Loading

百日咳の症状と治療法・予防法

百日咳の治療法・回復期間や早期発見のポイントは?

百日咳の治療、早期発見のポイント、回復までの流れ、赤ちゃんが百日咳と診断された場合に入院が必要か、入院治療のメリットなどを解説します。また、大人がかかった場合と、新生児がかかった場合の症状の違い、百日咳を予防するためのワクチンの接種方法についてもご紹介します。

百日咳の治療法・回復期間や早期発見のポイントは?

百日咳の治療法、早期発見・早期治療のポイントは?

百日咳(ひゃくにちぜき)は、呼吸器官に百日咳菌が付着し、感染することで発症します。
百日咳は、名前の通り100日、約2~3ヶ月間咳が続くこともある咳が主な症状です。感染経路は、咳やくしゃみからの飛沫感染です。百日咳との診断がされた場合、抗生物質で治療し、かかり始めに治療を始めれば、比較的症状が軽くおさまるため、早めの治療が肝心とされています。

百日咳は早期発見が難しい病気です。なぜなら初期症状が風邪とかわらず、軽い咳、鼻水、くしゃみなどだけで発熱などはほとんど見られないことが多いため、風邪と診断されることが多いからです。
百日咳は子供から大人まで感染する病気ですが、大人の場合は免疫があるため、咳が出るだけで自然に回復することも多いとされていますが、咳が出ることで体力を消耗するため小さな赤ちゃんには大ダメージとなります。
家族に風邪のような症状が見られる場合は、なるべく早めに病院を受診し、マスクをつけ赤ちゃんへの感染を防ぐようにしましょう。

赤ちゃんの百日咳はワクチン接種前が危険!?

月齢の低い新生児が感染すると重症になりやすく、命にかかわることもあるので注意が必要です。通常生後3ヶ月から混合ワクチンを接種しますが、ワクチンを打っていない新生児に感染してしまった場合は、入院治療となる場合が多いようです。

咳が止まらず切ない表情をしている男の子

症状が出始めると、しだいに咳がひどくなり、特に夜になると咳き込むようになります。咳は1~2週間くらい続き、次第に「コンコンコン」と立て続けに数十回の咳をした後、「ヒュー」と息を吸い込む特有の発作が出てきます。

発作のない時は、比較的元気なことが多く、病院を受診した際に発作が出ないこともあるので、赤ちゃんにこのような症状が見られたら、携帯動画などを撮って医師に見せるとわかりやすいかもしれません。百日咳の診断が出ない場合も多いため、あまりにも咳がひどい場合は設備が整っている病院への紹介状などをお願いするという選択肢もありだと思います。

赤ちゃんの百日咳の自宅ケアのポイント

ケアのポイントとして自宅では安静にし、なるべく咳が出ないようにする必要があります。
空気が乾燥すると咳が出やすくなるので、なるべく部屋を加湿し、水分を十分に補給します。酸味のある飲み物や甘い飲み物は咳を誘発してしまうことがあるので、避けた方が良いでしょう。

百日咳の治療方法・症状と回復までの流れ

百日咳に罹ってしまったら、どのような症状が出て、どのように治療がすすめられるのかについて説明します。

百日咳が疑われて薬を飲む女の子

百日咳の症状、感染から回復までの流れ

百日咳の症状は「コンコンコン」「ヒュー」という発作が続くのが特徴ですが新生児には特有の症状が出ない場合もあるので注意しましょう。また、大人に感染した場合もこのような発作がなく、軽い風邪のような咳が続くのが特徴です。周りの大人に風邪が疑われる場合は、安易に赤ちゃんに近付けてはいけません。

百日咳菌に感染すると、潜伏期、カタル期、痙咳(けいがい)期、回復期の4つの期間を経由しますが、赤ちゃんに感染した場合は、免疫力が低いため合併症などを引き起こしやすく重症化しやすいので注意が必要です。

