのママの不安にもお応えします。

予防接種スケジュール|生後2ヶ月からのワクチンと接種回数

2ヶ月になったらワクチン接種をはじめよう!1歳までの予防接種スケジュール

1歳までに受ける予防接種はたくさんあってスケジュールを組むのは大変。
同時接種できるものと1度受けた後に別のワクチンを打つために1週間間隔を開けなくてはいけないものなどがあるので1回目を受けたときにきちんとスケジュールを組むことが大事です。

予防接種開始はいつから?スケジュールの組み方

初めて赤ちゃんが予防接種を受けられるのは生後2ヶ月からで、1才頃までに、主な予防接種を終わらせたい場合、初めて予防接種時期は生後2ヶ月になったらすぐ開始しましょう。予防接種は赤ちゃんの健康状態も見て行うため、スケジュールにズレが生じやすいのです。早めに済ませられるよう、かかりつけの病院としっかり相談してスケジュールを組み立てていきましょう。

赤ちゃんの予防接種スケジュール

実際のスケジュールは医院や担当の医師によって変わりますし、任意接種のワクチンなども含めるとスケジュールには個人差がずいぶん出てきます。生後2ヶ月になるころにはかかりつけの医院で予防接種スケジュールを事前にチェックしておくと良いですね。

実際の予防接種スケジュール例

あくまで一例ですが、主な予防接種の流れとして紹介しています。

例:生後2ヶ月から接種開始~1歳頃まで

生後2ヶ月

定期接種


ヒブ(1回目)/小児用肺炎球菌(1回目)


任意接種


ロタウイルス(1回目)

生後3ヶ月

定期接種


ヒブ(2回目)/小児用炎球菌(2回目)/4種混合(1回目)


任意接種


ロタウイルス(2回目)

生後4ヶ月

定期接種


ヒブ(3回目)/小児用肺炎球菌(3回目)/4種混合(2回目)


任意接種


ロタウイルス(3回目)

生後5ヶ月

定期接種


4種混合(3回目)/BCG


任意接種


B型肝炎(1~3回)

1歳

定期接種


ヒブ(4回目)/小児用肺炎球菌(4回目)/4種混合(4回目)/MR(1回目)/水痘(1、2回目)


任意接種


おたふくかぜ(1回目)

予防接種の間隔と生ワクチン・不活化ワクチンの違い

ワクチンの違いを学習する赤ちゃん

予防接種のワクチンは2種類あり、「生ワクチン」と「不活性ワクチン」というものがあります。
この2種類はどちらを接種したかによって次回のワクチンを打つまでの間隔に違いがあります。まず、2種類のワクチンの違いから見てみましょう。

生ワクチンとは何?

生ワクチンとは「病原体のウイルスや細菌の毒性を弱めて病原性を弱めたものが原料になっているワクチン」のことを言います。毒性を弱めたウイルスや細菌を直接接種して、体内に免疫を作るワクチンで、不活化ワクチンより効果が高く接種する回数は少なくて済みます。

生ワクチンの効果や副作用|生きたウイルス接種に影響は?
生ワクチンの効果や副作用|生きたウイルス接種に影響は?
生ワクチンが毒性を弱めた生きたウイルスって本当?生ワクチン効果や副作用、接種間隔と同時接種のリスク&メリットなどなど我が子への大切なワクチンだから知っておきたいアレやコレを分かりやすく解説。

ですが「弱らせているとはいえウイルスや細菌を体に入れて大丈夫?」と思ってしまいますよね。ワクチン接種には弱い副反応が出ることはあるもののそれはワクチン接種に限ったことではありませんし、現在のワクチンの安全性は非常に高いために心配ご無用です。
ワクチン接種後、抗体がつくられるまでには1ヶ月程度かかるといわれています。

生ワクチンの接種間隔

生ワクチン接種後は、次の種類のワクチン接種までに4週間(27日)以上間隔を設ける必要があります。

不活化ワクチンとは何?

不活性ワクチンとは「病原体のウイルスや細菌の感染力をなくしたものを原材料にしたワクチン」です。ひらたくいえば、抗体をつくるために必要な部分を残し殺菌されたウイルスだったり細菌をワクチンとして使用しています。生ワクチンや自然に感染し発病するよりも1回の接種で作られる抗体は少なく、感染予防に十分な免疫獲得までには複数回接種する必要があります。

不活化ワクチンの接種間隔

不活性ワクチン接種後は、次の種類のワクチン接種までに1週間(6日)以上間隔を設ける必要があります。

スケジュールをこなす鍵は同時接種

重篤化しないための予防接種のワクチン

重大な病気にかかる前に、早めに抗体をつくっておきたい。だからこそワクチンの同時接種を使って短い期間でしっかり予防接種を終わらせてあげる必要があります。ただし、日本ではこの同時接種というのは今まで一般的ではなく、今でも小児科医によっては同時接種をしない方針をとる場所もあるようです。

ワクチンの同時接種はもはやあたりまえ?

