水いぼにイソジンは効果がある?

水いぼにイソジンが効く理由・正しいホームケアでの使い方

水いぼにはイソジンが効く?効かない?水いぼの治療にイソジンを使おうと思っているパパママ、この記事を読んでからにしてください!水いぼにイソジンが効く理由や悪化するといわれる理由をイソジンの成分や効能とともに解説。ホームケアの前の治療方針決めや正しい使用方法、注意点をご紹介します。

水いぼにイソジンが効く理由・正しいホームケアでの使い方

水いぼにはイソジンが効果的!?試してみたいけど実際どうなの?

水いぼの治し方を調べていると「水いぼにはイソジンが効果的」という内容をよく目にします。「家にあるイソジンで水いぼが治るの?」と嬉しくなる反面「本当に効くの?」と半信半疑な気持ちも…。

そこで今回は、水いぼに効くと言われているイソジンについて、どうして効くのか?効かないと言われている理由など、気になる真相をまとめてみました。

イソジンの効果的な使い方や注意点など、水いぼにイソジンを使う前にチェックしておきたい内容もご紹介します。

水いぼの原因や症状、治療方法

水いぼとは、正式名称を伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)といい、ウイルスの感染が原因でできるいぼです。
まずは、水いぼの原因や症状の特徴をおさらいしましょう。

水いぼの原因・感染経路

主に、保育園や幼稚園・小学校のプールで、肌が直接触れたり、ビート板を介して感染することが多く、1歳以下の乳幼児でも、兄弟などから感染することがあります。

水いぼ
水いぼ posted by (C)きあい

水いぼの大きさは1~2mmほどの円形で、真ん中がくぼみ、光沢があります。強く押すと、いぼの中からウイルスの入った白く小さな粒が出てきます。その粒が別の場所に付くといぼが増えるため、1つできると全身に広がり、肌がこすれ合う脇の下や首などは、かたまってできやすくなります。

水いぼの原因・赤ちゃんにもうつる?効果的な対策は?
水いぼの原因・赤ちゃんにもうつる?効果的な対策は?

水いぼの症状~痛みやかゆみはある?

水いぼができても、痛みやかゆみはありません。しかし、いぼが大きくなると炎症が起き、肌の状態によってはかゆみを感じることから、かき壊すことで湿疹ができたり、膿痂疹(のうかしん)(とびひ)といった合併症を引き起こすこともあります(注1)。

かゆみがある場合は、いぼが広範囲に広がってしまいます。乾燥肌やアトピー性皮膚炎などの肌トラブルを抱える子は特に、軽症のうちに小児科や皮膚科へ相談しましょう。

水いぼの病院での治療法とは?

水いぼは、半年~1年ほどで抗体ができ、多くの場合が治療をせずとも自然に治ります。しかし、他の子供への感染源になることや、プールに入れない(プールを禁止していない保育園・幼稚園・学校もあります)、見た目が悪いといった問題から、早めの治療が適切と考えるパパママがほとんどです。

水いぼでもプールはOK!本当にするべき感染対策&マナー
水いぼでもプールはOK!本当にするべき感染対策&マナー

病院での治療は、特殊なピンセットで水いぼをつまみ取ります。痛みがあり血も出ますが、確実にウイルスを取り除き、最も早く治すことができる方法です。10個ほどの水いぼであれば、1回の治療で取り除くことができます。

ただし、広範囲にわたる水いぼを1回の治療で取ることは難しく、通院が必要になります。そうなると、子供は嫌がり病院に連れて行くのも大変です。

いったん治っても免疫ができるまでは再感染してしまうこともよくあります。痛みを軽減するために麻酔シールを貼るといった方法もありますが、水いぼの治療は、子供にとって大きな苦痛となります。

水いぼをホームケアで治したい…!問題はあるの?

水いぼ治療は、子供にとって苦痛を伴うことも多く、保護者にとっては悩みの種。治療方法やホームケアについて、どう考えていけばいいのでしょうか?

水いぼ治療は医師の間でも意見が分かれる問題

腕組みして考える医師

そもそも、子供に苦痛を与えてまで水いぼを取るべきかについては、医師の間でも意見が分かれています。実際、時間をかけてでも苦痛のない方法で治療すべきといった考えや、治療をせずに自然治癒を待つという医師もいるのです(注2)。

医師によっても良しとする治療方針が違うため、最終的な治療方針は、医師と相談しながら保護者が決めなくてはいけません。

「水いぼは、自然治癒で十分でピンセットで取り除く必要はない」という医師や病院にかかったものの、水いぼの数が増え、もっと早く取っておけば良かったと結局後悔する方もいます。

いぼ治療は、リスクも含め、保護者が責任を持って治療法を選択する必要があります。時には、病院を変えるという選択も必要です。

ホームケア前の診察は必須!本当に「水いぼ」かどうかは素人判断しない!

