Loading

赤ちゃんの嘔吐の原因と対処法

赤ちゃんが嘔吐する原因は?ママが慌てないための対処法

赤ちゃんが嘔吐すると、お母さんはどうすれば良いか戸惑うかもしれません。赤ちゃんは様々な原因で吐くので、その状況によって、様子見でよいか、病院に連れていくか、対処法が変わります。そんな時冷静に対応できるように赤ちゃんが吐く様々な原因と、その対処法をご紹介いたします。

赤ちゃんが嘔吐する原因は?ママが慌てないための対処法

赤ちゃんが嘔吐しても慌てないための原因と対処法

赤ちゃんが嘔吐すると、びっくりして焦ってしまうお母さんも多いのではないかと思います。特に、お母さんもまだ育児に慣れていない、新生児の頃から生後3ヶ月ぐらいまでの間は、吐き戻す事がとても多い時期です。もう少し月齢が上がると、今度は離乳食やアレルギー、何らかの病気による嘔吐も増えてきます。

赤ちゃんが突然の嘔吐をしてしまっても、迅速に適切な対応が出来るようになる為に、以下で赤ちゃんの嘔吐の様々な原因と、その対処法を紹介いたします。

ミルクの飲み過ぎが赤ちゃんが嘔吐する主な原因

赤ちゃんは、病気など様々な原因で嘔吐しますが、まず、新生児から生後3ヶ月あたりに吐いてしまう主な原因が、母乳やミルクの飲み過ぎによるもの、または母乳やミルクと一緒に空気を大量に飲んでしまう事が原因で吐き戻す事です。
そしてもう一つの主な原因が、泣きすぎなどで嗚咽が出たり、咳込んでしまう事によっての吐き戻しです。特に生後1ヶ月の赤ちゃんは、胃がとても弱くびっくりし易いため、どうしても吐き戻す事が多いです。

ゴクゴクミルクを飲む元気な赤ちゃん

上記のような吐き戻しは、嘔吐ではなく、溢乳(いつにゅう)または吐乳(とにゅう)と言うのですが、吐乳後の赤ちゃんは、何事も無かったかのようにケロっとしていて機嫌が良い事が多いです。口からタラーっと流れるような時もあれば、噴水のように吐き出してしまう事もあり、その場合は驚いてしまうかもしれませんが、吐乳は病気ではないので、吐いても元気で体重の増加があるのであれば、病院に行く必要はありません。

赤ちゃんが咳き込むときのチェックポイント&おうちケア
赤ちゃんが咳き込むときのチェックポイント&おうちケア
赤ちゃんの咳き込む様子は見ていてとてもツラいもの…咳の症状のチェックポイントとして咳き込みの時間帯や音の特徴などを解説。また咳き込みが続くときのホームケアや離乳食にも使えるおすすめ食材もご紹介。

もし吐乳してしまった場合は、水に濡らしたガーゼやウェットティッシュなどで口周りや汚れた部分を拭き取ってあげ、必要であれば、寝具のシーツや衣服を交換して清潔にしてあげましょう。
しかし、そもそもなぜ飲み過ぎて吐いてしまうのでしょうか?その理由や対策などを以下で詳しく説明します。

赤ちゃんの胃の形

生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんの胃の形は、筒のようにまっすぐな形をしており、胃の入り口部分の締りがあまり無いので、とても吐き戻しやすい状態になっています。

対策としては、授乳直後に赤ちゃんを寝かせず、しばし抱き抱えて時間を置いてから寝かせると、吐乳しにくくなります。
お腹周りの筋肉がついてきて、胃の形も大人のようになっていくにつれて、次第に吐く事は少なくなってきます。

授乳後のゲップの有無が溢乳に繋がる

ほとんどのお母さんが、病院や母親学級などで、授乳後にゲップをさせてくださいと教えてもらったかと思います。もしゲップをさせ無かった場合、それが溢乳に繋がる事が多いのです。
赤ちゃんはまだ、飲み込むという行為を、大人のように上手くする事が出来ません。そのため、ミルクや母乳を飲む際に、大量の空気を一緒に飲み込んでしまいます。

空気を飲み込んでしまうと、胃がその分風船のように膨れて、吐いてしまったり、苦しくて泣いてしまったりと機嫌が悪くなる事が多いです。さらに泣いてしまうと吐きやすくなるので、悪循環になります。
ですが、授乳後すぐにゲップを出させようと体勢を変えると、それが吐乳の原因にもなりうるので、少し抱っこしたまま時間を置いてから、優しくゆっくりと縦に抱き、ゲップをさせると良いでしょう。

