Loading

とびひの原因を知ってとびひ予防

とびひの原因となる環境や病気、感染・悪化を防ぐポイント

とびひの原因は?激しいかゆみを伴う辛い皮膚疾患である「とびひ」は悪化すると全身に広がり、赤ちゃんや子供は非常に辛いです。とびひは何度もかかりますので、よく原因を知って予防に努めましょう。とびひの原因菌や悪化するととびひになりやすい疾患、生活で気を付けること、早期治療法を紹介。

とびひの原因となる環境や病気、感染・悪化を防ぐポイント

とびひの原因を知ってとびひ予防&早期治療!

「かいちゃダメ!」といってもわからない赤ちゃんや小さな子供にとって「とびひ」本当に厄介で、できるだけ避けたいですよね。
とびひ(伝染性膿痂疹)は幼児期に多い、感染する皮膚炎の代表格です。かゆみが伴うため、我慢できずにかきむしってしまうと症状が全身に広がります。火事の「飛び火」のように症状が体の部位から部位へうつることから「とびひ」という名前がつきました。

当たり前ですが、とびひに感染するのは原因があります。同時に、日常生活の中で予防できる点もあります。とびひの原因と対処法、予防法を探ってとびひの解決につなげましょう!

とびひの原因|なぜ子供がかかる?保育園や幼稚園で流行するの?

仲良く遊びママにアピールする兄弟

特に夏の暑い時期に流行る「とびひ」の原因とは、いったい何でしょうか。赤ちゃんや小さい子共に多いこともとびひの特徴とされていますが、それはなぜでしょう?とびひの原因を見ていきます。

とびひは2種類。原因となる2つの細菌

とびひの原因となる細菌は「黄色ブドウ球菌」「化膿連鎖球菌」の二つが存在します。その原因菌によって、症状が2種類に分かれます。

「黄色ブドウ球菌」が原因の水疱性膿痂疹

傷になった皮膚部分に黄色ブドウ球菌が入り込むとかゆみを伴い、掻きむしると全身に水疱が広がります。子供のとびひのほとんどが黄色ブドウ球菌を原因とする水疱性膿痂疹です。

黄色ブドウ球菌は皮膚の表面のほかに、鼻やのどの粘膜や耳の奥などに常在する常在菌ですから、菌が皮膚に付着し、傷がついた肌を引っ掻くことでとびひになります。

「化膿連鎖球菌」が原因の痂皮性膿痂疹

化膿連鎖球菌が主な原因で、赤く膿をもった湿疹がのちに分厚いかさぶたになるのが大きな特徴です。一般的に、とびひは大人はあまり発症しませんが、ストレスや疲労などが溜まっている場合に痂皮性膿痂疹を発症します。水疱性膿痂疹よりも症状が重くなりやすく、皮膚の炎症のほかに、発熱やのどの痛み、リンパ節の腫れなどの症状がみられます。

またとびひは一般的に夏場に流行しますが、冬場にとびひに感染した場合は、化膿連鎖球菌が原因の場合が多いです。

原因となる細菌によって異なる合併症状

とびひが治りぐっすり眠る赤ちゃん

稀にですが、とびひが重症化し、合併症を引き起こすことがあります。原因となる細菌によって合併症状が異なります。代表的な症状を以下に挙げてみましょう。

ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)

皮膚の傷口に黄色ブドウ球菌が体内に侵入することで引き起こす合併症です。黄色ブドウ球菌が表皮剥脱毒素という物質を排泄することで、全身に循環し菌が広がり皮膚表面がやけどのように剥けてしまう症状が見られます。

敗血症

これは化膿連鎖球菌に感染した場合、血液中に細菌が侵入し全身にめぐり発熱や血圧低下などが主な症状です。低体温や意識障害などの重篤な症状に発展するほか、血圧が低い状態が続くと敗血症ショックなど非常に危険な状態になってしまうことから注意が必要です。

腎炎

化膿連鎖球菌に感染することで、腎機能に障害が現れる合併症です。化膿連鎖球菌に感染してから約10日の潜伏期間があり、尿蛋白、頻尿、むくみなどの症状が現れるので、直接皮膚に出ることがないために気づきにくいといったことがあります。これは化膿連鎖球菌が生み出すネフロジェニックトキシンという毒素によって、腎臓に影響を与えることが原因とされています。

とびひにかかりやすい時期。なぜ子供が多くかかるの?

とびひにかかりやすいのは、黄色ブドウ球菌が増殖しやすい高温多湿の6月頃から8、9月頃です。
子供は汗っかきであせもが出来やすく、虫刺されなどで無意識に肌を掻きむしります。大人に比べ、皮膚も薄く、常に肌に傷がついた状態のためとびひの原因菌が入り込みやすいのです。また、アトピー性皮膚炎など皮膚トラブルを抱えていると、悪化してとびひになりやすいので特に注意が必要です。

厄介なのはかゆみ。とびひが全身に広がる原因

とびひが全身に広がるのは、かゆみのせいです。
とびひはかゆみが伴いますが、大人であってもかゆみを我慢するのは難しく、赤ちゃんや小さな子供の場合は尚更です。我慢できずにどうしても掻いてしまい、皮膚に傷をつけるとそこからら更に黄色ブドウ球菌(原因菌)が侵入し、増殖。掻き壊した周囲に留まらず、それ以外の箇所に飛んで広がるので注意が必要です。

保育園や幼稚園で流行する理由。とびひがうつりやすい環境とは?

