妊婦のうちに歯医者に行くべし!

妊婦でも歯医者はOK?妊娠中の歯科治療Q&Aと虫歯予防

妊婦さんが歯医者さんに行っても大丈夫?妊婦歯科健診では妊娠中の歯科治療を勧められることもありますが、治療に使う麻酔や薬、レントゲンが赤ちゃんに影響しないのかが気がかりになります。妊婦さんが歯医者さんに安心して通うために妊娠中の歯科治療に対する不安や疑問に答え虫歯予防についても解説。

妊婦でも歯医者はOK?妊娠中の歯科治療Q&Aと虫歯予防

妊婦さんのうちに歯医者に行くべし!歯科治療の時期や知っておきたいこと

妊婦さんの保健指導などで「妊娠中は虫歯になりやすいので、注意してくださいね」と、助産師さんからアドバイスを受けた妊婦さんも多いでしょう。妊娠中は虫歯になりやすい時期であるため、日頃から十分に気を付けておくべきです。

また、すでに虫歯がある人は「妊娠中に治療を受けておきましょう」とも。
それには、出産時にしっかりいきむためだったり、出産後の赤ちゃんの加わった日常においてはなかなか自身の病院に行くタイミングもつかめないから、それならまだ時間の自由が利く妊婦さんのうちに歯医者にいっておきましょう、といった理由があります。
とはいっても、お腹に赤ちゃんがいるのに、レントゲンや麻酔、投薬などの歯科治療を受けることは出来るのでしょうか?

そこで【妊娠中の歯科治療】への疑問について探ってみました!妊婦が歯医者に通える時期や可能な歯科治療内容、虫歯の予防法まで幅広くお伝えします。

妊婦さんは虫歯を放置しがち

妊娠中に虫歯になった女性

妊娠中は、さまざまなマイナートラブルを経験します。吐き気・眠気・お腹の張り・肌荒れ・頻尿・尿漏れ・腰痛・目まいなど、妊娠していないときには全く悩まされなかった人も、続出する身体の不調に悩まされてしまうことは珍しくはありません。
歯の悩みも同様で、虫歯は妊娠中であるないにかかわらず悩ましい問題ではありますが、妊娠中は普段より歯の健康が脅かされやすい状況にあります。

ですが、歯科治療には場合によって麻酔やレントゲンが必須!歯医者さんが苦手な人なら、毎度の治療が多大なストレスとなることもあるでしょう。妊婦さんにとって歯医者での歯科治療は、他の病院に行くよりも若干ハードルが高いと言えるのかもしれません。

妊娠中の歯科治療、ココが心配

・虫歯や歯周病は治したいけど治療って出来るの?…もしかして麻酔なし?(恐怖の涙)
・レントゲンはお腹の赤ちゃんに良くない影響があるのでは?
・お腹のせいで腰が痛くて、診察台に横になれるのか不安
・もともと歯医者さんが苦手なために、無事に治療を終えられるか心配

・・・言われてみれば確かに不安は多いですね。妊婦さんが歯医者さんに足が向かなくなってしまうのも納得です。
妊婦さんにとって一番気になる心配事は「お腹の赤ちゃん」への影響がないかどうかです。
ですが、レントゲンや麻酔が必要となる歯科治療がお腹の赤ちゃんにどのような影響を及ぼすのかが分からないという漠然とした不安を抱えたまま、妊娠中の虫歯や歯茎の悩みを放っておいてはいけませんよ!

妊娠中は虫歯の状態が深刻化しやすい環境になっていることが考えられますし、歯科治療への不安云々の前に歯のトラブルがお腹の赤ちゃんに良くない影響を与えることもあるのです。

妊婦さんは虫歯になりやすい?

妊婦の虫歯に詳しい歯科衛生士

ホルモンバランスが大きく変わる妊娠中の女性。ホルモンバランスの変化による影響は、様々な体調変化となってあらわれますが、歯の健康についても例外ではありません。
実際に以下のような悩みを抱える妊婦さんも少なくなく、妊娠中の歯の健康維持に対して何らかの心配があることが多いようです。

妊婦さんは歯の健康維持が大変?