世界規模でみると、日本以外の諸外国では赤ちゃんの予防接種はワクチンの同時接種で進める国が圧倒的です。日本では比較的最近に同時接種が進められるようになってきました。

そのためワクチン同士の副作用や同時接種によるワクチンの効果低下が懸念されていましたが、現在までにワクチンの同時接種が原因で重大な反応が起こったという事例は極めて少なく、接種後に何か反応がみられたという事例もワクチン以外の原因を指摘されています。

ただし、小児科医個人の見解から同時接種に賛同的ではない方もいるため、医院によっては同時接種ではなく単独接種のみで予防接種のスケジュールを組む場所もあります。

予防接種の間隔をあける理由と同時接種推奨の謎

しかし、不活化ワクチンの場合は別のワクチン接種まで前後6日の間隔を、生ワクチンの場合は前回の予防接種から6日、接種後は次回のワクチン接種まで27日の間隔を設けるわけですが、なぜ同時接種が可能なのでしょう?

ここで同時接種は推奨されるのになぜ一定期間を設けるのかな…?接種間隔を設けているのにも理由があるのでしょうから、つい同時接種の安全性に疑問を感じてしまいますよね。

●同時接種が進められる理由

早い時期のワクチン接種は、予防すべき感染症によるリスクが高くなりがちな乳児・小児への病気自体の発症を避ける目的と重症化を防ぐ目的があります。現在は基本的にどのワクチンでも同時接種におけるワクチン同士の相互干渉などもなく、ワクチンの同時接種の安全性や効果などは単独接種したときと変化もないとされていること、また、それよりも現在の任意・定期予防接種におけるワクチンの多さから全ての予防接種を単独接種で進め、そのたびに一定期間を開けているうちに予防できるはずだったこれらの感染症にかかるリスクも高くなるため同時接種が推奨されているというわけです。

希望すれば単独接種が可能な場合もありますが、生まれてすぐ感染しやすい百日咳や細菌髄膜炎などの病気を早く防ぐためには、確実に免疫を作ってしまうためにもワクチンの同時接種などで早めに免疫を作ってあげることは大切です。

●一定の接種間隔を設ける理由

同時接種はOKで、何故前回の接種と次の接種までに間隔を設けるのか…
もともと接種間隔はワクチン接種後の副反応を確認する目的で設けられていました。かつては接種した部分が赤くなる、接種後に軽く熱が出る、発疹が出る…などの副反応がどのワクチンによるものなのか?を判断する必要があったため、一定の間隔を設けるよう定められた…というわけです。

現在はワクチンの安全性がほぼ確立されており、さらに定期接種の種類も多いことからタイトなワクチン接種スケジュールをこなす必要が生じている現状もあり、リスクの低い同時接種が進められているなか、予防接種における間隔の見直しが提唱されています。

予防接種前の健康チェック&スケジュールの見直しが必要になるワクチン

ワクチン接種のために健康に気を付ける赤ちゃん

予防接種は赤ちゃんが健康体の時にすすめていくものです。風邪やひどい湿疹、そのほかの病気にかかっている場合や薬を使っている場合にはスケジュール通りに進めるのは難しいかもしれません。

予防接種前の赤ちゃんの健康チェックポイント

赤ちゃんの具合が悪いときに予防接種を進めることはできません。熱や鼻水などの風邪症状がみられるときは状態によっては延期となります。健康体の時に予防接種を受けることで安全にしっかりと免疫が作り出されますので、無理はさせないようにしましょう。

1.熱は37.5℃まで

微熱があっても、本人が元気でほかに症状がみられない場合は予防接種を進める場合があるようです。ただし、37.5℃以上の熱がある場合はこれから風邪症状などが発生してくる場合があると判断されるため、たとえ元気でもその時の予防接種は見送りとなります。

2.鼻水や咳の程度

軽度の鼻水や咳が出る程度であれば、予防接種に問題はないとされスケジュール通りにすすめるようです。ただ、あまりにも鼻水や咳がひどく薬を使っている場合などは医師の判断で見送りになることがあります。

