Loading

子宮外妊娠の原因とメカニズム

子宮外妊娠の原因と子宮外妊娠のリスクを上げる5つの要因

子宮外妊娠には何か原因があるの?体外受精と自然妊娠を合わせた全妊娠の数%の確率で起こるとされる子宮外妊娠の原因と子宮外妊娠のリスクを上げる要因、さらに再発の可能性にも迫ります。ベビ待ちさんなら誰でもなる可能性があり早期診断適切な処置を必要とする子宮外妊娠は予防できるのでしょうか?

子宮外妊娠の原因と子宮外妊娠のリスクを上げる5つの要因

放っておくとこわい子宮外妊娠…なにが原因で起こる?

赤ちゃんがほしい!と思っている方にとって、心配な症状の一つとして「子宮外妊娠」が挙げられるのではないでしょうか?

きちんと排卵もしており、タイミングもとれていたとしても、子宮ではないところで妊娠が成立してしまうと、当然赤ちゃんの成長に伴って母体に影響を及ぼしますし赤ちゃん自体も成長できません。そんな子宮外妊娠はなぜ起きてしまうのでしょうか?

子宮外妊娠が起こるメカニズム

子宮外妊娠とは何かを理解するために、妊娠のメカニズムについても知っておきましょう。

妊娠のメカニズム

・卵巣の中に卵子を包む袋のような約20個の卵胞のうち、1個が成熟し卵子が飛び出します。
・飛び出した卵子は「卵管采」という手のような形をした器官によってキャッチされ卵管に取り込まれます。
・「卵管膨大部」という卵管の広い場所で受精卵ができ、細胞分裂を繰り返しながら着床のため卵管内を子宮に向かって移動します。

以上が、正常な妊娠のメカニズムですが、子宮外妊娠とは子宮内膜にて着床するはずが別の場所で根を張ってしまう異常を言います。

その場所とは、卵管膨大部から子宮までの途中経路である「卵管」であることがほとんどで、子宮外妊娠の98%が卵管にて起こります。残り2%は、卵巣・子宮頚管・腹腔(内臓に囲まれたお腹の中の空間)で起こります。

子宮外妊娠が起こる原因をチェック

子宮外妊娠の可能性があり考え込む女性

子宮外妊娠が起こる原因は、自然妊娠か体外授精かによって異なります。

子宮外妊娠が起こる原因・自然妊娠の場合

受精卵は卵巣に最も近い「卵管膨大部」から子宮内膜を目指して卵管を移動するのですが、卵管では卵管内にたくさん生えている「毛」のようなものが移動を助けています。このようなプロセスの中で、うまく子宮内膜にたどり着けず卵管に根を張ってしまう理由には次のようなものがあります。

卵管で着床が起きる理由

・受精卵を子宮まで運ぶ「毛」の働きが弱まってしまい、卵管の途中で移動できなくなってしまう
・卵管そのものが狭くなっていて移動がしにくくなる

卵管の「毛」の働きが弱くなる、または卵管が狭くなるのは卵管に炎症が起きている場合や、周囲の臓器と卵管が癒着してしまっている場合です。
卵管の炎症や癒着は、以下のような様々な理由によって起こります。

  • クラミジア、淋菌、大腸菌、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌などによる感染症
  • 人工妊娠中絶
  • 開腹手術
  • 生理時の不摂生

遺伝が原因となる心配はない

しばしば、「母親が子宮外妊娠の経験があるから、自分もその可能性が高いのでは?」と心配する人がいますが、子宮外妊娠は遺伝性のものではありませんのでその点は不安に思わないでください。

子宮外妊娠が起こる原因・体外授精の場合

自然妊娠だけでなく、体外授精でも子宮外妊娠が発生します。体外授精の場合には、卵管での妊娠以外に、子宮頚管での妊娠も発生しやすくなっています。

体外授精で子宮外妊娠が起こる理由

・受精卵を培養させて子宮に戻す際に、着床場所が子宮の出口あたりまでずれてしまうことがあります。その場合子宮頚管妊娠になります。
・受精卵を培養させて培養液と共に子宮に戻す際に、卵管まで流れ込んでしまう場合卵管妊娠になります。

