Loading

赤ちゃんの黄疸の原因

赤ちゃんの黄疸の原因はビルリビン?黄色くなる黄疸の仕組み

赤ちゃんの黄疸の原因はビルリビンの増加です。このビルリビンがどのように赤ちゃんに影響を与えているのか、詳しい仕組みを紹介します。生後間もない赤ちゃんの肌や白目の部分が黄色くなる黄疸の種類や治療法など赤ちゃんと黄疸の関係です。

赤ちゃんの黄疸の原因はビルリビン?黄色くなる黄疸の仕組み

赤ちゃんの黄疸の原因は?気になる症状や種類、危険な黄疸をチェック

長いようで短かった妊娠期。出産をし、やっと出会えた待望の赤ちゃん。生まれたわが子に「黄疸」の症状が!?「黄疸って何?原因は?どんな治療法があるの?」という疑問について詳しく解説します。

黄疸ってどんな症状?肌や白目が黄色くなります

可愛い毛布で寝る赤ちゃん

通常の白目は透き通るように白く、すこし青みがかっていますが、黄疸の症状がでていると白目がくすんで黄色くなります。また、肌の色も黄色くなります。

黄疸になる原因は血液中のビルリビンの増加

赤ちゃんはお母さんのお腹の中にいるときは、胎盤をとおして酸素を体にとりいれています。しかし胎盤から取り入れる方法は肺呼吸で酸素を吸い込むより効率が悪いので、赤ちゃんは血液中の赤血球を多くすることで補っています。

そのため、血液中の赤血球が多い状態で生まれてくるのですが、生まれてすぐ肺呼吸になるので多くの赤血球を分解します。
赤血球が分解されることにより、ビリルビンという黄色い色素が発生します。
このビリルビンが血液中に増加することにより、目や肌が黄色くなります。

通常、肝臓で胆汁になり小腸で再吸収され、最終的には尿や便と一緒に体の外へと排出されます。
しかし、生後間もない赤ちゃんは肝臓の機能が未発達なため、うまく体の外にビリルビンを出すことができません。そのため、目や肌が黄色く見えるようになります。

黄疸の分類(種類)はあるの?

新生児黄疸が治り元気にミルクを飲む赤ちゃん

黄疸には、生理的黄疸、病的黄疸、体質性黄疸があります。
生理的黄疸は、赤ちゃんの肝臓の機能が未発達なのでビリルビンをうまく分解することができずに、体の外に出ていくことができなかったビリルビンが血液の中に残ってしまいおこります。
普通は、生後2~3日に症状が現れ、4~5日目ごろがピークで、1~2週間くらいで症状がおさまります。

病的黄疸は、生後24時間以内に黄疸の症状が現れたり黄疸の症状が強く見られます。また、黄疸以外の症状がでていたり、生後1ヶ月以上黄疸の症状がおさまらない状態です。

体質的黄疸は、生まれながらビリルビンが体の外に出にくい体質です。赤血球の破壊がみられずに黄疸がある場合は体質的黄疸の可能性が高いです。
ほとんどの赤ちゃんにみられる黄疸は、生理的黄疸になります。

母乳性黄疸とは?母乳育児中のママが知っておきたい病気
母乳性黄疸とは?母乳育児中のママが知っておきたい病気
母乳性黄疸とはなにか?母乳性黄疸の症状や黄疸はいつまで続くと危険なのか、母乳性黄疸になってしまったら母乳はやめるべきなのか、症状や原因、治療法や母乳性黄疸と間違えやすい病気を紹介します。

お母さんと赤ちゃんの血液型が違うことでおこる「新生児溶血性黄疸」

安らかな天使の笑顔の赤ちゃん

お母さんと赤ちゃんの血液型が違うことによりおこる黄疸です。赤ちゃんの赤血球に対する抗体がお母さんの体でできてしまい、赤ちゃんの赤血球を分解してしまうことによりビリルビンが増えてしまいます。

血液型の組み合わせにより黄疸の強さが違います。一番黄疸の症状が強くでる組み合わせは、お母さんがO型で赤ちゃんがA型かB型の組み合わせです。これはABO型不適合とよばれ、他の新生児黄疸と比べて症状が強くなります。

そしてもう一つ黄疸の症状が強く出てしまうのが、RH型不適合といいます。お母さんがRHマイナスの血液型で、赤ちゃんがRHプラスの場合赤ちゃんに黄疸の症状が強く出ます。このRH不適合の症状は第2子以降の出産のときにおこる可能性があります。
生まれてすぐ黄疸の症状があったり、貧血の症状がある場合は新生児溶血性黄疸が考えられます。

新生児黄疸の原因は?具体的な症状や光線治療の方法
新生児黄疸の原因は?具体的な症状や光線治療の方法
新生児黄疸は赤ちゃんの約90%がなるポピュラーな症状です。しかし初めて赤ちゃんの様子を見たママはビックリするかもしれません。赤ちゃんの新生児黄疸について、原因や対策、光線治療の具体的な方法を解説します。
光線療法や交換輸血といった治療が必要です。

光線療法

おむつ1枚の赤ちゃんに目を保護するアイマスクをし、24時間継続して光線がでる保育器の
中で寝かせます。おむつ替えや授乳以外はこの保育器の中で過ごします。
青色や緑色の光線をあてて、ビリルビンを水に溶けやすい状態にして体の外に出しやすくします。

交換輸血

ビリルビンは神経に対して毒性があるので、赤ちゃんの血液中のビリルビンの値がとても高かっ
たり、急にビリルビンの値が上がり早く値を下げる必要がある場合に行います。
赤ちゃんの血液を輸血により、すべて入れ替える治療です。

