Loading

突発性発疹後の外出はいつから?

赤ちゃんの突発性発疹、外出はNG?保育園登園の目安

突発性発疹の赤ちゃんが外出できる目安を紹介します。熱があるけどいつから外出してもいいの?熱は下がったけど保育園の登園は大丈夫?新生児から2歳頃までの赤ちゃんが感染しやすい突発性発疹ですが、赤ちゃんの健康を第一に考え一緒に買い物や外出する際は様子をしっかりみて判断してくださいね。

赤ちゃんの突発性発疹、外出はNG?保育園登園の目安

保育園はどうする?突発性発疹って外出しても大丈夫?

生後約半年の新生児~2歳までの赤ちゃんの約9割に発症する突発性発疹。お腹にいた時にママから受け継いだ病原菌と戦う抗体が切れたことで、唾液に含まれるウイルスが空気や食べ物などから経口感染することで発症すると言われています。
新米ママさんにとっては赤ちゃんが生まれてから初めて経験する大ピンチになる可能性があります。

おもちゃで遊ぶ突発性発疹の赤ちゃん

高熱が出たり発疹が出たり、まだまだ弱くて小さな赤ちゃんに降りかかる試練についつい不安になってしまいますよね。
もちろんお医者さんから「突発性発疹です」と診断を受けるとホッと一安心できますが、いつから平常通りの生活に戻ればいいのでしょうか。ここでは突発性発疹にかかった赤ちゃんの外出問題について考えましょう。

突発性発疹になったらいつから外出できますか?

ベビーカーに乗せられ外出中の幼児

生後2歳までにかかる突発性発疹ですが、時期や状況によってはお出掛けや旅行などに重なってしまうことがあります。具合が悪い赤ちゃんを外に連れ出すのは心配になってしまいますが、ママさんにも以下のような事情や理由があるのではないでしょうか。

  • 前々から家族旅行を計画していた
  • 仕事をしているので保育園に通わしたい
  • 家で1週間丸々ジッとしているよりはお外に連れていきたい

赤ちゃんとママや家族の数だけ様々な事情があるかと思いますが、突発性発疹になったら以下のような2つのポイントを把握していれば基本的に外出はOKとされています。

ポイント1.熱が出ている時の外出はNG

突発性発疹は風邪のような症状が1~2日見られ、その後に高熱が3~4日続いて熱が引くと同時に発疹が体に出てくるという症状の経過を辿ります。熱が出ている時には知らず知らずのうちに赤ちゃんの体力は消耗しているので、お外に連れていっては余計に具合が悪くなってしまいます

また小さな体の赤ちゃんにとって熱は脱水症状を招いてしまう危険なもの。大人と違って赤ちゃんの脱水症状は重いため、ママはこまめに水分を与えて脱水症状にならないように気を付けてあげなくてはいけません。

赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付いて的確な処置を施してあげるのが深刻な状況を回避するカギとなります。脱水の状態を見分けるポイント7つともしものときの処置の知識は夏の健康管理の必須項目です!

赤ちゃんが元気なのですが…

突発性発疹の特徴でもあるのが高熱を出している赤ちゃんがご機嫌で元気なことです。ここで「大丈夫かな?!」と思ってお外に行ってしまっては病状が悪化したり弱っている体に他のウイルスが入り込んでしまう可能性があるので熱が下がるまで外出は控えてくださいね。

ポイント2.熱が下がって発疹が出たら外出はOK

熱が下がり体調が回復した赤ちゃんとママ

医学的に突発性発疹は他の赤ちゃんには感染しないことが証明されています。
突発性発疹が発症してから4~5日で熱が下がった時には、基本的に外出はOKと言われています。

