Loading

妊婦の風邪による胎児への影響

妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?妊娠中の治療法や予防法

妊婦さんの風邪はおなかの赤ちゃんのこと考え市販の薬を使わないようにしましょう。妊娠中に風邪を引いた時に赤ちゃんに与える影響を解説し、治療法や予防法、症状による風邪以外の病気の可能性を探っていきます。妊娠中は風邪薬を飲まない方が良いとされますがそれは本当でしょうか。

妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?妊娠中の治療法や予防法

妊婦の風邪による胎児への影響と治し方・病院受診と薬の注意点

妊婦さんが風邪をひいたとき、薬を使っていいのか。薬品成分にも妊娠中OKやNGだったり…普通の病院に受診していいのか悩みますよね。
しかし、胎児にさまざまな影響がある可能性を考えると素人判断で市販薬を使用するのはやめましょう。

自己流で治そうと思っても、妊娠中はいつもの体調とは違うので、風邪症状が続く場合は病院に行く必要が出てきます。お腹の赤ちゃんのこともあるので、自己判断せずに病院に相談することを考えるようにしましょう。

病院はできるだけ産婦人科へ受診し、妊婦さんでも使って大丈夫な薬の処方や治し方を指導してもらいます。
検査によっては風邪以外の病気が見つかる可能性もあるので、風邪が長引いたりして不安な時は迷わずに頼るようにしましょう。病院に行くときはマスクを必ず着用し、周りの妊婦さんや家族への感染を防ぐ対策をしてから向かうこと。これはエチケットであり、妊婦のマナーです。

妊婦の風邪による胎児への影響

基本的に妊婦さんの風邪の場合、症状が重くなければおなかの赤ちゃんへの影響はないので心配はいりません。ただし、以下のような症状がある場合は特に注意が必要です。場合によっては赤ちゃんに悪影響があるので、早めに病院へ行くようにしましょう。

風邪による胎児の影響を考える妊婦さん

40度近い高熱が3日以上続く

38度~40度の熱が3日以上続くときは注意が必要です。
おなかの中の赤ちゃんはお母さんの体温を直に感じます。お母さんの体温は羊水に伝わり、そのまま赤ちゃんへ伝わるのですが、羊水が40度近くなると赤ちゃんにとっては熱すぎる環境となり、赤ちゃんの心拍数が上がります

おなかの中の赤ちゃんの体力も一気に消耗することにもなり、妊娠初期では特に赤ちゃんにとって危険な症状になる可能性があり早めに病院へ受診し解熱剤の処方をしてもらいましょう。

激しい咳が続き、お腹が張る

咳をすると誰でもおなかに力が入るため、妊娠中で赤ちゃんがおなかにいるときはなるべく力を入れるのは避けたいですが、生理現象なのでどうにもなりません。

1日数回ゴホンゴホン程度であれば問題はないですが、1日中咳が続いてしまうと当然おなかが張ってしまいます。場合によっては張りが強くなりすぎて切迫早産を起こす可能性もあります。

妊娠中に処方可能な咳止めは少ないですが、咳が気になるときはガマンして放置せず、妊婦検診を受けている病院で相談し、治療法の指導を受けましょう。

下痢が長引き、お腹が痛い

妊娠中はホルモンバランスが崩れる時期が長く、それに伴って下痢や腹痛という症状が起こりやすくなります。あまりに症状がつらく長引いてしまうと思わず薬を使いたくなりますが、胎児への影響がある成分の服用を避けるため自己判断で下痢止めや腹痛薬は使わないようにしましょう。

妊娠初期の下痢や腹痛

妊娠初期はとくに今までのホルモンバランスからの変化が激しい時期で下痢・腹痛になりやすい時期です。冷たいもの、生ものや脂っこいものを避けたり、刺激の強い香辛料の摂取は控えめにして予防したり、下痢や腹痛の起こっているときは食べられるもの、消化にやさしいものを少しずつ食べるというのが対策になります。

妊娠中期~後期の下痢や腹痛

妊娠中期~後期にかけては初期のころより落ち着いてくる方が増えますが、下痢や腹痛の症状が長く続いている場合は、子宮口が開きやすくなっている可能性が高く早産につながる場合があるので早めに病院受診をするようにしましょう。

風邪の症状が長引く・いつもと違うとき「ただの風邪」ではない場合もある

風邪の症状が長引き他の病気が疑われる妊婦さん

  • やけに咳が続く
  • 熱が下がらない
  • おなかも痛いし関節も痛い

という症状があり長引いている場合はただの風邪ではない可能性があります。

妊娠中は母体の免疫力が低下しやすく、軽いものから重いものまで様々な病気にかかりやすい状態になっています。妊娠中の時期に風邪は特に患いやすい病気。だからこそ同じ症状だと気づかないうちに別の感染症などにかかっている場合もあります。

インフルエンザウィルス

妊娠中にインフルエンザになってしまった場合、初期は風邪症状とほぼ同じで気づくのが遅れ気味です。熱が38度を超え、流行している時期であればまずインフルエンザを疑います。