潜伏期

百日咳菌に感染すると6日~20日間くらいの潜伏期間がありますが、この期間はなにも症状が見られません。

カタル期

その後、くしゃみや咳、鼻水などの風邪のような症状が1~2週間くらい続きます。
カタル期に百日咳との診断が出て治療を始めることが出来れば、痙咳期に進行せずに比較的症状が軽くすむ場合が多いのですが、この時期の症状は風邪との判断が難しいため痙咳期になってから治療を始めるケースが多いようです。

カタル期は百日咳菌の感染力が高くなる時期です。赤ちゃんがいる家庭で咳が続く方がいる場合は、マスクをつけるように日頃から注意して起きましょう。なるべく赤ちゃんへの感染を予防するように心がけておきましょう。

痙咳期(けいがいき)

痙咳期と呼ばれる時期には2週間~3週間激しく咳が続きます。
「コンコン、コンコン」と立て続けに数十回の咳をした後、「ヒュー」と息を吸い込む発作が見られます。1回の発作は2~3分で、1日に数十回の発作が起こります。発作がない時はわりと元気な場合も多いようです。

この時期が一番危険で、新生児の場合は激しく咳き込むと息を吸い込めないこともあり、体に酸素が行き渡らなくなり、唇や皮膚の色が悪くなったり、けいれんが起こったり、無呼吸になったりし、命にかかわるケースもあるので注意が必要です。
また、百日咳菌が肺まで及ぶと百日咳肺炎や脳症などの合併症の危険もあります。咳がひどくてミルクや飲み物を吐いてしまう場合は、脱水症状を起こしてしまうこともあるので早めに病院を受診するようにしましょう。

回復期

2ヶ月~3ヶ月後に時々発作が出る程度まで落ち着きます。
回復した後もしばらくは風邪をひいたりすると咳がひどくなる場合があるので、しばらくは注意をしておきましょう。

赤ちゃんの百日咳の症状や特徴/治療法とワクチンについて
赤ちゃんの百日咳の症状や特徴/治療法とワクチンについて
赤ちゃんが百日咳になったといの特徴や症状や病院での治療法、百日咳を予防するための四種混合ワクチンの接種スケジュールや大人から赤ちゃんに感染させないための方法を解説します。

百日咳の診断は難しいので、再診に遠慮はいらない

百日咳の診断方法は、百日咳が流行っている場合なら「咳がひどい」というだけで百日咳が疑われますが、確定診断をするためには、鼻の粘膜から粘液を採取して検査をしたり、血液検査をしたりする必要があります。
どの方法も結果が出るのに1週間から2週間と日数がかかるため、百日咳が強く疑われる場合は検査結果を待たずに治療を行うこともあります。

医師からの診察結果を心待ちにする赤ちゃん

再診やセカンドオピニオンに遠慮は不要!

百日咳の早期発見は難しく、当初の診断は風邪、または百日咳の可能性はあるが様子を見るように指示されることも多いようです。数日後の再診や別の医師に診てもらうことは悪いことではないので、症状がひどくなるようなら遠慮せずに見てもらいましょう。まだかかりつけ医が決まっていないママもいると思いますが、赤ちゃんの症状やママが不安に思っていることを伝えて、しっかりとした答えを返してくれる良い先生を見つけましょう。

また、受診した病院では検査が出来ない場合などは、設備が整っている大きな病院に紹介状を書いてもらう相談をすることも検討しましょう。

百日咳の治療には抗生剤を服用する

百日咳の治療には抗生物質や抗菌剤を継続して服用します。カタル期から服用すれば、痙咳期に進行せずに、治りは早いといわれていますが、早期発見が難しい病気のため痙咳期から使用されるのが一般的です。今のところ一番効果があるとされているのがアジスロマイシン水和物(ファイザー製薬からジスロマック錠という商品名で製造されています)という抗生物質です。

