赤ちゃんの熱への対処法

赤ちゃんに熱がある時の対処法~初めての発熱を乗り越える!

赤ちゃんに熱がある!初めての発熱は誰もが焦るもの。ですが、熱=風邪などの感染症とも限らず、元気ならすぐに病院を受診せず、様子を見てOKな場合もあります。赤ちゃんが熱を出す原因、発熱時の正しい熱の下げ方や解熱剤の使用、効果的な冷やす部位など、発熱時の対処法を紹介します。

赤ちゃんに熱がある時の対処法~初めての発熱を乗り越える!

赤ちゃんが熱を出した時の正しい対処法!初めての発熱はどうする?

赤ちゃんを抱っこしたら「あれ?なんだか体が熱いような気がする」。慌てて熱を測ってみたら、やっぱり平熱より高い!

特に、それが赤ちゃんにとって初めての発熱だった場合、パパやママは心配で慌ててしまいますよね。すぐにでも病院に連れていくべきか、様子を見るべきか、判断しなくてはいけません。

赤ちゃんの熱にきちんと対応できるように、赤ちゃんが熱を出す原因や病院に連れていく目安、発熱時・高熱時のホームケア方法をお伝えします!

赤ちゃんが熱を出す3つの原因

赤ちゃんの体温を測っているママ

熱=病院と思いがちですが、まずは熱以外に他の症状が出ていないかをよく観察してチェックしましょう。赤ちゃんは辛くても「ここが痛い」と伝えられません。パパやママの日頃の観察力が大切になる場面です。

赤ちゃんはもともと大人よりも体温が高く、症状が熱だけであれば重篤な病気ののサインとは限りません。赤ちゃんの発熱には病気以外にも原因が考えられます。赤ちゃんの身体が熱く、体温を測って熱があったとしても一度の測定で判断せずに時間をおいて再度体温を測ってみましょう。

部屋の暖めすぎ・衣類等の着せすぎ

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、体温調節機能が未熟です。服の着せすぎや室内の高い温度などで体温が上がってしまいます。赤ちゃんの衣服は大人よりも1枚少なめが基本です。

「熱があるんです!」と病院に駆け込んだ頃には、体温が下がっていた…なんてことがないように、まずは衣類や室温を調整し、正確な体温を把握しましょう。

予防接種後の副反応

病気を予防するワクチン接種ですが、副反応により、一時的に熱が出ることがあります。多くは予防接種後2~3日におき、37度台程度の軽い発熱です。

しっかりと授乳できていて、元気があれば心配いりません。ただし、高熱が出ている、赤ちゃんの様子がいつもと違うようであれば病院を受診し、接種したワクチンやその後の様子を相談しましょう。

予防接種後の発熱は心配無用?ワクチンの副反応への対処法
予防接種後の発熱は心配無用?ワクチンの副反応への対処法

風邪などの感染症による発熱

赤ちゃんが熱を出す原因として1番多いのは風邪などのウィルス感染症によるものです。赤ちゃんはママから免疫物質をもらっているので生後6ヶ月頃までは熱を出しにくいといわれていますが、油断はできません。近くに風邪をひいている人がいれば感染する可能性もあります。

赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア
赤ちゃんが風邪を引いてしまった!病院目安とホームケア

赤ちゃんの熱の上がり方の記録をとっておく

赤ちゃんの平熱は大人よりも高く37.5度までは平熱、38度以上を発熱とみなします。平熱にも個人差がありますので、日頃から毎朝体温を測って赤ちゃんの平熱を把握しておきましょう。

赤ちゃんが発熱した時には症状の進行が早いので、体温は一時間おきなど、こまめに測り経過を記録しておくようにしましょう。

38度だった熱が一時間後には39度まで上がってしまうなどの状況も少なくありません。病院を受診した際にもきちんと経過を医師に伝えるためにも大切です。

赤ちゃんの平熱は何度から?正しい計り方と発熱の基準
赤ちゃんの平熱は何度から?正しい計り方と発熱の基準

赤ちゃんに熱があるときに病院へ行く目安

熱が出て病院で診察を受けている赤ちゃん

赤ちゃんが発熱した時の対処方法は成長の具合によって異なります。赤ちゃんの月齢に合わせた発熱時の対処法を見ていきましょう。

生後1〜3ヶ月で38度以上の発熱なら病院へ


3ヶ月未満の赤ちゃんの発熱は危険です。38度以上の発熱は体力の消耗も激しいので、すぐに病院を受診しましょう。まだ月齢の小さい赤ちゃんは抵抗力もなくいので急速に悪化してしまう恐れがあります。