ゲップがなかなか出ない場合は、体勢や角度をちょっと変えてみるなりして、赤ちゃんのゲップが出やすい体勢を探してみましょう。
しかしながら、出さなければいけない程の空気を吸い込んでいない場合など、ゲップが出ないということもあるので、なかなかゲップが出なければ、無理にさせる必要はありません。ただしその場合は、もし吐いてしまった時の為に、顔や体を横にするなどして、嘔吐物が喉や気管に詰まらないようにしてあげると良いでしょう。

生後6ヶ月未満の赤ちゃんは飲み過ぎに注意する

赤ちゃんの満腹中枢はまだ未発達で、どれだけ飲めばお腹がいっぱいになるか、自分で判断することができません。生後3ヶ月頃から少しずつ満腹感を感じるようになり、大体生後6ヶ月頃には、しっかりと満腹感がわかるようになります。
それまでは、少量を小分けにして与えるなどの工夫が必要になります。

ミルク育児は、記載されている月齢ごとのミルク量の目安などを参考にして、最初は少なめに与えて、足りないようなら少し量を増やし、様子を見ながら授乳してあげましょう。また、哺乳瓶の乳首は、赤ちゃんが飲みやすいく空気が入りにくいものを選び、ミルクの出る量も適切なものを選んで、赤ちゃんがむせないように心がけると良いです。

母乳のお母さんは、母乳を搾乳してみるなどして、自分の母乳量を定期的に量り、赤ちゃんに与える母乳量をある程度把握しておくと良いでしょう。また、授乳前に少し母乳を絞り出して圧抜きをして、赤ちゃんがむせてしまうのを予防しましょう。

授乳時間もダラダラと長時間あげずに、大体の時間を決めて授乳すると、飲み過ぎを防止する事が出来ます。
赤ちゃんが必要とする量は個人差がありますが、ミルクでも母乳でも、基本的には体重が増えていれば問題はありません。

赤ちゃんのミルク飲み過ぎが心配!一生肥満は乳児期が鍵?
赤ちゃんのミルク飲み過ぎが心配!一生肥満は乳児期が鍵?
赤ちゃんがミルクをほしいだけ飲ませても大丈夫?飲み過ぎじゃないの?肥満にならない?そんな疑問を抱えて不安になっているママ!安心してミルク育児をしていく為にも知っておきたい事をご紹介します。

離乳食の始まりはアレルギーが原因となる嘔吐に注意

離乳食が始まると、食物アレルギー等のアレルギー反応によって嘔吐する場合もあります。食物アレルギーの症状としてよく出るものには、

離乳食が大好きな好奇心旺盛な男の子

  • 発疹、口周りに蕁麻疹が出る
  • 嘔吐
  • お腹が痛くなる
  • 口や喉、体が痒くなる
  • 肌がかさつく

等の症状です。嘔吐だけではなく、蕁麻疹などその他の症状が表れた場合は、まずは赤ちゃんの様子を見ます。機嫌が良い場合は、そのまま様子を見て、その時食べた物をメモしておくと良いでしょう。

赤ちゃんの機嫌が悪かったり、どこかを痒がっていたり、症状が重そうな場合は出来るだけすぐに病院へ行きましょう。

対策としては、そもそもアレルギー反応を起こさせない為に、赤ちゃんがある程度大きくなるまではアレルゲンとなりそうな食物を摂らない事が大切です。また、もしアレルギー反応が出たとしても、軽い症状で済むように、初めてあげる食べ物は、少量ずつゆっくり与えるようにすれば良いでしょう。

赤ちゃんの嘔吐の原因が病気に伴うものの場合

赤ちゃんも大人と同じように、病気によって嘔吐する事があります。嘔吐物の色が透明や白の場合は、

離乳食を吐いてしまい元気がない赤ちゃん

  • よだれや胃液
  • ミルクや母乳

なので病気では無い可能性が高く様子見で大丈夫です。
しかし、嘔吐物の色が

  • 黄色
  • 緑色

このような場合は、病気が原因による嘔吐の可能性が高いので、出来るだけ早く病院に行きましょう。また

  • 熱が出る
  • 何かを少し口にするだけで吐いてしまう
  • 機嫌が悪い

など、いつもと様子が違うなと感じた場合も遠慮なく病院を受診しましょう。

赤ちゃんの嘔吐を伴う主な病気

赤ちゃんの、嘔吐を伴う主な病気には様々なものがあり対処法も違います。主な病気の症状と対処法を以下で詳しく説明いたします。

冬に流行するウイルス性胃腸炎(ロタウイルス・ノロウイルス・アデノウイルス)

主に冬場に流行するもので、ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどのウイルスが原因で発症する病気です。症状としては、嘔吐、吐き気、下痢、発熱、腹痛、また咳や鼻水などの症状を伴う事も多いです。