3.皮膚が荒れている、湿疹がある場合

赤ちゃんはなにかと湿疹が多いもの。アトピー湿疹があったり肌が荒れているときは軟膏などの薬を処方されていることもありますよね。予防接種を打つときは基本的に二の腕部分には薬を塗らないで来るようにする、あるいは予防接種直前に皮膚の様子を確認して予防接種を進めるか進めないかの判断をするようです。

特にアトピー湿疹のある子はアレルギーによって注意すべきワクチンもありますし、その時の状態によっては予防接種スケジュール通りにいかなくても仕方がないのです。お医者さんと話し合い、主治医の指示に従ってスケジュールを決めていくようにしましょう。

初回接種時期によりの全回数が変わる予防接種

病気を予防するワクチンの注射を凝視する赤ちゃん

予防接種の種類の中で、いくつかのワクチンには初めて接種した時期によって、その後の接種回数(全接種回数)が変わるものがあります。

ヒブワクチン(定期接種)

ヒブ(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型・Hib)感染症という病気を防ぐ予防ワクチンです。
インフルエンザといっても、季節性インフルエンザを引き起こすインフルエンザウイルスではありません!ヒブ感染症は細菌性髄膜炎や咽頭蓋炎といった重大な症状を引き起こす子供の病気。

2013年より定期接種となりましたがワクチン導入までは毎年およそ1,000人弱が感染していたとされ、うち66%が5ヶ月~1歳までの抵抗力の無い赤ちゃんなのだそう…。初期は風邪と見分けがつきにくく脳への後遺症が残るなど重症化しやすい、抗菌薬など薬剤耐性を持った菌も多い…などのことから、2ヶ月からのヒブワクチン接種が重要となります。

  • 生後2~6ヶ月…接種回数4回
  • 生後7~11ヶ月…接種回数3回
  • 満1才~4歳…接種回数1回
  • 5歳以上…接種不可

ヒブワクチンは初回接種時期により全接種回数が変動します。接種時期スケジュールとしては生後2ヶ月になったら小児肺炎球菌と同時に接種を進めていくのが一般的です。

小児用肺炎球菌ワクチン(定期接種)

肺炎球菌感染症を防ぐワクチンです。細菌性髄膜炎・肺炎などを防ぐ効果があります。ヒブ感染症と同じように0歳の赤ちゃんが感染・重症化しやすいため、生後2ヶ月から同時接種でワクチン接種することが非常に望ましい病気の一つです。

  • 生後2ヶ月~6ヶ月…4回
  • 生後7ヶ月~11ヶ月…3回
  • 1才…2回
  • 2~5歳…1回
  • 6歳以上…接種不可

小児用肺炎球菌ワクチンも1回目の接種時期によってその後の接種回数が変動します。生後2ヶ月から受けた場合は回数が多くなりますが、早めに抗体をつくるためにも早期接種を心がけましょう。

ロタウイルスワクチン(任意接種)

ロタウイルス感染症を防ぐワクチンです。ロタウイルスは嘔吐・下痢を引き起こし、胃腸炎や脳炎などの重症化しやすい合併症を引き起こします。ロタウイルスワクチンは任意接種ですが、感染率の高さや合併症による脅威を考えると接種はしておきたいワクチンです。

ロタウイルスワクチンは経口タイプの生ワクチンで生後6週間から接種可能なのですが、初回接種の時期が遅いと腸重積症を発症しやすくなることから生後14週6日までの初回接種が必要となります。接種する場合はヒブや小児肺炎球菌ワクチンと同時接種する方法がとられるため、通常は生後2ヶ月のワクチン接種開始が多いようです。

予防接種の任意接種は受けるべき?任意接種の必要性
予防接種の任意接種は受けるべき?任意接種の必要性
予防接種の任意は受けるべき?予防接種のうち任意接種の必要性を病気のリスクやワクチンの効果の観点から見ていきながら任意接種と定期接種の違いや現在の定期、任意の予防接種についてもご紹介します。

予防接種のスケジュールを管理するアプリ

赤ちゃんの予防接種スケジュールは立てたものの、ワクチンの種類が多い生後2ヶ月~半年前後の間はとくにスケジュールが入り組むので、予防接種の予定を簡単に管理・確認できるよう予防接種スケジュールのアプリを使ってみてはいかがでしょうか?


小児科医推奨!予防接種スケジューラー赤ちゃん・子育て母子向けの画像
出典:play.google.com

Androidアプリの案内

iPhoneアプリの案内

予防接種スケジューラーは子供の名前と生年月日等の必要項目を設定しておくと、生まれてから小学校卒業までの必要な予防接種の確認から医院で決めた予防接種の日取りも把握できるアプリ。お子さんが複数いる場合でも1タップで切り替えできるのでとても便利です!