月齢が低い場合は、例え赤ちゃんに元気があっても、念のため病院へ行きましょう。

4ヶ月以上の赤ちゃんは熱+症状で判断

4ヶ月以上の赤ちゃんの場合、熱だけでなく、他の症状も併せて判断しましょう。

40度以上の高熱が出ている場合は、至急病院へ

いくら赤ちゃんの平熱が高いといっても、体温が40度にもなるということは、なんらかの異変が起こっている証拠です。活気がなく、ぐったりしていませんか?すぐに病院へ連れていきましょう。

38度以上~40度未満の発熱の場合は、様子を見て病院へ

咳がある、機嫌が悪い、下痢や嘔吐などの症状が熱を併せてある場合は、様子を見て病院へ行きましょう。風邪などの感染症の疑いが高いです。

また、反対に平熱より1度以上も高いにも関わらず、普段と様子が変わり場合も病院へ連れていきましょう。生後初めての発熱なら、早めの受診をおすすめします。

夜間・休日対応の公的サポート【小児救急電話相談】

夜間や休日、病院が開いていない時の赤ちゃんの発熱はとても不安なものです。どうすべきか迷ったときには小児救急電話相談、短縮番号「♯8000」で医師や看護師さんに相談してみましょう。

全国どこからでも相談できる小児救急電話相談ですが、都道府県によって対応時間が異なりますので事前にお住まいの都道府県の対応時間を確認しておきましょう(注1)。

赤ちゃんの発熱には心配ないものも多いですが、大きな病気が隠れている可能性もあります。赤ちゃんが熱を出してしまった時は、よく赤ちゃんを観察して心配な症状がある時には病院を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの熱はそのままで良い!?発熱時の正しいホームケア方法

ミルクでこまめな水分補給をしている赤ちゃん

子供はよく熱を出すとはいうけれど、赤ちゃんが急に発熱してしまったら、まして初めての発熱だったらビックリして慌ててしまいますよね。風邪などの感染症にかかり、赤ちゃんが熱を出してしまったら、その後どう対処すればよいのでしょうか?

赤ちゃんの熱は無理に下げる必要はない

赤ちゃんが熱を出したら、おでこを冷やしたり、氷枕で頭を冷やしたりといった行動を思いつく方もいるかと思いますが、実は正しい対処法は無理に熱を下げないこと!

熱が出るということは、体がウイルスや細菌と一生懸命戦っている証でもあります。発熱には熱に弱いウィルスや細菌を死滅させ、免疫力を活性化させ高める効果があるため、熱を下げると逆効果になってしまします。また、熱を無理に下げてしまうと、風邪が長引いたり悪化してしまう可能性もあります。

解熱剤の使用は?

「熱は無理に下げなくて良い」とはいっても、高熱により体がひどく疲れた状態も、ウイルスや細菌と戦うにはよくありません。どのタイミングで解熱剤を使うかの見極めが大切です。

赤ちゃんの熱が38.5℃を超えて、元気がなく辛そうであれば解熱剤で楽にしてあげましょう。しかし、熱があっても元気なら解熱剤は必要ありません。

解熱剤は病気を治す薬ではない

解熱剤は、熱を下げるための薬です。病気を治療するためではなく、一時的に熱を下げ、苦痛を軽減するために使用します。

解熱剤を使ったら、赤ちゃんが急に元気になったように感じることもありますが、解熱剤の効果が切れれば、体温は元に戻ります。服用中、発熱時と同じように体力回復のため安静を心がけましょう。

