赤ちゃんに熱があるときのお風呂

赤ちゃんに熱があるときのお風呂の判断基準

赤ちゃんに熱があるとき、お風呂に入れるのは何度以下なのか、機嫌や寒気、解熱剤の有無など、入浴OKな赤ちゃんの状態と注意点を解説し、お風呂に入れない時にしてあげたいケア方法もお伝えします。微熱が続いているときは?シャワーだけなら入れない方がいい?発熱時のお風呂への疑問を全解決!

赤ちゃんに熱があるときのお風呂の判断基準

赤ちゃんに熱があるときのお風呂の判断基準&入れない時のケア

赤ちゃんに熱があるとき、お風呂に入れていいのかどうか、判断に迷う方は多いでしょう。昔は、「熱が出たらお風呂は入らないほうがいい」と言われていましたが、現在は、「熱があってもお風呂に入ってもよい」という考え方が広まっています。

赤ちゃんに熱があっても、お風呂に入っていいのはどんな状態のときか、熱の高さや赤ちゃんの状態など、お風呂に入れる基準を説明していきます。

熱があってもお風呂OKな赤ちゃんの状態とは?

熱が出て冷えピタを貼ってる赤ちゃん

熱がある赤ちゃんに熱があるとき、昔はお風呂には入らないほうがいいと言われていました。当時の理由としては、室内環境が整っていなかったため、浴室や脱衣所が寒く、湯冷めによる悪化を心配していたからです。

しかし現在は、浴室や脱衣所にも暖房があったり、そもそも家の気密性があがり、冬場でもそこまで室内は冷え込みません。そのため、湯冷めの心配も少なくなり、多少の熱なら「お風呂に入っても良い」という医師が増えてきました。

赤ちゃんをお風呂に入れるメリット

赤ちゃんは汗っかきで、熱があるときはさらに汗をかくので、肌の表面の雑菌が繁殖しやすい状態です。
特に夏は、一日入浴しないだけで汗疹ができたり、オムツかぶれを起こしたり、肌のトラブルが多くなります。お風呂で汗を流し、肌の清潔を保つことがは、汗疹やオムツかぶれを予防できるというメリットがあります。

また、お風呂で体が温まると血行が良くなり、血行が良くなると免疫力は高まるので、風邪のウイルスが弱まるといった効果も期待できます。

熱があってもお風呂に入れる4つの条件

お風呂で頭を洗って笑顔の赤ちゃん

熱があっても赤ちゃんがお風呂に入れる条件を紹介します。熱の高さだけでなく、赤ちゃんの機嫌や食欲の有無などチェックも重要です。

1.熱は「38度」以下が目安

赤ちゃんは大人と比べて体温が高く、平熱が37度を超える子もいます。赤ちゃんの発熱は、一般的に 37.5度を超えたらと考えられており、37.5~38度までは微熱扱いとなります。

よく「熱が何度以下ならお風呂OKか?」という質問を見かけますが、目安としては38度です。ただし、あくまで目安であり、そのほかの状態もトータルで判断しましょう。

2.元気があり、機嫌もよい

赤ちゃんは自分で不快な症状を訴えることができません。そのため、遊べるか、食べられるか、機嫌が悪くないかは、健康状態を知るための重要ポイントです。

少し熱があっても、機嫌がよく元気に遊んだり動いたりしていれば、お風呂に入っても大丈夫です。逆に、機嫌が悪かったり、ぐったりしているときは、お風呂に入ると更に体力を消耗しますので、入浴はやめましょう。

3.寒気がない

寒気があるときは、熱の上がり始めで、今後体温が更に上昇します。この時期にお風呂に入ると、急激に熱が上がり過ぎる恐れがあり、激しく体力を消耗します。

また、着替えで服を脱ぐときに寒気が増してしまいます。熱が上がりきって、寒気がなくなるまで、お風呂に入らないようにしましょう。

4.解熱剤を使っていない

解熱剤を使うと、一時的に熱が下がった状態になります。しかし、解熱剤の効果が切れると、再び熱が上がる可能性があり、下手に入浴して体力を消耗すると、再び熱が上がりはじめた時にしんどい思いをしてしまいます。