こうした原因の子宮外妊娠は「初期胚」で起こりやすいものです。初期胚は子宮にしっかりと根を張る力が小さいのですが、子宮ではないところに着床してしまうこともしばしばあります。
初期胚を使った体外授精での子宮外妊娠の確率は約5%で、自然妊娠の場合の子宮外妊娠の確率よりもかなり高くなっています。

「初期胚」をさらに3~4日培養すると、「胚盤胞」という細胞になります。
そして2つから4つ、4つから8つと次々に細胞分裂を繰り返しながら成長し、強くなっていきます。
「初期胚」が4から8つに分裂した原始的な細胞であるのに対し、「胚盤胞」は100以上に分裂した強い細胞です。この状態で子宮に戻してあげることで、子宮外妊娠の可能性は減少します。

子宮外妊娠の確率とリスクを上げる要因

不正出血が続き子宮外妊娠を疑う女性

子宮外妊娠は、全妊娠のうちの0.5%~1.5%と、それ自体の確率としては滅多に起こらない異常です。
ただし、後で説明する「子宮外妊娠になりやすい人」に当てはまる場合は、その確率が上がることも…、該当する場合は体調の変化をよく観察しましょう。

子宮外妊娠が起こりやすい!リスクを上げる5つの要因

子宮外妊娠が全妊娠中に占める割合は僅かですが、以下に当てはまる人は確率が上がるので注意が必要です。

開腹手術(帝王切開、虫垂炎など)の経験がある人

一度でもお腹を切ると、内臓は少なからず空気に触れます。空気に触れることによって身体の組織同士がくっつきやすくなり、癒着が起こります。

開腹手術を受けると90%ほどの確率で癒着が起きます。身体の中で癒着が起こることにより卵管が狭くなってしまうと、卵管はスムーズに移動しにくい状態になるため子宮外妊娠が起こりやすくなってしまいます。

従い、帝王切開や虫垂炎などの開腹手術を受けた経験のある人は、ない人よりも子宮外妊娠を起こしやすいと言えます。

感染症を起こしている人

クラミジアや淋菌、その他の菌に感染し、その炎症が骨盤内にまで広がる場合があります。
炎症が骨盤内にまで広がると、卵管にも炎症が起き、卵管が狭くなって子宮外妊娠を起こす確率が高まります。

過去に子宮外妊娠の経験がある人

過去に1度でも子宮外妊娠をしたことがある人の場合、10%ほどの確率で再度子宮外妊娠が起きてしまいます。
子宮外妊娠は、卵管を切除する方法と、卵管を残す保存的治療法がありますが、保存的治療法のほうが再発率は高くなります。

高齢出産の人

40歳以上の高齢妊娠の場合、10代の人と比べて発生確率が3倍になります。

経産婦さん

子宮外妊娠の全体の件数のうち、8割を経産婦の方が占めています。
前回の妊娠から期間が空いている場合にはさらに発症確率が上がります。

子宮外妊娠が起こったときに出る身体の症状

正常な妊娠ではないものの、子宮外妊娠も妊娠の一種なので、妊娠時と同様にホルモンバランスが変化します。そのことで、正常に妊娠した時に現れるような、つわりや眠気と言った症状も現れます。初めはその程度の症状ですが、症状が進行すると激しい腹痛を感じ、不正出血をするのが子宮外妊娠の特徴です。

子宮外妊娠の症状まとめ~兆候にいち早く気付くために~
子宮外妊娠の症状まとめ~兆候にいち早く気付くために~
子宮外妊娠の症状に当てはまるものがないかをチェックしましょう!基礎体温の変化、妊娠検査薬の反応の変化、不正出血の原因等早期発見が大切な子宮外妊娠の症状の出かたを詳しく解説していきます!

子宮外妊娠に気づかないことはある?

子宮外妊娠の初めの症状は正常に妊娠した時と似た症状で、妊娠検査薬にも反応するので、病院に行ってエコーで診断を受けない限り、子宮外妊娠とはわかりません。
妊娠検査薬で陽性になった場合は、至急病院を受診し、子宮外妊娠の可能性の有無について確認することが重要です。

子宮外妊娠と生理を勘違い?間違いやすい症状7つの違い
子宮外妊娠と生理を勘違い?間違いやすい症状7つの違い
子宮外妊娠は生理と見分けが難しい場合があります。子宮外妊娠を生理だと思って放置していると重篤な症状を引き起こすことも…。この記事では、子宮外妊娠と生理の症状の違い、出血のメカニズムの違いを解説します!