今現在、ウイルスに対抗する薬が存在しないため、嘔吐や下痢、咳や鼻水などの症状を抑える、対症療法が主流となっています。

予防法としては、塩素系の洗剤や消毒液を使って手洗いをしっかりとする、マスクを着用する事、また、予防接種を受ける事もとても有効な予防法です。

ロタウイルスに赤ちゃんが感染した場合に注意するべき症状
ロタウイルスに赤ちゃんが感染した場合に注意するべき症状
ロタウイルスは非常に感染力が強く、5歳までにほとんどの子供が感染するといわれています。赤ちゃんを育てるうえで避けては通れないロタウイルスによる胃腸炎の症状や治療法、流行時期や感染経路を解説します。

もしかかってしまった場合、嘔吐や下痢などによる脱水症状に気をつけましょう。一気に大量の水分を摂るとまた吐いてしまうので、少量ずつ、時間を置いて飲ませてあげるのが基本です。
摂取させる水分も、OS-1やアクアライトなど、赤ちゃん向けのものを選んであげると良いでしょう。

また嘔吐物や排泄物にウイルスが潜んでいるので、嘔吐物や排泄物がついてしまった寝具や衣類や床などは、塩素系の洗剤や消毒液でしっかりと綺麗にします。感染予防の為に、汚れたオムツは袋などに入れてしっかりと密封し、手もしっかりと消毒しましょう。

夏場は特に注意したい細菌性胃腸炎

主に夏場にかかる事が多く、食中毒のほとんどは細菌性胃腸炎です。カンピロバクター菌、サルモネラ菌、病原性大腸菌、腸炎ビブリオ菌などの細菌が原因でかかる病気で、症状はウイルス性胃腸炎と似ていますが、一般的にウイルス性胃腸炎よりも、細菌性胃腸炎の方が症状が重いようです。

夏にママと外出してご機嫌な男の子

細菌には抗生物質が有効なので、抗生物質での治療が主な治療法となっています。抗生物質は苦味があり、口から吐き出してしまう赤ちゃんも多いのですが、市販の薬用のゼリーやスポイトなどを用いて、出来る限り決まった量をあげるようにしましょう。

予防法は、食材が腐ったり傷まないように心がけ、そして傷んだ食材を食べない事などが有効です。
また、細菌にはアルコールが有効なので、キッチンを定期的にアルコール除菌する事や、外出した際、トイレに行った後、そして調理する前などはしっかりと石鹸やハンドソープで手を洗う事などもとても有効な予防法となります。

もしかかってしまった場合に特に注意しなければならないのは、ウイルス性胃腸炎と同じく、脱水症状にならないように注意が必要で、少量の水分を複数に分けて与えてあげましょう。

生後3ヶ月未満の赤ちゃんに見られる肥厚性幽門狭窄症(ひこうせいゆうもんきょうさくしょう)

筋肥厚性幽門狭窄症(きんひこうせいゆうもんきょうさくしょう)とも言われるこの症状は、女の子よりも男の子の方が発症する場合が多く、主に生後2、3週間から生後3ヶ月未満の赤ちゃんに見られる病気です。

胃の出口の内側にある幽門筋という筋肉が分厚くなり、出口が狭くなるため、飲んだミルクや母乳が胃から出れずに留まってしまいます。
するとやがて胃の容量をオーバーしてしまい、ミルクや母乳が口から噴水のように溢れてきます。赤ちゃんは嘔吐後でも、ミルクや母乳を欲しがりますが、再び飲ましてもまた吐いてしまうので、体重が増えなかったり、減少します
ほぼ栄養が摂れない状態になってしまい、体の体液がアルカリ性へと傾きます。

一般的な治療法は、まずアルカリ性へと傾いてしまった体液を、点滴で元に戻します。
そしてその後、外科的治療として、ラムステット手術と呼ばれる、幽門筋を切開して出口を広げる外科手術を行う方法と、内視鏡を用いて幽門筋を広げる方法があります。
内科的治療としては、硫酸アトピリンという薬を静脈に注射して、幽門筋を緩ませて出口を広げる方法があります。

肥厚性幽門狭窄症|噴水状の嘔吐は栄養不足のはじまり!?
肥厚性幽門狭窄症|噴水状の嘔吐は栄養不足のはじまり!?
肥厚性幽門狭窄症の赤ちゃんは嘔吐を繰り返し、水分や栄養を十分にとることができません。赤ちゃんが何度も嘔吐する場合、幽門狭窄症でないか1度確認しましょう。具体的な症状や発症確率、治療法も解説しています。

激しい腹痛を伴う腸重積症

生後6ヶ月から2歳頃までに発症してしまう事が多い病気で、腸が腸に何重にも潜り込み重なってしまう症状で、ウイルス性の風を引いた後にかかってしまう事が多いようです。
患者のうちの多くは、小腸と大腸の境目で、小腸が大腸に入り込んでしまう事が多いのですが、腸のどの部分でもなり得ます。