赤ちゃんの黄疸と大人の黄疸の違いについて

ママと一緒に公園にでかける男の子

赤ちゃんの黄疸はほとんど、お母さんの胎内から胎外への環境の変化への適応するための生理現象です。
なので「生理的黄疸」といわれ、生後2~3日で目や肌が黄色く見え、生後10日以内に自然に消えていきます。また、完全母乳の赤ちゃんにみられる「母乳性黄疸」というのもあります。生後10日を過ぎても黄疸の症状が消えない場合考えられます。生後1ヶ月くらい続きます。母乳をしっかり飲み、尿や便の色に問題が無ければ大丈夫です。

しかし、大人に現れる黄疸はほとんどが病的な黄疸なので、治療を必要とします。
その病気にはどのようなものがあるのでしょうか。

溶血性貧血

動悸、息切れ、疲れといった貧血の症状と一緒に、黄疸の症状がみられるのが特徴です。赤血球が壊されることを「溶血」といい、赤血球が何かの原因で壊されておこる貧血なので溶血性貧血といいます。手術や薬の服用を必要とします。

肝細胞性黄疸

代表的な病気は、急性肝炎です。ウィルス、薬剤、アルコール、自己免疫など様々な原因で起こります。肝硬変で黄疸の症状が出ている場合、肝機能はかなり低下しています。

閉塞性黄疸

結石やがんが原因で、胆管がせまくなり本当なら腸にだされる胆汁が血液のなかに逆流して起こる黄疸です。肝臓や腎臓に悪影響を及ぼします。また、つまった胆管のなかの胆汁に細菌が感染すると「細菌性胆管炎」をおこすため命にかかわる危険があります。

日本人など黄色人種は皮膚の色を見ただけでは黄疸が出ているかわかりにくく、また軽度の黄疸はわかりづらいそうです。もし、目で見てすぐに黄疸を自覚した場合は重症化している可能性があるのですぐに病院を受診したほうがいいです。

赤ちゃんの黄疸は心配ない?症状や治療が必要な黄疸の違い
赤ちゃんの黄疸は心配ない?症状や治療が必要な黄疸の違い
赤ちゃんの黄疸はいつまで続くのでしょう?心配の要らない黄疸と注意を要する黄疸の原因や症状を詳しくチェック。「大丈夫ですよ」と退院したけれど黄疸が長引ききになるときのホームケアもご紹介。

黄疸がいつまでも治らない…赤ちゃんにとって危険な黄疸

白目や肌の色が生後1ヶ月以上たっても黄色く見える場合は、小児科を受診しましょう。
赤ちゃんの尿は無色透明に近い色なのですが、もしおむつに色(赤色)がつくようであればそのおむつを持ってすぐに小児科を受診しましょう。
また、新生児の便は緑色や黄色ですが、白っぽい便が出た場合そのおむつを持って小児科を受診しましょう。
便の色については、母子手帳についている便カラ―カードを参考にするといいです。

こんな黄疸には要注意!

赤ちゃんがかかると危険な黄疸について教える医師

新生児黄疸の場合、生後数日~数週間で自然に治まっていきますが、他の原因が関係し黄疸の症状が出ている場合なかなか治りません。
赤ちゃんにとって心配で気をつけるべき黄疸は、核黄疸・胆道閉鎖症があります。

核黄疸

ビリルビンが脳に溜まっていく病気で、脳の神経細胞についてしまい、脳性マヒや聴覚障害を引き起こす可能性があります。

新生児の頃は脳にビリルビンが入ってこないようにする、「血液脳関門」のが未発達なので起きるといわれています。生後10日くらいたつと血液脳関門の機能が完成して、ビリルビンが通過出来なくなります。

核黄疸は段階ごとに症状が変化します。段階が進んでいくと最悪の場合、命の危険もあるので早期に発見し治療することが大切です。

  1. 第一期(発病2~3日):生後数日で現れる症状。赤ちゃんのおっぱいやミルクの飲み具合が弱くなるなど哺乳力に変化が現れたり、うとうとすることが多くなり筋力が弱くなります。この時期にきちんとした治療をうけることができれば、回復する可能性は高くなります。
  2. 第二期(発病3日~1週間):背中を弓のように反らせたり、発熱、甲高く鳴く、麻痺という症状が見られます。
  3. 第三期(発病1週間以降):この時期の発見は死亡する確率が高くなり、命の危険を回避しても後遺症が残る事があります。後遺症には、脳性まひや難聴、知的障害があります。

胆道閉鎖症

生まれつきまたは生後間もなく、肝臓と十二指腸を結んでいる胆道が閉じてしまう病気です。そのまま放置しておけば、肝臓の胆汁が行き場を失くしてしまい肝硬変や肝不全を起こしてしまう可能性があります。

便が白っぽくなる(灰色がかった白、クリーム色やレモン色)のが特徴です。これは、ビリルビンが便と一緒に排泄されず、便に色がつかないからです。治療は主に手術になります。
早く適切な治療をしないと1年以内に命を落としてしまう可能性があります。便の色がおかしいと思ったら、すぐに病院に行きましょう。

赤ちゃんの様子をみながら変化に注意しましょう

黄疸はほとんどの赤ちゃんにみられることですが、肝臓の機能が上手に働くようになれば自然と治ります。母乳で育てている場合は、新生児黄疸が長引く場合があるかもしれませんが赤ちゃんが元気でよく母乳を飲んでいれば大丈夫です。
ただ、便の色が白っぽかったり、元気がないようでしたら病的な黄疸かもしれません。

早期に発見して適切な治療をすることで、大事な赤ちゃんを守ってあげることができます。
白目や肌の色をなるべく明るい自然の光でチェックして、もし何か不安を感じることがあればかかりつけのお医者さんに相談しましょう。