Loading

妊娠中の下痢の原因と注意点

妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?

妊娠中の下痢は、便秘とともに悩まされる人が多いトラブルのひとつ。なぜ妊娠すると下痢になるのか、妊娠初期・中期・後期で考えられる下痢の原因を説明します。また、妊娠中に下痢になった場合の赤ちゃんへの影響、下痢が続く場合の対処法や予防法、食中毒の危険性や薬についても解説します。

妊娠中の下痢|妊娠初期・中期・後期ごとの原因とは?

妊娠中の下痢の原因と対処法、赤ちゃんへの影響は?

妊娠中は急激に体内環境が変わることにより、さまざまな体調の変化が起こります。妊娠中は便秘がひどかった、という話はよく聞きますよね。ところが実は、便秘と同じくらい、下痢に悩まされている妊婦さんも多いのです。
大きな原因は二つあります。一つは、自律神経が乱れること。もう一つはホルモンのバランスが変わること。どちらも、それにより胃腸の働きに影響をきたし、下痢を起こすと考えられています。

妊娠中に下痢になると、お腹の赤ちゃんに悪影響があるのでは?と心配になるかもしれませんが、通常、妊娠中の下痢が赤ちゃんに影響することはまずありません。
しかし、下痢はやはり不快なものですし、食あたりなど、妊婦さんの生活しだいで防げるものもあります。生理的な現象で、仕方のない症状の場合もありますが、下痢は体の状態を教えてくれるサインの可能性もありますので、妊娠中の下痢の原因と対処法について詳しく見ていきましょう!

妊娠中の下痢の原因、初期・中期・後期の違いは?

妊娠初期に起きる下痢の原因

妊娠初期に下痢になる妊婦さん

妊娠初期は、体の中で大きな変化が起こっているにもかかわらず、まだ妊娠に気が付いていないこともあるので、ただの風邪だろう、たかが下痢、と軽く見てしまいがちです。もし妊娠の可能性があるようなら、普段よりも注意が必要です。

ホルモンバランスの変化

妊娠すると、プロゲステロンという、妊娠を継続するために欠かすことのできない黄体ホルモンが大量に分泌されます。プロゲステロンは、子宮の収縮を抑制する作用があるのですが、同時に腸の動きを抑える作用もあるのです。そのために便秘になったり、下痢になったりすることがあります。

また、ホルモンバランスの変化により、自律神経のバランスも乱れがちです。胃腸の動きは自律神経が調節しているので、自律神経が乱れると胃腸の働きも悪くなるのです。

プロゲステロンはまた、母体と赤ちゃんのために栄養と水分を体に蓄えようとするので代謝が悪くなり、便秘を引き起こします。便秘が続くと、今度はたまった便を排出しようとする力が強くなるため、固い便とともに、まだ水分の多い便が一緒に排出されてしまうことがあります。妊娠中、特に妊娠初期には、こうして便秘と下痢を繰り返す症状が出ることがあるのです。

妊娠かも…?みんなが妊娠兆候に気付いた時期&体調の変化
妊娠かも…?みんなが妊娠兆候に気付いた時期&体調の変化
あれ?妊娠かも?とみんなが感づいた妊娠兆候が出る時期はいつごろでしょう?妊娠超初期症状についてや生理が来ない、妊娠かな?と思ったら早めにママになる準備を開始しましょう!妊娠検査薬や病院受診について解説。

つわりによる食生活の変化

妊娠初期、多くの人に現れるつらい症状がつわり。症状の軽い人から重い人まで個人差が大きく、食べ物の嗜好が変わる人、とにかく何か口にいれていないと気分が悪くなる食べつわりの人、水しか受け付けない重症の人もいます。

つわりの間は、冷たいもののほうがにおいは気にならず食べやすいことが多いようです。そのため、冷たいものばかりを食べていると体を冷やしてしまい、下痢の原因となります。
また妊娠前とは食べ物の好みが変わり、油っこい揚げ物が好きになった、という人もいますが油っこい食べ物はもともと妊娠で弱っている胃腸にさらに負担をかけることになります。

貧血対策の鉄剤

妊娠中は、赤ちゃんや胎盤で母体内の血液量が増加しますが、妊娠初期は増加分の血液の製造が間に合わず、貧血になりやすいといえます。

検診の際に鉄剤を処方される方も多いと思いますが、この鉄剤が下痢の原因になることもあります。反対に便秘の原因になることもあるので、処方された鉄剤が自分に合わないと思ったら、別の鉄剤に変えてもらえるかどうか、お医者さんに相談してみましょう。

妊娠中期の下痢の原因

腹痛と下痢でベッドにうつ伏せになる妊婦さん

妊娠4ヶ月を過ぎるとだんだんとつわりも落ち着き、いわゆる安定期に入ります。今のうちに旅行に行ったり、産休に入る前に仕事を片付けておいたり、と活動的になる時期。この時期の下痢にはどんな原因が考えられるのでしょうか。

