Loading

ロタウイルスの症状・注意点

ロタウイルスに赤ちゃんが感染した場合に注意するべき症状

ロタウイルスは非常に感染力が強く、5歳までにほとんどの子が感染するといわれています。症状の重さは入院が必要となるものから、風邪と見間違える程度のものまで様々ですが、抵抗力の弱い赤ちゃんは重症化しやすいので注意が必要です。ロタウイルスの症状や特徴、治療法、感染経路をまとめました。

ロタウイルスに赤ちゃんが感染した場合に注意するべき症状

赤ちゃんの下痢や嘔吐の原因となるロタウイルスとは?

赤ちゃんや小さい子は抵抗力が弱く、感染症にかかりやすいですよね。乳児期の子がかかりやすい病気として、風邪の次ぐらいに多いのが下痢や嘔吐を伴う胃腸炎です。
ウイルスが胃腸に感染して嘔吐や下痢が起こることを「ウイルス性胃腸炎」と呼びますが、このウイルス性胃腸炎の原因で1番多いのがロタウイルスです。

ロタウイルスは、冬から春にかけて流行する感染症です。とても感染力が強く、わずかなウイルスが体内に入っただけでも感染してしまいますので、保育園や幼稚園などの集団生活をしている方は特に注意が必要です。

赤ちゃんや小さな子がかかりやすいロタウイルスの症状や治療法、感染経路について紹介します。

ロタウイルスによる胃腸炎の症状・特徴

オムツをした赤ちゃんの後ろ姿

ロタウイルスによるウイルス性胃腸炎の代表的な症状と特徴をまとめました。

ロタウイルスに感染したときの代表的な症状

年齢(月齢)や症状の重さによって、病院を急いで受診するべきものから、ただの風邪と間違える程度のものがあります。しかし、免疫の低い赤ちゃんは、症状が重くなりやすいので注意が必要です。

下痢

ロタウイルスで最も代表的な症状が下痢です。嘔吐はない場合もありますが、下痢症状はほとんどの子に見られます。2~7日程で治るとされていますが、中には下痢が長引いてしまうこともあります。

ミルクや母乳を飲んでいる赤ちゃんの下痢がいつまで治らない場合、合併症として「乳糖不耐性」を起こしてしまっている可能性がありますので、再診を考えましょう。

乳糖不耐症の治療方法と自宅で確認する病院の受診目安
乳糖不耐症の治療方法と自宅で確認する病院の受診目安
乳糖不耐症の治療はどのようなものなのか、症状など赤ちゃんの状態から判断した治療法を解説します。下痢や嘔吐など自宅で症状から判断して病院に受診する目安も紹介します。

吐き気・嘔吐

症状の重さによって嘔吐症状がないという場合もありますが、乳幼児の場合は1日に何度も吐いてしまう、水も飲めないほどの嘔吐症状が現れることも多くあります。脱水症状にならないように気をつけましょう。水も飲めないことを医師に伝えると点滴をうってくれることもあります。

赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付いて的確な処置を施してあげるのが深刻な状況を回避するカギとなります。脱水の状態を見分けるポイント7つともしものときの処置の知識は夏の健康管理の必須項目です!

腹痛

下痢による腹痛がおきることがあります。腹痛は下痢によりウイルスを体外に出してしまうことで、次第におさまっていきます。

発熱

赤ちゃんや小さな子供の場合、感染の初期段階で発熱することがあります。高熱を出す子もいれば、いつもより少し高いかなというような微熱の場合もあり、個人差があります。元気に遊んでいるのにいきなりの嘔吐でびっくりしてしまったというママも多いようです。

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまったとき、どの程度の症状なら受診すべきか、処方されるお薬にはどのようなものがあるか、早く症状を和らげるにはどうしたらよいかについて解説しています。

鼻水・咳

ロタウイルスに感染すると、胃腸だけではなく上気道が炎症を起こすことにより、咳や鼻水など風邪のような症状が出ることがあります。
嘔吐や吐き気が軽い場合は、お腹にくる風邪と思ってしまうこともありますが、周囲でロタウイルスが流行している場合は、ロタウイルス感染を疑いましょう。

