妊娠糖尿病の症状

妊娠糖尿病の症状チェック!発症初期の自覚症状とは?

妊娠糖尿病の症状とは?妊娠中の不調や太りすぎなど、気になっていることはありませんか?妊婦健診で尿糖が出た、生活習慣や遺伝的に自分は妊娠糖尿病になりやすいのでは?と心配している妊婦さんへ、妊娠糖尿病の初期症状や自覚症状について解説します。

妊娠糖尿病の症状チェック!発症初期の自覚症状とは?

妊娠糖尿病の症状を詳しく知りたい!

妊娠糖尿病は全妊婦さんのうち10%ほどが妊娠糖尿病を経験すると言われています(注1)。妊娠糖尿病は、母体にダメージを与えるだけでなく、胎児への影響も懸念されることから、早めに対処したいところ。そこで気になるのが、妊娠糖尿病の症状です。

しかし、妊娠糖尿病は、頭痛や吐き気・めまいといった目立った症状が現れません。妊婦検診で診断され初めて病気に気づいたという人がほとんどです。それでも、何かおかしい…と感じることはできるのでしょうか?

今回は、もしかしたら妊娠糖尿病かも!?と不安に思っている妊婦さんへ、妊娠糖尿病の自覚症状についてご紹介します。さらに、妊娠糖尿病になりやすい人、妊娠糖尿病を招く生活習慣などもまとめてみました。気がかりなことがある方は、かかりつけの産婦人科に相談しましょう。

妊婦がかかる糖尿病?妊娠糖尿病とは?

散歩してる妊婦さん

糖尿病とは、すい臓から分泌されるインスリン不足が原因で起こる代謝疾患です。インスリンは、体内の血糖値(ブドウ糖濃度)を下げる働きがあるため、インスリンが不足すると血糖値が高くなり、さまざまな合併症を引き起こす原因となります。

妊娠糖尿病も、妊娠前には正常であった血糖が、妊娠をきっかけに高くなる糖代謝異常ですが、多くの場合が一時的なものであり、出産後は治ります。ただし、将来糖尿病になりやすい傾向にあることから、太り過ぎや運動不足にならないよう、生活習慣に注意していくことが大切です。

どうして妊娠糖尿病になるの?

妊娠すると、胎盤からhpl(ヒト胎盤性ラクトゲン)というホルモンが分泌されます。このホルモンは、インスリンの働きに対抗するため、血糖値が高くなります。お腹の赤ちゃんは、胎盤を通して送られてくる血液中のブドウ糖を吸収しているため、血糖値が低くなり過ぎないようにコントロールしているのです。

通常は、すい臓から分泌するインスリンの量を増やし、血糖値のバランスをとっていますが、それが追い付かず糖尿病のような状態になってしまいます。

また、ホルモンの影響だけでなく、妊娠中の食べ過ぎや運動不足も妊娠糖尿病の原因になります。妊娠中はストレスも多く、血糖値が上がりやすいのです。

糖尿病合併妊娠とは?妊娠糖尿病との違い。

病院で医者に妊娠糖尿病について相談している妊婦さん

一方、妊娠初期の検査で、もともと糖尿病であった「糖尿病合併妊娠」と診断される女性も増えています。糖尿病は自覚症状が出にくいため、妊娠して初めて糖尿病に気づいたというケースもあるのです。糖尿病合併妊娠は、合併症のリスクが高くなり、産後も糖尿病の症状が続く傾向にあることから、しっかりとした管理のもとで治療していく必要があります。

妊娠糖尿病にはこんなリスクが!

妊娠糖尿病により高血糖の状態が続くと、血管がダメージを受け、さまざまな合併症を引き起こします。妊娠高血圧症候群を併発することもあり、それに伴うリスクもかかえることになります。

ママが妊娠糖尿病の場合、赤ちゃんの体が大きくなりやすく、出産時に4,000gを超えるようなこともあります。また、赤ちゃんのインスリン分泌も多くなり、誕生後に低血糖になる「新生児低血糖」も心配です。新生児低血糖で生まれてくると、将来、糖尿病や成人病になるリスクが高くなります。

しかし、妊娠糖尿病は、早期に発見し治療を続ければ、心配はほとんどなくなります。そのためにも妊婦検診は必ず受診しましょう。

妊娠糖尿病の症状チェック!どんな自覚症状がある?

疲れて肩をおさえている妊婦さん

妊娠糖尿病や糖尿病合併妊娠の怖いところは、自覚症状が出にくいことです。ただし、全く症状が出ない人もいれば、急に高血糖の症状が現れる人もいます。めまいや吐き気といった目立った症状ではないものの、血糖値が高くなると以下のような症状が現れます。

  • 喉が渇き、水分を欲する
  • 頻尿である
  • 体重の減少
  • 疲労を感じる

しかしこれらは、妊娠すると多くの人が感じる症状でもあり、見分けるのが難しいところ。特に妊婦さんは、体の不調があっても「妊娠しているから」と見過ごしてしまいがちです。やはり、早期発見には妊婦検診が頼りとなります。

妊娠糖尿病の検査方法は?