赤ちゃんの熱を正しく下げるためのホームケア

赤ちゃんの熱を無理に下げる必要はありません。ですが、高熱は辛く、体力も消耗します。赤ちゃんの体内では、白血球がウイルスや細菌と戦っている最中ですので、その邪魔をしないように正しい対処法をとりましょう。自然に少しずつ熱がさがりますし、赤ちゃんも楽になります。

冷やすのは熱が上がり切った後

熱が出たからとすぐに冷やすのはNGです。熱が出始めの時は、ゾクゾクと寒気を感じていますので、この状態の時は体を温めてあげます。熱が上がりきり、体が火照ってきたタイミングで身体を冷やしてあげるようにしましょう。

冷やす部位は脇や首の後ろ

冷やす場所としては、首や足の付け根、脇の下など太い血管がある部位が効果的です。おでこは気持ち良さはありますが、熱を下げるという意味での効果は薄いです。

しっかり水分補給

熱が出た時は脱水症状を防ぐためにこまめにしっかりと水分補給をしてあげましょう。経口補水液、イオン飲料がおすすめですが、飲んだことのない赤ちゃんに拒否された場合は、母乳やミルク、白湯、麦茶など場面に応じて水分補給しましょう。

体温上昇により、急ペースで失われる水分を不足させないことが解熱への近道です。

汗をかいたら着替えて清潔に

熱があるときはたくさん汗をかくのでこまめに汗を拭き、汗で濡れてしまった服は取り替えて清潔に保ってあげましょう。

熱が上がりきってからの赤ちゃんは、薄着が基本。薄めの掛布団に変えて、熱を逃しやすい環境を作ってあげましょう。

赤ちゃんの発熱時にしてはいけないこと

寝ている赤ちゃん

赤ちゃんの熱を下げるためには、正しい方法で対処する必要があります。発熱時にするべきでない行動をまとめました。

厚着にして汗をかかせる

汗をいっぱいかかせるために、たくさん服を着させたり、厚い布団を掛けるのはNG。赤ちゃんは体温調節機能が未熟なので、放熱できずに体内に熱がこもってしまい、余計に熱が高くなります。

薄着にしていても、発熱時は汗をかくものですから、その際に着替えるだけで十分です。

お風呂に入れる

熱が38度5分以下で、赤ちゃんが元気ならさっと浴槽に入れるのは大丈夫ですが、38.5度以上の熱に、機嫌が悪い、食欲がないなどの症状がある場合はお風呂は遠慮しましょう。

お風呂は想像以上に体力が消耗されてしまう恐れもあるため、汗が気になるならお湯で搾った濡れタオルで体を拭いてあげましょう。オムツかぶれが心配な状態であれば簡単なシャワーで清潔にしてあげて下さい。

部屋を締め切る

赤ちゃんがウィルスや細菌に感染して熱を出している場合、換気をせずに部屋を閉め切ってしまうと部屋中がウィルスや細菌でいっぱいになってしまいます。寒い時期ではあっても、こまめに換気するようにして部屋の空気をきれいにしておきましょう。

赤ちゃんに熱があるときの食事(離乳食)は?

離乳食を食べている赤ちゃん

風邪などに感染している時は、元気そうに見えても胃腸の機能は低下しますので、無理に食べさせる必要はありません。熱があっても食欲がある赤ちゃんには、下痢などを引き起こさないように、離乳食はいつもより柔らかくして慣れた食材を使い、胃腸に負担をかけないようにしましょう。

離乳食初期であれば母乳やミルクを中心に、離乳食が進んでいる場合はおかゆなどの消化の良いもの、さらさら状のポタージュやスープ、イチゴやりんご、ニンジンやカボチャなどのビタミンが多く胃腸に負担のかからない食材もオススメです。

赤ちゃんに熱があるときは、焦らずら冷静な対処を!

赤ちゃんの急な発熱や高熱は、今後も時々起こる可能性があります。熱が出た際の正しい対処法を知っておけば、赤ちゃんが熱を出しても慌てずに適切な対応ができます。

大人と同じように、赤ちゃんも発熱や高熱は苦しいものです。ママやパパができるホームケアの方法を覚えて、赤ちゃんを優しくフォローしてあげて下さい。

おすすめコンテンツ