家庭内でとびひに感染した兄と妹

とびひの原因細菌は人から人へ、そして物から人へと簡単にうつります。そのため、多くの赤ちゃんや子供が集団で生活を共にする保育園や幼稚園では、原因菌との接触が容易になされるため「うつりやすい」環境であると言えます。
とくに夏の暑い時期は、汗をたくさんかいてそれだけでも肌がかゆくなります。また、肌の露出も多く、プールの時間等もある場合、子供同士は密接に接触するのでとびひが流行するのです。

とびひは繰り返す⁉毎夏かかる可能性も…

とびひは一度かかったら免疫が出来るわけではありません。そもそもとびひの原因菌として有名な黄色ブドウ球菌は、鼻やのどの粘膜にいる常在菌です。
一度かかっても再度かかることもありますし、肌が弱い子は予防に気をつけなければ毎年のように感染してしまいます。

とびひの原因となる疾患・早期治療のコツ

とびひの原因や予防対策

とびひにかかってしまったら、できるだけ早く病院を受診することをおすすめします。なぜならとびひは、早期に症状を抑えることが早期治療の鍵で、また似ている疾患も多いため自己判断による対処は悪化を招く危険性もあります。

とびひに似ている、とびひの原因となる疾患

とびひに症状が似ていて、一見「とびひ」なのか違う疾患なのか見分けがつかない病気がいくつかあります。また、以下のような疾患が悪化し、とびひとなることもあり得ます。
とびひの明確な特徴は、かゆみのある皮膚患部がグジュグジュとしているという点です。医師の診察を受けることは、こういった似ている疾患の可能性を考えるという上でも非常に重要です。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が繰り返し起こってくる疾患ですが、アレルギーがあることが大きな原因です。このアトピー性皮膚炎による肌トラブルに化膿連鎖球菌が入り込むととびひとなり易く、アトピー性皮膚炎そのものの痒みがさらに強く現れることがあります。

水いぼ

水いぼは、免疫機能が未発達な乳幼児が感染しやすい伝染性ウィルスが原因の皮膚感染症のひとつです。皮膚のバリアの働きが弱い7歳以下の小児に感染が目立っています。水いぼにもかゆみがあり、患部を掻くことでさらにほかの部位に感染して広がります。水いぼは、水っぽい光沢があり次第に自然とはがれていきます。その残骸が原因で感染が広がることがあります。

水いぼでもプールはOK!本当にするべき感染対策&マナー
水いぼでもプールはOK!本当にするべき感染対策&マナー
水いぼがプールでうつるのは昔の常識、プールの水に一緒に入っただけではうつりません。ただし、気をつけなくてはいけないこともあります。水いぼの原因と水いぼになってしまったときのマナーについて解説します。

あせも(汗疹)

あせもには、皮膚表面に出来るものと皮膚の深いところに出来るものと2種類あります。
汗をたくさんかいたときに皮膚の外に排出しきれかった汗が汗腺を詰まらせ皮膚にブツブツとした湿疹が生じる疾患です。皮膚表面に出来る汗疹は数日で自然に治りますが、皮膚の深いところに赤く出来るあせもは、炎症を起こすために治癒に時間がかかります。このかゆみを伴うあせもからとびひに感染しやすいのも大きな特徴です。

赤ちゃんのあせも対策!繰り返さないスペシャルおうちケア
赤ちゃんのあせも対策!繰り返さないスペシャルおうちケア
赤ちゃんのあせも対策が全てわかる!お風呂の入り方から、おすすめの保湿剤、受診の目安、処方されるお薬、あせもを作らない環境づくりなどについてまとめました。これだけ読めばあせも対策は万全です。

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎は「かぶれ」と言われる皮膚炎で、アレルギーが原因のものとアレルギーではなく薬物が原因の非アレルギーによる2種類があります。かゆみや痛み、ブツブツなどといった症状が主な症状です。

水疱瘡

水疱瘡は帯状疱疹ウィルスが原因の感染症です。水疱瘡に感染すると、発熱しその後発疹が見られます。発疹は赤くなり、膿疱といって膿が含まれる水ぶくれが出現します。小児に感染者が多く、発症者の90%が9歳以下の小児です。

とびひの治し方・処方箋

とびひが完治して両手を挙げる赤ちゃん

とびひに感染した場合、黄色ブドウ球菌や化膿連鎖球菌や化膿連鎖球菌に効く抗菌薬として飲み薬と塗り薬が処方されます。さらにかゆみによって患部を掻きむしることがないよう、かゆみを抑える抗ヒスタミン薬が処方されることがあります。

とびひは掻きむしることで症状を悪化させるため、早期治療によって症状を最小限に抑えることが大切です。専門医師による診断と治療を受けることが重要ですので、自己判断で放置することのないよう、早めの受診をおすすめします。

とびひの原因を取り除くために

とびひの原因は、初めはよくある皮膚トラブルです。あせもや虫さされ、アトピー性皮膚炎などのかゆみによる掻きむしりによって肌に傷かつき、原因菌が入り込むことで、とびひとなって全身へ広がります。掻きむしりを防ぐことが一番の予防法になります。

以下の点に気をつけて過ごすようにしましょう。

  • かゆい患部を掻かないこと
  • こまめにシャワーで汗を洗い流すこと
  • 手洗いの習慣をつけること
  • 爪を短く切っておくこと
  • 患者のタオルや衣類を別にすること

園などの集団生活を送る上で、皮膚の接触は避けて通れません。できるだけ皮膚を清潔に保つことが大切です。