ただし、紫雲膏や木酢酢、イソジンなどを使ったホームケアも選択肢の一つではありますが、まずは病院で症状を確認してから、家庭での治療を始めるようおすすめします。

水いぼを初めて見るパパママは、それが本当に水いぼなのか確信も持てないはずです。勘違いして誤った処置をしては大変です。

子供の背中を診察する女性医師

特に、皮膚トラブルを抱える子供の場合は、軽症のうちに小児科や皮膚科に相談しましょう。

水いぼの治し方!イソジンは効く?効かない?

水いぼのホームケア方法を調べていると「水いぼにはイソジンが効果的」という内容を良く目にします。イソジンと聞くと思い浮かぶのは、カバくんのキャラクターでおなじみの「うがい薬」ですが、水いぼの治療に使うのは、うがい薬ではなく「きず薬」と「きず軟膏」です。

さらに、明治が販売するイソジンは、ブランド移管により2016年4月から商品名が変更されています(注3)。現在は「イソジンうがい薬」は「明治うがい薬」、きず薬・軟膏も同様に「明治きず薬」・「明治きず軟膏」という名称で販売されていますのでご注意ください。

もちろん名称が変わっても、カバくんのパッケージはそのまま、有効成分も変わりありません。

※名称は変更されていますが、本文中では分かりやすいようイソジンという言葉を使っています。

イソジンが水いぼに効く理由

イソジンが水いぼに効くと言われている理由は、明治きず薬・きず軟膏に含まれる「ポピドンヨード」という成分に由来します。

綿棒で子供の背中に軟膏を塗る

ポピドンヨードは、細菌やウイルスをすばやく殺菌・消毒する成分。医療現場でも、傷口の消毒に広く用いられており、安全性に優れています。刺激が弱く、人にも環境にも優しい消毒剤です(注4)。

イソジンはウイルスに働きかけるため、ウイルスの感染が原因でできる水いぼにも効力を発揮します。ウイルスが死滅すれば、水いぼは自然と治っていくでしょう。実際、イソジンを使ったホームケアで水いぼが治ったという人も多くいます。

水いぼにイソジンを使うと悪化するといわれている理由

水いぼにイソジンを使うと悪化するという話も聞きますよね。それは、ポピドンヨード(ヨウ素)の副作用によるものと考えられます。

人体に刺激の少ないポピドンヨードではありますが、一度にたくさんの量を使用すると、アレルギー反応を起こし、かみゆや発疹などの症状が現れることがあります。「明治きず軟膏」の添付書類でも、患部が広範囲の人は使用前に医師に相談することと注意を促していますので、水いぼが広範囲に及んでいる場合には注意が必要です。

ヨウ素に対してアレルギー反応を示すヨードアレルギーの場合は、重篤化すると手足のしびれや呼吸困難に陥ることもあります。ヨウ素が含まれる食品(昆布・海藻類)により何らかの不調が現れた経験のある方は、イソジンの使用を控えましょう。

水いぼにイソジンを使っても効かないといわれている理由

効果には個人差がありますが、水いぼの治療にイソジンは有効です。ただし、即効性がないため、なかなか治らないと諦めてしまう人もいるようです。
イソジンでのホームケアは、経過を良く観察しながら、根気よく続けることが大切です。

水いぼを治す!イソジンの効果的な使い方

ここまでを読んで、イソジンのホームケアを試してみたいと思ったパパママへ、イソジンの効果的な使い方をご紹介します。効果には個人差がありますが、「イソジンが効いた」と感じた方は、4日~1週間ほどの継続使用でなんらかの実感を得ています。

必要なもの

治療に必要なガーゼやきず軟膏

  • 明治きず薬
  • 明治きず軟膏
  • コットンボールや綿棒
  • ガーゼなどの当て布・テープ

ケア方法

  • コットンボールや綿棒に「明治きず薬」を含ませ、水いぼ1つ1つにチョンチョンと塗っていきます。
  • その上から「明治きず軟膏」を塗ります。いぼに蓋をするようなイメージで乗せましょう。
  • 最後に「明治きず薬」を1、2滴たらしたガーゼで水いぼを覆うように保護します。

このケアを1日1回お風呂上りなどに施し、毎日交換するようにしましょう。ガーゼは絆創膏でも代用できます。もちろん使用前には患部を清潔にし、ガーゼや絆創膏は毎回新しいものに取り換えましょう。

水いぼの治療にイソジンを用いる際の注意点

気軽にできるイソジンでの水いぼケアですが、有効成分ポピドンヨードには副作用もあり、ヨードアレルギーが出る可能性もあります。アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を抱える子供にはリスクがあることも含めて、使用は慎重に検討しましょう。

一週間使っても全く効果がない、症状が悪化したという場合には、速やかにイソジンの使用を中止し、小児科や皮膚科に相談するようにしてください。

おすすめコンテンツ