・歯磨きのたびに吐きそうになる
・虫歯が出来るのは分かっているけど、つわりがひどくて飴が手放せない
・虫歯になりやすいから注意してと言われたけどどういうこと?注意の仕方がわからない
・歯茎が痛い

蒸気を見ても、つわりなど妊娠中の体調変化が奥地の健康に影響することは往々にしてありそうです。
妊娠中、虫歯に気をつけるべき理由を具体的に見ていきましょう。

理由1.ホルモンバランスが唾液の性質を変化させる

お腹に赤ちゃんを宿すと、妊娠を維持するためにホルモンバランスは大きく変化します。これによって、体中でさまざまな体調の変化を引き起こしますが、口の中では唾液の性質が変化して粘り気が強くなって、お口の中で細菌が活発化してしまうのです。

唾液そのものがネバネバしたり唾液量が減るなら、口腔内が酸性になりやすく、歯の再石灰化の働きが弱まって虫歯になりやすくなります。口臭にも影響しますので、妊娠中に口臭が気になるようになったなら、唾液の量が減ってしまっているのかもしれませんね。

理由2.ちょこちょこ食い

「食べづわりで、常に何かを口にしていないと気持ち悪い」「食欲が止まらなくて、何か食べていないと落ち着かない」という妊婦さんも少なくありません。

ちょこちょこ食いは、口の中を常に酸性にしてしまう最大要因であり虫歯にもつながります。
通常、食事の後に酸性に傾いた私達の口の中は、唾液によって中和されていくのですが、食事の間隔が短いと中和されている時間が少なくなるので当然、酸性の状態が長くなります。

妊娠初期はつわりで、妊娠後期には大きくなる子宮に圧迫され1度に食べられる量が減ってしまうことから、どうしてもちょこちょこ食いが増えてしまうこと自体は、どうしようもありませんので、虫歯対策はとても大切になります。

妊娠糖尿病の食事のコツ・食餌療法の目的とやり方&簡単レシピ
妊娠糖尿病の食事のコツ・食餌療法の目的とやり方&簡単レシピ
妊娠糖尿病と食事の関係を理解し、妊娠出産を通して赤ちゃんの健康と出産に挑む自分の体も守っていきましょう!妊娠糖尿病改善のために今すぐできる食事の内容、取り方の見直しや工夫したいポイントをまとめました。

理由3.つわりで歯磨き時間が短縮

0歳と4歳児の現役ママである筆者も、つわりには大分悩まされました。歯磨きをしようと思っても、磨いているうちに気持ち悪くなって、トイレに駆け込んだことも。
人によっては歯磨きでも気持ち悪くなり、なかには日々の歯磨きすらまともに出来ないという妊婦さんも少なくありません。オーラルケアが不十分になるなら、こちらも当然虫歯や歯周病を引き起こしてしまう可能性が高まるのです。

歯周病にも要注意!

毎日欠かさず歯磨きをする女性

妊娠中は虫歯の懸念もさることながら、歯茎などの口腔環境も悪化しやすい条件下あります。特に、歯周病は早産の原因になるとも指摘されていますが・・・。
歯周病が早産を引き起こすようなことは実際にあるのでしょうか?

歯周病トラブルを抱える妊婦は、早産リスクが7倍!?

歯周病トラブルを抱える妊婦は、そうでない妊婦と比較して、早産リスクや低体重児を出産するリスクが高まるというデータがあります。
NPO法人日本臨床歯周病学会の報告によると、そのリスクはなんと7倍となっており、高齢出産・タバコ・アルコール摂取と比較しても、著しく高い確率で早産を引き起こす可能性が高いことがわかります。

出典:日本臨床歯周病学会

どうして早産を引き起こすの?

歯周病になると、体の中ではどのようなことが起こっているのでしょうか?
細菌やウイルス感染にともなって、白血球などの免疫細胞は生理活性物質「サイトカイン」を作ります。サイトカインは発熱の情報などを脳に伝えるため、血液に乗りますが、情報伝達はサイトカインだけでは出来ず・・・。そこでサイトカインは「プロスタグランジン」の産生を促して情報伝達の後半をこの成分に託すわけですが、実はこのプロスタグランジンには子宮収縮作用が!