ジスロマックは咳がひどくなってからは効果が期待できないのですが、百日咳菌の感染力をなくすために服用されます。約5日から1週間ほどで百日咳の感染力はなくなりますが、再発症を予防するために2週間くらい継続して服用することが必要です。百日咳には咳止め薬は効果がないため、咳を誘発しないために部屋の湿度を上げるように医師から指示があることが多いようです。

生後3ヶ月未満の赤ちゃんの百日咳は入院治療が基本

生後3ヶ月未満の赤ちゃんは免疫力が低く、肺炎や脳症などの合併症を起こす危険が伴うため、ほとんどの場合が入院治療になります。
抗生物質の治療は菌の感染には効果がありますが、咳を止める効果は期待できず、また百日咳の咳には咳止めが効かないため安静にして、部屋の湿度を上げるなどの対処で咳が出るのを抑えるようです。咳がひどく、ミルクや飲み物を吐いてしまう場合は、脱水症状になってしまうため点滴治療になります。また、重症になる可能性が高いため、常にモニタリングされます。

赤ちゃんの入院治療のメリット

入院というと大事にも思えて心配も増しますが、専門医が常にそばにいるという安心感があるのがメリットです。
自宅で不安を抱えながら、四六時中の看病することに比べると、病院で見守ってあげるのでは精神的にもずいぶん楽になるでしょう。

赤ちゃんの場合は、肺炎や脳炎などを引き起こし重症化するケースが多いため、常にモニタリングされていますし、吐いてしまう場合は点滴などによる治療も行われるため赤ちゃんもずいぶん楽になるでしょう。

百日咳を早期発見するためのポイント

百日咳は初期症状が風邪と変わらないため、早期発見が難しい病気です。早期発見のためのポイントをまとめました。

赤ちゃんの胸に聴診器を当てて様子を診る医師

1.咳が続く

赤ちゃんに「コンココンコン」「ヒュー」という特徴的な咳が続いていたら早めに病院を受診させましょう。
大人の場合は、「ヒュー」という息を吸い込むような発作は出ない場合が多いのですが、1週間くらい咳が止まらないようなら百日咳を疑って、病院で診てもらった方が良いと言えます。

早めに百日咳と診断され、治療が行われれば、咳がひどく重症化しやすい期間への進行を防ぐことが出来ますし、大人の場合も赤ちゃんへの感染を防ぐという意味で病院受診は大切です。「咳が続くな、おかしいな」と感じたら、早めに医師に相談してみましょう。

2.夜になると咳き込む

百日咳に感染した場合、夜になると咳き込むことが多くなります。夜に咳き込むようなら、病院で医師に相談してみましょう。

3.周りに咳が続いている人がいる

百日咳菌は飛沫感染をするとても感染力が高い菌です。周りに咳が続く人がいる場合は百日咳を疑った方がよいでしょう。
咳が続いている場合は、早めに病院を受診しましょう。大人の百日咳の咳は2ヶ月ほど続きます。くしゃみや咳から飛沫感染してしまうので、くしゃみや咳が出る場合は、マスクをするようにしましょう。赤ちゃんに感染してしまうと、重症になるリスクが高いのでくれぐれも気を付けておきましょう。

赤ちゃん期に百日咳にかかったら、もうかかることはないの?

残念ながら、一度百日咳にかかったらもうかからないということはありません。最近、百日咳は大人にも増えています。予防接種の免疫効果は5年~10年で切れてしまうため、免疫効果がきれた幼児や大人が感染するケースが増えているようです。

ただし、大人が百日咳に感染しても、免疫力が強いのでほとんどの場合2ヶ月くらい咳が続き自然治癒するといわれています。しかし、百日咳は飛沫感染をすること、非常に感染力が高く感染に気付かずに生活をすることで、周囲に感染を拡大するケースを忘れないようにしましょう。
大人から赤ちゃんへの感染を防ぐためには、ひどい咳が続く場合は、なるべく早く病院を受診する。咳が出る場合は、マスクをする、手洗い、うがいをするように日頃から心がけておきましょう。

四種混合の予防接種は生後3ヶ月に入ったらすぐに!

