Loading

手足口病とお風呂の付き合い方

手足口病でもお風呂はOK?症状悪化と家族感染を防ぐ入浴法

手足口病でお風呂はOK?手足口病に感染した場合、お風呂はいつから入っていいの?ママや兄弟と一緒に入っても大丈夫?赤ちゃんが手足口病に感染した場合のお風呂との付き合い方をご紹介!お風呂に入れる目安、発疹を悪化させない入浴法、家族間での感染を防ぐために守ってほしいことをまとめました。

手足口病でもお風呂はOK?症状悪化と家族感染を防ぐ入浴法

手足口病でお風呂はOK?いつから入っていい?一緒に入って大丈夫?

赤ちゃんが手足口病に感染した場合、お風呂はどうしたらいいのでしょう?
手足口病自体は、重篤な症状は出ませんが、ウイルスが強い感染力を持っていることから、家庭内、特に小さな兄弟間(姉妹間)での感染には注意が必要です。

熱も下がり、いざお風呂に入ろうとした時にはどのようなことに注意すれば良いのでしょう?
手足口病に感染した時のお風呂の入り方と感染対策をお伝えします。

お風呂はいつから入っていい?入浴の目安と注意点

手足口病が治りお風呂に入る赤ちゃん

手足口病の場合、いつからお風呂に入って良いのでしょうか?
結論からいうと手足口病は夏風邪の一種ですので、お風呂に入るかどうかは風邪の時と同じように判断してOKです。
手足口病の初期症状として、発熱が挙げられますがたいていの場合、38℃程度です。解熱後、元気があるのならお風呂に入って構いません

もちろん高熱や本人に元気のない様子であればお風呂に入ってはいけません。熱が下がってもまだ体力が戻っていない様子なら経過を観察します。

手足口病の子をお風呂に入れるポイント

手足口病の症状は、初期に発熱、のどの痛みなどを訴えた後に、手のひらや足の裏、甲、口の中にブツブツと赤い発疹、水疱が出現してきます。発熱自体は低い上に、身体の発疹はかゆみを伴わないことが多いので、お風呂に入れてOKです。

しかし、お湯やせっけんなどの肌への刺激、体温の上昇などから発疹が悪化、さらにかゆみがでてしまう場合もあります。症状が悪化しないように以下の点に気を付けましょう。

  • 湯船にはつからない。
  • ぬるめのお湯、またはぬるめのシャワーをやさしく当てること。
  • せっけんは使用しない。しばらくはお湯で汗を洗い流す程度にすること。
  • 入浴後のタオルは柔らかいもので、肌の上から軽く押さえて水分を吸い取る程度に拭くこと。
  • 決して擦らないこと。

「体温の上昇」と「水疱をつぶさない」ことに気をつけながら入浴させましょう。

口内炎が辛くても、お風呂後は水分補給

具合が悪く泣き出した赤ちゃん

手足口病の症状として口内炎があります。しみるのでお茶を飲むのも一苦労なのですが、脱水症状の心配がありますので、お風呂上りはできるだけ水分補給をしてください。
入浴は、体から水分を奪わない、喉が渇かないためにも、ぬるめのシャワーで汗を洗い流す程度にとどめます。経口補水液やイオン水を活用して、効率的に水分補給しましょう。

赤ちゃんに水分補給を!タイミング&白湯や麦茶の飲ませ方
赤ちゃんに水分補給を!タイミング&白湯や麦茶の飲ませ方
身体の小さな赤ちゃんの水分補給は大切です!小さな体で大人の3倍も汗をかく赤ちゃんは脱水症状になりやすいのですが具体的な水分補給のタイミング、水分補給を嫌がるときの白湯や麦茶の与え方など紹介。

兄弟(姉妹)がいるママ必見。手足口病の家庭内感染を防ぐ方法

お風呂上りにタオル1枚でママを追いかける赤ちゃん

兄弟がいるママにとって悩ましいのがいつも一緒にいる兄弟(姉妹)間での手足口病の感染です。上の子が保育園や幼稚園でもらってきて、下の赤ちゃんにうつった。または赤ちゃんが児童館等でもらってきて先に発症、その後上の子に…。など、よくあるケースです。