子宮外妊娠で危険なのは、進行した時に現れる症状である「腹痛」と「不正出血」を生理と間違うことです。普段生理痛が重い人は特に、痛み方も似ていますから見落としがちです。

子宮外妊娠が起こりやすいかどうかを知る方法

病院で検査するために患者に問診票を渡す看護師

以上のような危険因子を持っている場合、子宮外妊娠が起こりやすい体質になってしまっているか心配になりますよね。
子宮外妊娠になりやすい状態になっているかどうかを検査する方法があります。

卵管造影検査

卵管造影検査とは、卵管に詰まっているところがあるかどうか確認する検査です。

不妊の原因を探るために実施されることが多い検査ですが、子宮外妊娠が起こりやすいかどうかを確認するためにも行われます。特に、子宮外妊娠にかかったことがある人は、再発の可能性が高いかどうかについて知るために検査することがあります。

検査は、子宮から造影剤を注入してレントゲンで造影剤の広がりを確認するという方法で行われます。
造影剤を注入すると、子宮から卵管を通じて、腹腔まで薬剤が広がっていきます。
卵管が詰まっている場合、造影剤が腹腔に広がる途中に、卵管に溜まってしまうことが確認できます。

卵管造影検査は痛い?

卵管造影検査は、卵管が詰まっていると特に強い痛みが出る検査です。
その痛みから、検査を受けることを躊躇する人も多いようです。
医師によって技量や施術方法に差があり、上手な医師に担当してもらえれば痛みが軽減できます。

卵管造影検査で痛みが発生するのは、造影剤を注入するためのチューブを子宮内に入れる時と、造影剤を注入するときです。
子宮内にチューブを入れる方法は、子宮頸管にチューブを固定する方法と、子宮内にバルーンを入れる方法の二つがありますが、子宮頚管にチューブを固定する方法に痛みが生じやすいようです。
造影剤を注入する際は、一度に多くの造影剤を注入すると痛みが強くなります。造影剤の広がりを見ながら、スピードを調節して注入できる場合、痛みが軽減されます。

卵管造影検査のメリット

卵管造影検査は、子宮外妊娠の可能性がわかるだけでなく、卵管に造影剤を注入することで卵管のつまりが取れ、妊娠しやすくなる効果もあります。

クラミジアの検査

子宮外妊娠の可能性を高めてしまう卵管の炎症は、さまざまな菌への感染症によって引き起こされますが、特にクラミジアによる感染症で起こるケースが多いようです。心配な方は予め検査をし、感染している場合は妊娠する前にしっかりと治療しておくことが大切です。
検査結果は受診から1週間程度でわかります。

自宅で検査が行える検査キットも販売されているので、病院に行く時間がない、という人は使ってみてはいかがでしょうか。

子宮外妊娠の治療法・対処法Q&A

子宮外妊娠になり落ち込む女性

子宮外妊娠は、発見が遅れると卵管で胎嚢が大きくなり、卵管が破裂し大量出血を起こします。そうならないためにも、妊娠検査薬で妊娠がわかったら直ちに受診するようにしましょう。

Q.子宮外妊娠の治療方法が知りたい!

子宮外妊娠を治療するには、薬による方法と手術による方法があります。

薬による治療方法

薬による治療は、メトトレキセート(MTX)という抗がん剤によって行われます。早い段階で発見できた場合は、メトトレキセートの注射だけで治る場合もあります。日本ではまだあまり普及していませんが、欧米では薬による治療が多く行われています。

メトトレキセートによる治療は、手術の必要がなく卵管を残せるメリットがあるいっぽう、抗がん剤特有の副作用も多くみられます。

主な副作用は次のとおりです。

メトトレキセートによる副作用

・貧血
・脱毛
・嘔吐
・下痢
・口内炎
・出血しやすくなる
・間質性肺炎
・肝機能障害

手術による方法

手術は、卵管を切除する方法と、卵管を切開して中の胎嚢だけを取り出す方法があります。

卵管を切除する手術は、緊急を要する場合は開腹手術が行われますが、腹腔鏡手術で行える場合も多くあります。腹腔鏡手術は開腹手術より傷が小さく、手術後の回復も早いメリットがあります。

卵管を切開して中の胎嚢だけを取り出す手術は、卵管を保存できるメリットがある一方で、将来胎盤になるはずの組織が卵管に残ってしまうこともあり、子宮外妊娠再発の原因の一つとなってしまいます。

Q.子宮外妊娠をしたら赤ちゃんはどうなるの?