プロスタグランジンがたくさん分泌された結果、子宮収縮が起こり早産を引き起こしたり、妊娠後期なら早期に陣痛を引き起こしてしまったりする可能性が高くなるのです。

早産は時期により赤ちゃんの命を脅かしたり、障害を残してしまう可能性もあるもの。歯周病は決して軽く考えてはいけないことなのです。

虫歯だけじゃない!妊婦さんは歯周病にもなりやすい

妊娠による歯周病や歯肉炎は「妊娠中歯肉炎」と呼ばれますが、妊娠中期・後期にかけて、歯周病を引き起こしやすい口腔環境になってしまうのには、妊婦さんならではの理由があるから。

1.女性ホルモン(エストロゲン)が歯周病原細菌の増殖を促進するから
2.唾液に含まれるエストロゲンが歯ぐき(歯肉)を形作る細胞を腫れやすくしてしまう
3.女性ホルモン(プロゲステロン)が炎症反応を増大させてしまう

エストロゲンとプロゲステロンは、それぞれが違う働きを持ち、妊娠前は交互に分泌量のバランスを変え、女性の健康を維持していますが、妊娠後はというと分泌量はそれまでと大きく変わります。
両者にそれぞれに妊娠を維持する働きがあって、どちらのホルモンも妊娠末期にかけて、非妊娠時と比べて多量に分泌され続けることになります。

このため、妊娠期間中は特に歯周病になりやすいのです。

虫歯があるなら妊婦さんのうちに歯医者さんへ!妊娠中の歯科治療で知っておきたいこと

基本的に、妊娠中どの期間でも歯科治療は受けられます。
ですが、体調に波がある妊娠期は、出来るだけお母さんとお腹の赤ちゃんに負担がかからないように時期を選ぶのがポイントとなります。
さて、妊娠期間中に歯科治療を行うとき、いつごろどんなタイミングを狙って行うのがよいのでしょうか?

治療時期は妊娠中期がおすすめ

歯医者に通う妊娠中の女性

妊娠中は何が起きるか分かりません。個人的には妊娠期間中はいずれの時期も非妊娠時よりもデリケートで、安定期と呼べる期間はないと思います。けれども、妊娠中期なら比較的体調が落ち着いている妊婦さんも多いので、妊娠5~7ヶ月くらいの時期に歯科治療を進めると良いでしょう。

妊娠初期はつわりのピークでもあり、気分が悪くなってしまうことがありますし、妊娠後期にはお腹の赤ちゃんが大きくなっているので、母体への負荷も大きくなるので心配です。

歯医者さんの予約状況にも気をつけよう!

ですが、歯医者さんの予約状況にも気をつけなければなりません。ちょっと人気のある歯医者さんで激混みが想定されるなら、予約しても2週間待ち!ということも考えられます。妊娠中期に歯医者三に赴き、期間の空いた予約が続くとあっという間に妊娠後期に突入してしまいます。

このため、すぐ行ってすぐ治療!ということにはなりにくい歯医者さんにおいては、妊娠中期を狙って治療を開始するために、早め早めに治療相談をしておくと良いでしょう。

妊娠中の歯科治療は前もって相談を!

妊娠中でどんな不安があるのか等を治療開始前に相談しておくことで、歯医者さん側も万が一のリスクに備えたり、治療計画を立てやすくなります。

妊娠期間別でみる注意したいこと

散歩をしながら妊娠について考える女性

妊婦さんが歯医者に行くときには、いくつかの注意点が出てきます。以下では、妊娠初期~後期の期間別にまとめてみました。

妊娠初期に注意すること

つわりがひどいなら、歯医者さんに赴くこと自体ままならないとは思いますが、妊娠初期のある程度体調が落ち着くまでの間は歯科治療を控えるべきなのかも知れません。
それは、歯科治療では長時間口を開けたり、口の中に器具を入れなくてはいけないなど、これら治療の過程に吐き気を助長してしまう要因があるため。
よほど我慢出来ないほどの痛みがあるという以外は、妊娠中期以降の歯科治療が安心ですね。

妊娠中期に注意すること

妊娠中期は比較的体調も落ち着いているので、歯科治療をおこなう上でも問題はありません。しかし、無理は禁物ですよ。
2人目、3人目の妊娠である場合、すでにお腹が大きくなっている人も。妊娠期間中は体調が変化しやすいため、安定期だから、経産婦だからと過信せず、絶対に無理しないようにして下さい。

経産婦の陣痛開始や間隔の特徴と陣痛に対するお悩み解説
経産婦の陣痛開始や間隔の特徴と陣痛に対するお悩み解説
経産婦さんの陣痛の開始や間隔にみられる特徴や出産までの傾向、陣痛を待つ上での経産婦さんならではの注意点などについて解説します。経産婦さんが抱えがちな陣痛に関するお悩みにも触れていきます。

妊娠後期に注意すること

妊娠後期は大きくなったお腹を支えるために体のバランスが変わり、母体に大きな負担がかかってしまいがちです。腰痛などとなって影響があらわれたりなど、診察台の上に仰向けになって寝ている状態が何かとキープしにくくなる時期