特に妊娠中のインフルエンザは通常の時と比べて重症化しやすい傾向があります。妊娠中に感染し、そのまま放置してしまうと、意識を失うなどのリスクが妊娠していないときの10倍にもなっています。

妊娠前にワクチンを接種しておくのが一番ですが、妊娠中でもインフルエンザワクチンは接種可能です。
卵アレルギーがない妊婦さんであれば流行する時期に入る2週間ほど前にはワクチンを打っておくと抗体ができあがるので早めの摂取を計画しておきましょう。
妊娠中にうけたワクチンの抗体は胎盤を通して赤ちゃんにも送られるので赤ちゃんが生まれて6ヶ月まで赤ちゃんの体内にも抗体が残ります。

トキソプラズマ

トキソプラズマはウィルスではなく原虫という寄生虫による感染症です。
妊婦さんがトキソプラズマに感染してしまった場合、胎児の脳・目などに障害を引き起こす可能性が高くなります。
特に注意したいのは妊婦さんのおうちに猫を飼っている場合で、トキソプラズマの原虫は猫のフンや、フンに汚染された土を触ることで感染します。

家の中で買っている猫ちゃんは検査してもらい感染がないかを調べ、なければ外に出さない、野良猫と接触させないということを徹底します。猫を飼っていない場合でも外で野良猫との接触はできるだけ避けましょう。

猫のフン以外にも、加熱が十分でないお肉などからの感染もあるので、料理の過熱はしっかりすることが予防になります。

風疹ウィルス

妊婦さんが風疹ウィルスに感染した場合の症状は発熱や関節痛、リンパの腫れといった症状が見られます。昔は「三日はしか」とよばれ症状が重くなく、短期間で治ってしまうので風邪と間違われやすく気づかれないことがほとんどでしたが、妊婦さんが感染してしまうと妊娠初期の場合は赤ちゃんに先天性心疾患や聴覚障害、発達の遅れなどの障害がみられるようになります。

風疹ウィルスはワクチンによって予防ができるのですが、妊娠中には風疹のワクチン接種ができません。妊娠を考え始めたらまず風疹のワクチンを接種し、できるなら周りの家族にもワクチン接種を受けてもらうようにしましょう。

妊娠中の風邪の治し方

妊娠中に気を付けていても疲れや人から風邪をもらってしまう可能性があります。
万が一風邪をひいてしまった時の妊婦さんでもOKな風邪の治し方はと、家庭でできる簡単な治療法で薬に頼らない方法をまとめます。

妊娠中に風邪に罹り苦しむ妊婦さん

妊娠中の風邪も休養と栄養が1番の対処法

妊娠中の咳や発熱、倦怠感などの症状が軽く、短い期間であればそれほど心配はいりません。
自宅で安静に、ゆっくり眠るなどして過ごすだけでも十分な対処法になります。

風邪薬とは症状緩和剤

風邪をひいたらつい薬を飲んでしまいたくなりますよね。妊娠中に限った話ではありませんが、風邪薬とは実は咳や熱の原因に対処するのではなく、あくまで症状を和らげる効果を持つものです。発熱やのどの痛みなどの症状を和らげて回復をサポートする役割を担うのです。

しかし妊娠中は薬の成分がおなかの赤ちゃんにどのような影響を及ぼすかわからないため、自己判断で市販薬を飲んでしまうのではなく、症状を緩和する方法を試してみましょう。
ただしあまりにつらいと感じたときは病院で診察、処方してもらい風邪薬で早めに治療をしましょうね!

つらい喉風邪にはちみつとレモン

のどの調子が悪く咳が続く、でも病院に行くほどでもないな…。と思った方にお勧めです。
レモンを2~3mmの輪切りにしてぬるま湯のなかに入れ、スプーンなどで軽くつぶします。
そこにティースプーン1杯のはちみつを入れてよくまぜ、飲む前にレモンを取り出します。

飲むときはしっかりのどを通る感じを意識しながら飲むとしっかり喉にレモンやハチミツの成分がいきわたり、少し楽になりますよ。

熱で体温が高くつらいときはフルーツを食べて体温を下げる

熱があると、体力もジワジワ削られ、おなかの赤ちゃんも暑くて居心地が悪くなってしまいます。
「妊娠中は急な体温変化は赤ちゃんにも悪いし、どうしよう…」そんなときはフルーツを食べてみましょう。

特に水分の多いフルーツ、スイカ・メロン・イチゴ・梨・ミカンなどは体温を下げる効果があります。氷水などで急激に体温を下げるよりもゆっくり下げることができ、ビタミンCなどの栄養も摂れるので体力的に辛いと感じたときにはお勧めです。

受診は内科?産婦人科?病院受診の目安

「熱や咳がどうしても辛いな」と思ったときや、症状が長引いているときは内科なのか産婦人科なのか悩みがちですが、妊娠中は産婦人科にかかりましょう。

熱がなかなか下がらないため病院に受診しようと考える妊婦さん

受診の目安とは

  • 熱が38度以上ある
  • 風邪の症状が3日以上続く
  • 嘔吐などがあり水分を受け付けない
  • おなかの張りが強い

という症状があるときは早めに受診するようにしましょう。最初は病院へ連絡しておくと診察する必要があるかないか、自宅でできる対処などを教えてくれる場合もあります。風邪などの症状で不安があるときは迷わず産婦人科へ連絡してみましょう。

妊婦の風邪薬は病院で処方されたものを使うこと

妊娠中は自己診断で市販薬を使うのではなく病院で処方された薬の使用が推奨されますが、病院ではどのような薬を処方されるのでしょうか?

