Loading

手足口病による妊婦と胎児への影

手足口病に妊婦は感染しやすい?胎児への影響&治療法

手足口病に妊婦が感染した場合、胎児への影響はあるのか心配になりますよね。大人はめったにかからない手足口病ですが、妊娠中は抵抗力の低下もあり、感染のリスクが高まります。手足口病にかかった場合、赤ちゃんは大丈夫か、出産直前だった場合の新生児への感染は?妊娠中の手足口病の影響を解説!

手足口病に妊婦は感染しやすい?胎児への影響&治療法

妊婦が手足口病に感染!胎児への影響は?

夏になると、保育園や幼稚園では手足口病が流行することがよくあります。特に気を付けたいのが上の子が保育園や幼稚園に通っている妊娠中のママです。お子さんももちろん心配ですが、妊娠中の体調不良は本当に辛いですよね。

もし妊娠中に手足口病に感染してしまったら、胎児への影響はあるのでしょうか。出産直前にかかってしまった場合、新生児への影響は?
妊婦さんが手足口病にかかった場合の影響や対処法を紹介します。

もし妊婦が手足口病に感染したら?

妊娠中の妊婦のお腹

手足口病に妊婦さんが感染した場合、1番気になるのが胎児への影響です。影響はあるのか、また臨月に妊婦自身や家族に感染者がいる場合はどうでしょうか?

手足口病の胎児への影響はほとんどない

妊娠中に手足口病にかかってしまったら、胎児への影響が心配になるママも多いと思います。結論からいうと、妊娠中期・後期、臨月など出産直前であっても、お腹の赤ちゃんにはほとんど影響がないので安心してください。

日本産婦人科医会は、「お腹の赤ちゃんの影響について胎児異常との明らかな因果関係を証明した報告はありません」としています。胎児への影響は心配せず、自分の身体を休めることに集中しましょう。

出産後に新生児に感染する可能性はある

手足口病の妊婦から生まれた新生児

手足口病は胎盤を通しては感染しませんが、出産直前にママや同居の家族が感染していると、赤ちゃんも生まれてすぐに感染してしまう可能性はあります。ですが、新生児はママからもらった免疫がありますので、症状が軽いことがほとんどです。重症化することはめったにないので、安心してください。
もし退院後に赤ちゃんが感染してしまい心配なときは、1ヶ月検診が済むまでは出産した産婦人科で相談しましょう。

大人、特に妊婦さんにはツライ!手足口病の症状と治療法

手足口病による妊婦と胎児の影響

手足口病はお腹の赤ちゃんには影響がないことがわかって一安心ですよね。でも、胎児に影響はないといっても、妊娠中に感染するとママは使える薬も限られるのでたいへんです。手足口病は、大人は子どもよりも症状が重くなりやすく、数日~1週間は辛い症状が続くといわれています。

妊娠中のどの時期がかかりやすいというものはなく、免疫が下がっているときに感染してしまいます。他の感染症の可能性もあるので病院を受診することをおすすめします。産婦人科の場合は、他の妊婦さんに配慮する必要があるので必ず電話で事前確認をしてください。

治療の基本は自然治癒です。栄養のある食事と睡眠をとり、休養をとりましょう。特に妊娠中は脱水症状を起こしやすいので、意識的に水分補給をしましょう。塩分の多いものは刺激があるので避け、ビタミンの豊富な食べ物を摂るようにしてください。

発疹

大人が手足口病にかかった場合、手のひら、手の甲、足の裏、足の甲などにかゆみよりも痛みが強く出ることが多いです。足の裏にできると歩くのもつらいことがあります。

口内炎

口内炎の痛みが子どもより強く出ることもあり、食事があまり摂れないこともあります。
口内炎の痛みをやわらげるスプレータイプや、患部に張りつけるパッチが市販薬で販売されていますが、妊娠中は自己判断で市販薬を使用するのは控えましょう。産婦人科の主治医に相談すると妊娠中でも使える薬を処方してくれるので、相談してみてください。

発熱

子どもの場合、発熱は38℃以下がほとんどですが、大人がかかった場合は39℃を超える高熱が出ることもあります。寒気がある場合は、口内炎がしみないようであれば、体が温まるショウガ汁やスープを飲みましょう。ゆっくり休んで体をいたわってあげてください。

妊娠中は使える薬が限られているので、高熱が出てつらいときは、自己判断での解熱剤の服用は避け主治医に相談しましょう。主治医が許可した場合は、無理せず解熱剤を服用しましょう。高熱が続く方が赤ちゃんには悪影響の場合もあります。

妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?妊娠中の治療法や予防法
妊婦の風邪は赤ちゃんに影響する?妊娠中の治療法や予防法
妊婦さんが風邪を引いたときに赤ちゃんにはどのような影響があるのでしょうか。市販の風邪薬や葛根湯など妊娠中の風邪の治し方や手洗いうがい食事などの予防法を解説します。

2人目妊娠は特に注意!?妊婦が手足口病にかかりやすい理由

ママのお腹を触り喜ぶ子供

手足口病の原因は、コクサッキーウイルス、エンテロウイルスなどのウイルスにより発症する急性ウイルス性感染症です。
手の平や足の裏、口の中に水ぶくれ状の発疹が出ることからこの病名がつけられました。発症年齢は、6ヶ月から5歳以下に多く、ほとんどが2歳以下の幼児です。

大人はめったにかかりらないと言われている手足口病ですが、まれに感染する方もいます。そして妊婦さんは普通の大人よりかかりやすい要因が揃っています。順に見ていきましょう。

妊娠中は抵抗力が低下する

通常、大人は手足口病に感染し難いです。なぜなら子供に比べて大人は免疫力が高く、ウイルスの影響を受けないからです。

大人が手足口病に感染した場合、疲れが溜まっていて体の抵抗力が低下していることが要因として挙げられます。妊娠中はつわりなどの体調の変化も起こりやすく、抵抗力が下がっているので、妊婦は感染しやすいと考えられます。

上の子が集団生活をしている妊婦ママは特に注意が必要

手足口病が治り元気に遊ぶ兄弟

上の子が保育園や幼稚園に通っていて、妊娠している女性は多いですよね。
手足口病は感染力が強いウイルスなので集団生活ではあっという間に大流行してしまいます。妊娠中だからといって上の子のお世話、看病をしないわけにはいきません。また、潜伏期間があるので発病するまで気がつかず、子どもからママに気づかず感染してしまうこともあります。

手足口病の感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染の三種類です。
子どもからママが感染しやすいのはオムツ交換時です。熱や発疹がひいても2~4週間は便からウイルスが排出されます。妊娠中のママは、うつらないようにオムツ交換は、マスクと手袋をして行ないましょう。

また、お風呂で子どものからだを洗ってあげているときに、水ぶくれが潰れてママが感染する可能性もあります。タオルやからだを洗うスポンジなどは別々にしてママはうつらないように子どもの看病をしてあげましょう。

赤ちゃんを迎えるために家族みんなで感染症対策

上の子が手足口病に感染した場合、ママは看病に追われてしまいます。妊娠中の不安定な体調に、看病疲れが重なると、ママの抵抗力は下がり、手足口病に感染するリスクも高まります。パパはできる限り看病を代わってあげた方が良いでしょう。家族はできるだけ妊婦であるママを労わってあげましょうね。

また、手足口病にかぎらず、妊婦さんは風邪やインフルエンザといったウイルスに感染しないように、規則正しい生活を心がけ栄養と睡眠を十分に摂ってください。普段から予防のため手洗いとうがいをしましょう。ママだけでなく、家族みんなで予防に努めることが感染症対策になります。