また、初回打った時期で回数が変わるワクチンにも対応していますし、早めに打っておいたほうがいいワクチンなどの通知機能もあるので予防接種忘れ防止もできますね!
ワクチンについての解説もあるのでワクチンのはたらきやVPDへの理解もでき、予防接種を安心して受けられます。

予防接種後の過ごし方

予防接種後に疲れて眠る赤ちゃん

ワクチン接種で見られる副反応の有無の観察のため、予防接種後は10分~30分程度、接種会場や院内で様子を見て過ごすように指示を受けることが多いですね。基本的に帰宅後も24時間は赤ちゃんの様子を観察しながらあまりハードな遊びなどは避けて過ごすようにしましょう。
ワクチン接種の副反応とはどのようなものがあるのでしょうか?

ワクチンで起こる副反応は軽い症状

症状は接種した部分が赤くなる…など軽度なものはどのワクチン接種でも比較的よく見られます。
それよりも確率は低いものでは生ワクチンではごく軽くそれぞれのワクチンによる発熱などの症状が出ることもありますが、重症化するような副作用はほとんど見られません。予防接種後の発熱は2~3日で収まってしまうことが殆どなので、それ以上続く場合は診察を受けましょう。

同時接種で副作用が出た!単独接種のこのワクチンがいけなかった!というような、ワクチンが問題で起こる副作用副反応はほとんどないとされていますが、発熱や皮膚の発疹などがみられたらかかりつけ医に相談をするようにしましょう。

現在のワクチンはどれも安全性が高いもの

以前のポリオは生ワクチンの経口摂取だったのですが、極低確率とはいえワクチン接種から小児麻痺に至るリスクがあったことを理由に2012年からはワクチンを切り替え現在は安全な不活化ワクチンの接種となっています。

予防接種後のお風呂は?

以前は予防接種後のお風呂はNGとされていましたが、今では予防接種した後も、お風呂には基本的に入っても大丈夫。

ただし、予防接種後に熱が出た場合はお風呂を見送ります。またワクチン接種後は身体が抗体を作るため疲れが溜まりやすいとされています。
風邪の予防、体力温存のためにも熱があるときは入浴を控え、お風呂に入るときも同様の理由で長時間の入浴をさけさっと終わらせるようにしましょう。そして、予防接種した部位(二の腕周り)を強くこすったり、引っかいたりということがないように注意しながら体を洗ってあげましょうね!

予防接種後のお風呂ルール

・熱があるときは入らない
・長湯はしない
・接種部位はこすらない

どんどん変更!任意接種→定期接種

ワクチンの定期接種とは、国や自治体が接種を強く勧めるワクチンですので、定期接種のワクチンは基本的に無料で受けることが可能です。いずれも必要な時期にもれなく感染症を防ぐ目的があり、時期が来たら早めに受けるべきワクチンなので、しっかりと予防接種を受けていきましょう。

任意接種のワクチンは、定期接種のワクチンよりも重要度は高くないですが、VPDの影響等を考えるとやはり受けておきたいワクチン。こちらは保険の適用外で自費での接種になりますが、自治体によっては助成金がでるところもあります。

定期接種

・ヒブワクチン
・小児肺炎球菌
・4種混合
・3種混合
・ポリオワクチン
・…その他

任意接種

・おたふくかぜ
・ロタウイルスワクチン
・B型肝炎
・インフルエンザ
・…その他

2016年現在の定期接種ワクチンのうち「ヒブワクチン」「小児肺炎球菌」「ポリオワクチン」などは任意から定期に変更された経緯があるワクチンです。

他にも、現在任意接種の「B型肝炎」のワクチンのように任意接種ではありませんでしたが変更されることが決まったワクチン、「ロタウイルスワクチン」のように検討中のワクチンもあります。

この数年で、子供がかかる病気に関して、予防接種などの見直しがされており任意から定期接種になったり、新たに接種すべきと判断されるワクチンが増えています。目まぐるしく変わる予防接種ですが、地方自治体やかかりつけの病院で情報は簡単に得られます。子供のためにもしっかりと確認、スケジュール管理をして健康な日々を過ごしましょう!

(※2016年2月に厚生科学審議会予防接種・ワクチン分化会予防接種基本方針部会で、2016年10月にB型肝炎ワクチンが定期予防接種に変更になるという発表がありました。)