個人差があることでもありますが、切迫早産の傾向があるために安静を指示されている人は、妊娠後期の歯科治療は控えてるようにしたほうが良いかもしれませんね。また37週以降の正期産の期間に入った妊婦さんも、いつ陣痛が起こるか分からない状況であるため、負担のある歯科治療は控えるべき。

安産体操をしよう!ムリなくできるオススメ体操やり方
安産体操をしよう!ムリなくできるオススメ体操やり方
安産体操は正しいやり方で行えば様々な効果が期待出来ます。でも間違った方法で行ってしまうと危険かも!生まれる赤ちゃんや出産を控えたママも無理なくできる安産体操のやり方を体の仕組みや効果を交えてご説明。

妊娠中の歯科治療の不安や疑問におこたえします!

ペンを握り虫歯治療の方法を考える妊婦

妊娠中に歯科治療を進める上で、一番の気がかりは【お腹の赤ちゃんへの影響】ですよね。
影響がなければ通うのだけど、よくわからないし心配だから産後に治療しよう・・・と、後回しにするという妊婦さんも少なくありません。ですが、産後は産後でなかなか歯医者さんに赴くこともできないために、今のうちに歯科治療を行っておくべきです。

妊娠中には、どのように歯科治療を進めていくのでしょうか?

Q.診察台の上に仰向けになってもいいの?

妊娠初期は、まだあまりお腹も目立っていないので、仰向けに寝てもお腹が気になることはないと思います。しかし、急に体勢を変えることによって気持ち悪くなったり、立ちくらみを起こすことがあるので、注意はしましょうね。

お腹が目立ってくる妊娠7ヶ月から臨月の期間は、仰向けに寝ると息苦しさを感じたり、お腹を支えるために体のバランスを崩し腰が痛かったり、治療椅子に乗っている間の姿勢の維持がお腹の張りを助長してしまうこともあります。椅子を倒しすぎないようにしてもらうなどの工夫でカバーできることもあるので、お願いしてみましょう。
自分が座りやすい体勢で治療が出来るように、治療相談の際に医師に確認を取るなら安心ですね。

Q.レントゲンはお腹の赤ちゃんに影響する?

歯科医院でのレントゲンは、基本的にそれほど神経質になる必要はありません。直接お腹にX線が当たるわけでもなく、歯科治療に必要なレントゲン撮影の際のX線量はごく少量で防護エプロンも付けますし赤ちゃんへの影響はほとんどないでしょう。

また、妊娠している事実を告げることで、病院側でもその事実を考慮したうえで治療を進めます。それでも、レントゲンが不安なら医師に相談し、説明してもらうようにしましょう。

Q.麻酔は可能なの?

歯科麻酔は、一般的に局部のみの麻酔となりますので、母子に影響を与えることはありません。中には麻酔がお腹の赤ちゃんに、何らかの影響を与えるのではないかと心配する人もいますが、そんなに神経質になる必要はないと言えます。
歯医者さん側でも、黙って麻酔を打つのではなく「この麻酔は、表面の麻酔で赤ちゃんに影響がないものですよ」「少しずつ麻酔を打っていきましょうね、足りなかったら追加するので手を挙げて教えてくださいね」などと説明してくれることも。

Q.お薬は飲めるの?

歯科治療のあとには、頓服が処方されることもあります。この痛み止めのお薬に関しては、医師によって考え方が違います
痛みへの耐性から考えると限度もありますが、お腹の赤ちゃんへの影響を考えて投薬は行わないという医師もいれば、産婦人科医と相談の上、お母さんが痛くないように薬を処方する医師もいます。

もしあなたが、妊娠中の投薬に良いイメージを抱いていないのなら、正直に医師に相談し、安心・納得をした上で、服用するか否かを選択してみてはいかがでしょうか?

妊婦さんの虫歯予防法

妊娠中は虫歯になりやすい口腔状態なので、日々の十分なケアが虫歯予防につながるのだと意識して、いつもよりぬかりないオーラルケアをしていきましょう。

まずは自分の歯の状態をチェック!