食べ過ぎ

妊娠中期は、つらかったつわりがおさまり、どんどん大きくなる赤ちゃんに栄養を供給するために、食欲が増す時期です。食べる量が物理的に多くなると、胃腸が処理しきれずに消化不良を起こして、下痢の原因になります。

食中毒・胃腸炎

この時期の下痢の原因で怖いのが食中毒や胃腸炎。妊娠中は普段より免疫力が低下していて、細菌やウィルスに感染しやすいので、特に注意が必要です。

食中毒を起こす菌の中には、健康な妊婦以外の人がかかっても問題ない菌でも妊婦や赤ちゃんには影響を与えるものもあり、激しい下痢を起こして体力の低下を招くことも考えられます。

消化機能の低下

妊娠中期から後期は、急激に大きくなった子宮が腸を圧迫して胃腸の活動を妨げ、胃液の分泌が悪くなることがあります。すると消化不良を起こし、下痢を起こす原因となる可能性があります。

また、体が重くなるので疲れやすく、体力が低下しやすい時期でもあります。疲れがたまっていると、胃腸の働きがますます悪くなることもあります。

妊娠後期の下痢の原因

おなかを抱えて苦しむ妊娠中の女性

妊娠後期の下痢はストレスなどの精神的要因もありますが、出産の予兆と考えられるものも多くあります。
その時は気が付かなくても、あとから考えてみると、下痢が出産の兆候になっていたという人も少なくないようです。

下痢は出産が近づいたサイン?

妊娠後期に下痢になると出産が近い兆候、と言われることがあります。予定日が近くなってくると赤ちゃんは少しずつ下りてきて、生まれる準備を始めます。すると腸が赤ちゃんに押され、便秘になる人もいれば、中には下痢になる人もいます。
また、出産を控えて、体内のホルモンバランスが変化することにより、腸が活発に動き出すことがあります。そのため、下痢になるのです。

強いストレス

妊娠後期になると体が重くて思うように動けなかったり、体のあちこちが痛んだり、出産への不安と恐怖などから強いストレスを感じる人も多いと思います。
そもそも排便は、自律神経のひとつである副交感神経によってコントロールされているのですが、ストレスによりその自律神経が乱れ、副交感神経が過剰反応を起こすと腸の蠕動運動が活発になりすぎて下痢を引き起こすことがあります。

また、強いストレスを受けると分泌されるコルチゾールという物質には血管収縮作用があるので、体を冷やしてしまい、下痢の原因となることもあります。

前駆陣痛と下痢

出産が近づいてくると、陣痛の予行演習である前駆陣痛があることも。前駆陣痛では本陣痛同様、下腹部の痛みがありますが、その時の痛みが下痢による腹痛と似ているため、前駆陣痛を下痢と勘違いする人もいます。

お腹が痛いのにトイレに行っても何も出ない場合は、前駆陣痛の可能性が高いとみていいでしょう。ただし、前駆陣痛は全く感じない人も多いので、本陣痛の可能性もあります。
お腹の痛みがだんだんと強く、規則正しくなってくるようなら、本陣痛かもしれませんので、病院に連絡したほうがいいでしょう。

前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?臨月の本陣痛との違い痛みや間隔まとめ
前駆陣痛ってなに?いつから始まるの?痛みや間隔、本陣痛や胎動の違い、入院目安や事前準備しておきたい事など臨月に入り前駆陣痛を不安に思っているママが参考になる記事をまとめました。

妊娠中の下痢による赤ちゃんへの影響は?

妊娠中に下痢を引き起こす原因は数多くあり、不安定な妊娠中の体は、下痢になりやすい状態にあると言ってもいいでしょう。

基本的には妊娠中の下痢が赤ちゃんや出産に悪影響を与える心配はありません。ただし、激しい下痢が続くようなら、腸が働きすぎてお腹が張りやすくなり、子宮口が開きやすくなる可能性があるので、お医者さんに相談したほうがいいでしょう。

また、下痢の原因が食中毒や感染症だった場合は、赤ちゃんに影響が出ることも考えられるので、至急、病院を受診しましょう。例えば、妊婦さんがリステリアという菌に感染するとお腹の赤ちゃんも感染してしまう危険があります。

妊娠中の下痢の対処法と予防法、気を付けたい食品

サラダを食べて便秘予防をする妊婦さん

妊娠中に下痢になってしまったらどのように対処したらよいのでしょうか?予防法はあるのでしょうか?