妊婦検診で、尿検査を行い、尿に糖が出ていないかを調べるのは、妊娠糖尿病の早期発見のためです。しかし、ホルモンの働きで、妊婦さんは尿に糖が出やすく、健診前に糖分をとるだけで尿糖が出ることもあります。そのため、尿糖陽性(+)というだけでは妊娠糖尿病と診断されません。

尿糖が続けて「+」と出たら、血液検査で血糖値を調べ、結果によっては糖負荷試験という検査が行われます。これは、甘いジュースを飲む前と飲んだ後に血糖値を測定し、妊娠糖尿病かどうかを確定するものです。

現在は、妊娠初期と中期に血液検査を行い、血糖値を検査することが重要視されているため、妊娠中に2回程度は採血をする病院がほとんどです(注2)。

妊娠糖尿病の検査項目は?血糖値の上昇を抑える生活習慣
妊娠糖尿病の検査項目は?血糖値の上昇を抑える生活習慣

妊娠糖尿病になりやすい人がいる!?リスク因子をチェック!

体重を測ろうとしている妊婦さん

妊娠糖尿病は自覚症状が出にくいことから、気づかぬうちに発症していたというケースがほとんどです。しかし、妊娠糖尿病になりやすい体質の人もいます。

以下に当てはまる場合は、産婦人科の医師に相談し、尿検査や血液検査の結果を注意して確認しましょう。

妊娠糖尿病になるリスクが高い人

  • 妊娠前から肥満である
  • 妊娠してから太り過ぎている
  • 家族に糖尿病の人がいる
  • 35歳以上の高年齢である
  • 過去に巨大児を出産したことがある
  • 過去に妊娠高血圧症候群と診断されたことがある
妊娠糖尿病の原因はママにある?ならないための予防と改善
妊娠糖尿病の原因はママにある?ならないための予防と改善

妊娠糖尿病を予防しよう!生活習慣をチェック!

妊娠糖尿病の予防のためには、食事と生活習慣を見直すことが大切です。妊娠糖尿病と診断されなくても、尿検査で尿糖「+」と出たら、普段の生活を振り返ってみましょう。このような生活ができていないと、妊娠糖尿病を招くリスクが高くなります。

こんな生活習慣が妊娠糖尿病を防ぐ!

  • 食事は1日3食バランス良く食べる
  • 食べ過ぎに注意する
  • 脂っこいものや甘いものは控えめにする
  • 塩分はほどほどに
  • 規則正しい生活を心がける
  • ウォーキングなどの軽い運動を取り入れる
  • 自分なりのストレス発散法を見つける
妊娠糖尿病の食事のコツ・食餌療法の目的とやり方&簡単レシピ
妊娠糖尿病の食事のコツ・食餌療法の目的とやり方&簡単レシピ

【体験談】妊娠糖尿病を診断される前に、自覚症状はあった?

具合が悪そうな妊婦

疲れやすいな~と思っていたら…

佐藤育枝(26歳)


医師から「妊娠糖尿病の疑いがある」と言われたのは、妊娠中期に行った血液検査の結果を受けてでした。確かに最近「疲れやすい」と思っていましたし、どうにも甘いものが止まらなかったんです。でも、この時は仕事もしていたので、疲れがたまったんだろうと思っていました。

甘い炭酸水を飲んで血糖値を調べる75gブドウ糖負荷検査を行い、妊娠糖尿病と診断されました。診断を受けた時にはとにかくショックでした。これまで大きな病気をしたこともなく、自分は健康だと思っていましたから。

栄養士さんからも指導を受け、血糖値を下げる食材や、軽い運動を積極的に取り入れました。行ったのは食事療法だけでしたが、予定日よりも少し前に3,200gの男の子を無事出産することができました。産後の血糖値にも異常はなく、赤ちゃんも元気です。

今回は初産でしたが、また妊娠した時も妊娠糖尿病になる可能性が高いと言われています。今後のためにも、普段の食生活を徹底的に見直したいと思います。

症状はありませんでしたが、やっぱり…

野田真奈美(40歳)


私は小さいころから肥満体型で、妊娠初期のつわりがひどく、果物やジュースばかり摂っていました。だから、妊娠糖尿病と診断された時には「ああ、やっぱり」という感じで…。母も同じような体格で糖尿病と診断されていましたから…。

さらに、私が妊娠したのは38歳。いろいろな問題が起こることは覚悟していました。でもやっと授かったこの子を、絶対無事に生むんだという気持ちで頑張りました。
治療は、インスリンの注射と食事療法を行いました。妊娠初期から分娩後も数日間、毎日毎日インスリンの注射を打つのは、精神的にも辛かったです。
出産は予定日の3日前でした。自然分娩で3,300gの元気な男の子を授かりました。そして、分娩後はあっという間に血糖値が下がったんです。

出産を機に健康への意識が変わり、10kgの減量に成功しました。私も子供もとても元気です。

おすすめコンテンツ