虫歯予防のためにうがいをする妊婦

オーラルケアをしていく上で、まず、自分の歯の状態を知っておくことがとても大切!そこで、妊婦歯科健診を利用して、口腔内をチェックしてもらうようにしましょう。
歯垢の溜まっている場所は、日頃見落としやすく磨き残しの多い、虫歯リスクが高い場所ですので、こういった場所を指摘してもらって、毎日の歯磨きタイムでの虫歯予防に活かしましょう。

歯ブラシだけではなく、デンタルフロスも利用

つわりの最中は、口に何かを入れることすら受け付けないという妊婦さんも少なくありません。歯ブラシを口に入れるだけで気持ち悪くなったり、歯磨き粉の香りを受け付けないという人もいます。そういったときには、デンタルフロスでケアしていきます。
デンタルフロスなら虫歯が出来やすい歯間磨きを念入りにおこなえるので、つわり中の虫歯予防ケアアイテムとして重宝するでしょう。

食後はうがいを

食事やおやつのあとは、口内は酸性に傾きます。
だ液によって中和されていきますが、妊娠初期のつわりがあるときや胃が圧迫される妊娠中期から後期にかけては、一度の食事がままならず一回量を少なくし、一日のうち何回にも分けて食事を摂っていくこともあるでしょう。また、そうしないわけにはいきません。

これにより、虫歯のリスクは上がりますが、食後にうがいをするならそのリスクも下げられます。

お茶うがい

お茶(緑茶)うがいが虫歯予防に効果的なのでは?と考える人もいます。
特に緑茶には殺菌作用、酸化防止作用のあるカテキンが、その他お茶にも同じ効果を持つタンニンが含まれるので、ただの水でのうがいよりかは多少は虫歯予防に貢献してくれるかもしれません。

ただし緑茶に含まれるフッ素は濃度が低すぎて、残念ながら虫歯予防できるほどにないのだとか・・・。

重曹うがい

重曹はごく弱い弱アルカリ性の成分であるため、食後の重曹うがいをするなら食事で酸性に傾いた口内を中和され、虫歯予防にもつながるでしょう。

弱アルカリ性の重曹は虫歯の原因菌ミュータンス菌にとってはいずらい環境を作ります。また、ごく初期の虫歯なら歯が唾液の酵素パワーで再石化することもありますが、唾液による歯の再生を促すには弱アルカリ性の環境が最適なのだとか!

重曹うがいの分量

重曹・・・小さじ1杯(食用OR医療用)
お湯・・・500ml

重曹は溶けにくいのでお湯で溶かすのがポイント。
ですが、うがいのときにお湯が熱すぎると唾液のもつ酵素も効力が弱まるので、体温程度(40℃程度)までは温度を下げるようにしましょう。

うがいはガラガラうがいではなくクチュクチュうがい。1回30秒程度を目安に2、3回程度うがいを行ってください。
重曹うがいは歯周病予防にも一役買いますが、重曹はしょっぱいのでうがいの際は誤って飲まないように気を付けて

歯の健康をキープするために、食べ物にも気を付けましょう!

毎日歯磨きをしてキレイな歯を保つ妊婦

歯の健康をキープするためには、カルシウムとビタミンCの摂取が欠かせません。
歯を強くし虫歯予防をしてくれるカルシウムはチーズや牛乳などの乳製品から、歯ぐきの健康に欠かせないビタミンCは柑橘系のフルーツから、日々の食事で意識して摂取していきましょう。

また、咀嚼数を増やすことも唾液の量を増やして虫歯を予防する1つの方法です。ただし、どんな食べ物でも食べ過ぎには注意!柔らかい食べ物よりも硬い食べ物を選ぶと意識せず噛む回数を増やせるかもしれませんね!

つわりを乗り越える食べ物&食べ方|葉酸たっぷりレシピ
つわりを乗り越える食べ物&食べ方|葉酸たっぷりレシピ
つわりで食べ物を食べるのがつらい…食べ物の趣向が変わりがちなつわりを乗り越えるための食べやすいものの探し方のポイントや、つわり時期におすすめの妊娠初期から意識して摂取したい葉酸たっぷりレシピも紹介!

できれば出産前に虫歯を治療して分娩に挑みたい!

つわりやちょこちょこ食いなどの妊娠ならではの環境下やホルモンバランスの変化で、妊娠期間は虫歯になりやすい時期です。
毎日コツコツと虫歯予防に尽力するだけでなく、すでに虫歯がある場合は、可能であれば妊婦のうちに歯医者さんに通っておくことは賢明な選択!

歯の健康は1日してならず!快適なマタニティライフを送るためにも、安心して出産に挑むためにも、健康な歯と歯茎を手に入れ、キープしていきましょう!

おすすめコンテンツ