軽度の下痢なら様子見でOK

妊娠中はホルモンバランスの変化や自律神経の乱れにより、便秘や下痢になりやすい状態にあります。特に妊娠初期の下痢に関しては、ほとんどが12週くらいまでに収まるものなので、便が柔らかめであってもそれほど心配はいりません。肛門を清潔に保つようにし、様子をみても大丈夫です。脱水症状にならないように、白湯やお茶などで水分補給を心がけましょう。

つわりにより食生活に変化があった場合は、食べ物を見直してみましょう。油っこいものや冷たいものは控える、小分けにして食べる、ゆっくりよく噛んで食べるなど、できる範囲でかまいませんので改善を心がけてみてください。
また、妊娠中の冷えは大敵なので、温かい服装で過ごすようにしましょう。現代は夏場でもエアコンで体の冷えを感じることも多いですよね。夏だからと思わず、靴下を履いたり、温かい飲み物を選ぶようにしてみましょう。

食中毒やウィルス感染が疑われる場合は病院へ

下痢の影響が赤ちゃんにあるのか確かめる医師

妊娠中は免疫力が低下しているため、普段は問題ない食材でも食中毒を起こしたり、ウィルスに感染したりしやすくなっています。

前述したリステリア菌は、土壌や家畜、魚介類などに住んでいる菌で、人が摂取するとリステリア食中毒を引き起こします。基礎体力や免疫の落ちた人が感染しやすいので、妊娠中の人は要注意です。

感染初期は38度以上の高熱、頭痛、吐き気などの症状があるのでインフルエンザと間違えやすく、妊婦さんが感染すると赤ちゃんも感染してしまい、妊娠経過に悪影響を与える原因となってしまうことも…。
早期に対応すれば、抗生物質治療により赤ちゃんの感染を未然に防ぐこともできるので、上記のような症状がある場合は、早めに受診することが大切です。

安易な市販薬の使用はダメ!

下痢になったからと自己判断で市販薬を使わないようにしましょう。特に食中毒やウィルス感染が原因の下痢の場合は、薬で下痢を止めることにより菌やウィルスが排出されずに体内に残ってしまい、かえって危険です。

食中毒に限らず、妊娠中に飲む薬は必ず病院で処方してもらうようにしましょう。整腸剤やビフィズス菌は通常妊婦さんが飲んでも問題ありませんが、念のためお医者さんに確認してからにしましょう。

妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?妊娠中の治療法や予防法
妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?妊娠中の治療法や予防法
妊婦さんが風邪を引いたときに赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか。市販の風邪薬や葛根湯など妊娠中の風邪の治し方や手洗いうがい食事などの予防法を解説します。

激しい下痢が続く場合は病院へ

以下のような症状がある場合は、すぐに病院を受診してください。

  • 水のような激しい下痢が2~3日以上続く
  • 発熱、嘔吐、腹痛を伴う
  • 便のにおいがいつもより強く、腐ったようなにおいがする
  • 便に血や膿が混じっている
  • お腹の張りがいつもと違う感じで、胎動も弱い
  • 水分がとれない、体力の急激な低下を感じる

特に妊娠後期で激しい下痢が起きると、子宮口が開きやすくなる可能性があるので、早産の傾向がないか診断するためにも、なるべく早めに受診したほうがよいでしょう。

妊娠中に気を付けたい食品や調理法

食中毒の危険がある食べかけのお寿司

つわりがおさまってくると、今まで食べられなかった分、ついつい食べ過ぎてしまいますよね。普段は問題ない食品でも、妊娠中はいつもより免疫力が低下しているため、避けたほうがいい食品があるってご存知ですか?ここでは妊娠中に注意すべき食品をご紹介します。

刺身などの生の魚介類

生の魚介類にはノロウィルスやリステリア菌が潜んでいることがあるので、妊娠中は控えめにした方がよいでしょう。

加熱が不十分な肉類

レアステーキ、生ハム、ユッケ、レバ刺しなど加熱をしていない、または不十分な肉類はO-157による食中毒を引き起こすことがあるので食べないようにしましょう。

妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦は焼肉を食べても大丈夫?安心して食べるための注意点
妊婦さんが焼肉を食べてはいけないと言われる理由と、食べる場合にはどのような点に注意すればよいのか、また、特に注意すべき食材や、妊婦さんと焼肉にまつわるジンクスなどについても紹介します。

乳製品の一部

ナチュラルチーズや未殺菌乳などの加熱処理されずに製造された乳製品には、リステリア菌がいることがあるので、避けたほうが無難です。

下痢があるときは食物繊維過多にも注意

不溶性の食物繊維は、腸内で水を吸って膨らみ、消化管の収縮運動を促す効果があるので、摂取しすぎると下痢になることがあります。不溶性食物繊維はゴボウ、穀物類、フルーツ類に多く含まれるので、食べ過ぎには注意しましょう。

食中毒を引き起こす菌やウィルスのほとんどは、十分な加熱によってそのほとんどが死滅します。特に妊娠中は、食材に十分に火を通してから食べるように心がけましょう。
そのほかにも、新鮮な食材を使用する、調理器具は清潔に保つ、手をよく洗ってから調理・食事をする、などの点に留意して、くれぐれも食中毒にかからないように予防することが大切です。

妊娠中の下痢と上手に付き合い快適な妊婦生活を!

妊娠中の症状としては便秘がクローズアップされがちですが、下痢になることも意外と多いようです。普段でも不快な下痢の症状があると、妊娠中はいつも以上に心配になりますが、妊娠の経過が順調であれば、赤ちゃんに影響があることはまずありません。

過度に心配してストレスがかかると症状を悪化させてしまいますので、必要以上に怖がらず、正確な知識を持って、適切に対処するようにしてくださいね。