百日咳は四種混合ワクチン(ジフテリア、百日咳、破傷風、ポリオ)で予防が出来ます。四種混合ワクチンは、国が「定期接種」として「一定の年齢になったら受けるように努めなければならない」予防接種になっているため、決められた期間内なら基本的には無料で受けられます。

百日咳のワクチンが含まれる予防接種

基本的には赤ちゃんが産まれた家庭には案内と予診票が市町村の保険センターから郵送で送られてきます。決められた期間は生後3ヶ月から7歳6ヶ月未満ですが、重症化の危険を考えて早めに接種した方が良いでしょう。また、対象年齢を過ぎると接種の費用は自己負担になりますので注意が必要です。
予防接種の実施の期間や予防接種を実施している医療機関などは保険センターに問い合わせると教えてもらえます。

3ヶ月の赤ちゃんの発達・湿疹など気になる症状や遊び方
3ヶ月の赤ちゃんの発達・湿疹など気になる症状や遊び方
3ヶ月の赤ちゃん、関わり方はこれで大丈夫?体重が増えない、湿疹が気になる、生活リズムが整わない、どんなおもちゃや遊びがいいかわからない…そんなお悩みにひとつずつ丁寧に答えていきます。

厚生労働省が推奨しているワクチン接種の標準的なスケジュール

1期

初回接種については生後3ヶ月~12ヶ月の期間に20~56日までの間隔をおいて3回、追加接種については3回目の接種を行ってから6ヶ月以上の間隔(標準的には12ヶ月~18ヶ月の間隔)をおいて1回の接種を行う。

2期

11~12歳の期間に1回の接種を行います。
確実に免疫を作るためには、決められたとおりに受けることが大事ですが、万が一間隔があいてしまった場合でも、はじめからやり直すことはせず、既定の回数を超えないように接種をします。
免疫効果は2回以上接種しなければ、効果が低いので、生後4ヶ月までは感染の危険が高いと言えます。生後4ヶ月でワクチンを2回以上接種していない新生児がいる場合は、両親、兄弟、祖父母からの感染が一番多いと言われていますので、注意しましょう。

予防接種の副反応

四種混合のワクチンの副反応は州者部位の発赤、はれ、しこりなど局所反応や発熱が主なものです。接種回数を重ねるごとに局所反応を示す割合が多くなります。まれに症状が重くなる場合があるので、赤ちゃんの体調が良い時に接種するようにしましょう。

四種混合スケジュール&予防できる病気とワクチンの安全性
四種混合スケジュール&予防できる病気とワクチンの安全性
3ヶ月を迎えたら四種混合を受けましょう!四種混合で防ぐ恐ろしい病気やスケジュールの組み方、予防接種前にしておきたい準備、同時接種やワクチンの副反応への不安などにお答えします!

赤ちゃんの百日咳の予防は、周りの大人の体調管理から!

赤ちゃんが百日咳に感染しないようにするためには、まずは周りの大人の体調管理が大切です。
大人からうつしてしまうことがないように、日頃からうがい、手洗い、咳やくしゃみが出る時はマスクの着用を意識的に行うようにしましょう。また、感染したとしても早めの治療が出来れば、重症化のリスクも低いため、咳が続くなと感じたらすぐに病院を受診しましょう。

百日咳は感染しても、熱が出るわけではなく、初期症状は風邪と区別が尽きにくいため、風邪と診断される場合や、様子見をと言われることも多いようです。また、発作が出ていないときは比較的元気で、診察中には発作が出ない場合もあるので、発作が出たときは携帯動画などで撮影したものを見せたりするのも有効的かと思います。
予防をするためのワクチンも3ヶ月を過ぎると接種出来るので、期間が来たら赤ちゃんの体調が良い時に早めに接種するようにしましょう。