Loading

とびひで保育園はいつからOK?

とびひで保育園は通える?登園許可が出る患部の状態と処置

とびひで保育園に通えるのはいつから?強い感染力を持つとびひは、接触感染の恐れがあるため登園のタイミングには注意が必要です。一般的には患部が乾いていてガーゼで覆う処置をする、医師の登園許可があれば登園できますが、保育園での流行によっても左右されます。とびひの登園目安を解説します!

とびひで保育園は通える?登園許可が出る患部の状態と処置

とびひの子供を保育園に登園させるタイミング選びは慎重に

子供たちが汗をたくさんかく季節になると流行するのが皮膚の病気「とびひ」です。とびひは症状が出た患部を触ってしまうと、その手を介して他の部位にもうつってしまうため、特に赤ちゃんや小さな子がかかった時には注意してあげなくてはいけません。

まるで火の粉が飛び移るかのように広がる「とびひ」は、沢山の子供たちが通う保育園や幼稚園では登園させる際のタイミングも重要です。特にお仕事をされているお母さんにとっては、「いつから保育園に戻ってもいいの?」と思われている方も多いはず。

とびひにかかったお子さんを保育園に登園させる際に、知っておきたい注意点を学んで登園させるベストなタイミングを選びましょう。

とびひの子供はいつから保育園に登園できるの?

保育園のすべり台で遊ぶ男の子

保育園にお子さんを通われているお母さんたちにとって、他の子に感染するとびひのような皮膚病にかかってしまうと「いつまでお休みさせたらいいのかしら?」と悩んでしまいます。風邪などは熱や咳・鼻水の有無が登園基準になりますが、とびひは皮膚の病気なので登園の目安がわかりづらいですよね。
とびひにかかった子は、体の皮膚に症状が現れるものの至って元気。できるだけ早くいつも通り保育園やお外でお友達と遊ばせてあげたい気持ちもあるかと思います。

保育所における感染症ガイドライン(学校保健法での扱い)

保育園のお遊戯大会に参加する兄と妹

とびひのようにウイルスによって感染する皮膚病は、学校保健安全法によって一定のガイドラインが掲げられています。
とびひは第三種感染症のその他の感染症という分類で、「条件によっては出席停止の措置が必要と考えられる疾患」として扱われています。インフルエンザのように「登園禁止」「自宅待機」といったものはなく、適切な治療後、全身状態が良ければ登園が可能です。

適切な治療と症状を正確に把握するためにも、とびひにかかったらまずは病院を受診しましょう。

学校保健安全法の基準・2つのポイント

1.症状が広範囲の場合は自宅療養が必要
体の一部だけならともかく、全身に症状が出ている時には、大事を取って症状が治まるまでは家で安静にしておく方が良いでしょう。


2.治療して患部を覆っていれば登園OK
病院での診察後、治療薬などを処方してもらい、患部をガーゼや包帯などで覆えば登園できます。

保育園やその年の流行規模によっても登園基準は変わる

保育園の鉄棒が大好きな女の子

学校保健法や保育所における感染症ガイドラインでもとびひは全身状態が悪くなければ登園可能な疾患です。しかし、保育園はガイドラインを指針にしながらも独自に登園基準を設けています。

保育園にお子さんを通わせているお母さんは、まずは通っている保育園の登園基準を確認しましょう。お子さんがとびひにかかった際には、お医者さんの診察と平行して保育園に問い合わせしておくと安心です。
また、保育園でたくさんの感染者がでて流行している場合は、登園に関して再度相談が必要になる場合もあります。とびひに限らず、保育園は地域や年によって流行する感染症がありますので、感染拡大を防ぐために必要な措置をとられることがあることは理解しておきましょう。

とびひにかかった時の保育園に通えるタイミング

園児と輪になり遊ぶ保育士

保育園に登園できるタイミングは、その通っている保育園によります。しかし、一般的には以下のようなコンディション、処置をすれば登園OKと学校保健安全法にも記されているので、チェックしてみてください。

患部をガーゼなどで覆う

とびひにかかっても、「腕だけ」「体は治ったけど足だけに疱疹が出てる」といった症状の場合、その患部をガーゼや包帯で覆っていれば保育園や幼稚園に通えます。とびひは患部を触った手から感染するので、子供が患部を触らないように指導し、触れないような処置をしましょう。

しかし、痒みが強い場合、赤ちゃんや小さな子はどうしても気になって触ってしまうでしょうし、症状が顔に出ている場合、特に鼻の周りには多くの原因菌がいますが、手で触りやすくガーゼで覆うのにも限界があります。

患部が完全に乾いてから

とびひが乾いていない時には、手でかいたり爪でひっかいたりすると、肌が傷ついて中の菌が他の皮膚にも広がってしまいます。患部が乾いていないと、せっかくガーゼをしてもその上から触って掻きむしることで、ガーゼにも菌がうつってしまいます。

患部が乾いていない場合やかゆみがひどいときは数日お休みした方がよさそうです。

お医者さんからの登園許可証が出たら

治療が早ければ早いほど、とびひは5日~1週間ほどで症状が治まります。「とびひかも…」と思ったら、症状が悪化しないうちに病院を受診しましょう。

お医者さんに診せて適切な治療をしたら登園許可証を出してもらえるので、学校保健安全法にも記されているように保育園に登園させることができます。

保育園に登園させる際に気を付けたいこと

保育園の登園目安を考えるとびひの子供を持つママ

いざ、保育園に登園させる際には、とびひがぶり返さない&他のお子さんにうつさないために、ママたちが最低限気を付けておきたいことがあります。とびひにかかったお子さんが保育園に戻る時には、ぜひ注意してみてくださいね。

