赤ちゃんの熱が下がらない原因

赤ちゃんの熱が下がらない時に考えられる病気とは?

赤ちゃんの熱が下がらない原因や疑われる病気を解説。風邪をこじらせて、肺炎や急性中耳炎、細菌性髄膜炎を発症した可能性もありますし、実は風邪ではなく、別の感染症や病気だった可能性も否定できません。3日以上熱が下がらない場合は、再診やセカンドオピニオンを検討してください。

赤ちゃんの熱が下がらない時に考えられる病気とは?

赤ちゃんの熱が下がらない!原因や考えられる病気

赤ちゃんの熱が下がらない。
何をしてあげても、なかなか下がらない熱はとても不安になってしまいます。

一般的な赤ちゃんの発熱による病院受診の目安は次の通りです。

3か月未満の赤ちゃん

38℃以上の発熱は至急病院へ

4か月以上の赤ちゃん

・40℃以上の高熱は至急病院へ
・38℃以上の熱で、発疹が咳がある場合は、様子を見て病院へ
・目立った症状がなくても、平熱より1度以上高い場合は念のため病院へ

赤ちゃんの熱がなかなか下がらない場合は、やはり一度病院を受診した方がいいでしょう。一度、病院を受診していても、熱が一向に下がらない場合は、再診の必要があります。

赤ちゃんの熱がなかなか下がらない場合に考えられる原因や病気、高熱が続く際の注意点を解説します。

赤ちゃんに熱がある時の対処法~初めての発熱を乗り越える!
赤ちゃんに熱がある時の対処法~初めての発熱を乗り越える!

まだ熱が上がりきっていない

汗をかいてる赤ちゃんの足の裏

熱が上がりきっていない状態で身体を冷やしても効果はほとんどありません。赤ちゃんの手足が冷たく、寒気を感じているようならまだ熱の上がりはじめなので身体を冷やすのではなく温めてあげましょう。

熱が上がりきると手足に汗をかき始めます。熱が上がりきったタイミングで脇や足の付け根などを冷やしてあげてください。

風邪以外の感染症の疑い

熱が出ると初めに疑うのは「風邪」だと思います。しかし、発熱の症状が出る病気は風邪だけではありません。風邪以外の感染症にはどのようなものがあるかご紹介します。

突発性発疹

赤ちゃんの初めての高熱は突発性発疹の可能性が非常に高いといわれています。ヒトヘルペスウィルス6、7型の感染により高熱が3~4日ほど続き、熱の下がり始めに全身に発疹が現れます。下痢の症状も伴いますが、湿疹は2~3日ほどで消えていきます。

突発性発疹には直接な治療法はなく、解熱剤などで様子を見ながら熱が下がるのを待ち、発疹が出て消えれば完治となります。

突発性発疹は病院受診するべき?小児科受診のタイミング
突発性発疹は病院受診するべき?小児科受診のタイミング

インフルエンザ

月齢の低い赤ちゃんが冬場のインフルエンザ流行時期に高熱を出した時には、インフルエンザに感染した可能性があります。インフルエンザに感染すると40度以上の高熱が2~5日ほど続きます。また、熱が上がると共に頭痛、筋肉痛、関節痛、倦怠感などの身体全体に症状が見られます。

赤ちゃんは体力がなく抵抗力も弱いため肺炎や気管支炎などの合併症を引き起こしかねません。赤ちゃんが不機嫌でぐずり続け、泣き止まないようであればすぐに小児科を受診しましょう。

肺炎

肺炎の多くは、風邪をこじらせ、ウィルスや細菌により喉で始まった炎症が、肺胞と呼ばれる肺の中の無数の小さな袋まで広がって肺が炎症を起こしてしまう状態です。

肺が炎症を起こしてしまうと空気がうまく吸い込めずに息苦しくなり、激しい咳が出るようになります。赤ちゃんは大人に比べて重症化しやすいので呼吸に以上を感じた時はすぐに病院を受診するようにしましょう。

急性中耳炎

赤ちゃんの耳

風邪を引いた際に、ウイルスや細菌が中耳に入り、炎症を起こすのが急性中耳炎です。38度以上の高熱が出て、耳が痛み、悪化すると中耳に溜まった耳だれが出てきます。赤ちゃんの場合、痛みからしきりに耳を触ったり、夜泣きをしたりといった症状が見られます。

急性中耳炎は、赤ちゃんや子供が頻繁に発症しやすい病気のひとつで、体質によっては熱を出す度に急性中耳炎を繰り返す子もいます。

1度、病院で風邪と診断されたにも関わらず熱が下がらない場合は、再度、小児科か耳鼻科を受診しましょう。急性中耳炎の場合、鎮痛剤と抗生物質が処方されます。炎症がしっかり治まるまで、抗生物質は飲み続けることが重要です。

赤ちゃんの中耳炎の症状は?種類、治療法、完治までの期間
赤ちゃんの中耳炎の症状は?種類、治療法、完治までの期間

細菌性髄膜炎

細菌性髄膜炎とはヒブや肺炎球菌などの細菌やウイルスによる感染症で、脳や脊髄を包み込んでいる髄膜の中に細菌が入り込んで発症し、突然のけいれんや呼吸困難、発熱、低体温、嘔吐などの症状が現れます。免疫力が未熟な生後6ヶ月~2歳くらいの間がもっとも発症しやすく、月齢の低い新生児が感染してしまうと症状が表に出にくいので注意が必要です。