腸重積症で泣き叫ぶ赤ちゃんからの4つのサイン
腸重積症で泣き叫ぶ赤ちゃんからの4つのサイン
腸重積症を発症してしまった赤ちゃんを見分けるための腹痛や便の様子などの症状を4つにまとめ、腸重積症になる原因と要因、高圧浣腸や手術などの治療法の流れ、再発の可能性や予防策について紹介します。

症状は、血便、強い腹痛、嘔吐、お腹のしこりなどがあり、定期的に激しい腹痛を繰り返します。お腹のしこりは、お腹から押さえてみるとわかるくらいの固いしこりが出来て、放っておくと、重なった部分の腸の血液が滞ってしまいその部分が壊死してしまう事があるためすぐに治療しなければなりません。

自然治癒は望めないため手術が必要で、発症から24時間以内程度であれば、高圧浣腸と呼ばれる肛門から生理食塩水や空気を勢いよく入れる方法で治ります。
しかし発症から時間が経過していると、高圧浣腸では治癒しないため、開腹手術で重なった部分を治したり、壊死している部分を切除する必要があります。その際はおおよそ2週間の入院が必要です。

食べたものが逆流する胃食道逆流症

飲んだミルクや母乳、離乳食が、胃から食道へ、または喉や口まで戻ってしまう症状の事で、この状態の事を、胃食道逆流現象といいます。
食道と胃の境目に、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)という筋肉があり、通常はその筋肉の働きで、食べた物が食道に逆流しないようになっているのですが、赤ちゃんの下部食道括約筋はまだ未発達な事が原因で、逆流していまう事が多いです。

その為、大体は成長するにつれて自然と治るのですが、胃酸などのせいで食道などが傷ついたりすると、吐血したり、咳が出たり、喘息にもなりやすくなり、逆流したものが気管等に詰まってしまうと、無呼吸症状やチアノーゼなどの呼吸障害が出てしまう事もあります。また、栄養不足や貧血になる場合もあります。
症状が軽い場合は、特に何の治療も必要ないのですが、縦抱きで授乳したり、授乳後すぐに横に寝かせない事や、ミルクなどにとろみをつけ、逆流しにくくする方法も有効です。

頭をぶつけた後の嘔吐はすぐに病院へ!

赤ちゃんも大人もそうなのですが、頭部やその周辺を強く打った後に嘔吐してしまった場合は、脳しんとうなど、脳に何らかの影響が出てしまっている可能性が高い状態です。
放っておくと、取り返しのつかない事になりかねないので、赤ちゃんの様子をしっかりと見て、その状態によってはすぐに病院に行くなど、迅速に対応しましょう。以下は頭部をぶつけた際の症状と、その対応の目安です。

自宅で様子を見ていい症状

・すぐに泣き止み、機嫌も良い
・嘔吐していない
・外傷が見受けられない

念のため病院へ行くべき症状

・機嫌があまりよくなく、グズグズしている
・嘔吐した
・痣や、血が少し出た
・意識はあるが、やたら大人しい

すぐに病院へ行くべき症状

・意識がない
・話しかけても反応が薄く、意識が朦朧としている
・出血量が多い
・腫れがとても大きい
・嘔吐した
・ずっと泣き止まない

赤ちゃんが嘔吐した後の注意点

嘔吐後は、すぐに母乳やミルク、離乳食などを与えないようにしましょう。水分補給は、基本的に経口補水液を与えると良いです。また水分を与える際は、哺乳瓶ではなくスプーンなどで少量ずつ与えると良いでしょう。
水分量ですが、大体の目安として、母乳やミルクを含めて、1日体重1kgあたり100mlが適量と言われていますが、その日の気温や赤ちゃんの汗のかき具合を見て、調整しましょう。

病気になり吐いてぐったりする赤ちゃんを心配するママ

また、口の中に吐いたものが残っている場合は、窒息の原因になり得るため、ちゃんと取り除いてあげましょう。そして、吐いたものの悪臭で吐き気が起こることがあるので、口のまわりを濡れタオルなどでふき、着替えをしたりシーツを替えたりするなど、清潔に保つことも大切です。

冷静に対応するには普段から赤ちゃんをよく観察すること

赤ちゃんの嘔吐には様々な原因があり、対処法もそれぞれ異なります。何かいつもと違うなと思ったら、冷静になり、迅速かつ正しい対処を心がましょう。
しかし気づくのが遅くなってしまって、症状が悪化してしまい、緊急を要する場合は、どうか救急車を呼ぶのも躊躇わないでください。

育児はとても責任感の重い仕事ですが、日頃から赤ちゃんの様子をしっかりと観察しておけば、いざと言う時、病気のサインに気づける可能性が格段に上がります。大切な命を守るため、しっかりと向き合い、臨機応変に対応していきましょう。