患部をかかせない

お医者さんから登園許可証も出たので保育園に登園させようと思った時、まだ子供さんが肌をかいている状態が続いているのであれば注意が必要です。保育園では体を動かして体温も上がり汗もかくので、お家でのんびり過ごしているよりも痒さは増します。
保育園の先生に肌をかかないように注意してもらうにも限界があるため、お子さんが無意識のうちに患部をかいてしまう状態の時には登園を控える方が良いかもしれません。

爪を短く切る

とびひ予防のために爪を短く切られた赤ちゃん

小さいお子さんはママに言われても、無意識のうちに肌をかいてしまうもの。治りかけのとびひが悪化しないように、指の爪はしっかりと短くカットしておきましょう。
保育園で遊んでいる時に、他の子をひっかいてしまうこともあるので、保育園に出掛ける前には爪の長さもチェックしてあげてくださいね。

汗を吸いやすい生地の服を着せる

暑い季節にかかりやすいとびひは、あせもを掻き壊した傷に原因菌が侵入することも多々あります。汗をかいて洗い流さないでいると、そこが痒くなるのは自然なこと。保育園で遊んだりお昼寝をしていると、汗をたくさんかいてしまいます。
汗を吸いやすい生地の洋服を着せてあげて、常に肌がサラサラの状態でいることが理想です。特に可愛い洋服が大好きな女の子は、汗を吸いにくい生地が使われているお洋服などはとびひが治まるまで我慢しましょう。

赤ちゃんのあせも対策!繰り返さないスペシャルおうちケア
赤ちゃんのあせも対策!繰り返さないスペシャルおうちケア
赤ちゃんのあせも対策が全てわかる!お風呂の入り方から、おすすめの保湿剤、受診の目安、処方されるお薬、あせもを作らない環境づくりなどについてまとめました。これだけ読めばあせも対策は万全です。

涼しい長袖長ズボンで外から皮膚への刺激をカット

あせもを防ぐために涼しい恰好をしている赤ちゃん

暑いお天気の日には、半袖半ズボンで元気に登園させてあげたいですが、とびひがある時には太陽の光や外からの刺激も痒みの原因となり、とびひが悪化する危険があります。
とびひが完全に治まっていない時には、ゆったりと着られる風通しの良い超薄手の長袖長ズボンで皮膚を守ってあげましょう。

プールはお休みさせる

とびひが流行する季節は、保育園でもプール遊びが真っ只中。子供たちも楽しみにしているので、できる限り参加させてあげたいもの。しかし、登園させてもプールに入るのは別問題。患部が水にぬれることで痒みが増して症状が悪化したり、お外で遊ぶ際には紫外線などの刺激も気になります。

ほぼ裸で他のお子さんとの接触も多いプール遊びは、完全にとびひが治るまでは我慢させましょう。また、最近はお子さんに子供用の日焼け止めクリームを塗られるママさんも多いですが、普段は肌にあっている物でも、とびひにかかっている時には皮膚が敏感になっているので、患部には塗らない方がベター。

赤ちゃんビニールプールデビュー・水遊び準備&片付けコツ
赤ちゃんビニールプールデビュー・水遊び準備&片付けコツ
ビニールプールで楽しい水遊びデビュー♪室内遊びのマンネリを脱出!暑くて外遊びがしづらいなら、ビニールプールで水遊び♪選び方や使い方がわからないという人向け、安心して水遊びをするための情報です。

とびひを早く治すために必要なこと

とびひが悪化して医師に診てもらう女の子

とびひにかかっても学校保健安全法にあるように、状態に合わせて保育園に登園させられます。しかし、まずはとびひをできるだけ早く治すことが最も重要!とびひを長引かせずに早く治すポイントをおさらいしましょう。

気付いたらすぐにお医者さんへ

とびひは免疫がつく病気ではないので、何度でも繰り返し発症する皮膚病です。したがって症状が悪化してしまうと、いつまで経っても治らない…なんていうこともあり得ます。
とびひらしき症状を見つけたら、できるだけ早くお医者さんに診てもらいましょう。子供がかきむしる前に適切な治療ができると、早くて5日~1週間ほどで治ります。

患部に刺激を与えない

とびひが治り元気に外を駆け回る赤ちゃん

とびひを早く治すためには、症状の出ている患部に刺激を与えないことです。触った手を介して症状が広がっていくので、「かかない」「触らない」ということに気を付けさせましょう。
しかし、赤ちゃんや小さいお子さんに刺激を与えないように言い聞かすのは難しい場合、できるだけ外からの刺激を与えないように、肌をカバーするような服装をさせるなどの工夫をしてください。

完治するまで治療をやめない

とびひはちょっとしたきっかけで再発しています皮膚病です。特に暑い季節には、常に汗をかいている状態が続くため、治りかけのとびひを触ってしまい症状が戻ってしまうこともあります。とびひが完全に治るまではしっかりと治療を続けて、症状がぶり返さないように心がけましょう。

とびひの状態に注意して保育園に登園させよう!

子供がかかりやすいとびひは、保育園へ登園させるタイミングに悩んでしまうもの。ちょっと油断するとぶり返してしまうとびひは、長引かせないように治療することも大切です。
お子さんのとびひの状態と保育園の登園基準を参考にして、体に負担がかからないベストな登園のタイミングを選んでくださいね。