感染力の強い手足口病のウイルスに対して、出来るだけ接触を避けることで感染リスクを軽減する必要があります。

兄弟間でのお風呂は感染リスクを高める

手足口病の感染経路は飛沫感染、接触感染、糞口感染ですが、一緒にお風呂に入るという行為は感染リスクを高めます。
お風呂は、子供の鼻水や唾液などの体液が排泄されやすく、温度や湿度によってウイルスも増殖しやすい環境です。湯船の中で水疱がつぶれると、浴槽内にウイルスが広がります。また水疱がつぶれなくても患者の鼻水や唾液からもウイルスは排出されます

排出されたウイルスは、口からだけでなく目や鼻などの粘膜からも侵入しますので、兄弟(姉妹)のうちどちらかが手足口病にかかった場合、お風呂は別にした方がよいでしょう。感染していない子を先に入れるのがおすすめです。
症状がおさまった後も2~3週間といった長期にわたってウイルスが残っていますので、抵抗力の低い幼い兄弟の場合、約1ヶ月程度はこのようなお風呂の入り方を徹底しましょう。

大人は重症化しやすい!?妊婦ママは特に注意

体調が悪く横になる妊婦さん

手足口病に感染する子の多くは生後6か月~4歳くらい、多くは2歳以下の赤ちゃんや乳幼児です。しかし、手足口病はまれに大人も感染する場合があり、特に抵抗力が下がっている妊婦さんは注意が必要です。
もし大人が手足口病に感染した場合、小さな子に比べて症状が重くなる傾向があります。39℃を超える高熱、発疹もかゆみを通り越して、痛みを強く出ます。足の裏に発疹ができた場合、歩くたびに激痛が走るケースもあります。

ママ、パパへの親子感染を防ぐためには、感染した子どもだけ服を脱がせてママやパパは服を着たままシャワーを浴びさせるのがベストです。ママが妊娠中の場合は、できるだけパパがお風呂に入れてあげましょう。排泄物にもウイルスは残っていますので、おむつ替えは手袋をして行いましょう。

タオルの共用はNG!洗濯もすばやく

普段兄弟(姉妹)、家族で共用していても、手足口病に感染して1ヶ月間は身体を洗うタオルや湯上り後のバスタオル、ハンカチなどは別にしましょう。洗濯も別で扱います。できるだけすぐに洗濯しましょう。

精神的なケアを忘れずに

赤ちゃんが寂しくないように一緒にお風呂に入るママ

感染したのが赤ちゃんや小さな子の場合、お風呂タイムを別々に過ごすのは少し可哀そうですよね。兄弟の場合、「一緒に入っていい?」と聞いてくることもありますし、赤ちゃんは言葉で訴えられなくても熱が出て心細くなるとママやパパをはじめ、兄弟ともいつも以上に一緒にいたがります。

手足口病は口内炎ができると思うように食事がとれず、赤ちゃんや子供たちは不機嫌になりがち。看病でたいへんだと思いますが、精神的なケアを心がけてあげてください。
兄弟がいる場合は、感染していない子にも、感染のリスクを説明し、予防に協力してもらいましょう。

手足口病に感染した時のお風呂の付き合い方

熱が上がったのなら、お風呂に入るのは悪いことではありません。身体がさっぱりするとよく眠れるようになり、体力の回復にも有効です。一緒にお風呂に入れずママからすると少し面倒かもしれませんが、自分や兄弟に感染するともっとたいへんな事態になりますので、感染対策に努めましょう。

手足口病は水疱をかき壊すことで、グジュグジュと余分な苦痛が伴うほか、治るのが遅くなります。
赤ちゃんや小さな子の場合、「かいたらダメ」と教えるのも難しいので、爪をこまめに切ってあげてください。