市販の風邪薬はNG?

市販薬にもいろいろな種類があり、人によって効果のあるなしも様々ですが、妊娠中は胎児に影響を及ぼす為、使用を控えるべき成分があります。
ただし、風邪を引いたとしても妊婦だから薬を飲んではいけない!と我慢してしまうのは良くありません。つらい症状はできるだけ早く解消してあげることがお腹の赤ちゃんのためになります。

自己判断で市販薬を使う前に、一度産科で診察をしてもらい、妊婦さんが使っても大丈夫な成分でできた風邪薬などを処方してもらうことで、より早く安全に風邪を治すことができます

漢方薬なら安全?葛根湯とは

妊婦さんが病院で風邪薬を処方された場合、漢方薬を処方されることが多いかと思います。中でも葛根湯(かっこんとう)という種類の漢方を処方されることも多いのですが、葛根湯とはどのような薬なのでしょうか?

もともと葛根湯というのは6種類の生薬をつかったもので発汗作用があり、痛みや腫れを和らげるという効果があるものです。そのため風邪の引きはじめの症状を緩和するのにピッタリな漢方です。

葛根湯は副作用も少なく妊娠中でも安全に服用できるため、産婦人科で風邪の診断をされた妊婦さんによく処方されますが、だからと言ってこの漢方薬なら大丈夫なんだ!と市販で買って飲まなようにしましょう。

人によっては食欲不振、吐き気などの副作用が出る可能性もあります。配合成分や割合などの違いも十分にあり得るので、一番安全なのはやはり、個人で購入・使用するより、産科の診察で妊婦さんでも安全な漢方を処方してもらいましょう。

出典:www.youtube.com

葛根湯は食前に飲む

風邪の症状で葛根湯を処方されたら、薬剤師さんから説明があるとは思いますが食前に飲むようにしましょう。葛根湯は食前の胃に食べ物が入っていない状態で飲むことが吸収率の良い飲み方です。
また、冷たい水ではなく、少し冷ました白湯で飲むと成分がよく吸収されて効果的です。

ただし妊娠中、特に妊娠初期の葛根湯の飲みすぎは悪影響になることもあるので、葛根湯の用法・用量を守り使用しているのに症状が改善されないときは、風邪以外の病気の可能性もあるので病院に相談しましょう。

妊婦は風邪をひきやすい!事前の予防が大切

妊娠期間はホルモンバランスが崩れ、つわりで栄養が偏りがちになり運動不足や寝不足などで体の調子が悪くなることも多いです。
こういう時期はとくに風邪をひきやすく周囲からもらいやすい状況です。妊婦でもできる簡単な予防や対策をまとめます。

風邪予防のため水分を多めに摂る妊娠中の女性

手洗いうがいを家族まで徹底する

妊娠中は体の調子を崩しやすいため、外にあるウィルスやほかの人が持っているウィルスに感染しやすい時期です。妊婦さん自身がいくら気を付けていても周りの家族が持っていては意味がありません。

家族にも赤ちゃんを守るために手洗いうがいの徹底や、家の外から中にはいるときは軽く服を叩くなどしてウィルスを落としましょう
小さなことをこつこつするだけですが、この基本が大きな予防につながります。

妊娠中の栄養管理は食事とタブレットを活用

妊娠中のつわりで栄養が取れていないと余計に体は弱ってしまいます。
普段の食事を見返して「ビタミンが足りていないな」「栄養素の○○が足りてなさそうだな」と思ったら、食事はもちろんですが妊婦サポートのタブレットを噛んでみましょう。つわり中でも1粒2粒程度ならたべやすく、味も果物味やヨーグルト味で食べやすいので活用しましょう。

赤ちゃんの負担を避けるため普段から風邪予防をしよう

妊娠中は普段の状態の風邪と違い、気を付けることがいっぱいです。妊娠中の10ヶ月は栄養をとり、よく休み、手洗いうがいの予防はもちろんですが、人込みを避けて他の人から風邪もらうことも防ぐようにしましょう。

風邪だからと言って甘く見ずに、「長引くな、おかしいな」と思ったら産婦人科に頼りましょう。妊娠中の風邪はおなかの赤ちゃんの風邪でもあります。ママがしっかり治して元気な赤ちゃんを生んであげましょう!