赤ちゃんが鼻水で苦しそう!症状でわかる病気と対処法
赤ちゃんが鼻水で苦しそう!症状でわかる病気と対処法
赤ちゃんの鼻水がなかなか治らず困っているママへ、受診が必要な鼻水の状態や鼻水以外の症状、処方されるお薬の内容について詳しく解説しています。ホームケアのおすすめグッズについても紹介しています。

ロタウイルスの便は白く、酸っぱい匂いがするのが特徴

ロタウイルスに罹り辛い思いをしている赤ちゃん

ロタウイルスの便の色は白痢とも呼ばれ、白色やクリーム色をしています。
しかし、白くならないこともあり、白くならない場合、赤ちゃんは水便のことが多いです。また、便からは鼻につくような酸っぱい臭いがするのが特徴です。

赤ちゃんの場合は便の色を特に注意してみておきましょう。便の色が白ければオムツと一緒に医療機関に持っていき医師に診てもらうことも大事なことです。

1番怖いのは下痢や嘔吐による脱水症状

脱水状態が重症化するとけいれんや脳症を起こしてしまうこともありますので、非常に危険です。吐いた直後に水を飲ませてしまうとすぐに嘔吐してしまう可能性があるので、吐き気が落ち着いているときに、少量ずつ、こまめに水分補給してあげることが大切です。おしっこの回数が少ないという場合は注意が必要です。

口から水分がとれない、顔色が悪い(青白いなど)、ぐったりしている場合は休日や夜間に関わらず、すぐに医療機関に受診してください。

完治までどのくらいかかるの?

ロタウイルスの症状は、たいてい2日~7日で落ち着くことが多いです。
個人差がありますが、赤ちゃんや2歳くらいまでの小さな子の下痢は長引くことが多く、2週間ほど続くこともあるようです。下痢や嘔吐が落ち着いても、しばらくは消化のいいものを食べさせたり、水分補給がしっかりしてあげることが大切です。
ただし、水分の多いフルーツでもいちごやみかんなどは消化が悪いため、あまりよくないとされています。

ロタウイルスによる胃腸炎の治療方法

腹痛と下痢に悩まされる赤ちゃん

赤ちゃんや小さな子供がロタウイルスに感染した場合の治療や気を付けることをまとめました。

症状が重い場合の治療法

症状が重くなると医療機関での点滴が必要となります。特に赤ちゃんは症状がひどくなりやすいので、状態によっては入院治療となることもあります。

病院受診の際は、待合室で嘔吐したり、下痢をしてしまう可能性も考えられます。受付で症状を説明するか、もしくは事前に電話で問い合わせると、感染症の疑いがある子用の待合室に通してくれたり、車で待機できるかもしれません。院内での二次感染を防ぐためにも、ロタウイルスらしき症状があった場合には、受付時にそのことをしっかり伝えておきましょう。

家庭での水分補給や食事

食事については、家庭では、飲み物は湯さましやイオン水などを少しずつ、回数を多めにして与えるといいです。授乳中の子は、欲しがるだけ母乳を与えてあげましょう。

離乳食や幼児食の場合は、胃に負担をかけないよう、りんごを摩り下ろしたものや、おかゆなど消化にあまりエネルギーを使わないものを与え、体力の回復とともに少しずつ、本来の食事に戻してあげると良いでしょう。

激しい下痢の隠れた天敵!オムツかぶれに気を付けて

ロタウイルスによる下痢は一日に何度も出ますので、赤ちゃんはオムツかぶれを起こしやすくなります。
下痢をしたらおしりふきでふきとるだけではなく、こまめにおしりを洗い、少し乾かしてからおむつをはかせてあげるようにするといいでしょう。オムツかぶれが悪化すると、下痢をするたびに痛がり、泣き叫ぶこともあります。下痢で苦しんでいる赤ちゃんに、これ以上辛い思いはさせたくないですよね。

もしかぶれてしまった場合には、病院を受診する際にオムツかぶれについても相談しましょう。軟膏が処方され、よくなることが多いです。
既に病院を受診済みだった場合はママがお家でケアしてあげましょう。ベビーパウダーや赤ちゃん用の市販薬をおしりにつけてあげましょう。

保育園はいつから登園できる?