子宮外妊娠の場合、残念ながら赤ちゃんは育つことはできません。
赤ちゃんの成長とともに大きくなる子宮とは異なり、卵管をはじめ他の臓器は赤ちゃんとともに大きくなることができません。

極まれに、腹腔で妊娠が成立した場合に出産に至った例がありますが、母子ともに命がけの出産です。また、子宮とは異なり赤ちゃんが不自然な体勢で妊娠期間を過ごすことになるので、赤ちゃんの身体に先天的な障がいが起きてしまいます。

Q.子宮外妊娠の処置後の経過は?

子宮外妊娠をしてしまった場合、どの程度の期間安静にしなければいけないのでしょうか?お仕事をされている方は、仕事復帰のスケジュールもご心配なところでしょう。
治療方法ごとの経過について解説します。

薬による治療の期間

子宮外妊娠をどれだけ早期に発見できたか、薬の効き具合はどうかなどによって治療期間はさまざまです。
通院による治療、入院による治療の両方があります。入院の場合は5~10日程度、通院の場合は1ヶ月程度治療を行ったという人が多いようです。

薬による治療の場合は、手術の傷による痛みなどはありませんので、副作用が治まり体調が良ければ仕事復帰も可能です。

手術による治療の期間

開腹手術を行うと、手術したところが強く痛み、歩くこともままならない日々が10日ほどは続きます。少なくとも1ヶ月は安静にすることが必要です。仕事をしている人は、無理せず1ヶ月は休職しましょう。入院期間は10日程度であることが多いようです。

体調が少し落ち着いて来たら、適度な運動を心がけることが大切です。開腹手術は必ずといっていいほど、術後に癒着を起こしますが、適度な運動は癒着を防いだり、癒着の度合いを軽くしたりする効果があります。身体の調子を見ながら、少し散歩などをすると良いでしょう。

腹腔鏡手術は開腹手術よりも身体へのダメージが少ないので、入院期間は5日程度です。腹腔鏡手術の場合は、術後1週間程度は仕事を休んで安静にすることを指示されることが多いようです。

子宮外妊娠後にまた妊娠することも可能

妊娠検査薬を使うベビ待ち女性

子宮外妊娠で卵管を切除した場合でも、片方の卵管が残っていれば自然妊娠することが可能です。
子宮外妊娠を繰り返し、両方の卵管を切除してしまった場合でも、体外授精を行えば妊娠の可能性はあります。

子宮外妊娠を乗り越え、無事に妊娠・出産に至った方の体験談を紹介します。

大丈夫です

ポムポム


1人目出産では何も問題がなかったのに、次の妊娠で子宮外妊娠になりました。
すごくショックでしたが、半年後には赤ちゃんが再び戻ってきてくれました。
もうすぐ1歳になります。
戻ってきてくれることを信じて、今はしっかり身体を休めましょう。

私も

ゆー!


3回流産し、その後1回子宮外妊娠になった経験があります。
その時はずいぶん落ち込みましたが、そのあと3人の子どもに恵まれました!
一度子宮外妊娠をすると、また子宮外妊娠になる確率が高いと言われていますが、私のような例もあります。頑張ってください!

卵管切除しています

キンちゃん☆


私は初めての妊娠で子宮外妊娠となり、卵管を片方切除しました。次も子宮外かも…とすごく不安でしたが、なんと切除したほうの卵巣から排卵し、もう片方の卵管がキャッチしてくれました。そんなこともあるんだとびっくりしています。今は妊娠8ヶ月。赤ちゃんに会えるのが楽しみです。

子宮外妊娠の原因を作らないよう、生活に注意しましょう

子宮外妊娠は、原因がわからないことも多いです。また、過去の開腹手術歴など、今から取り除くことのできない原因もあります。一方、感染症のように、日常の注意で取り除くことのできる原因もあります。

子宮外妊娠は、かかってしまうととてもつらい症状が出るだけでなく、治療も大変です。少しでもかかるリスクを減らせるよう、感染症には注意しましょう。