解熱剤の効果は6時間程です。この間は、熱が上がらないかどうか様子を見る必要があり、お風呂は控えましょう。

番外編:予防接種の副反応が疑われるケース

予防接種をした当日は、副反応として熱が出るケースもあります。発熱はだいたい37度台くらいで、2~3日で治まりますので、心配いりません。

接種部位が腫れていないかどうか、また赤ちゃんの機嫌はどうかなどを確認し、問題がなければお風呂に入れて大丈夫です。

予防接種後の発熱は心配無用?ワクチンの副反応への対処法
予防接種後の発熱は心配無用?ワクチンの副反応への対処法

微熱が続いている赤ちゃんのお風呂は?

沐浴してる赤ちゃん

赤ちゃんが熱を出したとき、お風呂に入れても良いかどうかの判断は、先ほど述べたように熱が38度以下で、元気があり、機嫌も悪くないことが目安となります。

熱が下がったらお風呂に入れようと思っていたのに、微熱が続いているようなときは、赤ちゃんが元気なら一度入浴させてさっぱりさせてあげても良いでしょう。

赤ちゃんの熱が下がらない時に考えられる病気とは?
赤ちゃんの熱が下がらない時に考えられる病気とは?

赤ちゃんに熱があるときのお風呂で注意するべき点

熱があってもお風呂には入れる!とは言っても、平常時とは違い体調面には不安を抱えているはずです。赤ちゃんをお風呂に入れる時は、以下の点に気を付けましょう。

1.湿疹や外傷がある場合は1番風呂を用意

湿疹や外傷があると、傷口から雑菌が侵入しやすいので、一番風呂に入れてあげましょう。突発性発疹や手足口病など、赤ちゃんや幼児特有の病気には、発熱と同時に発疹がでるものも多くあります。

一番風呂が難しい場合や家族に同じような年齢の子供がいる場合、二次感染を予防するため、他の家族の後に入浴するか、湯船に浸からずシャワーだけにしましょう。

2.脱衣所の温度を上げる/ベビーバスを再活用する方法も

浴室と脱衣所に気温差があると、お風呂上りに身体が冷えてしまいます。湯冷め予防のため、お風呂に入る前から、暖房器具等を使って脱衣所を温めておきましょう。

建物の構造上、浴室や脱衣場がどうしても寒い場合、赤ちゃんが低月齢なら暖かいリビングなどでベビーバスを使って入浴させるのも方法の一つです。

3.熱いお風呂はNG!温度はぬるめが基本

熱があるときは、熱いお風呂に入り、汗をかいて熱を下げるという人がいますが、温度が高いと熱が上がり過ぎてしまい、体力を消耗してしまいます。特に赤ちゃんは体力がないので、こうした対処法は絶対にやめましょう。

熱のある赤ちゃんは、37〜38度のぬるめのお湯に浸かって、身体をさっぱりさせるだけ十分です。お湯に浸かる時間も長すぎないようにし、心配なら暖かい時期はシャワーで汗を流すだけで良いでしょう。

4.ほてりをとってから服を着せる

入浴後、体がほてった状態で服を着せてしまうと、汗をかいて逆に湯冷めしてしまいます。お風呂上がりはすぐに服を着せず、暖かい場所でバスタオルなどを羽織らせて、ほてりをとってから服を着せるようにしましょう。フード付きのベビーバスタオルなどは使い勝手が良く、髪の毛もタオルドライできるのでおすすめです。

5.髪をしっかりと乾かす

タオルを頭からかぶってる赤ちゃん

髪が濡れたままだと、体熱が奪われて湯冷めしやすくなります。お風呂から上がったら、髪をしっかりと乾かすようにしましょう。

6.脱水症状に注意!水分を多めに摂らせる

お風呂の後は、白湯やお茶、母乳、ミルクなどで水分を多めに摂るようにします。お風呂で汗をかくと、体の水分が奪われるので、お風呂上がりの水分補給は十分に行いましょう。

赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法

シャワーだけなら入れないほうがマシ?