仕事をしている方にとって、わが子の回復はもちろん気になるものですが、同じくらい気になるのがいつから保育園に通うことができるのかということですよね。

これは、保育園によって対応が異なるので、通っている保育園に確認するのが一番です。インフルエンザなどと違い学校保健法で出席停止と定められているものではありませんので、医師の判断によって登園することはできます。
多くは1日に下痢をする回数が2回以下、熱が37.5度以下、あとは食欲や機嫌などを見て判断されるようです。

ロタウイルスの感染経路・感染力

ロタウイルスの感染経路になりうる経口感染

ロタウイルスはとても感染力が強いウイルスです。かかりやすい年齢や感染経路、感染予防についてまとめました。

ロタウイルスへの感染は生後6ヶ月~2歳がピーク!

ロタウイルスは0歳~6歳までの乳幼児に感染しやすく、生後6ヶ月~2歳がピークといわれています。症状の重さは違いますが、5歳までにはほとんどの子供がロタウイルスに感染するともいわれています。
流行時期は例年1月から4月頃で、ノロウイルス流行が終わった後にロタウイルスがやってくるといった感じです。

予防困難!?ロタウイルスの恐ろしい感染力

ロタウイルスはとても感染力が強いウイルスです。少量のウイルスが体内に入るだけで感染します。また、増殖力も強く、感染の便1gあたりに、1000億から1兆個のロタウイルスが含まれているともいわれています。

ロタウイルスの主な感染経路は経口感染です。ウイルスが付着した食器、食べ物などを通じて感染します。増殖力が強い上に、少量のウイルスでも感染するほど感染力が強いため、予防が非常に難しいといわれています。

大人への感染

ロタウイルスは、便の中に大量に含まれていますので、感染した赤ちゃんのおむつをとりかえる際に手や爪にウイルスが付着し、それが口の中に入ってしまうと大人も感染します。
おむつ交換の際には、使い捨てのゴム手袋などを使用し、ポリ袋に入れて処分するといいでしょう。

ロタウイルス感染を予防する方法

ロタウイルスは、非常に感染力が強く増殖力もあるため、はっきりいって予防は難しいのが現状です。しかし、ママやパパはもちろん、ご家庭に乳幼児の兄弟がいるケースもありますので、できる限りのことは行いましょう。

ロタウイルス感染予防の対策

・石鹸で手洗いをしっかりとします。特に料理の前や食事、排便の後は気をつけましょう。
・子供の排便後には自分も手を洗い、子供の手もしっかりと洗ってあげる。
・感染者が嘔吐したものは、細心の注意をはらって処理してください。消毒も都度しっかり行うようにしましょう。

1番の対策は予防接種!受ける時期と費用

ロタウイルスを予防するためのワクチン

日本では、2種類のロタウイルスのワクチンが承認されていて、任意で予防接種がうけられます。
ワクチン接種することで、症状が重症化することを9割程度防ぐことができます。

接種期間は、生後6週~24週の間に2回接種するものと、生後6週~32週の3回間に接種するものがあります。どちらのワクチンも1回目の接種は生後14週6日までが推奨されています。

ワクチンの接種費用は、病院によっても異なりますのでお住まいのホームページを確認するといいでしょう。だいたい一回の接種で1万円~1万5千円といったところです。

ロタウイルスのワクチンは日本で承認されてから、多くの子供が接種をしていて、問題になる副作用もでていないようです。0歳の時期はほかにも予防接種を受けるものがたくさんありますので、接種時期は病院で相談するのがいいでしょう。

予防接種の任意接種は受けるべき?任意接種の必要性
予防接種の任意接種は受けるべき?任意接種の必要性
予防接種の任意は受けるべき?予防接種のうち任意接種の必要性を病気のリスクやワクチンの効果の観点から見ていきながら任意接種と定期接種の違いや現在の定期、任意の予防接種についてもご紹介します。

ロタウイルスは怖がり過ぎる必要はありません

長引く下痢や嘔吐など、ロタウイルスが原因で起こる胃腸炎はかかると厄介であることは間違いありません。一方で、感染力の強さから、保育園や幼稚園などでの集団生活での感染は、ある意味やむを得ない部分もあります。5歳までにほとんどの子がロタウイルスには感染するといわれていますので、過剰に心配をしても仕方なさそうです。

重症化を防ぐためは当然として、長期間保育園に登園できないと困るご家庭は特に予防接種をおすすめします。