熱が下がると同時にお腹や背中・胸あたりに発疹が出てきますが、かゆみを伴わない&熱は下がっている&感染しない、という理由からお外に行くことができるのです。

赤ちゃんが不機嫌なのですが…

突発性発疹になった赤ちゃんは熱を出している時はご機嫌、逆に熱が下がって発疹が出る頃にはイヤイヤが出てきて不機嫌になるという特徴を持っています。グズる赤ちゃんを無理やり外出させるとかなりの体力を使うので、あくまでも病み上がりということを忘れてしまってはいけません。

ママは要注意!保育園に通わせる時は完治後が理想

具合が悪くママの手を握りしめる赤ちゃん

医学的に「他の赤ちゃんには感染しない」「熱が下がったら外出OK」と言われている突発性発疹ですが、赤ちゃんが保育園に通っているママは注意する必要があります。もちろんママ自身も発疹が出ている赤ちゃんを他の赤ちゃんやママたちがいる場所に連れていくのは気が引けてしまうのではないでしょうか。

突発性発疹になった赤ちゃんを保育園に行かすのは、発疹もすっかり消えて完治した時が理想という意見が多く聞かれます。それには以下のような2つの理由があります。

1.活気あふれる保育園は赤ちゃんが疲れてしまう

病み上がりの赤ちゃんをエネルギッシュな保育園に戻してしまうと、弱っている体に負担がかかって他の病気になってしまう可能性があります。
発疹も消えて十分に自宅で療養してからの方が、赤ちゃんの体力も戻っているので保育園に通い出すには完治後が理想的と言えるでしょう。

2.病気なのに保育園に連れてきていると思われてしまう

保育園に子供を通わせているママたちなら突発性発疹については知識も経験もあるため、発疹が出ている赤ちゃんが保育園に来ていても「突発性なのかな?!」と理解してくれます。

しかし実際には目で見える発疹は「何か他の病気なのでは?!」という疑いの目で見られてしまうことの方が多く、赤ちゃんにとってもママにとっても、また同じ保育園に通っている他のママたちからも不安な目で見られてしまうのです。

そのため保育園では「突発性発疹になった赤ちゃんは、発疹が完全に消えてから登園してください」と定めている所も少なくありません。

突発性発疹は人にうつる病気?お風呂や保育園登園の注意点
突発性発疹は人にうつる病気?お風呂や保育園登園の注意点
赤ちゃんが突発性発疹になると、保育園などの外出、兄弟とのお風呂などなど、うつるのかが気になってしまいますよね?!ここではそんな突発性発疹に赤ちゃんがなった際に知っておきたいポイントをご紹介します。

お仕事をしているママは保育園に相談を

元気な保育園の園児達と先生

お仕事をしているママさんにとっては熱が下がったらすぐにでも赤ちゃんを登園させたい人も多いはずです。しかしできることなら完治するまでは十分に赤ちゃんを安静にしてあげたいものです。

それでも保育園に通わせたい場合は、お医者さんからの治療証明や登園許可証などが必要になる場合もあります。厚生労働省によると「解熱後1日空けてからの登園が望ましい」としています。

保育園によっては突発性発疹の赤ちゃんへの対応は違うので、お医者さんに突発性発疹と診断されたら相談してみましょう。

突発性発疹は解熱後の発疹が出てから初めて突発性発疹だと診断されます。熱が出ている時に突発性発疹だと思っていても、違う感染症の疑いもあるため保育園に通う赤ちゃんママはかかりつけのお医者さんに一度は診断してもらって保育園に戻るタイミングを決めましょう。

赤ちゃんの健康が一番!「外出は100%元気になってから」が正解

熱が下がって発疹が出る頃には外出OKな突発性発疹ですが、やはり高熱を出した後の赤ちゃんの体は弱っているためできることなら100%元気になって体力が回復するまで安静に休ませてあげることが理想です。

なぜなら体が弱っている状態で外出すると、軽い症状で済んだはずの突発性発疹に加えて違う病気になってしまうことがあるからです。一般的には赤ちゃんの9割がかかるポピュラーな突発性発疹ですが、まずは赤ちゃんの健康を第一に考えて外出のタイミングを考えてあげてくださいね。