湯船につかると身体が芯から温まりますが、シャワーはなかなか身体を温めることができず、湯冷めのリスクが高くなります。特に冬は、赤ちゃんがお風呂に入れる状態であったとしても、シャワーだけならやめておいた方がいいでしょう。

ただし、夏などの暑い時期に、身体をさっぱりさせる、お尻を清潔にするなどの目的で、短時間シャワーを浴びさせるのは悪いことではありません。湯上り後のケアに気をつければ、シャワーを浴びさせても問題ないでしょう。

発熱時の入浴の基本

  1. できるだけ湯船につかり、身体を温める。
  2. 短時間で済ます。

お風呂に入れない時のケア方法

お風呂に入って体を温めることは、血行が良くなり代謝が上がる反面、体力を消耗します。そのため、高熱時や機嫌が悪い時は、お風呂は控えましょう。

しかし、お風呂に入れないと、汗や汚れでべたべたし、赤ちゃんの不快感は増してしまいます。入浴以外に赤ちゃんの不快さを取り除き、ぐっすり眠れるようにするための方法をご紹介します。

お風呂は控えた方がいい状態

熱が出ていると、それだけでも体力を消耗するので、熱が38度以上の高熱のときは、お風呂に入るのはやめた方が良いでしょう。また、元気や食欲がないとき、機嫌が悪いときも、お風呂は控えるようにしましょう。

赤ちゃんが罹ると重篤化しやすいインフルエンザ、RSウイルス感染症のときは、様態が急激に悪化する可能性があります。解熱するまで、やはりお風呂はやめておきましょう。

赤ちゃんがお風呂に入れない時にしてあげたいこと

温かいタオルで体を拭く

汗をたくさんかいているのに、お風呂に入れないと、赤ちゃんも不快です。そんなときは、濡れたタオルを温めて、体を拭いてあげましょう。お風呂に入れないと、オムツかぶれを起こしやすいので、最後におしりも念入りに拭いてあげましょう。

濡れタオルで拭いた後、身体は冷えますので、室温を高くし、着替えはスムーズに行いましょう。

2.着替えはこまめにする

着替えさせてもらってる赤ちゃん

赤ちゃんはもともと汗をかきやすく、発熱時にはすぐに肌着や衣類がぐっしょり濡れてしまいます。そのままだと不快ですし、汗が冷えると、悪化の恐れもありますから、着替えはこまめに行いましょう。

できるだけパジャマやシーツなどの寝具も交換すると、さっぱりして入眠しやすくなります。赤ちゃんのシーツはバスタオルなどでも代用できますので、ママの負担も少ないでしょう。

迷ったら「お風呂に入れない」というのも1つの選択

赤ちゃんに熱があっても、お風呂に入れるケースは意外と多いです。熱の高さ赤ちゃんの症状、浴室や脱衣場の室温、夏や冬などの季節など、トータルで判断しましょう。しかし、お風呂に入れるかどうか判断に迷うときは、安全のためにお風呂に入れないほうが良いでしょう。

2~3日くらいお風呂に入らなくても、健康上の害はありません。判断に迷うような状態、ママやパパがお風呂に入れることに不安や抵抗を感じるなら、お風呂に入れないという選択をしてもまったく問題はありません。

病院受診時に、お風呂はどのタイミングでいれていいか医師からの指示を仰ぐと言いう方法もあります。赤ちゃんが熱を出している間は、普段以上にお世話も大変になりますが、一日も早く回復できるように、家族で助け合いながらお世話してあげましょう。

おすすめコンテンツ