合併症を引き起こす可能性もあり、とても危険度の高い病気なので、赤ちゃんの機嫌が悪く異変を感じた時はすぐに病院を受診するようにしましょう。

RSウィルス

RSウイルスは乳幼児がかかりやすい病気の一つで、赤ちゃんが感染すると重症化しやすいので注意が必要です。

RSウィルス感染症とは毎年冬に流行するRSウィルスによる呼吸器感染症です。感染すると4~6日感の潜伏期間を経て発熱や鼻水といった風邪に似た症状が数日続きます。重症化すると咳がひどくなり、呼吸困難、肺炎や気管支炎に繋がります。

風邪の症状が良くならずに機嫌が悪く、元気がない、高熱が続くなどの症状があるのであれば再度病院を受診してください。

RSウイルス感染症とは?知っておきたい症状と予防策
RSウイルス感染症とは?知っておきたい症状と予防策

麻疹(はしか)

麻疹は合併症の確率が高いので予防接種の時期をわすれないように

麻疹は5月~8月にかけて流行し、予防接種を受けていない状態で感染者と接触すると約90%の確率で感染してしまうほど感染力が強く、発症すると危険な状態になる感染症です。

麻疹に感染すると高熱や発疹、結膜炎など粘膜に炎症が現れます。発熱がいったん収まった後に再度発熱するのが特徴で、顔から手足の先まで全身に発疹が現れます。麻疹を放っておくと肺炎や中耳炎、脳炎などの合併症を引き起こす危険があるため、早期に対処する必要があります。

生後6ヶ月まではママからもらった抗体で感染する心配はないといわれていますが、予防接種前に感染してしまった場合は、命に関わる危険もあり、麻疹が疑われる際はできるだけ早く病院を受診しますしょう。

川崎病

川崎病は、特に日本や韓国などアジア系の乳幼児が多く発症し、特に1歳前後の赤ちゃんが感染しやすい病気です。全身の血管に炎症が起き、重症化すると、心臓の血管の一部にこぶができ心筋梗塞などを引き起こす原因となります。

感染初期には、5日以上38度以上の高熱が続き、発疹が出る。目の充血や唇が赤くなり、舌が赤くツブツブが現れる(苺舌)。手足が腫れる、首の片側のリンパが腫れるなどの症状が見られます。

川崎病と疑われた場合は、入院治療が基本です。退院後も後遺症の有無を確認するため、定期的に心臓の検査を行います。

尿路感染症

病名の通り、おしっこの通り道である尿路に細菌が侵入して、炎症を起こすのが尿路感染症です。高熱が続き、排尿痛や腹痛、頻尿などを伴いますが、赤ちゃんが感染した場合は単に熱と機嫌の悪さという症状しか周囲は認識できません。

咳や鼻水など風邪らしき症状がないにも関わらず、高熱が続く場合に疑われる病気です。尿検査により、細菌の有無を調べることで、診断は可能です。

3日以上熱が下がらない時は再度病院へ!

赤ちゃんの熱が3日以上下がらない場合は、再度病院を受診しましょう。初診時の見落としや受診後に合併症を引き起こした可能性もあります。

症状が一向に良くならず、以下のような状態に陥った時は、夜間・休日に関わらず、病院を受診してください。

  • 顔色が悪く、苦しそうな状態
  • 元気がなくてぐったりしてしまっている
  • 嘔吐を伴う発熱
  • 何も口にできず水分も摂取できない状態
  • 痙攣をおこしている

セカンドオピニオンとは?

かかりつけの女医に熱のある赤ちゃんを診てもらっているママのイラスト

セカンドオピニオンとは、現在の主治医以外の医師に診察し、『第二の意見』を求める行為です。セカンドオピニオンは、あくまで意見を聞く行為ですので、そのまま主治医を変更するとは限りませんが、現在の治療方針に不安がある場合は、一度他の小児科を受診してみるのも一つの方法です。

小児科は、予防接種も含めて、これから何度も子供の発熱や体調不良で通う必要があり、ママにとって重要なパートナーともいえる存在です。信頼できるかかりつけ医を持てるかどうかは、子供の健康管理においても非常に重要です。

脱水症状に陥らないように注意しよう!

赤ちゃんの熱が下がらない時は、こまめに水分補給をしてあげて下さい。体の80%程が水分の赤ちゃんは、高熱によって水分が失われてしまうと脱水症状を起こしてしまい危険です。

高熱が続き、脱水症状に陥れると体が水分を維持しようと汗やおしっこが出なくなり、体内の熱が外に出にくくなります。グッタリしてしまい呼びかけにも反応しないのであれば脱水症状を起こしている可能性があります。

赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法
赤ちゃんの脱水症状に早く気付くポイント7つ&処置の方法

熱性痙攣の対処法を覚えておこう

高熱が続くと熱性痙攣を起こしてしまう心配が出てきます。全ての赤ちゃんが熱性痙攣を起こす訳ではありませんが、痙攣を起こしてしまう赤ちゃんは高熱の度に痙攣を繰り返してしまう恐れもありますので、発熱時の解熱が重要視されます。

痙攣が起こると止める術はなく、適切な対応のみとなりますので熱性痙攣の対応方法は頭に入れておくようにしましょう。

熱性痙攣の対処法・痙攣時の重要な観察ポイントとは?
熱性痙攣の対処法・痙攣時の重要な観察ポイントとは?

おすすめコンテンツ